テレフォン人生相談
玉置妙憂・マドモアゼル愛

マドモアゼル・愛

目次

スポンサーリンク

マドモアゼル愛アドバイス

マドモアゼル愛:まだ2ヶ月・・だもんねぇ、やっぱりねぇ。

相談者:はい、はい。

・・

マドモアゼル愛:うん、ただねぇ、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:僕、思うのは・・奥さま亡くなってぇ、

・・

相談者:はい。

マドモアゼル愛:まぁ、突然だったとはいえ、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:奥さまには奥さまの人生があったわけだよね。

マドモアゼル愛:そいでそれを、

マドモアゼル愛:45年・・あなたと一緒にいて、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:ほとんどの人生を、

マドモアゼル愛:一緒に生きて来た。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:奥さまから見た、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:2人の生活と、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:きっとあなたから見た・・45年の生活は、

マドモアゼル愛:お互い幸福だったとは思うけれども、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:微妙に違うような気がするんですよ。

マドモアゼル愛:それはどういうことかっていうと、

相談者:はい・・

マドモアゼル愛:ホントの、お弔い、

・・

マドモアゼル愛:そして、

相談者:はい。

・・

マドモアゼル愛:ホントの、祈りっていうか、妻に対する思いとか、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:というものは、亡くなったあとも、人はやっぱ、必要なもんだと思うのよね。

・・

相談者:うん、

マドモアゼル愛:だから今・・あなたの心を占めてんのは、自分の寂しさなのよ。

・・

相談者:そうです。

マドモアゼル愛:ねっ。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:これは大変申し訳ないけれども、

・・

相談者:うん、はい。

マドモアゼル愛:45年間、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:僕はずっと、そうだったような気がすんですよ。

相談者:うーん・・

マドモアゼル愛:なので奥さまから見た結婚生活と、

相談者:うん、

マドモアゼル愛:あなたから見た結婚生活は多少違うんじゃないかな・・って気がすんですよ。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:あなたは・・常に自分の立場からしか物考えないから。

・・

相談者:うーん・・

マドモアゼル愛:そういうタイプの、人のいい人なんだもん。

・・

相談者:ふぅーん・・

マドモアゼル愛:妻が、このとき・・何を感じていたかっていう視点は、

・・

相談者:うん、はい。

マドモアゼル愛:きっとなかったと思う。

・・

相談者:はああ・・

マドモアゼル愛:なんでそんなこと言うかっていうと、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:掃除、洗濯、炊事・・あなた、何もできないんだよね、結局。

相談者:す・・できなかったんです。そうです、

マドモアゼル愛:しなか・・うん、し、し・・

相談者:まっ、し・・まっ、し、しなかったということです。

マドモアゼル愛:しなかったんだよねぇ、やっぱり、

相談者:しなかった、はい、ええ、

マドモアゼル愛:うん、

相談者:うん、

マドモアゼル愛:そうすると・・食事を、作った人の思いってわからないよねぇ、やっぱり、

相談者:わか・・ってないんですかねぇ?・・やっぱり、

マドモアゼル愛:いや、わからない、へへへ・・それはわからないけれども、

相談者:あ、普通のことと思ってるから。

マドモアゼル愛:普通のことと思ってんだよ。

相談者:うん、

マドモアゼル愛:そうなると、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:奥さまが、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:あなたと一緒のとき、どういう気持ちで、何をして、

相談者:うん、

マドモアゼル愛:この料理はどうやって作ってくれたのかとかいうことは、

・・

マドモアゼル愛:きっと、

・・

マドモアゼル愛:なかったと思うよ(苦笑)。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:僕は何が言いたいかっっていうと・・気になったのは、

・・

相談者:はい。

マドモアゼル愛:夜になって暗くなると寂しくなる、話し相手がいない。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:全部自分の・・立場、

・・

相談者:うーん・・

マドモアゼル愛:の、ところがどうしても気になんですよ、僕。

相談者:はぁぁ・・

マドモアゼル愛:そりゃ、誰だってそうなんだけれども、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:夜になると、

・・

マドモアゼル愛:妻を、まぁ、思い出すってことだっていいわけだよね、アルバムを見る。整理してあげる。

相談者:うーん・・

マドモアゼル愛:何らかの弔いの、

・・

・・

相談者:いやぁ、あの、

マドモアゼル愛:うん、

相談者:見ると、

マドモアゼル愛:かな・・

相談者:悲しくなるような気がしてぇ、

マドモアゼル愛:うんでも・・立ち向かっていいんじゃないの、そいで、

相談者:いいんですかねぇ?

マドモアゼル愛:だって、そうしないと・・整理できないでしょ、だって何も、

相談者:極力み、見ないように・・してるんです。

・・

・・

・・

マドモアゼル愛:僕ねぇ、

相談者:写真とか・・はぁい。

マドモアゼル愛:ずっと見てなかったような気がすんのよ。

・・

相談者:えっ?

マドモアゼル愛:奥さまの思いを、ずっと見てなかったような気がすんのよ。

・・

相談者:ふぅーん、ですかねぇ・・うん・・

マドモアゼル愛:ずっと見て来た人ならば・・その亡くなったあとの・・状況を見つめる見つめ方に、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:もっと独特なものが、

・・

相談者:あ、はぁ・・

マドモアゼル愛:出て来ると思うのよ。

マドモアゼル愛:そしてぇ、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:ただ寂しいっていう・・

相談者:うん、

マドモアゼル愛:ただ悲しいっていう感情とは、

相談者:うん、

マドモアゼル愛:だから、

・・

相談者:うん、

マドモアゼル愛:あなたにはまだ終えてない物がき、あるような気がすんですよ。

・・

相談者:あっ、お、えっ、えっと・・お、おえ・・

マドモアゼル愛:お、終えていないもの、

・・

相談者:まだ・・終わってない物、

マドモアゼル愛:妻との関係において。

・・

・・

相談者:はあ、あ、ああ・・はいはい、はい、あ、ああ・・中途半端で終わってる?

マドモアゼル愛:終えてない物があるような気がすんですよ。

相談者:うーん・・

マドモアゼル愛:もっと・・一緒にや、なんかやりたかったとか、そういうことかもしれないし、

マドモアゼル愛:例えばですよ、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:介護をして、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:10何年も20年も、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:ホントに大変な介護をしてぇ、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:愛する・・まぁ、人のためにね、誰かがね、

相談者:はい、はい、はい。

マドモアゼル愛:そいでぇ・・亡くなってしまった。

・・

相談者:はい。

マドモアゼル愛:そうすっと・・ただ、夜が寂しい・・つまらないというのとは、

・・

マドモアゼル愛:違う、不思議な、深さから来る、

・・

相談者:うん、

マドモアゼル愛:充足感っていうか、

・・

マドモアゼル愛:あなたから見て奥さまは幸せでした?

相談者:と思うんです・・と、と、というのはですねぇ、

マドモアゼル愛:うん、

相談者:わたしから見ると、わたしは・・アマチュアバンドの関係が、

マドモアゼル愛:うん、

相談者:やっていたし、

マドモアゼル愛:うん、

相談者:でぇ、妻もなんかっていうとですねぇ・・すごくあのぅ・・洋画を観るのがだ、あのまぁ、まっミステリーなんかをですねぇ、すごく好きで、

マドモアゼル愛:うん、

相談者:でぇおったんですよ、だから・・違う趣味でぇ、

マドモアゼル愛:ふん、

相談者:あのぅ、生きてお・・おったというか、

マドモアゼル愛:今、まとまらないのわかるけれども、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:奥さまは・・生きてるとき幸せだったと思いますか?という問いに対しての、

・・

相談者:はい。

マドモアゼル愛:答えと、としては、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:僕は意味がわからない。

・・

・・

相談者:スッ、うーん・・

マドモアゼル愛:あなたの認識は、

・・

相談者:うん、はい。

マドモアゼル愛:妻とのホントの関係性・・っていうものに関してね、

・・

相談者:はい。

マドモアゼル愛:嘘、隠したって出て来るもんが・・ある場合もあれば、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:僕ねぇ、奥さまはホントに幸せだったかを、

相談者:ふん、はい。

マドモアゼル愛:暗く、寂しくなったときに考えてあげたらどうかしら?

・・

・・

相談者:はああ・・

マドモアゼル愛:それ、あなたが今おっしゃるように、

・・

相談者:はい。

マドモアゼル愛:ホントに映画を観てるとき、あの幸せな顔は、

・・

相談者:うん、

マドモアゼル愛:俺たちが幸せだったから、

・・

マドモアゼル愛:出せない顔だったとか、

相談者:はああ・・

マドモアゼル愛:そしたらそれなりの満足が・・出て来るでしょうし、

・・

相談者:うん、ああ、

マドモアゼル愛:もしかしたら、

・・

マドモアゼル愛:あなたの音楽、

・・

マドモアゼル愛:に対する、

相談者:はい。

・・

相談者:はい。

マドモアゼル愛:態度は好きだったの?奥さまは?

マドモアゼル愛:理解してくれてたっけ?

相談者:と思います。あの、一緒に・・ずーっと若い頃は、い・・一緒にですねぇ・・まっ、観に行くっていいますかねぇ、あの好きな、バンドがあったんです。
一緒にですねぇ、あの観に行ったことも、あれもすべ・・それは十分・・

マドモアゼル愛:うん、

相談者:家内は、わかってると思います。

マドモアゼル愛:うん、

相談者:うん、

マドモアゼル愛:そういうことを・・

相談者:うん、

マドモアゼル愛:あの時、ああいう顔してた、

相談者:うん、はい。

マドモアゼル愛:このときこういう顔してた・・

相談者:うん、はい。

マドモアゼル愛:っていうことを・・

相談者:はい。

マドモアゼル愛:今・・生涯を、

相談者:はい・・うん、

マドモアゼル愛:思い返してあげるべき時間じゃないですか?2ヶ月っていうのは?

相談者:ふぅーん・・

・・

・・

相談者:悲しいから、思い出さ・・ないんじゃなくてぇ、思い出したほうがいいっていうことですか?

マドモアゼル愛:思い出すと、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:普通は、そうだと思うの、

・・

・・

相談者:ふぅーん・・

マドモアゼル愛:でも、

相談者:なん・・はい?

・・

・・

マドモアゼル愛:何か思い出すと、

相談者:はい。

・・

マドモアゼル愛:きっと、何かあなたの中に、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:マズイ物があるんじゃないの?もしかしたら?

・・

マドモアゼル愛:何かバレちゃ、

・・

マドモアゼル愛:ものが、

相談者:スゥ・・いえ、え・・それはない、

・・

相談者:何も、

マドモアゼル愛:まぁ、ないと思うよ、僕も、

相談者:えっ?はい。

マドモアゼル愛:でも、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:なんであれ、

相談者:うん、はい。

マドモアゼル愛:2ヶ月だから、

相談者:うん、はい。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:結婚生活45年、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:いろんなことで思い出してぇ、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:みたらどうかしら?・・「寂しい」って言ってる前に、

・・

相談者:はぁ、あ、はああ・・

マドモアゼル愛:寂しいの当たり前、寂しいときしかそういうことできないもん、だって、

相談者:うーん、

マドモアゼル愛:そいで2人で歩んで来た45年は、

相談者:ああ・・

マドモアゼル愛:どういう年だったのか、

・・

マドモアゼル愛:か、このとき、

相談者:あのぅ、

マドモアゼル愛:俺はこう思ってたけど、あの、

相談者:あ、あ・・

マドモアゼル愛:あいつのあのときの、フッと思い出した顔は、

相談者:うーん・・

マドモアゼル愛:なんだったのかとか、

相談者:あのぅ・・ ・・亡くなる前の、

マドモアゼル愛:うん、

相談者:10年ぐらいはですねぇ、

マドモアゼル愛:うん、

相談者:か、家内の・・お母さんがですねぇ、

マドモアゼル愛:うん、

相談者:脳梗塞で、でぇ倒れ、

マドモアゼル愛:はい。

相談者:たようなことがあったんです。

マドモアゼル愛:うん、

相談者:でぇ、

マドモアゼル愛:大変だったんだよねぇ、だから奥さん。

相談者:自分のお母さんの面倒看るっていうことが、あったんです。

マドモアゼル愛:うん、

相談者:だからそれは・・あん僕、す、すごく・・あ、それは大変だな・・とは・・でぇ、そ、そうなるときに、わたしはもう、1人でずーっと(苦笑)、ふっ、そのときはまぁ・・まぁこれはまぁ、帰って来るというのがあるから・・まぁ、待てるわけですよねぇ、

マドモアゼル愛:でも待てるとか、

相談者:んでぇ、シィ・・

マドモアゼル愛:なんかじゃくて大変だったってことじゃない、奥さまが、

・・

相談者:うん、まぁそうです、そうです。それは・・確かにそうです。わかり、わかります。

・・

・・

・・

マドモアゼル愛:だからそこなんだよ、僕が・・

相談者:うーん・・

マドモアゼル愛:奥さまの立場からの人生が・・あなた見ていないような気がすんのよ。

・・

相談者:ふぅーん、

マドモアゼル愛:そしてぇ、

相談者:そっ・・うん、

マドモアゼル愛:人間は魂ごまかせないから。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:あなたには、まだやり残している結婚の、

マドモアゼル愛:に対する考え、まぁ、やり残してる物があって、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:それを、終えるまでは、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:まだ、

・・

マドモアゼル愛:納得できない。

相談者:うーん・・

マドモアゼル愛:そっから逃げるから夜寂しいんだと思うよ。

相談者:うん、もちろん・・

マドモアゼル愛:だってあなたは、

相談者:ん?はぁい。

マドモアゼル愛:掃除も洗濯もしないのよ、

・・

マドモアゼル愛:そいでぇ、

相談者:あっ、前はです。

マドモアゼル愛:えっ?

相談者:前は、はい。

マドモアゼル愛:ん、

相談者:あっ、いつまでです?

マドモアゼル愛:当然奥さま、やるよと思ってたわけでしょ?

相談者:亡くなる前までは、

・・

マドモアゼル愛:当然奥さんがやる・・ったわけでしょ?それ、

相談者:ああ、はい、あゆ、あ、あ、はぁい、それもう当然・・当然というふうに・・思って・・おりました。

マドモアゼル愛:だから、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:奥さまの人生が、

・・

マドモアゼル愛:あなたからちゃんと見た物が・・箱に・・入った、形だけの、見方であってぇ、

・・

相談者:うーん・・

マドモアゼル愛:生きた、奥さまの、気配や・・生きた奥さまが、同じ時を、どうやって見ていたのかに関する・・洞察も、

・・

マドモアゼル愛:少ないんだよ。

・・

・・

相談者:少ないでしょうねぇ・・ただ、

マドモアゼル愛:そこを、考えるのが・・今だと思います。

・・

・・

相談者:あ、はあ・・

・・

・・

相談者:うん、まぁ、もう、それで、し・・自然に・・動いておったから・・そうですねぇ、

・・

相談者:あげて、あのぅ、

マドモアゼル愛:まぁ、大変・・あの、僕・・

相談者:うん、

マドモアゼル愛:言ってること間違ってるかもしれない。

マドモアゼル愛:でも・・僕はそう感じたのでね、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:ちょっとそこら辺の視点から・・お考えなってみたら、いかがだという気が、ちょっとしております。

・・

相談者:はい。

マドモアゼル愛:まぁ、要するに奥さまの成仏を・・

相談者:はい。

マドモアゼル愛:本当の意味で願うべきだと思うよね。

・・

・・

相談者:はあ、あっそう、そうだ、自分のことしか考えな、考えてないってことですよねぇ、

マドモアゼル愛:そうでしょ。

・・

相談者:いやぁ(苦笑)・・そう、うーん・・うーん・・そうですねぇ、

・・

・・

マドモアゼル愛:そこにある、

相談者:うん、

マドモアゼル愛:奥さんの寂しさが、僕はどっかにあるような気がする。

・・

・・

相談者:はああ・・

マドモアゼル愛:でも頑なにあなたは認めない、それを。

マドモアゼル愛:し、だから、

相談者:うん、

マドモアゼル愛:いつまでも夜が怖いんです。はい、また、あのぅ、ちょっとね、あの、言い過ぎかもしれませんが、はい、そう感じました。

・・

相談者:わかりました。

・・

相談者:ありがとうございます。

マドモアゼル愛:はい。

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA