テレフォン人生相談
加藤諦三・田中ウルヴェ京

加藤諦三・田中ウルヴェ京
テレフォン人生相談 2020年9月28日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
対人関係が上手くいかず雑談が苦手、子供を連れて公園へ行くのがイヤでイヤで仕方なかった。夜の夫婦生活も次女を産んでから性欲がなくなり、夜の生活もイヤイヤ応じていたが、自分にとってはレイプされているようなものだった。17年間我慢していたが、7年前の夫の海外単身赴任を機にその2年後、帰国した時「うんざりなんだけど」と言って以来、夫婦生活もなく夫婦関係もしっくりいかなくなってしまった。こういう私、どうしたらいいだろう?というご相談です。田中ウルヴェ京より『ウイッシュリスト』『100の願い事』の提案。

相談者は58歳女性 夫57歳 結婚して30年 長女28歳 次女24歳

加藤諦三氏の〆の言葉『人間の唯一の義務、それは自分自身であること』デヴィッド・シーベリー

目次

スポンサーリンク

夫婦生活を断って以来、上手くいっていない

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:お世話になります。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:わたしは58歳です。

加藤諦三:58歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:はい。

加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者:57歳です。

加藤諦三:57歳・・お子さんは?

・・

相談者:2人おりましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:長女と次女が、いましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:28歳と、24歳です。

加藤諦三:はいわかりました。

相談者:はい、はい。

加藤諦三:でぇ、どんな相談ですか?

相談者:夫と、

加藤諦三:うん、

相談者:7年前から、

加藤諦三:うん、

相談者:夜の夫婦生活がなくなってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:ちょっと、夫と・・しっくりいかないっていう・・悩みなんですけども、

加藤諦三:結婚してから何年ぐらい経つんですか?

相談者:ちょうど30年です。

加藤諦三:とちゅう(?)、30年・・

加藤諦三:何年ぐらい・・までは、上手くいってたわけ?

相談者:7年ぐらいだと思います。

加藤諦三:誰でもそうですけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:パッションっていう情熱の時期を過ぎれば、

相談者:はい。

加藤諦三:次は、インティマシーって言って、親しさの、段階に入るわけですけれども、親しさの段階に入るところで、

相談者:はい。

加藤諦三:親しい、2人、ではなくなってたのかな?

相談者:対人関係が、上手くなくてぇ、

相談者:でぇ、

加藤諦三:対人関係が上手くないっていうの・・

相談者:ええ、

加藤諦三:具体的に言うと、どういうこと?

相談者:高校生の頃から対人関係が・・上手くいかないなぁ・・と思い始めてぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:あと、雑談が苦手なんですね。

加藤諦三:あ、ああ・・

相談者:ええ、

加藤諦三:はい、はい、はい。

相談者:わたしが30歳の頃、長女を出産してぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:1歳ぐらいになったら公園に連れて・・行きますが、

加藤諦三:はい。

相談者:そうすると、お母さん方がいっぱいいてぇ、

加藤諦三:はい、はい。

相談者:上手く、喋れなくて、すぐ、うちに帰りたいんですけども、

加藤諦三:うん、気詰まりなんだよね。

相談者:でも子供は・・外で、遊びたいんですね。

加藤諦三:外で、はい、はい。

相談者:主人が、連れて行けば・・いいのにって思ったんですけども、

加藤諦三:はい。

相談者:主人は・・夜は・・たくさんお酒飲んで、

相談者:朝は、結構遅くまで寝ているのでぇ、

加藤諦三:ん、ご主人が・・お酒たくさん飲んでということは、

相談者:はい。

加藤諦三:あなた・・ら・・と話をしながら、一杯飲んでるってわけじゃなくてぇ・・あなたも、ご主人と2人になると、気詰まりなん・・でしょ?

相談者:娘が結婚するまでは・・そんなに、

相談者:気まずいとか・・スゥ・・

加藤諦三:ああ・・

相談者:そんな、ことは悩まなかったんですけども、

加藤諦三:うん、うん、

相談者:うん、ただあのぅ・・次女が、わたしが35歳のとき、

加藤諦三:はい。

相談者:出産しましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:そのときに・・やっぱり、

相談者:公園に連れて行くのが、辛くてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:性欲がまったくなくなってしまったんですね、わたしが、

加藤諦三:うん、

相談者:でぇ、わたしが大きな・・病院の、精神、神経科に行ってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:でもお医者さんは、

加藤諦三:うん、

相談者:「なんか、原因があるんでしょうねぇ」・・って、言っただけでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:なんにも・・解決には至らなくてぇ、

加藤諦三:うん、原因は、ご両親との関係でしょ?

相談者:ご両親?

加藤諦三:つまり、あなたが、の、幼少期っていうんですかね、小さい頃、

相談者:はい。

加藤諦三:あなたは、家の中で、

相談者:はい。

加藤諦三:安心感がなかった。

相談者:父も、母も、農業でぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:食事を一緒にとった、覚えがないんですね。

加藤諦三:うん、人間は・・

相談者:はい。

加藤諦三:小さい頃、

相談者:はい。

加藤諦三:親とコミュニケーションをしながら食事をすることでぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:コミュニケーション能力・・っていうものを身につけていくんですよ。

相談者:はい。

加藤諦三:ところがあなたそれがなかったんだよねぇ。

相談者:ええ、ええ、ええ、ええ、

・・

加藤諦三:そうすると、高等学校の頃から対人関係が上手くいかなかったという、

相談者:はい。

加藤諦三:さっき話しましたけれども、

加藤諦三:人と居て、気詰まりなんでしょ?

相談者:そうですね、何を話していいか、

加藤諦三:うん、

相談者:わからないんですよね。

加藤諦三:うん、だから話題がないと、お互いに一緒にいても、

加藤諦三:気詰まりなんですよ。

・・

・・

相談者:はい。

加藤諦三:今まであなた人との関係はみんな情報の交換だったんですよ。

相談者:はい。

・・

加藤諦三:だけど、ホントは大切なのは、あの公園のお母さん達が、ぺちゃくちゃ、ぺちゃくちゃ、よくもまぁ、

・・

加藤諦三:1時間か、経って・・戻って来たらまだベラベラ、ベラベラ喋ってるような、お母さん。

相談者:はい。

加藤諦三:ああいうお母さん・・っていうの別に情報交換してるんじゃなくてぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:情緒の交換をしてんですよ。

相談者:はい・・はい。

加藤諦三:だからあなた情緒の交換のない、

相談者:はい。

加藤諦三:小学校、中学校で、そして高等学校まで来ちゃったと。

相談者:ええ、ええ、ええ、

加藤諦三:だから一番大切な部分っていうのは抜けちゃってたんだよねぇ。

相談者:はい。

・・

相談者:あっ、それでぇ・・病院に行ってぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:安定剤もらってぇ・・帰って来てぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:それから、17年間、

加藤諦三:うん、

相談者:ずーっと・・ ・・いやいやながら、

加藤諦三:うん、

相談者:夜の夫婦生活を送・・ったんですね。

加藤諦三:きつね。要するに心の触れ合いがまったくないままの・・

相談者:はい。

加藤諦三:肉体関係が17年間続いたってことね。

相談者:そうですねぇ、うん、それでぇ・・7年前に、

加藤諦三:うん、

相談者:主人は、

相談者:海外へ、単身赴任に行ったんです。

加藤諦三:うんはい。

相談者:これで開放された・・って思ったんですけど、2年後に、また帰国・・しまして、

加藤諦三:はい。

相談者:求められるんですけども、

加藤諦三:あっ、はい。

相談者:わたしはもう、ちょっと・・キレちゃってぇ、

相談者:「もう・・うんざりなんだけど」・・って言ってしまったんですね(笑)。

加藤諦三:「うんざりなんだけども」・・っていう言葉で言ったっていうことね?

相談者:はい、そうです(苦笑)。

加藤諦三:はい。

・・

加藤諦三:そうすると?

相談者:そしたら、

相談者:主人は、

相談者:「後悔するからな」・・って、

加藤諦三:うん、

相談者:捨て台詞を吐いてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:それからなんか・・気まずくなってしまってぇ、

・・

相談者:旅行・・もないし、外食も・・ないし、

加藤諦三:うん、

相談者:買い物することも、あまりなくなっちゃったんです。

加藤諦三:うん、7年前・・って、おっしゃいますけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:もう、それ以前から、

相談者:はい。

加藤諦三:関係はないんですよね・・心の触れ合いは。

相談者:そうですねもう・・次女が産まれてから、もう、なんか、

・・

相談者:子育てが辛くてぇ

相談者:別に・・

加藤諦三:うん、だって、子供とも、心の触れ合いないから。

・・

相談者:そうなんですよねぇ、なんか、ホントに、子供を見てなかったような気がしますね。

加藤諦三:うん、だからね、

相談者:はい。

加藤諦三:あなた、心を教わらないでずーっと成長して来ちゃってるから・・赤ん坊の泣き声はうるさいだけ。

相談者:あっ、

加藤諦三:男性との関係は、

相談者:はい。

加藤諦三:それまさにうんざりなんですよ。

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:でぇ、今日のあなたの相談というのは、

・・

相談者:求められるのがもう・・嫌なんですね。

加藤諦三:うん、

相談者:あと、

相談者:炊事洗濯掃除・・も、義務な、気持ちでやってるんです。

加藤諦三:うんうん、

相談者:でぇ、お弁当を、主人に・・「週5回から、週4回にしてください」って言ったことが・・あったんですけども、

加藤諦三:はい。

相談者:「お弁当・・がなくなっちゃったら、ないない尽くしになっちゃう」・・って、

加藤諦三:うん、

相談者:
それは夜の夫婦生活もないんだから、ないない尽くしになっちゃうっていう意味なんですね。

加藤諦三:うん、

・・

相談者:2人の、間が、

・・

相談者:やっぱり、仲良くなりたいってことですね。

・・

相談者:はい。

加藤諦三:だけど・・今、あなたに欠けてるのはなんだと思います?

相談者:自分のことばっかり見ている・・っていうか、

加藤諦三:うん、もちろんそうですけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:まぁ、自分がもうすでに・・誰だかわかっていないし、

加藤諦三:本当に今、仲良くなりたい・・って言ったけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:あなたこの人生で・・こういうことをしたいっていうようなことは・・ないですよねぇ?

相談者:そうです。

加藤諦三:うん、

加藤諦三:そいで・・こういうわたし・・どうしたらいいでしょう?っていうことね?

相談者:はい。

加藤諦三:はい、わかりました。

加藤諦三:今日はあのスタジオにシンクロの、銅メダリストで、メンタルトレーナーの、田中ウルヴェ京先生がいらしてんので、

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. エイドリアン助川

    そこまで嫌ならもっと早く別れるべきだったかもね。
    旦那も可哀そう。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA