テレフォン人生相談
玉置妙憂・マドモアゼル愛

玉置妙憂・マドモアゼル愛
テレフォン人生相談 2020年11月18日(水)
パーソナリティ:玉置妙憂(看護師・僧侶)
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
妻との別居中に幼馴染の女性と付き合って、その後、今の彼女と付き合っているが、付き合っていた期間がダブっていたので、彼女が昔話を蒸し返してくるんだけど、どうしたらいいでしょうか?という47歳男性からのご相談。

相談者は47歳男性、4、5年前から別居中の妻50歳(一度離婚し復縁、再度離婚予定)、長女24歳、次女18歳、幼馴染の女性、今の彼女46歳(子供3人あり)

目次

スポンサーリンク

女心がわからない

玉置妙憂:もしもし?

相談者:あ、もしもし?

玉置妙憂:テレフォン人生相談でーす。

相談者:はいはい。

玉置妙憂:今日はどのようなご相談でしょうか?

相談者:恋愛というかですねぇ、

玉置妙憂:はい。

相談者:まぁ色恋の話になってしまうんですけれども、

玉置妙憂:はい、うん、

相談者:女心がわからないっちゅうことでぇ(笑)、

玉置妙憂:女心が?

相談者:はい。

玉置妙憂:あのあなた様は今、おいくつでいらっしゃいますか?

相談者:はいわたし47歳です。

玉置妙憂: 47歳・・えーっと、相手の方とは、結婚なさってるわけじゃないですよね?

相談者:いや、あの実は、

玉置妙憂:うん、

相談者:わたしあのぅ・・まだ、結婚してまして、はい。

玉置妙憂:じゃあ、えっと、奥さんはおいくつですか?

相談者:えーっと、50歳です。はい。

玉置妙憂:お子さんは?

相談者:娘が2人おります。 24歳と・・

玉置妙憂:はい。

相談者: 18歳。

玉置妙憂:ご家族は、 4人家族で?

相談者:そうです・・

玉置妙憂:はい。

相談者:あのぅ、ただ、別居してます。

玉置妙憂:もう別居されてるんですね?

相談者:はぁい。

玉置妙憂:えっと、奥様と、娘さんは、一緒に住んでらっしゃるんですか?

相談者:そうです、

玉置妙憂:はい。

相談者:そうです。

玉置妙憂:でぇ、だいたいどれぐらいから別居なさったんですか?

相談者:4、5年になると思うですけど、

玉置妙憂:4,5年になるんですね?

相談者:はい、はい、はい。

玉置妙憂:はぁはぁ、でも、きちんとした離婚ということには至ってないと?

相談者:まぁ、まだ下の娘がまだ18って言うたと思うんですけど、

玉置妙憂:はい・・うん、

相談者:大学の受験が終わったら、

玉置妙憂:うーん・・

相談者:彼女のほうもですねぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:離婚するのが、正解やろうと、

玉置妙憂:うんふんふんふん、

相談者:いうことでぇ・・別居が始まっ・・

玉置妙憂:あ、はあ、わかりました。

相談者:てあるんですねぇ、

玉置妙憂:そうする・・うん、うん、

相談者:でぇ、その前に実は、一度離婚してあるんですよ、彼女とは、

玉置妙憂:ああ、そうなんですか?

相談者:でぇそれ、今、復縁の状態、はい、復縁の状態でぇ、

玉置妙憂:ああ、はあ、はあ、はあ、

相談者:そうなんです、でもやっぱり・・一度ダメやったもんは、やっぱり、ダメぇ・・

玉置妙憂:うん、

相談者:だったぁ・・んですねぇ、

玉置妙憂:ああ、うん、

相談者:ただそのぅ、高校卒業するまで、受験が終わるまでは・・そういう形をとらせてくれと、

玉置妙憂:うん、

相談者:いうことで、まぁ、お好きにどうぞ・・ということでですねぇ、

玉置妙憂:今そうなってると、うん、

相談者:まぁ、僕も・・ごめんなさい、勝手なことばっかりやって今、この、相談になってるんですけど・・はい。

玉置妙憂:でぇ、えーっと、今日の、その女心っていうのは、まぁ、奥さまのことじゃないわけですよねぇ?

相談者:はい、そうなんです、

玉置妙憂:はいはいはい。

相談者:それでぇ、4、5年前に、

玉置妙憂:はい。

相談者:別居した、時にですねぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:エスエヌエスで僕、今の彼女とは違う彼女、子供の時の同級生の、彼女とまぁ、出会うことになりましてぇ、

玉置妙憂:はい。

相談者:でぇ、1,2年、ちょっとまぁ軽くお付き合いは・・

玉置妙憂:うん、

相談者:したんです。それでまぁ、今、の彼女と出会ってぇ、同級生の彼女とはお別れすることにはなったんですけど、

玉置妙憂:はい。

・・

相談者:少しの期間、ちょっとかぶった期間がありましてぇ、

玉置妙憂:はあはあはあ、

相談者:その期間・・のことが、

玉置妙憂:うん、

相談者:まぁ、やっぱり、2年前とかなんですけど、

玉置妙憂:うん、

相談者:今になっても、やっぱこう、蒸し返されるというかですねぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:それだけまぁ、僕が、はっきりしたことしてなかった・・

玉置妙憂:うん、

相談者:のが、

・・

相談者:原因ちゃ、原因なんですけど、

玉置妙憂:うん、

相談者:それから後はですねぇ、

玉置妙憂:ええ、ええ、

相談者:まぁ・・まぁもちろんそのぅ・・嘘つくこともないし、

玉置妙憂:うん、

相談者:まぁ、一生懸命やっとるつもりなんですけど、

玉置妙憂:うーん・・

相談者:いやぁ、女の人って、意外とこう、言う・・これって、長い事、言うもんかなぁ・・と、

玉置妙憂:うーん・・

玉置妙憂:そう・・うん、うん、

相談者:それ、今までがそういうあんまり経験がなかったものでぇ、

玉置妙憂:うーん・・

相談者:そういう、女の、人がですねぇ、僕が知り合う。

玉置妙憂:今の彼女さん、おいくつなんですか?

相談者:えっと、40・・ぅ・・6ですね。

相談者:一度、それ、が、原因で、お別れしましょうか、みたいな話になったんやけど、
「いやや、そ、そんなこと言うな」と、

玉置妙憂:うん、

相談者:「考え直してくれ」と、

玉置妙憂:うーん、

相談者:いうことでぇ、まぁ、ちょこちょこ今もね、

玉置妙憂:うん、

相談者:あったりするんですけど、

玉置妙憂:うん、

相談者:未だにそれを言うんですよね。

玉置妙憂:今現在、あなたさまが、離婚されてないってことに関しては、寛容なんですか?

相談者:それは、最初っから・・そのぅ・・ええっと、受験が終わってから、

玉置妙憂:うん、

相談者:正式な形をとります・・っていうことでぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:まぁ実はあのぅ・・

相談者:い、自宅もねぇ、僕、近所なんですよ、その彼女とは、

玉置妙憂:はあ、はあ、はあ、はあ、

相談者:はい、

玉置妙憂:うん、

相談者:なのでぇ、わたし・・の、その、たぶん、娘のことも、

玉置妙憂:うん、

相談者:知って・・る、はずですし、

玉置妙憂:うん、うんうん、

相談者:はい。もちろん、あの、先方のですね、

玉置妙憂:うん、

相談者:彼女の子供のこと、子供も僕は、知ってますし、

玉置妙憂:はいはい。

相談者:**

玉置妙憂:あの今・・先方の彼女の子供っておっしゃったけど、それは今の彼女さんの子供さんがいらっしゃるってことかしら?

相談者:はいそうです。

玉置妙憂:はあ・・

相談者:3人おり、い、いますねぇ、はぁい。

玉置妙憂:あ、ああ・・かぶってた・・ってことは、相当に、もう、腹立ってらっしゃるってことですよねぇ?

相談者:あのぅ、はい。

玉置妙憂:うん、

相談者:それはその当時僕もねぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:ちょっと、

・・

相談者:正直に、それも、話してあるんですよ、実は、

玉置妙憂:うん、

相談者:こういうことやと、でぇまぁ、「切ってくるよ」と、

玉置妙憂:ああ・・

相談者:っていうこと言いながらも、つ・・始まった・・関係だったんです。

相談者:きれいにねぇ、き、切れずに、ちょっと・・「切ってくるわ」って言うてからも・・そのぅ・・8ヶ月・・ぐらいかなぁ、

相談者:は(わ)・・ちょっと、

玉置妙憂:結構長いですねぇ。

玉置妙憂:ふふふ・・

相談者:そうなんです、それがねぇ、

玉置妙憂:うん・・

相談者:なかなか、切れんかった自分の、落ち度・・って、

玉置妙憂:うん、

相談者:それがあるからちょっと、どうしても、

玉置妙憂:そうですねぇ、

相談者:なかなか、

玉置妙憂:うーん・・

相談者:強くも出れんというか・・

玉置妙憂:なるほどなるほど、

相談者:はい、はい。

玉置妙憂:じゃあ、でも最終的には、あの切ってぇ、今の、彼女に、落ち着いたんだけれども、

相談者:そうなんですよ。

玉置妙憂:え・・蒸し返してくるぞ・・っていうことですよね。

相談者:そうなんです。

玉置妙憂:それが、えっと、4、5年前の話ですか?

相談者:あの、ダブっていた期間的には、3年前かねぇ・・

玉置妙憂:3年前ぐらいですか?

相談者:はい。

玉置妙憂:でぇ今、3年・・うーん、経ったんだけれども、

相談者:はい。

玉置妙憂:まぁ、蒸し返してきてぇ、

相談者:はい。

玉置妙憂:え・・言ってくると、

相談者:はい。

玉置妙憂:でぇ、女の人・・っていうのは、そういうもんなのかなぁ・・っていうのが、

玉置妙憂:まぁ今日の、ご相談っていうことですかねぇ?

相談者:そう・・ですねぇ、はい。

玉置妙憂:うん、それから、まぁ、今後ね、あのぅ、

相談者:はい。

玉置妙憂:今の彼女さんと、やっていきたいと思われてるわけですよねぇ?

相談者:そうなんです。

玉置妙憂:うん、

相談者:ただね、僕・・やっぱ、男じゃないですか、

玉置妙憂:はい。

相談者:まぁ、仲間とその話になった時に、

玉置妙憂:はい。

・・

相談者:体裁なんか(?)・・出来てあがってない女の子やなみたいな話をされるんですよねぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:「もう、別れてしまえ」・・

玉置妙憂:うん、

相談者:みたいなこと言われるんやけども、

玉置妙憂:うんうんうん、

相談者:「それぇ、えらいめ遭うぞ」みたいなね、

玉置妙憂:うん、

相談者:一般的な、意見がわからない状態なんです、自分自身。

玉置妙憂:うん、

相談者:これって僕、

相談者:合ってるんかなっていうか、そのぅ、

・・

相談者:自分の思いでぇ、

玉置妙憂:うん、

相談者:今こうやってやってますけど、

玉置妙憂:はい。

・・

相談者:いわゆるそのぅ・・他の人が聞いたら、

玉置妙憂:うん、

相談者:いやいや、それ、おかしいよ君・・って、言われる話なのかどうか?

玉置妙憂:うん、ふふふふふふ、

相談者:僕がおかしいのか、そのぅ・・いわゆる女の人はそんなもんやって言われるのかぁ?

玉置妙憂:うーん・・でぇ、

相談者:ちょっと自分・・・の中での、

玉置妙憂:うーん、

相談者:き、標準というか、

玉置妙憂:標準が?

相談者:ふつ、普通がわからなくなってきてる状態?

玉置妙憂:はあ、はあ、は、は・・わかりました。今日そのお話に、お答えいただきますのは、心についてのエッセイスト・・としてお馴染みの、マドモアゼル愛・・先生です。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA