テレフォン人生相談
柴田理恵・三石由起子

三石由起子

目次

スポンサーリンク

三石由起子アドバイス

三石由起子:あたし・・あのぅ・・あなた・・は、もう結論出てると思うんだよね。

相談者:はい。

三石由起子:あなたにはお悩みは・・ないと思いました、わたし、今、

三石由起子:なぜかって言ってね・・あなたは身を、それだったらもう身を引いてもいい・・っていうところまで言ってるじゃない。

相談者:はい。

三石由起子:結婚っていうのはさぁ、

三石由起子:少し・・神経が荒くないと(苦笑)、できないでしょ・・若いうちに、

相談者:そう・・そうですよねぇ、えへへ、

三石由起子:ねぇ、いろんなことを考えたらもうできないよね。

相談者:はい。

三石由起子:それはあなたはもう、いろんなことをこう、考え・・ちゃったわけだからぁ、

相談者:はい。

三石由起子:これってさぁ・・結局、あのぅ・・彼氏とあなた・・との兼ね合い・・でしかないでしょう、

相談者:うん、

三石由起子:彼とあなたとの間でどうやって、いい生活ができるかできないかっていう話であってぇ、

相談者:はい。

三石由起子:そして今は・・彼氏が全部・・もう、子供もいいし、結婚もいい・・まで言ってくれてるわけじゃん。

三石由起子:これからなんか、困ることがあるとすればさぁ・・彼氏が「じゃあ別れよう」って言って、いなくなってもいいか・・っていうのが大問題だと思うんだけど、

相談者:はい。

三石由起子:あなたは、そのときはもう身を引く・・覚悟があるんだって、言ったよねぇ?

相談者:はい。

三石由起子:だ、怖いものなしじゃない。

・・

相談者:そうですねぇ、

三石由起子:うん、なんにも・・

相談者:はい、えへへへへ、

三石由起子:なんにも悩みないと思いますよ。

相談者:あぁ、はい(苦笑)。

三石由起子:あのねぇ・・子育てや婚家やっていろんなこと言ってるけど、

相談者:はい。

三石由起子:婚家のことなんか考える必要もないしさぁ・・彼も考えなくていい言ってるわけだからさぁ、

・・

相談者:うん、

三石由起子:でぇ、子育てだってぇ、

・・

三石由起子:子供できるかどうかもわかんないしさぁ、

相談者:そうですねぇ、

三石由起子:そうなんですよ。

相談者:はい。

三石由起子:だから、今・・あなた達は、バランスが取れてるわけじゃない、彼がみんな・・飲んでるわけでしょ、条件を。

相談者:ああ、ああ・・

三石由起子:諦めきれない、やっぱり彼氏いなくな・・ってもらっちゃ困る、わたしはこの人に支えてほしいっていうことだと、これ悩んじゃうよねぇ、

相談者:そうですねぇ、

三石由起子:でもあなたは、すごく自分のことよくわかってると思うんだけど、わたし本能的にわかってるんだと思う、自分はねぇ、これ以上・・

相談者:うーん・・

三石由起子:子育てぇ・・やったらパンクしちゃうし、

相談者:そうですねぇ、

三石由起子:ねえ、それから・・発達障害もあるし、結婚の煩わしさ・・みたいなものには、どうも耐えられないと、

相談者:はい。

三石由起子:って・・分析できてるじゃない。

相談者:はい。

三石由起子:だけども結婚したいってなったら、お悩みなんだよ。

相談者:ああ、あ・・あははは、

三石由起子:でもあなたはそうじゃないわけよ(笑)。

相談者:はい(笑)。

三石由起子:うん、わたしは身を引きます・・って言ってるわけじゃん。

三石由起子:それって、あなたねぇ、悩みだって錯覚してるだけだよ。

・・

相談者:あ、なるほど、

三石由起子:うん、

相談者:いや・・

三石由起子:今彼氏は・・

相談者:はい。

三石由起子:全部、条件を、

三石由起子:飲んでるわけだ。そしてぇ、

相談者:はい。

三石由起子:それでもあなたと一緒に暮らしたい・・って言ってくれてるんで、暮らしてるわけじゃない、でぇ今それは、気持ちがいいんですよ。

・・

相談者:うーん・・

三石由起子:だからねぇ、もう、この際もう1つ甘えてぇ、

相談者:はい。

三石由起子:あなたは余計なこと考えちゃダメ。

・・

相談者:はい。

三石由起子:つまり、向こうがどんなに毎日我慢してるかとかさぁ、

相談者:ああ、そ、そうなんですよ、なんか、

三石由起子:彼氏の、彼の両親が、

相談者:あはっは、

三石由起子:何を思ってるかとかさぁ、

相談者:はい。

三石由起子:考える必要ないことを、考えて悩んでんのよ。

相談者:そうでぇ・・つい、

三石由起子:あなたには根本的なお悩みはないんですよ。

相談者:はい・・

三石由起子:力関係ははっきりしててぇ、

相談者:うーん・・

三石由起子:でぇ、自分は結婚したくないと、

相談者:はい。

三石由起子:結婚って、あくまでも言われるんだったら、身を引くって結論出てるわけじゃない。

相談者:はい。

三石由起子:でぇ彼が、あなたと一緒に暮らしたいために、結婚もいい・・子供もいらない、まで言ってくれてるわけだから、

相談者:はい。

・・

三石由起子:そこで終わりなんですよ、話は、

相談者:うーん・・

三石由起子:それなのにあなたは、頭ぐじゃぐじゃになっててねぇ、

相談者:(苦笑)

三石由起子:彼の・・そうよ、彼の、

相談者:はい。

三石由起子:両親はどう思うだろうか・・とかさぁ、

相談者:あっ、そう、それが気になってぇ、

三石由起子:彼が我慢してるんじゃないだろうか、とかさぁ、

相談者:うふふっ・・はい。

三石由起子:我慢してるに決まってんじゃん。

相談者:うふふっ、

三石由起子:でも我慢しても、あなたと一緒にいたい・・って声明し、したんだからさぁ、

相談者:うーん・・

三石由起子:ねぇ、それ甘えていいんじゃないの?

・・

・・

相談者:ああ、なるほど、

三石由起子:うん・・そしてぇ、あたしは、強く言いたいのはね、

相談者:はい。

三石由起子:あなたは自分のことわかってると思う。もう1人子供はダメだと、わたしはパンクする。

相談者:はい。

三石由起子:わたしは、その結婚生活、婚家との付き合いみたいなことは、精神的な負担が、

・・

三石由起子:ダメだってぇ、

相談者:うーん・・

三石由起子:でねぇ、今なんか・・

相談者:うん、

三石由起子:すごく・・いろんな、形式で、いろんな人と一緒に住むっていうことが・・

相談者:うん、

三石由起子:ある・・時代でさぁ、

相談者:うーん、・・

三石由起子:そんなにこう、世間的な非難みたいなものもないわけでぇ、

相談者:うーん・・

三石由起子:わたしはねぇ、あなたは、

相談者:はい。

三石由起子:自分が体でわかってること、

相談者:はい。

三石由起子:まぁ、精神でわかってること、

三石由起子:もう少し信じていいと思うよ。伊達に苦労して来てない気がするのね。

・・

相談者:はい。

三石由起子:だーから、わたし、ダメだって言ったじゃん!・・って絶対なるんだっていうふうに、

相談者:ああ、そうなんです。

三石由起子:うん、

相談者:なると思ってぇ、

三石由起子:うん、それをあなたはね、わかってるわけ、

相談者:はい。

三石由起子:それをねぇ、あなたは全部わかってるのよ、

・・

相談者:ふぅーん・・

三石由起子:そしてぇ、彼がそういう形式を・・求めて、子供を作れって言うんだったら、身を引くまで言ってるんですよ、

相談者:はい。

三石由起子:だから、あなたのお悩みは錯覚です。なんにも悩む必要ない。

相談者:うーん・・

三石由起子:あのぅ、30のいい男が・・

相談者:はい。

三石由起子:そこまでして、あなたと一緒にいたいと言ってるんだからぁ、

相談者:うーん・・

三石由起子:信じて乗っかっちゃえばいいで・・いいでしょう、

三石由起子:それと・・騙されたってことにならないでしょ、もしダメだったらあんた身を引く覚悟がありますってぇ、

相談者:うーん・・そうです。

三石由起子:何怖いんですか?

相談者:あはは、

三石由起子:なんにも怖いことないし、あの、自分が悩みとして抱えてるって思ってることは錯覚だから、

三石由起子:もうあなた、みんなわかってるんだよ。

相談者:はい。

三石由起子:それなのに、

三石由起子:全然関係ないことを不安になってぇ、

相談者:はい。

三石由起子:ああかもしれない、我慢してるかもしれないって、我慢させようよ、男だもん。

相談者:あはははは、

三石由起子:そこまでしてあなたと一緒にいたい男だもん。

相談者:あ、ああ・・なるほど、

三石由起子:ねぇ、うーん・・

相談者:はい。

三石由起子:そりゃ我慢してくれますよ、何にも、お悩みがない。

相談者:あはは、

三石由起子:そこをわかんないと、

相談者:あはは、

三石由起子:だから、ないお悩みに、

相談者:はい。

三石由起子:引っ掻き回されちゃダメよ。

相談者:あははは、

三石由起子:ねぇ・・うん、

相談者:はい。

三石由起子:もう少し自信持ってさぁ、

相談者:はい。

三石由起子:自分のその分析力と、

相談者:うーん・・

三石由起子:客観能力と、

相談者:はい。

三石由起子:自分がよくわかってるっていうことを、自信を持って、雑音入れないようにしよう・・子供だって5歳でぇ・・楽しいときなんだからさぁ、

相談者:はい。

三石由起子:うん、その母親は・・少しでもヘラヘラ笑ってなきゃダメだよ、子供の前で、

相談者:はい。

三石由起子:悩んで考えてる・・・ほうが、真面目な母親なんだ、なんて思ったら大間違いだかんねぇ、

相談者:はい。

三石由起子:ヘラヘラ笑ってるのがいい母親なんだから・・子供の前では、

・・

・・

相談者:そうですぇ、

三石由起子:そうですよ、頑張って。

相談者:あはは、ありがとうございます。

三石由起子:で、できるからそんなこと、

相談者:はい。

三石由起子:簡単ですよ。

相談者:(嗚咽)・・はい。

三石由起子:はい。

相談者:はい。

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA