テレフォン人生相談
加藤諦三・マドモアゼル愛

加藤諦三・マドモアゼル愛
テレフォン人生相談 2020年10月19日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
4月から働きだした23歳の娘が、コロナ禍で仕事が忙しくなり死にたいと言っているのだが、どうしたらいいかと心配している55歳のお父さんからのご相談。

相談者は55歳男性、妻49歳、長女24歳、次女23歳(社会人1年目)

加藤諦三氏の〆の言葉『I love you because you are you.あなたがあなただから、わたしはあなたを愛しています。これが、愛です。』

目次

スポンサーリンク

コロナ禍で仕事が忙しくなり死にたい

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし?

加藤諦三:はいテレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いします。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者: 55歳です。

加藤諦三: 55歳・・結婚してます?

相談者:はい結婚してます。

加藤諦三:奥さん何歳ですか?

相談者: 49歳です。

加藤諦三: 49歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:お子さんは?

相談者: 24と、23の娘が2人います。

加藤諦三:はいわかりました、それでどんな相談ですか?

相談者: 23の娘の方がですねぇ、 4月から・・あの働きだしたんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:コロナ・・の影響もあって、 3月ぐらいからこう非常に敏感になってまして、

加藤諦三:はい。

相談者:その、勤め先でもですねぇ、頑張ってやってたんですけども(涙声)、

相談者:先週、の日曜日ですかねぇ、いきなり、「もう行きたくない」と、ほんで、「死のうと思った」と、

加藤諦三:「死のうと思った」って?

相談者:はい。

相談者:っていうのはですねぇ、あのぅ・・夜に、妻に、あの話をしたらしくてですねぇ(泣)、

加藤諦三:はい・・

相談者:へんであのぅ・・ぅ、ぅぅ(泣)・・

相談者:一応まぁ、それは、思いとどまった・・んですが(涙声)、

加藤諦三:はい。

相談者:もう・・仕事には行けないような感じになってましてぇ(涙声)、

加藤諦三:ええ、

相談者:娘に対してですねぇ(涙声)、

相談者:どういうふうに対応したら、やったらいいかなと(涙声)、

相談者:いうあたりと、

加藤諦三:ほう・・

相談者:ちょっとお聞きしたいと思って電話しました。

加藤諦三:今、コロナの時期ですから、それこそ、

相談者:ええ、

加藤諦三:どこの・・会社でも・・どこの家庭でも、敏感になってるっていうところはあると思うんですけども、

相談者:はい。

加藤諦三:この、23歳の、下のお嬢さんの方ね、

相談者:ええ、

加藤諦三:4月から働きだしたって言いますけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:学生時代から、なんか敏感だったんですか?

相談者:例えば受験のときですとか、

加藤諦三:うん、

相談者:もうそういう何かイベントがあると、非常にセンシティブになって、部屋から出て来なかった・・っていうのが昔からありましたんで、

相談者:うちの妻もですねぇ、それに関してはですねぇ、「気持ちがよくわかる」というんですかねぇ、

相談者:でぇ、ずーっとこう、

相談者:***、一緒にやってきたんですけども、

加藤諦三:ええ、

相談者:今回も、その妻が一生懸命話を聞いている状況ででしてぇ(泣)、

加藤諦三:うーん・・

相談者:ハァァ・・

加藤諦三:その気持ちがよくわかるっていうのは、

相談者:はい。

加藤諦三:いつも、緊張していたっていうこと?

相談者:そうですねぇ、あのぅ・・非常に周りに気を使っている性格っていうんですかねぇ、あのぅ・・2人ともですね、

加藤諦三:うん、

相談者:上の娘のほうは、

加藤諦三:うん、

相談者:わりともう、おおらかで、

加藤諦三:うん、

相談者:あまりこう、気にしない、感じで、どちらかというと、わたしに似たんだと思いますけども、

加藤諦三:うん、

相談者:下の娘のほうは、妻に似てましてぇ、周りが例えば落ち込んでいたら、それをこう励ますような感じでですねぇ(涙声)、

加藤諦三:うん、

相談者:やってくれるような、いい、すごいいい子なんですね(涙声)。ズズズッ・・

加藤諦三:うん、

加藤諦三:おそらく。ずーーっと、真面目で、

相談者:うん、

加藤諦三:いろいろと努力をしていたんでしょうね。

相談者:そうですね、はい。

加藤諦三:で、いろいろ努力はするんだけれども、報いられないって言うのかな、

相談者:そうですね、それで出来ない事だけが、非常にこう、自分の中で大きくなってるようで、

加藤諦三:そうですそうです。

相談者:自分はダメだな・・っていう感じになってしまっていたみたいです。

・・

加藤諦三:あなたの・・ほうは、

相談者:うん、

加藤諦三:あまり気を使ってないけども、結果として上手くいってる方・・

相談者:そんな感じに、進んでいます。

加藤諦三:そうですよねぇ?

相談者:ええ、はい。

加藤諦三:という事は、あなたは・・

相談者:はい。

加藤諦三:ありのままの自分を、

相談者:うん、

加藤諦三:受け入れられながら、成長してきているけれども、

相談者:うん、

加藤諦三:奥さんと下のお嬢さんのほうは、

相談者:うん、

加藤諦三:あなたとはちょっと違った環境の中で成長してきてない?

相談者:なので、あのぅ・・わたし・・がですね、

加藤諦三:うん、

相談者:本当に2人の気持ちがわかってない・・ような気持でいるですね(泣)、ズズッ・・

加藤諦三:うん、本当にわかってない(苦笑)、気がするだなぁ・・

相談者:うん、

加藤諦三:「死のうと思った」っていうの、お嬢さん・・

加藤諦三:半分本気だと思うんですけれども、

相談者:はい、はい。

加藤諦三:うちだけが大変なんじゃなくたって、どこだって大変なんでぇ、

相談者:うん、

加藤諦三:これが、「死のう」と思ったなんて、「何言ってんだ?」と思う・・かもしれないけれども、

相談者:ええ、

加藤諦三:お嬢さんと奥さんの側からすると、

加藤諦三:それだけの事件なんですよねぇ、もう、消耗しちゃってもう、生きるのがもう嫌になっちゃった。

相談者:だと思います、はい。

加藤諦三:だけど・・ 4人は一応仲良く暮らしてるの?

相談者:家庭、内はいたって、何も問題ないと思います。あの、娘たちもですね、

加藤諦三:ええ、

相談者:「うちで、生まれてよかった」と、言ってくれて、ました。

加藤諦三:ああ、ああ・・先ほど部屋に引きこもるっていうようなことを、言って、それで、この娘の気持ちは、よくわかるって言いましたけれども、

相談者:うん、

加藤諦三:お嬢さんと、奥さんは、

相談者:うん、

加藤諦三:人と、会うのが好きじゃない?

相談者:もうその通りです。

加藤諦三:もっと言えば、

相談者:うん、

加藤諦三:人間嫌い。

相談者:ああ、そうだと思いました(泣)、ズッ・・

・・

相談者:ズッ・・

加藤諦三:という事はねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:あなた・・は・・

加藤諦三:劣等感がないんですよ。

相談者:はい。

加藤諦三:だけど・・奥さんとお嬢さんのほうは、

相談者:ズッ・・

加藤諦三:劣等感があるんじゃないのかなぁ?

相談者:そうかもしれないですねぇ(涙声)。

相談者:ズズッ・・無意識のうちに、例えば姉と比べてるだとか、そういうのがあるんじゃないかと思います(涙声)。

加藤諦三:だから、上のお嬢さんは、

相談者:うん、

加藤諦三:ありのままの自分を受け入れてもらっていて、

相談者:うん、うん、

加藤諦三:下の・・お嬢さんのほうは、

加藤諦三:上との比較があって、

相談者:うん、

加藤諦三:もっと立派な自分でなければ・・

相談者:うん、

加藤諦三:自分は生きる価値がない・・っていうんで、

相談者:はい。

加藤諦三:いつも、緊張して努力して、

相談者:ズッ・・

加藤諦三:いる、

相談者:うん、

加藤諦三:そこでぇ・・コロナのような、こういう時代になってくると、

相談者:うん、

加藤諦三:より敏感になってきて、

相談者:うん、

加藤諦三:もう・・「会社行かない」って言い出してるわけ?

相談者:そうですね、はい。ズッ・・

加藤諦三:実際、行かないの?

相談者:もうちょっと、行けない・・だろうということでぇ、まぁ、そういう連絡を今、入れたところですねぇ。

加藤諦三:あっ、こっちから会社にもう・・「辞めます」という・・

相談者:はい。

加藤諦三:あなたの家にとっては大問題だよねぇ、だって、せっかく・・

加藤諦三:就職してぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:会社辞めちゃう・・と、

相談者:はい。

加藤諦三:で今日のあなたの相談というのは、

相談者:はい。

相談者:あのぅ・・まず、娘に対して、

加藤諦三:はい。

相談者:その、どういうふうな、接し方をしてあげて、病院に連れてったほうがいいと思うんですけど、心療内科・・みたいなところで、いいのかどうかっていうのがちょっとわからなくて、そのあとも、

加藤諦三:あっ、そうですか、

相談者:もし、***んだったら、ええ。

加藤諦三:はいわかりました、スタジオにですね、

相談者:はい。

加藤諦三:心についてのエッセイストとして、お馴染みの、マドモアゼル愛先生いらしてるので、

相談者:はい。

加藤諦三:いいアドバイスをいただけると思いますんで、

相談者:はい、よろしくお願いします。

加藤諦三:ちょっと待っとってください。

相談者:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA