テレフォン人生相談
玉置妙憂・野島梨恵

玉置妙憂・野島梨恵
テレフォン人生相談 2020年9月16日(水)
パーソナリティ:玉置妙憂(看護師・僧侶)
回答者:野島梨恵(弁護士)
妻は嫁姑問題でもともと姑を嫌っていたのだが、妻の買ったカレーのルーを姑が勝手に使ったということが発端で家を出てしまった。といいう50歳の男性からのご相談です。

相談者は50歳男性 妻46歳 長女21歳 長男17歳(高校生) 結婚24年 相談者両親

目次

スポンサーリンク

カレールー事件

玉置妙憂:もしもし?・・テレフォン人生相談です。よろしくお願いします。

相談者:お願いしまぁーす。

玉置妙憂:はい、今日はどんなご相談ですか?

相談者: 4年半前から、

玉置妙憂:はい。

相談者:あのぅ、わたしの両親と、同居をスタートしたんですけど、

玉置妙憂:はい。

相談者:でぇ、いわゆる、まぁよくある、その嫁姑問題でぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:妻が・・ 3日前に、まぁ家を出て行きましてぇ、

玉置妙憂:ほう・・

相談者:でぇその前、1ヶ月前にあのぅ・・わたしの両親がぁ、

玉置妙憂:はい。

相談者:あの、隣町に空き家を借りてぇ・・そちらのほうにまぁ、引っ越したのでぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:まぁ今現状とすれば、娘と息子いるんですけど、

玉置妙憂:はい。

相談者:3人でまぁ暮らしててぇ、

玉置妙憂:はい。

相談者:今後どうして行ったらいいかっていう、

玉置妙憂:うん、

相談者:そういう相談なんですけど、

玉置妙憂:ではまずあのぅ、あなた様のご年齢をおうかがいしてもよろしいですか?

相談者: 50歳です。

玉置妙憂:ご家族は奥様と、

相談者:はい。

玉置妙憂:む、えっと子供さんがお2人?

相談者:はいそうです。

玉置妙憂:ですねぇ。

相談者:妻が46歳。

玉置妙憂:はい。

相談者:長女が21歳。

玉置妙憂:はい。

相談者:長男が17歳、

玉置妙憂:うん、

相談者:高校生です。

玉置妙憂:ご両親様が、あのぅ、引っ越されたのはやっぱりそのぅ・・うん、おっしゃる通りの嫁姑問題が原因ですか?

相談者:あのぅ・・新しく家を建てましてぇ、

玉置妙憂:うーん・・

相談者:でぇ・・4年半前に、まぁ、同居をスタート・・したんですけど、

玉置妙憂:はい。

相談者:当初から、

玉置妙憂:うん、

相談者:こう、関係性が思わしくなくなってしまってぇ、

玉置妙憂:ええ、

相談者:晩ご飯の・・食卓を囲むなんていうことは、まず、もうなくてぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:まぁ、いざこざも・・ちょこちょこあったりしてぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:母親と、まぁ、うちの妻のほうが、

玉置妙憂:うん、

相談者:まぁ、あんまり顔も、もう合わしたくないっていうか、

玉置妙憂:うん、

相談者:特に妻のほうが・・まぁ毛嫌いしてしまってぇ、

玉置妙憂:うん、ふん、

相談者:でぇ、二世帯住宅じゃないのでぇ、

玉置妙憂:ふぅーん、

相談者:キッチン1つ・・

玉置妙憂:うん、ふん、

相談者:でぇ、お風呂1つということなのでぇ、

玉置妙憂:ええ、

相談者:え、互いが、鉢合わせないように、

玉置妙憂:うん、

相談者:タイムスケジュール表なんかを作りましてぇ、

玉置妙憂:おお、大変でしたねぇ、

相談者:キッチン使うにしても、まぁ、何時から何時は妻、

玉置妙憂:うん、

相談者:何時から何時は母親、

玉置妙憂:うん、

相談者:っていう・・形、まぁ、お風呂もそうですね。

玉置妙憂:ふぅーん、

相談者:まぁ、ずーっとそういう生活を、まぁ、よ、ほぼ4年・・やって来たんですけど、

玉置妙憂:うん、うん・・ご両親さま引っ越されたのって、いつ・・っておっしゃいましたっけ?

相談者:えーっと、1ヶ月前です。

玉置妙憂:ふぅーん、じゃあ、ご両親さまが引っ越されてからぁ、

相談者:はい。

玉置妙憂:お嫁さん・・

相談者:そうです。

玉置妙憂:出て行っちゃったってことですねぇ、

相談者:はい、え・・2ヶ月前にですねぇ、

玉置妙憂:ええ、

相談者:妻がぁ、

玉置妙憂:うん、

相談者:えーっと、カレーを、まぁ、こしらえてましてぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:カレーのルーだけを・・その、蓋の上に置いてぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:その後夕方、あのぅ、うちの、え・・母親がですねぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:キッチンを今度、ゆ・・夕ご飯作るのに使い・・始めましたところ、

玉置妙憂:ええ、ええ、

相談者:食品庫のなんか整理をし始めてぇ、

玉置妙憂:はい。

相談者:カレーのルー・・をですねぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:自分のその、食品庫ん中にしまっちゃったんですねぇ。

玉置妙憂:うーん、

相談者:妻がぁ、「あれ?カレーのルーがない」・・っていう話になってしまってぇ、

玉置妙憂:うーん、

相談者:えっと、母親のその食品庫の中に、

玉置妙憂:うん、

相談者:あってぇ。

玉置妙憂:うん、

相談者:でぇ、妻がそれに対して、まぁ激怒してぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:でぇ、人が買った、まぁそのぅ・・え、カレーを、勝手に盗むなと、

玉置妙憂:うん、

相談者:メモに書いてですねぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:でぇ、その食品庫んとこに、まぁ貼ったわけなんですよね。

玉置妙憂:うん、

・・

相談者:でぇ、あのぅ、わたし、ちょっとすいません、あのぅ・・その2ヶ月ぐらい前からぁ(苦笑)、

玉置妙憂:はい。

相談者:些細なことで、まぁ、妻と喧嘩してぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:でぇ、まぁ、あんまし口を利いてないような・・あの、関係・・を、が、続いてたのでぇ、

玉置妙憂:おお・・

相談者:そ、カレーのルーの事件についても、

玉置妙憂:うーん、

相談者:えーっと、翌日の朝ですねぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:はぁい、あの、母親がなんか、まぁ、そのメッセージを、

玉置妙憂:うん、

相談者:あのぅ・・まぁ、わたしにこうちょっと見せてぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:ただ、そのぅ・・メッセージ・・の、あの、メモをわたしがそれ見たときに、

玉置妙憂:うん、

相談者:わたしが激怒してしまいましてぇ・・妻に対してですねぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:要はメッセージのその内容が、許せなくてぇ、

玉置妙憂:うーん、

相談者:妻がそのぅ・・次の朝も仕事行きましたんで、そのあとにLINEでですねぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:今回の件は、俺はもう許さない・・っていうか、夫婦生活・・24年もやって来ますと、

玉置妙憂:ええ、

相談者:まぁ、いろいろこうちょっとわたし自身もフラストレーションも溜まってたりなんかもしましたし、

玉置妙憂:うーん、

相談者:「出てってくれ」と、

玉置妙憂:はああ、「出てってくれ」とおっしゃったのねぇ、あなた様がね。

相談者:あのぅ、LINEでですねぇ、

玉置妙憂:LINEでね。

相談者:LINEで、子供達も繋がってるその家族のLINE・・に、

玉置妙憂:うん、

相談者:ストレートにこう入れてしまったんですよ。

玉置妙憂:うん、ふん、

相談者:妻のほうから・・「ああ、わかりました」と、「じゃあ、離婚に向けて」

玉置妙憂:うん、

相談者:うん、あのただすぐに、そのぅ、えっと別居するにしても・・

玉置妙憂:うん、

相談者:アパートは探せないのでぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:いましばらく待ってください・・なんていう形でですねぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:あの、返信のLINEが来た・・わけなんですけど。

玉置妙憂:はい、はい。

相談者:でぇ、その日に、あのぅ・・まぁ、父親、母親にもですねぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:まぁ、この状況だとやっぱし、もう一緒に住まないほうがいいからという・・ことを、わたしから言いましてぇ、

玉置妙憂:ええ、ええ、

相談者:ちょうど今から1ヶ月前に、ズッ、あのぅ、両親は、あのぅ、引越しをしたと、

玉置妙憂:うん、

相談者:1週間後に、

玉置妙憂:うん、

相談者:あのぅ・・娘がですねぇ、あのぅ、「家族会議しようよ」・・って話、を・・

玉置妙憂:うん、うん、

相談者:あのぅ、ええ、ズッ、組んでくれたのでぇ、

玉置妙憂:はい。

相談者:4人で、まぁ、話をしたんです。

玉置妙憂:うん、

相談者:妻の方は・・ズッ、まぁ、もう、断固として「すいません、わたしはもう、あの、この家にはいれません」と、

玉置妙憂:うん、うん、

相談者:あの「出て行きます」・・っていう一点張りでぇ、

玉置妙憂:はい、うん、

相談者:でぇ、わたしのほうは・・まぁできれば、今回のそのメモの件、

相談者:あ、反省・・してぇ、

相談者:くれるんであれば、

相談者:あのぅ・・やり直したいんだけど・・っていう話を、わたしはしました。

玉置妙憂:はい。

相談者:はい。

玉置妙憂:うん、

相談者:でぇ、娘、息子のほうは・・泣きながらですねぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:まぁ、離婚はやっぱし、してほしくないと、

玉置妙憂:うん、そうすると、

玉置妙憂:今日どうしたらいいだろうか、これからという・・そのどうしたらいいか・・っていうのの具体的な内容というのは、

相談者:はい。

玉置妙憂:奥さまに戻って来てもらうにはどうしたらいいか?

相談者:はい。

玉置妙憂:あなた様自身は、やり直したい、や、一緒にやって行きたいっていうお気持ちが、

玉置妙憂:あってぇ、

相談者:はいあります。

玉置妙憂:うん、

相談者:はい。

玉置妙憂:でぇ、どうしたら・・戻って来てくれるものだろうか・・という、

相談者:はい。

玉置妙憂:ご相談ということでよろしいでしょうかねぇ?

相談者:あっ、はい、そうですねぇ。

玉置妙憂:うん・・わかりました。え・・そうしましたら今日、このご相談に、ご回答いただきますのは、弁護士の野島梨恵先生です。

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 奥さんはこの相談者に対しては幻滅してしまった、愛想が尽きてしまったということでしょうねえ。
    それにしても奥さん所有の土地の上に家を建てるって時に、奥さんから色々意見が出たはずですよ。「キッチンは別にしてほしい」とか「なるべく顔を合わせないで済む間取りにしてほしい」とかね。
    でも奥さんの意見はすべて無視して、相談者とその両親が勝手に進めちゃったんでしょうね。
    たぶん離婚になるでしょうねえ。
    土地は奥さん固有の財産だから財産分与の対象ではない。
    家は名義は相談者のものでも、財産分与の対象。ローン返済が残っていればそれも分与の対象。
    財産分与をどうするんですかねえ?

    • 奧さんの方に気持ちが向いてないからでしょうね
      せめてキッチンは二つでしょう
      奥さん、働いてるようですから、建物は譲って、子供を置いて出て行くのが一番
      どちらにせよこの先、爺婆の介護が待ってます
      単身で介護、ガンバレ!!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA