テレフォン人生相談
今井通子・高橋龍太郎

高橋龍太郎

目次

スポンサーリンク

高橋龍太郎アドバイス

高橋龍太郎:はじめまして、高橋です。

相談者:はじめまして、こんにちは。

高橋龍太郎:あの、親御さんとの関係は・・大きな問題だと思うんですけれど、

高橋龍太郎:娘さんとのことは、

相談者:はい。

高橋龍太郎:今まで、あなたが、

相談者:はい。

高橋龍太郎:怒ることで、娘さんが萎縮するっていうようなことはあったんですか?

相談者:はっきり言って怒ってないです。

高橋龍太郎:ふぅーん、それは、なんで怒ってないの?

相談者:特にわたしから、怒ることがなかったんですが、

高橋龍太郎:うん、

相談者:これから先、思春期、反抗期・・そのときに怒るときが来ても怒られへん違うか・・って、やっぱ友人に、言われたんですよ、このままじゃあね。

高橋龍太郎:うーーん・・

・・

高橋龍太郎:いや、まっ・・少なくとも・・娘さんの・・過呼吸発作は、お父さんが、はっきりと、原因としてあって、

相談者:はい。

高橋龍太郎:しかも、お母さんと、娘さんと2人でぇ、パンドラは・・どんなっもんだったんだろう・・っていうような、

相談者:あ・・

高橋龍太郎:箱・・の、中身探しを、するぐらい、

相談者:あはぁい。

高橋龍太郎:まぁ、言ってみれば同志的な・・仲間意識もあるわけだから、

高橋龍太郎:娘さんとのことは、

相談者:はい。

高橋龍太郎:別に、普通に、自分がおかしいと思ったら怒ればいいし・・そ・・

相談者:怒るのは怖いんですよ。

高橋龍太郎:お・・どうして?

・・

・・

相談者:怒ったら嫌われる。

高橋龍太郎:えっ?・・なんで嫌われるの?

相談者:うーん、親に嫌われないようにして来たから、

高橋龍太郎:うん、

相談者:なんか言うたら嫌われるん違うか・・っていう心があってぇ、

高橋龍太郎:うん、

相談者:怒れないですね、あまり。

高橋龍太郎:それ、

高橋龍太郎:娘さんが言うならともかく・・お母さんが言うのは変じゃない、だって、

・・

相談者:と思うかもしれないですけど、

高橋龍太郎:うん、

相談者:怒れないんですよ。

高橋龍太郎:ふぅーん・・

高橋龍太郎:これから、大人になってくときに、

相談者:はい。

高橋龍太郎:あなたが怒らないと、要するに信頼できる人から怒られるという、

相談者:はい。

高橋龍太郎:人間の関係の中でぇ、

相談者:はい。

高橋龍太郎:一番大事な・・ことを、

相談者:はい。

高橋龍太郎:教わんなくなっちゃうよ。

・・

高橋龍太郎:今のお話の流れからすると、

相談者:はい。

高橋龍太郎:あなたが、

高橋龍太郎:怒るっていうことで、娘さんはたぶん嫌わないと思うよ。

・・

相談者:って思うんですけどねぇ、

高橋龍太郎:うーん、だから、

相談者:まっ、

高橋龍太郎:それはどんどんやって行ったらいい。

相談者:はい、ふつう・・

高橋龍太郎:叱るってプレゼントを、

相談者:うーん・・

高橋龍太郎:娘さんにしてあげられないと、

・・

高橋龍太郎:娘さんがかえってぇ、

相談者:うん、

高橋龍太郎:弱い・・

相談者:あのねぇ、

高橋龍太郎:うん、

相談者:怒ってないわけではないんですよ、

高橋龍太郎:うん、

相談者:なんて言ったらいいん、いえ、言い方が難しいんですが、

高橋龍太郎:うん、

相談者:うん、まぁ、人から見たら、甘いってやつですかねぇ、

高橋龍太郎:うん、

相談者:うん、思われてると思います。

高橋龍太郎:うん、いやだから、

相談者:はい・・うん、

高橋龍太郎:甘いんじゃなくてぇ、しっかり(笑)、叱るときは叱る(笑)。

相談者:はい。

高橋龍太郎:怒りもちゃんと見せる。

相談者:はい。

高橋龍太郎:でも、そのあとのフォローがちゃんとしてれば、

相談者:はい。

高橋龍太郎:子供達はちゃんと育って行くのでぇ、

相談者:はい。

高橋龍太郎:そんなに心配しなくて大丈夫だよ。

相談者:あっ、わかりました。

高橋龍太郎:ねっ、でぇ、問題は、お母さんとの関係。

相談者:はい。

高橋龍太郎:ねっ、そいでぇ・・お母さんに・・どんな気持ちで、言いたいこと言わなかったの?

相談者:お母さん・・は、だから自分の思い通りにならなかったら、

高橋龍太郎:うん、

相談者:イライラするみたいでぇ、

高橋龍太郎:うん、

相談者:ふんでぇ、わたしさえ我慢したら、なんとかなるんや・・と思ってぇ、

高橋龍太郎:うん、

相談者:来たんですよ(笑)。

高橋龍太郎:うん、

・・

高橋龍太郎:という話を、

相談者:はい。

高橋龍太郎:どっかの時点で、あなたが大人になったときに、

相談者:はい。

高橋龍太郎:お母さんにしたことはある?

相談者:それを感情を剥き出しに、

高橋龍太郎:うん、

相談者:言ったことはないです。

相談者:ほんまは・・

高橋龍太郎:うん、

相談者:こうしたかってんけど、

高橋龍太郎:うん、

相談者:なんで、そんなんばっかり言うてたん?・・って言ったら、

高橋龍太郎:うん、

相談者:あんたは線路に乗れへんかったけど、乗れへんから・・もう諦めたと、言われましたねぇ。

高橋龍太郎:でぇ・・線路に、乗らなかったわたしは、どう?・・っていうふうに聞いてみた?

・・

相談者:聞いてみてないです。

高橋龍太郎:ふぅーん、聞いてみたら?

相談者:うーん・・

高橋龍太郎:うん、もうだって自分の人生はしっかり歩んできたわけだし、

相談者:はい。

高橋龍太郎:自分が自分としてあることに、そんなに、自信がないわけじゃないんでしょ?

・・

相談者:いやぁ・・

高橋龍太郎:自信がないの?

相談者:そうですねぇ、

高橋龍太郎:線路ってさぁ、なんだったの?お母さんにとって線路・・

相談者:お母さんの線路ですか?

高橋龍太郎:うん、お母さんが、あなたを何にしようと思ってたの?

相談者:えーっと、

高橋龍太郎:うん、

相談者:大学に入れてぇ、

高橋龍太郎:うん、

相談者:普通のOLになってぇ、

高橋龍太郎:うん、

相談者:いい結婚をする、うーっふ(笑)。

高橋龍太郎:おお、おほっ(笑)、

相談者:ふふふふ・・

高橋龍太郎:ほほほ・・でぇ、

相談者:(笑)

高橋龍太郎:それ、それ線路なの?

相談者:(笑)

高橋龍太郎:あんまり線路でもなさそうだけど、

相談者:お母さんの線路です。

高橋龍太郎:お母さんにとっての線路なんだ?

相談者:あっはぁい。

高橋龍太郎:そうすっとあなたは、大学に行かなかったの?

・・

相談者:はい。専門学校に行きました。

高橋龍太郎:専門学校に行ったの?

相談者:はい。

高橋龍太郎:ほいでぇ(笑)・・

相談者:(笑)

高橋龍太郎:な、お母さんが、

相談者:ほんでぇ、

高橋龍太郎:祝福するような結婚じゃなかったの?

相談者:ほんでぇ・・え、はい、ほんで結婚をして離婚しました、ああはっははは・・

高橋龍太郎:ああ、じゃあ、そこは違うわけだ。

相談者:結婚生活の、

高橋龍太郎:うん、

相談者:あたしさえ我慢したら・・っていうのでぇ、

高橋龍太郎:うん、

相談者:同じことの繰り返しだったんでぇ、

高橋龍太郎:うん、

相談者:それでやっと気づいたんですよ。

高橋龍太郎:うん、

相談者:ああ、あたしさえ我慢してたらって、ずっと来てたんやなって、

高橋龍太郎:うんうん、もうホントにその通りだねぇ。

相談者:うん、

高橋龍太郎:でも、

高橋龍太郎:現実には、

相談者:うん、

高橋龍太郎:お母さんの言う線路には、あなたは乗んなかったんでしょう?

相談者:乗んなかったです。

高橋龍太郎:うん、

相談者:乗れなかったです、最後には。

高橋龍太郎:乗らなかったんでしょ?

相談者:うわべの、お、は、話しか最近・・してないんですよ。

高橋龍太郎:うん、

相談者:っていうかずっとなんですけどね。

高橋龍太郎:うん、

相談者:仲はいいんですよ。

高橋龍太郎:うん、あっ・・

相談者:けど、

高橋龍太郎:仲はいいの?

相談者:仲はいいけど、

高橋龍太郎:うん、

相談者:本音を言ってないってやつですかねぇ、

相談者:あ、ああ・・

相談者:うん、だから、そのわだかまりを取りたいんですよね。

高橋龍太郎:うん、

・・

高橋龍太郎:そしたらさぁ・。・

相談者:はい。

高橋龍太郎:本音・・

相談者:ストレートに言うて大丈夫なんですかね?

高橋龍太郎:本音言わないと、ホントの仲のいい・・親子になれないじゃないの。

相談者:そうなんです。

高橋龍太郎:うん、

・・

高橋龍太郎:これは、やっぱりわだかまりがある方が、

相談者:はい。

高橋龍太郎:ちゃんと、

・・

高橋龍太郎:ある日決意してぇ

高橋龍太郎:まぁ、おいしい物食べながらでもいいから、

相談者:はい。

高橋龍太郎:実はなと、

・・

高橋龍太郎:わたしはこんなに寂しい思いをしてたんだよ・・っていうような、

相談者:うん、

高橋龍太郎:そういう、要するにしみじみとした話として・・攻撃する話じゃなくて、

相談者:うん、

高橋龍太郎:自分はこんなに寂しくて、

相談者:うん、

高橋龍太郎:辛かったよ・・っていうことを、

相談者:うん、

高橋龍太郎:しみじみ、打ち明けるのよ。

・・

相談者:うん、

高橋龍太郎:この子は、自分との関わりを本気で求めていて、

相談者:うん、

高橋龍太郎:こんな、話し方をしてくれてるんだな、と思うと、

相談者:うん、

高橋龍太郎:すごく相通ずるものがあるよ。

・・

相談者:今までぇ、

高橋龍太郎:うん、

相談者:ちょっと、ショック受けたら悪いなぁと思って言ってなかったんですよ。

高橋龍太郎:うん、あのねぇ、

高橋龍太郎:機能不全家族ってよく言うんだけど、

相談者:うん?

高橋龍太郎:親があんまり、情感がなくて、

相談者:はい。

高橋龍太郎:子供に対して一方的に、

相談者:はい。

高橋龍太郎:自分の要求だけを・・する家庭っていうのは、世の中にたくさんあるわけ。

相談者:はい、はい、はい。

高橋龍太郎:でぇ、そのぅ・・子供達が、

相談者:はい。

高橋龍太郎:本当に安定するのは、

相談者:はい。

高橋龍太郎:自分の辛さを、

相談者:はい。

高橋龍太郎:親と共有できたときなの。

相談者:はい。

高橋龍太郎:ねっ。

相談者:はい。

高橋龍太郎:でぇ、その親と共有できるときに、

相談者:はい。

高橋龍太郎:親にもう心底ホントのこと言うでしょう。

相談者:はい。

高橋龍太郎:そうすると・・残念ながら、傷つく親はそんなにいない。

相談者:あはは(笑)・・うふふふふふ・・(笑)

高橋龍太郎:ははははは・・

高橋龍太郎:あなたが言うほどねぇ、親はナイーブじゃないんだよ。

相談者:あ、そうですか(笑)。

高橋龍太郎:うん、親はねぇ(笑)、結構傲慢なもんなの、最後まで、

相談者:あはい(笑)。

高橋龍太郎:だけど、

相談者:はい。

高橋龍太郎:娘が本気・・

相談者:えっ、けど、そ・・

高橋龍太郎:うん、

相談者:傷つかなくても本音をわかってくれるんですか?そうすっと?

高橋龍太郎:あ、うん・・それはなんでわかるかっていうと、

相談者:はぁい、はい。

高橋龍太郎:この子は本当に、心底悲しんで・・それを打ち明けてくれてるな・・ってことはわかるのよ、悲しみはわかるのよ。

相談者:はいはいはい。

高橋龍太郎:うん、だから・・要するに怒りではなくてぇ、

相談者:うん、

高橋龍太郎:悲しみとして伝えたら、

相談者:はい。

高橋龍太郎:ワンステップ上がるし、お母さんも、ワンステップ成長する。

相談者:してほしいです。

高橋龍太郎:そうしたらお母さんが成長したら、老後の介護なんか、すーごく楽しくなるじゃない。

相談者:そう、そう、

高橋龍太郎:うん、

相談者:だから一人・・娘やから、

高橋龍太郎:うん、

相談者:一緒に住みたいなぁと思ってぇ、

高橋龍太郎:そう、だけど、

相談者:けど、今、出せれないんですよ。

高橋龍太郎:その前に、儀式として、

相談者:はい。

高橋龍太郎:ちゃんと言うべきことを、

高橋龍太郎:きっちり伝えるってことは、逆に言うともう、あなたにとっての、

高橋龍太郎:うん、権利でもあるけど、

相談者:はい。

高橋龍太郎:ある意味、

相談者:はい。

高橋龍太郎:要するに、幸せな介護生活を送る・・言ってみればもう一番の、土台。

相談者:そうですねぇ。

高橋龍太郎:うん、だからそのために、しっかり打ち明けなさい。

・・

・・

相談者:はい。

高橋龍太郎:はい。

相談者:ショックは受けないってことですね。

高橋龍太郎:そう、全然受けない、全然受けない。

高橋龍太郎:親は(笑)・・本当にびっくりするぐらい受けないよ。

相談者:(笑)

高橋龍太郎:はぁい。

相談者:絶対、言葉は選んで来たんですけどね(笑)。

高橋龍太郎:はい・・はい。

相談者:うふふふ・・

高橋龍太郎:ぜひ(笑)、お願いします(笑)。

相談者:はぁい、ありがとうございます。

高橋龍太郎:はい。

・・

今井通子:おわかりいただけましたか?

相談者:はいわかりました。

今井通子:じゃあ、お母さまとの・・お話のほうが先ですねぇ。

相談者:そうですね。

今井通子:うん、今日あのぅ、高橋先生がおっしゃったことをやってみてください。

相談者:はい、ありがとうございました。

今井通子:はぁーい、失礼しまぁーす。

高橋龍太郎:はい。

相談者:はぁい、すいません。

高橋龍太郎:お大事に。

相談者:失礼します。

高橋龍太郎:はい。




12次へ »
2 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA