テレフォン人生相談
加藤諦三・塩谷崇之

加藤諦三・塩谷崇之
テレフォン人生相談 2020年10月31日(土)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:塩谷崇之(弁護士)
勤続14年の親族経営の会社、自ら提案しプロジェクトを立ち上げ大きな成果を上げるも、47歳独身女性の相談者自身には評価なし。仕事には恵まれ満足しているが、出る杭は打たれ売り上げだけさらわれて行く。上がっていくのはアイデアを出さないイエスマンの男性ばかり。消耗感だけ残る。

相談者:47歳女性(独身、既婚歴なし)一人暮らし

加藤諦三氏の〆の言葉『人生における充実感、それは実存の満足です。』

目次

スポンサーリンク

出る杭は打たれ評価されない

加藤諦三:もしもし?

相談者:あっ、もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:あ、よろしくお願いいたします。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:はい、えっと47です。

加藤諦三:47歳、

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:いえ、独身です。

加藤諦三:独身ですか、

相談者:はい。

加藤諦三:ずーっと独身ですか?離婚して独身、

相談者:あ、いえ、あの、ずっと独身です。

加藤諦三:ずっとで、はい。

相談者:はい。

加藤諦三:じゃあ、今、お一人で暮らしてるんですか?

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:はい、わかりました。でぇ、どんな相談ですか?

相談者:はい、えーっと、仕事・・というよりは、

加藤諦三:はい。

相談者:あの、会社・・と、自分との、

加藤諦三:はい。

相談者:関係というか、

加藤諦三:はい。

相談者:に・・自分の中で問題を抱えていましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:どうしたらいいかなぁと思いまして(苦笑)、

加藤諦三:はい。

相談者:すいません、漠然として、はぁい。

・・

加藤諦三:それは、今・・ラジオではちょっと、具体的には言いたくない・・ことですか?

相談者:あっ、はい、大丈夫だと思います。

加藤諦三:うん、やぁ、ど、どういうことですか?

相談者:あっ・・えっと、あたし勤続が、あの、14年になるんですけれども、

加藤諦三:はい。

相談者:会社がそのぅ、まぁ、いわゆる親族経営の・・が、おっきくなった、ような、会社・・でぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:まぁ、社長が・・割りと・・まぁ割りとというか、完全な、昔の昭和のワンマンな(苦笑)、

加藤諦三:はい。

相談者:社長なんですねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ・・今のわたしのまぁもん・・か、抱えてる、問題というのは、

加藤諦三:はい。

相談者:あのぉ・・仕事を、まぁ、あの、かつらつ(はつらつ?)とやってぇ、まぁ、成績も収め・・あの実績も作ってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:あのぅ、いながら、その、評価制度というのが、

加藤諦三:はぁい、はいはい。

相談者:あのぅ・・曖昧というか、無いに等しく、

加藤諦三:無いというよりも、

相談者:ええ、

加藤諦三:評価が、非常に不適切だというふうに、

相談者:そうですねぇ、はい。

加藤諦三:あの、どのくらいの規模の会社なんですか?

相談者:えっと・・

加藤諦三:ん、ん、す、す・・

相談者:トータルすると社員は・・400人、から500人ぐらい・・います。

加藤諦三:あ、ああ・・そうすっと、さっき親族・・

相談者:ええ、

加藤諦三:会社だって言ったけれども、

相談者:ええ、

加藤諦三:ん、そんな小さい会社でもないんですねぇ。

相談者:そうですね、あのぉ・・

加藤諦三:うん、

相談者:社員自体は、たくさん、いますけれども、

加藤諦三:うーん・・

相談者:ただ、完全に社長が創業者でぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:でぇ息子が・・まぁ、たぶん・・次の世代、を引き継ぎ、

加藤諦三:うん、

相談者:まぁ今・・ふく、副社長やっていましてぇ、

加藤諦三:うん、うん・・

相談者:でぇ、あのぉ・・専務、会長が全部、親族ですね。

加藤諦三:ああ、なるほどねぇ、

相談者:はい、はい。

加藤諦三:そのあなたの・・会社の評価・・は、

相談者:ええ、

加藤諦三:一般的に言うと、勤続・・14年ぐらいだと、

相談者:ええ、

加藤諦三:これだけ責任のあるポストと、これだけの所得・・をもらってもいいと、

相談者:そうです、はい。

・・

加藤諦三:思うんだけれども、実際に・・・それだけの所得と、それだけのポストが、ないということですかね?

相談者:そうですね、

加藤諦三:うーん・・

相談者:仕事の、中身自体は、

加藤諦三:はい。

相談者:あのぉ・・恵まれていまして、

加藤諦三:はい。

相談者:割りとこう、自由というか、あの、やりたいことを、ちゃんとビジネス化すれば、やらせてはもらえる・・

加藤諦三:はい。

相談者:ので、仕事の内容自体はまったく問題がなく、

加藤諦三:はい。

相談者:外部の、取引先や、あの一緒にお仕事をしている人については、すごく、あのぉ・・恵まれていると・・この上なく恵まれていると思うんですけれども、

加藤諦三:ということは、

相談者:はい。

加藤諦三:仕事そのものは、やりがいがあるということ?

相談者:そうですね、非常に、はい。

加藤諦三:仕事はやりがいがあるけれども、

相談者:ええ、

・・

加藤諦三:まぁ、具体的に言えば、ポストとか、所得とか、

相談者:そうですね、はい。

加藤諦三:不満だと、

・・

相談者:いわゆるこう・・社長に・・それほど仕事が・・積極的じゃなくっても、社長の言うことを、こなしてる人、というのが、

加藤諦三:うん、

相談者:やっぱり、幹部になっていましてぇ、

加藤諦三:うん、

・・

相談者:でぇあの、意見を言ったりですとか、

加藤諦三:うん、

相談者:あの、アイデアを出したりですとか、

加藤諦三:うん、

相談者:あの、本来、まぁ評価される、実績を残し、評価されるべき人・・は、出る杭を打たれるというか、あの、そういった感じです。

加藤諦三:うーん、

相談者:はい。

加藤諦三:あのぉ・・もっと評価されて・・いる人ってのは、あなた目から見ると、他にもたくさんいるわけ?

相談者:いや、いない・・ですね。

相談者:わたし結構特別で、今の、あの、会社の中では・・プロジェクトを自分で立ち上げてぇ、

加藤諦三:はいはいはい。

相談者:あのぉ・・成功させて・・っていうのは、今の、この部署については、あたし一人・・のことなんですけれども、

加藤諦三:はい。

相談者:本当は、その、あの、会社あげて、やっ・・社長はやってる企画というふうには言うんですけどれも、

加藤諦三:はい。

相談者:成功したら成功したで、何も・・評価もなく、

加藤諦三:うん。

相談者:売上げだけがさらわれていくという感じの、消耗感がすごく激しい・・

相談者:です。

加藤諦三:実績を上げた人が、

相談者:はい、はい。

加藤諦三:いつまでたっても・・給料は・・上がらないと、

相談者:あ・・うん、

加藤諦三:その会社の体質が変わらないということですね?

相談者:そうですね。

加藤諦三:はい、はい。

相談者:ただ、あのぉ・・とても悔しいというか、納得いかなかったのでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:あの、自信が、ありましたし、数字を大きく上げ、

加藤諦三:ええ、

相談者:あの、売上げあげましたのでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:社長に交渉してぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:あのぉ・・なんども言って、あの、嫌な思いもしながら、

加藤諦三:はいはいはい。

相談者:言わなかったら、もうそのまま。

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、一回言ったら、もううやむやにして、機嫌とって、何度も何度も言って、いやっとっていう感じでした、はあ(苦笑)、

加藤諦三:ああ、はあ、はあ・・

相談者:なので、そういうのが、これからもどんどん、あるのかと思うと、

加藤諦三:ええ、

相談者:もう、疲れる・・消耗・・感が激しいです、今・・とても、

相談者:ただ一方で、仕事はすごく上手く行っているのでぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:あの、その落差が激しくってぇ、

加藤諦三:ん、はいはい。

相談者:外に出ればすごく評価があって、「あ、すごか・・良かったねぇ、うちにまた企画もってきて」って、すごく言われぇ・・てる、

加藤諦三:はい。

相談者:だがら、とても調子が、まぁ、好調ながら、会社に帰ると、こう、なんて言うか、何も変わらないというか、振り子がすごく大きくてぇ、消耗感が激しいというのと、

加藤諦三:うん、

相談者:あと、このもう、年齢ですのでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:やっぱり、なにかをこう、ちゃんと、得るものが・・きちんとあってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:楽しいだけではなくてぇ、やりがいがあるだけじゃなくってぇ、きちんとやっぱ得るものがあってぇ、仕事をしていきたいという年齢・・

加藤諦三:うん、

相談者:だなって自分で今思っていましてぇ、この先、もう50・・歳、代、働いていくのを考えますと、

加藤諦三:うん、

相談者:という・・まぁ、消耗感が激しいという(苦笑)・・あのぅ・・ご相談なんですけど。

加藤諦三:ああ、なるほどねぇ。

相談者:はい、はい。

加藤諦三:今日はあの、スタジオに弁護士の、塩谷崇之先生がいらしてんのでぇ、

相談者:あっ、はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA