テレフォン人生相談
加藤諦三・坂井眞

加藤諦三・坂井眞
テレフォン人生相談 2020年12月4日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
57歳の女性から、単身赴任中の夫の浮気が位置情報でわかり、関係は続いている。ペットの育児ノイローゼで寂しい思いをさせた事を後悔しているというご相談。

相談者は57歳女性、夫57歳(単身赴任中)、息子28歳、各自バラバラで生活

加藤諦三氏の〆の言葉『悩みは昨日の出来事ではない。何十年間の生き方の結果です。』

目次

スポンサーリンク

位置情報で夫の浮気はわかっている

相談者:はい。

加藤諦三:もしもし?

相談者:はい。

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いします。

加藤諦三:はい、最初に、年齢教えてください。

相談者:57歳です。

加藤諦三:57歳、結婚しています?

相談者:はい・・はい。

加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者:えっと同じ、歳です。

加藤諦三:同い年ですか、

相談者:はい。

加藤諦三:お子さんは?

相談者:1人です。

加藤諦三:1人、何歳ですか?

相談者:20・・8歳かな?

加藤諦三:28歳、

相談者:はい。

加藤諦三:男の子?女の子?

相談者:男で・・す。

加藤諦三:男の子、

相談者:はい。

加藤諦三:すっと今3人で暮らしてんですか?

相談者:いえ、バラバラでぇ、

加藤諦三:じゃあ今、

相談者:はい。

加藤諦三:あなたお1人で暮らしてるわけ?

相談者:はい、ペットと、

加藤諦三:どのぐらいの・・・お1人ですか?

相談者:4、5年ですかね?

加藤諦三:し、4、5年?

相談者:はい。

加藤諦三:はい、わかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:そんでどんな相談ですか?

相談者:夫の・・・浮気、がずっと、ここ、もう5、6年続いて、いるよう、です。

加藤諦三:っと、夫の浮気というのが原因で、別居してるということですか?

相談者:いえ、転勤で、

加藤諦三:ああ、そうですか、

相談者:はい。

加藤諦三:はい、それで?

相談者:はい。

加藤諦三:あなたお1人になってぇ?

相談者:月に2回とか・・は、だいたい、帰って、います。

加藤諦三:はい。

相談者:だけど、最近はもう、日帰り、エヘヘ(苦笑)、ですねぇ、

加藤諦三:日帰り?

相談者:はぁい、はい(苦笑)、

加藤諦三:それであなたが・・

相談者:それで・・はい。

加藤諦三:ご主人が浮気してるっていうことを知ってる・・ということを、

相談者:はぁい、はい。

加藤諦三:ご主人のほうは知ってるわけですね?

相談者:はい、そうです。写真は見てないですけど、

加藤諦三:うん、

相談者:位置情報でわかったのでぇ、

加藤諦三:そうですよねぇ、

相談者:それが・・わかった(苦笑)、ふふふ

加藤諦三:最近は位置情報がわかるんだよねぇ、うん、

相談者:はぁい、はぁい・・はい。

加藤諦三:そうするとあなたのほうから見ると、

相談者:うーん、

加藤諦三:位置情報があるから、

相談者:うん、うん、

加藤諦三:夫が、

相談者:うん、

加藤諦三:この女性と、

相談者:うん、

加藤諦三:どのぐらい一緒にいるかっていうのが、

相談者:うん、うん、

加藤諦三:ほとんどわかるわけ?

相談者:その当時は、情報はわかったんですけど、

加藤諦三:うん、

相談者:息子と、同じ・・ま、IDとか一緒だったんです。

加藤諦三:うん、

相談者:だけど、息子のほうはわかるんですよ。

加藤諦三:うん、

相談者:使ってると、その情報をね、

加藤諦三:はい。

相談者:でも、嫌がりましたのでぇ、数ヶ月、見てましたけど位置は、もう今はもう、だから、それができなくなってしまいました。

加藤諦三:そうすっと相手の女性というのは、

相談者:はい。

加藤諦三:独身ですか?

相談者:はい。

加藤諦三:そしてぇ、ご主人は・・結婚するつもりでいるわけ?・・今、

相談者:あぁ、そうですねぇ、熟年離婚、匂わせることを言いました。

加藤諦三:ふぅーん、今はそうすると、時々帰って来てぇ、離婚の話はしないですね?

相談者:わたしがねぇ、「それだったら離婚していいんじゃないの?」っていうふうに言ったら、

加藤諦三:ええ、

相談者:「今はこのままでいいんじゃないか・・」みたいな感じなんですねぇ、

加藤諦三:ふぅーん・・

相談者:退職金がね、

加藤諦三:ええ、

相談者:ちょうどもう3年後ぐらいにある程度・・キリがいいのでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:それを考えてるんじゃないかなぁ・・と、

加藤諦三:うーん・・

相談者:その頃に・・はい、はい。

加藤諦三:「今このままでいいんじゃないか」っていうのは、

相談者:「今は」って、はい、はい。

加藤諦三:ご主人にとっては、

相談者:はい。

加藤諦三:2人女性がいるような、

相談者:うん、うん、うん、

加藤諦三:話でぇ、

相談者:ふふふふ・・

加藤諦三:まぁ、それでぇ、

相談者:そう、そう、勝手ですね、

加藤諦三:ん、うん、勝手ですよねぇ、

相談者:うん、うん・・うん、

加藤諦三:それで勝手な上に、

相談者:うん、うん、

加藤諦三:ちょっと・・いい気になってるんじゃないの?

相談者:そうです。

・・

加藤諦三:そうすると、

相談者:はい。

加藤諦三:あなたとしては今、

相談者:はい。

加藤諦三:どうしたいわけですか?

相談者:戻って、ふっうううう(泣)

加藤諦三:戻って来てほしい?

相談者:そうです、わたしもなんか(泣)、ペットのことで大変だったんです、当時ねぇ、ズズッ・・

加藤諦三:うん、

相談者:それでぇ、

加藤諦三:だ、そりゃ大変ですよ。

相談者:ちょうどその頃に(涙声)、

加藤諦三:うん、

相談者:勤続何十周年の、お祝いに(涙声)、

加藤諦三:うん、

相談者:休暇とか旅行券とか・・会社からもらえたのに、

加藤諦三:うん、

相談者:(嗚咽)わたしが・・ペットの育児ノイローゼになって、行けなかったんですよ、旅行とかね(泣)、

加藤諦三:うん、

相談者:夫の赴任先にも、まったく行くことができないぐらいしんどかったんです。ズズッ、

加藤諦三:うん、

相談者:でぇ、そのときに、ずっと、寂しい思いを、して・

加藤諦三:だから泣き声出して、寂しい思いするほうが、

相談者:はい。

加藤諦三:むしろ正常でぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:今の状態で、

相談者:はい。

加藤諦三:ご主人に、

相談者:はい。

加藤諦三:女性がいて、3人がみんな承知して、このままの状態が、

相談者:はい、はい。

加藤諦三:続くのが、

相談者:はい。

加藤諦三:これが、

加藤諦三:この心理的に、

相談者:はい。

加藤諦三:健康な状態ではないですよ。

相談者:そうです、もういっぱいいっぱいですねぇ、

加藤諦三:でぇ今・・

相談者:はい。

加藤諦三:どうかしたいか・・っていう、こと伺うと、

相談者:はい、はい。

加藤諦三:元の・・ということですよね?

相談者:そうです、元の、はい。

加藤諦三:そうすっと今日のあなたの相談というのは、

相談者:はい。

加藤諦三:あなた何を知りたい?

相談者:戻る気があるのか?・・ってところですねぇ、

加藤諦三:あなたももう・・相当あれだねぇ、間違った生き方に自分を、合わせることに、

相談者:はい。

加藤諦三:努力しちゃったんじゃないのかな?

相談者:うーん・・

加藤諦三:だって・・どっちだかわからないんだもん、相手の気持ち次第だもん。

相談者:うーん、うーん、うーん、だから・・

加藤諦三:あなたの人生でしょ?

相談者:はい、そうです・・はい。

加藤諦三:今のこのままでいいじゃないか、って言ってんのが、彼の・・気持ちなんです。

相談者:あ、ああ・・そっか、自由に、

加藤諦三:もの凄い、ナルシストです。

・・

相談者:はぁい・・ウン、

・・

相談者:うーん・・

加藤諦三:すべてを自分に都合良く、解釈してる。

相談者:うん、うん、すごい我慢でぇ、もうちょっと限界が来てるのでぇ、

相談者:ど、

加藤諦三:限界っていうのは具体的に言うとどういうこと?

相談者:離婚前提のね、

加藤諦三:うん、

相談者:別居しようかな、とか思ってます。

加藤諦三:ということは、もう・・

相談者:気持ちを確認・・はい。

加藤諦三:別れたいっていうほうに、気持ちは・・傾いてるということ?

相談者:そうです、そのときも「会社辞めたら、ほかの会社は、地方に行って、住んでぇ、働く」って言ったんですね、

加藤諦三:うん、

相談者:1年ぐらい前に、そのときに、わたしはもう「じゃあ、それだったらもう・・離婚、するから、お金を、きちんとして」っていうふうに言ったんですけど、

加藤諦三:うん、

相談者:そしたら、「今は、答えが出ない」って、その当時言ったんですねぇ、

加藤諦三:非常に、優柔不断な夫なんですけれども、

相談者:うーん、ズッ、

加藤諦三:優柔不断ということは、

相談者:はい。

加藤諦三:ここハッキリ覚えといてください。

相談者:はい。

加藤諦三:無責任な男っていうことです。

相談者:あ、ああ・・うーん、

加藤諦三:無責任な男ほど、

相談者:うーん、

加藤諦三:優柔不断なんです。

・・

相談者:はい。

加藤諦三:この相手の、女性も、

相談者:はい・・はい。

加藤諦三:優柔不断の、女性です。

相談者:うーん、

加藤諦三:だから・・全員が優柔不断で無責任なんです。

相談者:はい・・・うーん、

加藤諦三:それで全員が、物事をきっちり解決しようとする意思がないんです。

・・

相談者:はい・・うーん・・

加藤諦三:そうすると、

相談者:うーん・・

加藤諦三:あなたの、

相談者:うーん・・

加藤諦三:本当は・・この・・男性と・・・別れて・・自分の・・意思と自分の人生を生きていきたいと、

相談者:はい。

加藤諦三:だけどもそれはちょっと怖くて、

・・

加藤諦三:踏み出せない。

相談者:はい。

加藤諦三:これを・・弁護士の坂井眞先生に、

相談者:はい。

加藤諦三:ご意見を伺ってみたいと、思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA