テレフォン人生相談
加藤諦三・マドモアゼル愛

加藤諦三・マドモアゼル愛
テレフォン人生相談 2020年12月11日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
43歳女性から、夫の出張中に実の父を二度泊めたら、同じ敷地の別棟に住んでいる夫の両親から不愉快だと言われた。どう解決すればいいでしょうか?というご相談。

相談者は43歳女性、夫44歳、子供2人、長女12歳、長男10歳、4人暮らし、同一敷地内の別棟に住む義両親、同一敷地内の別棟に住む実父と実弟(母は4年前に他界)、4ヶ月前に義両親に援助してもらい家を建てた

加藤諦三氏の〆の言葉『人間関係で失敗する人は、自分と相手との関係の距離がわかってない人です。』

目次

スポンサーリンク

義両親から不愉快と言われた

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし、こんにちは・・

加藤諦三:はいテレフォン人生相談です。

相談者:はい。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者: 43歳。

加藤諦三: 43歳、結婚してます?

相談者:はい。

加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者: 44歳です。

加藤諦三: 44歳、お子さんは?

相談者:女の子で12歳、

加藤諦三:はい。

相談者:次は男の子で10歳です。

加藤諦三:と、 4人で暮らしてるわけですね?

相談者:はい。

加藤諦三:はいわかりました。それでどんな相談ですか?

相談者:はい、同じ敷地に、別棟で、主人の、両親が、住んでおります。

加藤諦三:はい。

相談者:で、自分の、実母が・・ 4年前に亡くなりました。

加藤諦三:はい。

相談者:で、父と、あたしの弟が、同じ敷地に、別棟で、住んでおります。

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、主人が、

相談者:出張が、たまにありまして、

加藤諦三:はい。

相談者:泊りで、で、その時に、わたしが、実父を、呼んだのですね、うちに。

加藤諦三:はい。

相談者:「泊りに来る?」って感じで、でぇ、それを2回ほど、違う週なんですけど・・呼んで、泊まらせたら、義理の両親が、「不愉快だ」と、

加藤諦三:「不愉快だ」と言う事を直接あなたに言ったんですか?

相談者:わたしの娘を通して、

加藤諦三:あっ、 12歳のお嬢さんっていうこと?

相談者:はい。直接・・言ってしまいました。

相談者:で、その場にわたしも、居た感じです。

加藤諦三:うーーん・・面と向かってね、真面目な表現として「不愉快だ」って言われたら、これは、

加藤諦三:以前から、

相談者:はい。

加藤諦三:関係は、あんまりよくなかったですよねぇ?

相談者:そ***

加藤諦三:ご主人との、両親との関係、

相談者:別棟で、一緒の敷地に住み始めてるんですが、

加藤諦三:あっ、

相談者:家を建てて、

加藤諦三:別棟っていうのは、何ヶ月前からですか?

相談者: 4ヶ月・・

加藤諦三: 4ヶ月ぐらい前?

相談者:はい。

加藤諦三:はい。

相談者:で、その前はアパートに住んでて、

相談者:その時に、家を建てるときには、

加藤諦三:はい。

相談者:うちの、父の部屋もあるからねと言って・・・くれたぐらい、好意的だったんですね。

加藤諦三:はい。

相談者:それが、

相談者:主人が、

相談者:出張に、

相談者:出てていない時に連れてきたのが、

相談者:不愉快だったのか?

相談者:っていうこと・・

加藤諦三:そのご主人の、

相談者:はい。

加藤諦三:出張というのは、度々あるの?それとも、たまたま・・

相談者:多い時は月に二回ぐらい、

加藤諦三:うん、

相談者:ですね。

加藤諦三:でぇ、いないときに、

相談者:はい。

加藤諦三:呼んだことが、不愉快だったの?

相談者:はい。

加藤諦三:というのは、

加藤諦三:どう・・

相談者:たぶん、

相談者:同じ敷地に、家を建てたことによって、お金を、出してももらってるんですね。

加藤諦三:はい。

相談者:それなんでぇ、嫁・・が、好き勝手に、自分の父親も呼んで、

加藤諦三:うん、

相談者:孫と楽しくしてたのが、

加藤諦三:はい。

相談者:嫌だったのかな?って、

加藤諦三:はああああ・・

相談者:思っております。

加藤諦三:そうか、

相談者:でぇ、

加藤諦三:ご主人のほうの、

相談者:はい。

加藤諦三:ご両親からすると、

相談者:はい。

加藤諦三:お金を出してるから、

相談者:はい。

加藤諦三:自分の・・・

加藤諦三:家のような感じだったんだよねぇ、それが、あなたが、

相談者:はい。

加藤諦三:敷地全体っていうか、

相談者:はい。

加藤諦三:そこは自分なような、振る舞いをしたんで面白くなかったっていうことなのかね?

相談者:たぶん。

相談者:憶測なんですが、それでぇ、「不愉快だ」って言われて、わたしも、

加藤諦三:うん、

相談者:えっ?っていう感じだったんで、

加藤諦三:うん、

相談者:主人と一緒に義理両親の、ところに行って、4人で話をしたんですね。

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、わたしも、父親が・・ 1人で居るしぃ、寂しいって言うから、連れてきたいんだよねって話をしたら、そこで義母が、「よく来れるよね」っていうのを一言言ったので、ああ、こりゃもうダメなんだなと、

加藤諦三:なるほどね。

相談者:で、とってもよくしてもらってたし・・とてもわたしも好きな義理両親なので・・嫌いにはなりたくないし、今でも、好きなんです。

加藤諦三:はい。

相談者:好きなんですけど・・気持ちがついていかなくて・・このまま・・だと主人との関係も、おかしくなってしまう・・のが目に見えてるので、

加藤諦三:ご主人も、

相談者:はい。

加藤諦三:自分が出張中に、

相談者:はい。

加藤諦三:人を呼ぶっていうことが・・面白く、なかったのかな?

相談者:いえ、そこは、

相談者:出張に行く前に、あたしが、「お父さん泊めてもいい?」って聞いたところ、

加藤諦三:うん、

相談者:「いいよ」っていう感じだったんで、

加藤諦三:うん、

相談者:主人の了解は、得ております。

加藤諦三:ああ、そうですか。

加藤諦三:ただまぁご主人の、場合には、実際に、お父さん見てるわけじゃない、だけど、あなたのご主人のほうも、両親、の場合には実際にあなたが、敷地内で、

相談者:はい、はい。

加藤諦三:中心になるってことが面白くなかったのかな?

相談者:そうなんですかねぇ?

・・

相談者:でぇ・・今日の相談は、これから、も、仲良くしていきたいんですね義理両親と、でもこの、心のもやもやが、

加藤諦三:うん、

相談者:あってぇ、やっぱり会話も、多少ぎこちなくなる・・んですよね。

加藤諦三:これ別棟って言うけど、しょっちゅう・・顔合わすわけ?

相談者:はい、しょっちゅう顔合わせます。

加藤諦三:あ、

相談者:で、子供も毎日学校から帰ってきてら、

加藤諦三:うん、

相談者:庭で、一緒に、義理両親と遊んでます。

加藤諦三:あ、ああ、ああ・・なるほど。

加藤諦三:で今日のあなたの相談っていうのはそうすると、

加藤諦三: 4ヶ月前までは、うまくいっていた関係が、

相談者:はい。

加藤諦三:別棟とはいえ、

相談者:はい。

加藤諦三:一緒に住みだしたら、

相談者:はい。

加藤諦三:うまくいかなくなったと、

相談者:はい。

加藤諦三:どうしたら、上手くいくんでしょうか?ってことですか?

相談者:はい。

加藤諦三:わかりました。

加藤諦三:今日はあのぅ・・

加藤諦三:心についてのエッセイストで・・心理的なことも、いろいろと書いてらっしゃる、

加藤諦三:マドモアゼル愛先生がいらっしゃってるので、伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA