テレフォン人生相談
柴田理恵・三石由起子

柴田理恵・三石由起子
テレフォン人生相談 2020年9月24日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
29歳・半同棲シンママの闇、3年半前に離婚したシングルマザーで半同棲している30歳の彼がいる。虐待を受けて育ち、双極性障害で通院中、発達障害と診断もされ、現在、児童福祉士の資格を取ろうと学校へ通っている。トラウマと子育てや名字が変わるのが嫌で再婚する気になれないというご相談です。
相談者は29歳女性、娘5歳、2人暮らし。3年半前に離婚し30歳男性と半同棲生活中。

目次

スポンサーリンク

再婚する気になれない

柴田理恵:もしもし?テレフォン人生相談です。

柴田理恵:今日はどんなご相談ですか?

相談者: 3年半ぐらい前に、離婚して、 5歳の子供がいる・・シングルマザーなんですけれども、

柴田理恵:はい。

柴田理恵:あなたおいくつですか?

相談者: 29歳です。

柴田理恵:お子さんは・・男の子?女の子?

相談者:女の子で、

柴田理恵:女の子・・

相談者:はい。

柴田理恵:じゃあ今2人暮らしですか?

相談者:はい。え、 2人暮らし、なんですけど、

柴田理恵:はい。

相談者:お付き合いしてる・・方がいて、その人に、ついての相談なんですけど、っと・・

柴田理恵:彼はおいくつですか?あん、

相談者: 30歳です。もう子供とも、もう、家族みたいな、感じで、

柴田理恵:ふぅーん・・

相談者:うん、彼の方が、ほとんど毎日家(うち)に来てて、

柴田理恵:うん、

相談者:半同棲みたいな、

柴田理恵:うんうん、

相談者:もうなんか家賃も・・

柴田理恵:うん、

相談者:2軒分、かかってるしもったいないから、それだったら一緒に住もうかぁ・・

柴田理恵:うん、

相談者:みたいな、良さそうな、家があったから、買っちゃおうか・・みたいな話に、に、なっ・・

柴田理恵:おお!・・うん、

相談者:なってたんですけど、

柴田理恵:はい、はい。

相談者:彼はすごいいい人で、こうずっと、一緒にいたいなぁ・・と思ってるんですけど、

柴田理恵:はい。

相談者:結婚・・とか、もう一人、子供が・・っていうのが、考えられなくてぇ、

柴田理恵:あっ、結婚が嫌?

柴田理恵:理由があるんですか?

相談者:前の、結婚のことで特に、ご両親とのお付き合いのことで、トラウマが・・

柴田理恵:はい。

相談者:あるのと、

柴田理恵:はい、はい。

相談者:名前が変わるのが、

・・

柴田理恵:ほう、

相談者:ちょっと抵抗があるな・・っていう、

柴田理恵:今、お仕事なさってるんですか?

相談者:今取りたい資格とか、やりたい仕事があって、大学に通って・・いて、

柴田理恵:お、お、おお・・名前が・・変わるのが・・抵抗がある?

相談者:いろんな手続きとか、ちょっとまぁそれは面倒に、近い物があるんですけど、

柴田理恵:うん・・うん、

相談者:あと、まぁその、やりたい仕事とか、支援の思いが強すぎて、

柴田理恵:ふぅーん・・

相談者:ちょっとあの、子供を、もう一回、産んでとかが、

柴田理恵:うーん・・

相談者:抵抗が、

柴田理恵:あの、彼は・・結婚するときは、子供・・欲しいとか、

相談者:あっ、そうですそうです。

柴田理恵:専業主婦になってくれとか、そういうことを、言う・・言うわけですか?

相談者:専業主婦・・は、言わないです。

柴田理恵:うん、

相談者:共働きがいいって言っててぇ、

柴田理恵:うんうんうん、

相談者:協力するとも言ってはくれて、いるんですけど、

柴田理恵:うん、

相談者:わたしとしては、一度、経験した・・者としては、

柴田理恵:うん、

相談者:どうしてもこう、子育てに関しては、半々の、割合では、こう負担が行かないだろうなぁ・・っていうのが、

柴田理恵:奥さんの方には、

相談者:どうしてもこう、

柴田理恵:うん、

相談者:負担が・・大きくなるだろうなっていうのと、

柴田理恵:うん、

相談者:わたしちょっと、

相談者:い、今までこう・・生い立ちというか、い・・割と大変なことがあってぇ・・精神的に、不安定だなと、

相談者:あのぅ、まぁ、今まで思ってたんですけど、最近どんどん、

柴田理恵:うん、

相談者:酷くなってきててぇ・・精神科とかにも、通うようになって、こう病名・・

柴田理恵:あら?

相談者:がついちゃったりとか、双極性障害・・躁鬱っていう・・やつなんですけど、

柴田理恵:あ、ああ・・はいはい、うん、

相談者:気分の、上下が激しいみたいな、

柴田理恵:はい・・はいはいはい。

相談者:でぇ、最近通うなかでは、

柴田理恵:うん、

相談者:えっと、発達障害も、あるねぇ、みたいな、

相談者:子育て・・自信がないというか・・

柴田理恵:今、一人・・いらっしゃるじゃないですか、

相談者:はい。

柴田理恵:その子は・・ちゃんと育ててらっしゃるんでしょう?

相談者:悩みはすごい多いですねぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:もう一人、もう一回これ・・

・・

相談者:するってなったら、

柴田理恵:今の・・お子さん・・に対しても、

柴田理恵:ちょっと自信がないんですか?

相談者:そうですねぇ、少し、はい、ありますねぇ、

相談者:特に発達障害に関して、

柴田理恵:うん、

相談者:病院の、先生からも、子育て、

相談者:たぶん大変でしょうみたいな感じに言われてて、

柴田理恵:うん、それは、あなたの、

相談者:はい。

柴田理恵:生い立ちに何か、影響されて・・ってことなんですかねぇ?

相談者:子供の、

相談者:結構長い期間、虐待されて、

柴田理恵:うーん、

相談者:育っててぇ・・

柴田理恵:それは誰に?お父さん?お母さん?

相談者:うち・・は、母子家庭だったんですけど、

柴田理恵:あ、はいはい。

相談者:同居してる男の人っていうか、まぁ彼氏なのか・・から直接、受けててぇ、

相談者:でぇ母は・・見て見ぬふりみたいな、直接、

柴田理恵:あらぁ・・

相談者:母から、こうなんかある、わけじゃないんですけど、

柴田理恵:うん、うん、

柴田理恵:暴力受けたりしてたわけですか?

相談者:虐待種類、いろいろあると思うんですけど、

柴田理恵:はい。

相談者:まぁ、一通り・・

柴田理恵:なるほど・・そりゃ大変でしたねぇ、

相談者:はぁーい、はい。

柴田理恵:最初の、結婚?

柴田理恵:よく決意なさったし、よく赤ちゃん、作られましたねぇ?

柴田理恵:その今の、5歳のお子さんねぇ、大事に・・育てないとねぇ、

相談者:この子・・育てるだけでも、

柴田理恵:うん、

相談者:なぁ・・手一杯っていうか、この子・・だけは、せめて幸せに・・したいっていうので、

柴田理恵:うん・・

相談者:ちょっとなるべく、精神的負荷がかからない・・

柴田理恵:うーん・・

相談者:状態にしたいなぁ・・と思って、可能性としてはこう若干、差が生まれてしまったりとか、

相談者:血の繋がっている子と、血の繋がってない子と、

柴田理恵:ああ・・もしもその彼氏との間に赤ちゃんが、

相談者:そう、

柴田理恵:出来たら・・ってことですね?

相談者:そうですねぇ、

柴田理恵:うんふんふんふん、その・・うん、ご自分の生い立ちのこととか・・ご病気のこととかぁ・・

柴田理恵:彼氏に言いました?

相談者:はい・・もちろん、そう、それ込みでというか、

柴田理恵:うん、

相談者:支えて・・

柴田理恵:うん・・

相談者:いきたい・・

相談者:っていうふうには言ってくれてるんですけど、

柴田理恵:うんうん、

相談者:彼はどうしても、入籍したいし、

柴田理恵:うん、

相談者:子供も、欲しいって言ってて、まぁ、

柴田理恵:うん、

相談者:当然だと思うんですけど、

柴田理恵:うん、う、うん、

相談者:わたしは、まぁ・・自分のことだかよくわかるっていうか、自分の精神状態で、

柴田理恵:うん、

相談者:ご両親とか親族との関係、

柴田理恵:うん、

相談者:に対してすごいプレッシャー感じて、しんどくなりそうだなぁ・・とか、子育ても、たぶん・・厳しいんじゃないかなぁ・・っていうのが、

柴田理恵:う、うん、

相談者:あってぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:それだったら、もう、わたしは、身を引くっていうか、

柴田理恵:うん、

相談者:別れるよ・・って言ってるんですけど、

柴田理恵:うんうん、

相談者:彼はそれが・・絶対、嫌だ・・みたいな、すごい話し合いはしてるんですけど、

柴田理恵:うん、うん、

相談者:彼は、もう・・結婚も子供もいいから一緒にいたい・・って言ってくれたんですけど、

柴田理恵:うん、

相談者:やっぱりまだちょっと、諦めきれないとか、揺らいでるみたいで、

柴田理恵:結婚も、しないでこのままだったら、

相談者:はい。

柴田理恵:いいな・・っと思うんですか?

相談者:そうですね、このままが一番・・

・・

相談者:いいのは・・いいですねぇ、なんか昔は、付き合いたての頃とかは、

柴田理恵:うん、

相談者:結婚したいとか、子供を欲しい・・って思ってたんですけど、

柴田理恵:はい。

相談者:ちょっと、まぁ、

相談者:理由があってその彼とも、信頼というか、スレ?てしまったっていうのもあってぇ、

柴田理恵:えっ?えっ?

相談者:最初の頃に、な、軽い浮気があったりとか、

柴田理恵:あ、ああ・・

相談者:嘘が多いとかが、続いててぇ、

相談者:それまで、今まで、精神科とか行くほど・・ではなかったんですけど、

柴田理恵:うん、

・・

相談者:それでこう・・結構メンタルが不安定になってしまって今、通うとこまで行ってしまってぇ、その問題全部も、

柴田理恵:うん、

相談者:直してくれたんですけど、

柴田理恵:うん、

相談者:戻らなくて、わたしも、

柴田理恵:うーん・・

相談者:不安定さは、

柴田理恵:うーん・・うん、うん、

・・

相談者:はい。

柴田理恵:ご相談は、今そのぅ・・お付き合いしている、人がいるけれども、

柴田理恵:その人と結婚を・・したくはないけどどういうふうに、

・・

柴田理恵:ん、お付き合いを続けてったら、

相談者:そう・・

柴田理恵:いいだろうか、っていうご相談でしょうかねぇ?

相談者:ですねぇ・・はぁい、そこぅ・・

柴田理恵:別れる気持ちはないわけでしょう?

相談者:まぁ彼が、じゃあもう結婚できない、子供も、産みたくないんだったら、別れるって言ったら、それは・・

柴田理恵:それで・・

相談者:別れたって・・はい、いうつもりなんですけど、

柴田理恵:わかりました。

柴田理恵:今日の回答者の先生は、三石メソード主宰、作家で翻訳家の、三石由起子先生です。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA