テレフォン人生相談
柴田理恵・三石由起子

柴田理恵・三石由起子
テレフォン人生相談 2020年11月19日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
41歳女性から、父親から幼児虐待を受けていた過去があり、育児をしていると虐待の過去が甦ってくる。連鎖で自分も虐待しないかが心配というご相談。

相談者は41歳女性(働いている)、夫67歳 結婚して6年 長女5歳、長男2歳(チビッコギャング)、20年ほど前に両親離婚、母(年齢不明・元気)、父(所在知らず)、実兄43歳

目次

スポンサーリンク

幼児虐待の連鎖が心配

柴田理恵:もしもし?

相談者:あっ、

柴田理恵:テレフォン人生相談です。

相談者:こんにちは、

柴田理恵:はい、こんにちは。

相談者:はじめまして、よろしくお願いいたします。

柴田理恵:はぁい、今日はどんなご相談ですか?

相談者:自分・・自身の、

柴田理恵:はい。

相談者:過去をちょっと認めてですね、

柴田理恵:はい?

相談者:ふり・・かえらないように、

柴田理恵:うん、

相談者:こう、今の育児・・に、影響あたえないようにしたいんですけれども。

柴田理恵:ほう・・

相談者:スゥ・・

柴田理恵:おいくつですか?

相談者:はい、えっと41歳です。

柴田理恵:はい、じゃあ結婚なさってるんですね?

相談者:あっ、はいしています。

柴田理恵:旦那さんおいくつですか?

相談者: 67歳です。

柴田理恵:あ、結構年上の、旦那さんなんですねぇ?

相談者:あ、はい、そうです。

柴田理恵:はい、でお子さんは?

相談者: 5歳・・女の子、

柴田理恵:はい。

相談者:えっと、 2歳になる・・男の子が1人おります。

柴田理恵:わかりました、えっと、過去を振り返らない・・

柴田理恵:育児って・・一体どういうことなんですか?

相談者:あっ、あのわたしは小さいときに、

柴田理恵:はい。

相談者:父親から、暴力を受けていまして、

柴田理恵:はああ・・

相談者:はい。それでぇ、

相談者:思い出さないようにしようと、

柴田理恵:うん、

相談者:思ってずっとやってきて、生きてきたんですけれども、

柴田理恵:はい。

相談者:子供を育てていくうちに、

柴田理恵:うん、

相談者:こうちょっと蘇ってくるというか、

柴田理恵:ふぅーん、

相談者:あのぅ、

相談者:どうしたらいいのかな?っという感じで、

柴田理恵:うーん・・

相談者:思っています。

柴田理恵:あの、心臓がバクバクしたり、そういう事はあるんですか?

相談者:んっと、心臓っていうかこう、

柴田理恵:うん、

相談者:なにかこう・・

柴田理恵:うん、

相談者:負の連鎖・・っていうような、

柴田理恵:はい。

相談者:あのぅ、今、そういうことはないし、

柴田理恵:うん、

相談者:な、ないと、思うんだけれども、

柴田理恵:うん、うん

相談者:何か、こういうふうに、育てあげたことが、

柴田理恵:うん、

相談者:子供に、こう影響を与えないように、

柴田理恵:うん、

相談者:したいなっていう気持ちが・・

柴田理恵:うん、

相談者:あります。

柴田理恵:うん、ふんふんふん、

・・

相談者:暴力の事はずっと黙って、生きてきたので、

柴田理恵:うんうん、

相談者:ちょっと電話をさせていただいた次第です(涙声)。

柴田理恵:うんふん、

柴田理恵:えっと・・お父さんっていうのは、実のお父さんですか?

相談者:あ、はいそうです。

柴田理恵:はああ・・

相談者:でぇ、え、母親は今、

相談者:元気でいるんですが、

柴田理恵:はいはい。

相談者:父・・親は、

柴田理恵:うん、

相談者:えっと、今、連絡は取っていない・・し、

柴田理恵:という事は、

柴田理恵:なんですか?離婚・・

相談者:あっ、そうです。

柴田理恵:なさったんですか?

相談者:あのぅ・・

相談者:父と母は、今から、20年ほど前に離婚・・

柴田理恵:ふぅーん、あなたがだから、

相談者:したので・・はい?

柴田理恵:成人なさってから離婚、したんですね?

相談者:そうですね。

柴田理恵:お父さん・・っつうのは、ん、どういう人だったんですか?

・・

相談者:物心ついたときから、

柴田理恵:うん、

相談者:母親に、

相談者:こう暴力をふるったり、

柴田理恵:うん、

相談者:わたしたちは・・小学生ぐらいから、

柴田理恵:うん、

相談者:高校1年生ぐらいまで、

柴田理恵:うん、

相談者:ずっと叩かれたり、そういうことが、ありましてぇ、

柴田理恵:あの、

相談者:あの、

柴田理恵:ごきょうだいも、いらっしゃるのね?あなた、「達」っておっしゃったから、

相談者:あっ、そうです。

柴田理恵:うん、

相談者:年子で、兄が・・

柴田理恵:お兄さん?

相談者:いま43歳です。

柴田理恵:はい。じゃあお兄さんも、暴力・・を、

相談者:あっ、

柴田理恵:ふるわれてたんですか?

相談者:そうです、小さい時は、そうだ・・ったと・・思います。

柴田理恵:うん、うん、

柴田理恵:なんでそんな暴力ふるったんですか?

柴田理恵:酒飲んでで・・とか?

相談者:お酒も、タバコもやらないんですけれども、

柴田理恵:ああ・・

相談者:えっと・・

相談者:理不尽なもので、

柴田理恵:うん、

相談者:なにかこう、きっかけがあってこう、例えば・・悪さをしただとか、

柴田理恵:うん、

相談者:こう・・いうことではなくてぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:こう・・

相談者:楽しくしてる時、

柴田理恵:うん、

相談者:とか・・

柴田理恵:うん、

相談者:団らん・・の、なか、

相談者:突然、とか、

・・

柴田理恵:うーん・・

相談者:でぇ、叫んで、「わぁー!」という感じではなくてこう、無言で、

柴田理恵:いきなり?

相談者:いきなり来る・・という感じですかねぇ、

柴田理恵:なぁーんでだろう?

相談者:ふふふ・・

柴田理恵:へぇぇぇぇ・・

相談者:それが(笑)、

相談者:ん-っと、グーで、無言でこう・・

柴田理恵:うわぁ・・

相談者:***とか、来るわけですね、でも、

相談者:こう、自分がされる・・とこう耳がキーンとか、するんですけど、

柴田理恵:うん、うん、

相談者:今は浮かんでくる映像としては、

柴田理恵:うん、

相談者:母が(涙声)、

柴田理恵:うん、

相談者:やられている時の事とかを、

柴田理恵:うん、

相談者:ちょっと思い出したりしていて(涙声)、

柴田理恵:うん、

・・

・・

相談者:すいません、えっと、ごめんなさい(涙声)。

柴田理恵:うううん、

相談者:ズズズッ・・

柴田理恵:うん、

相談者:えっと今覚えている記憶の中では、

柴田理恵:うん、

相談者:小学校・・・1年の時に、

柴田理恵:うん、

相談者:ふと起きたら、川の字で4人、寝てるんだけれども、

柴田理恵:うん、

相談者:首を絞められていたり、

柴田理恵:えええ(震える声)・・

相談者:(ため息)あと・・突然に、あの母が(泣)・・

柴田理恵:うん、

相談者:ズッ・・髪の毛を・・こう、グッと(涙声)・・して、引っ張られてこう、

柴田理恵:うん、

相談者:こう、玄関とこへずーっと(涙声)、

柴田理恵:うわぁ・・

相談者:されたりとかでぇ(涙声)、

相談者:なんか、それを、止めるんだけど、

柴田理恵:うん、

相談者:小学生だから、止められなくって(涙声)、

柴田理恵:うーん、うん、

相談者:ズズズッ・・

相談者:そんな映像が・・

相談者:(嗚咽)

柴田理恵:思い出すんですね。

相談者:消えない。

柴田理恵:うーん・・

・・

相談者:育児を、通じて、

相談者:自分の小さい頃を、**思い出してしまうのかもしれないですが

柴田理恵:うーん・・

相談者:それまでは仕事で、

相談者:一本って、**結婚も、出産も考えられなか・・ったんですが、

柴田理恵:ああ、あなた・・自身が?

相談者:あの・・あっ、そうですね。

柴田理恵:うん、うん、

相談者:だけど、ありがたいことに子供ができたんですけれども、

柴田理恵:うん・・うん・・

相談者:はんすう(?)しずに、

柴田理恵:うん、

相談者:こう、前向きに、

柴田理恵:うん、

相談者:生きていけたらな・・と思います。

柴田理恵:うん、

柴田理恵:あのぅ・・結婚は今何年目ですか?

相談者:今、 6年目です。

柴田理恵: 6年目、

相談者:ズズズッ・・

柴田理恵:ああ、そうですか・・今の旦那さんは、

相談者:あっ、

柴田理恵:優しい人ですか?

相談者:あっ、優しいですし、

柴田理恵:うん、

相談者:寡黙ですけど、

柴田理恵:うん、

相談者:穏やかな・・タイプです。

柴田理恵:ああ、そうですかぁ、

・・

相談者:ズッ・・

柴田理恵:よかったですねぇ、そんな人と一緒になれて。

相談者:ああ、はい。

相談者:ありがとうございます。

柴田理恵:うーん・・そうか、

相談者:はい。

柴田理恵:うーん、

柴田理恵:でもそれが・・フラッシュバックのようにこう、

柴田理恵:出てくるっていうのは、

・・

柴田理恵:つらいですね。

・・

・・

相談者:いつも・・は、

柴田理恵:うん、

相談者:そんなに・・気にしていないんですけれども、

柴田理恵:うん、

相談者:自分の意図しないところで、

相談者:出てくるというのですか、

柴田理恵:うーん・・

相談者:えっと、

柴田理恵:うん、

相談者:わざわざ思い出そうとか、

柴田理恵:うん、

相談者:していないんだけれども、

柴田理恵:うん、

相談者:ふっ・・ふっ・・っという感じで、

柴田理恵:うん、うん、

相談者:えっと、出てきます。

柴田理恵:うん、

相談者:でぇ、

相談者:中学校・・それはなぜ、自分に自信がないか・・

柴田理恵:うん、

相談者:と、こう自分に問うてみたところ、

柴田理恵:うん、

・・

相談者:その時にこう、反論したり、

柴田理恵:うん、

相談者:出来なかっただろうか・・と、思ったり(涙声)、ズズッ・・

柴田理恵:あの時もっと、反論してれば良かったって、

相談者:えへへへ・・そうです。

柴田理恵:思うんですか・・でも、怖かったんだもん、仕方ないでしょう。

相談者:ええ・・でぇ、それが・・大人になって、普通じゃなかったんだ・・なぁ・・っと、思うんですけれども、

柴田理恵:うん、

・・

相談者:それを・・こう「自分のせいだ・・」と考えてしまう自分がいましてぇ、

柴田理恵:(息をのむ)あ、ああ・・

相談者:あの、上手くいえないんですけれども、

柴田理恵:うーん・・

相談者:えっと、怒りのあまりにこう、服を破かれたりとかして、

柴田理恵:うん!

相談者:いたんだけれども、

柴田理恵:うん、

相談者:それを、母親に、言えなかったり、

柴田理恵:うーん・・

相談者:して、

柴田理恵:うーん・・

相談者:もっと相談していればぁ、

柴田理恵:うん、

相談者:よかったんだろうかと、思ったり、

柴田理恵:うん、

相談者:しますが、その時は、

柴田理恵:うん、

相談者:母も大変だろうから、

柴田理恵:うん、

相談者:言ってはいけない・・ような・・

・・

柴田理恵:それはあなたの愛情ですよ。

柴田理恵:お母さんへの。

相談者:ソウデス・・

・・

柴田理恵:だからちっとも恥ずかしいことじゃないですよ。

相談者:あ、ああ、はい。

柴田理恵:うん!

柴田理恵:ホントに思いますけど、100%、そのオヤジが悪い。

相談者:あはは、

相談者:そうですか、

柴田理恵:はい。

相談者:スゥ・・その、辺のことは、

相談者:なんかその当時、

相談者:うまく考える力・・と、思うんですけれども、

柴田理恵:うん、

相談者:なんか、そういうことを、

柴田理恵:うん、

相談者:まったく・・の、妄想なんですけれども、

柴田理恵:うん、

相談者:しやしないだろうかと、スゥ・・する、

柴田理恵:うん、あっ、

相談者:ズズッ・・

柴田理恵:自分がですか?ご自分が・・するんじゃないかって、心配してるんですか?

相談者:あっ、

相談者:はぁい、なの**、そういった本・・を、読みますと、

柴田理恵:うん、

相談者:そういうふうにこう、

・・

相談者:ふぅ・・こう負の連鎖というのが、

柴田理恵:ああ・・

相談者:あの、

相談者:父親も・・

柴田理恵:うん、

相談者:父親から、暴力を受けていたと後に訊きましてぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:あのぅ、

・・

・・

相談者:そんな感じで、考えています。

柴田理恵:わかりました。

柴田理恵:あの、先生に聞いてみましょう。

相談者:あっ・・

柴田理恵:はい。

相談者:了解しました。ありがとうございます。

柴田理恵:え、今日の回答者の先生は、三石メソード主宰、作家で翻訳家の、三石由起子です。

相談者:あ、

柴田理恵:先生、お願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA