テレフォン人生相談
加藤諦三・マドモアゼル愛

マドモアゼル・愛

目次

スポンサーリンク

マドモアゼル愛アドバイス

マドモアゼル愛:マドモアゼル愛です。

相談者:よろしくお願いいたします。

マドモアゼル愛:はい、結構、大変だよね、こういう状況ってねぇ、やっぱりねぇ・・大問題でもないし、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:かと言って・・じゃあ、どうすりゃいいのか?って・・下手したら・・どんどん悪くなって行くしね、

マドモアゼル愛:あ、でも、うん、

相談者:そうですよねぇ、はい。

マドモアゼル愛:ただいくつかねぇ、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:ポイントがあるような気がするんですよ。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:まぁ1人でもここに・・ホントの意味で成熟した人がいたらね、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:全部解決できる問題だったのよ。

相談者:あ、ああ・・

マドモアゼル愛:うん・・みんながみんな・・成熟しきれてない?

相談者:はい。

マドモアゼル愛:ちょっと幼稚、なんですよ。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:ねっ、

相談者:あ、

マドモアゼル愛:だから、機転を利かせるとか、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:あと、

・・

マドモアゼル愛:ここはちょっと折れるとか、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:だから、相手の、感情、に対して、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:真正面から受けてぇ、「なんでぇ?」とかいう、形に持って行かない方法・・でぇ、やっぱり受け答えしないと、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:これからずっと長く暮らして行く人なんでね、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:まぁやっぱ知恵っていうか・・そういうものが必要だなと、だ、いい機会だと思うんですよね、

相談者:あっ・・はい。

マドモアゼル愛:だから、

相談者:ありがとうございます。

マドモアゼル愛:うん、あなたもだから・・真っ正直でぇ、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:真正面から物事・・捉えちゃう・・よく言えばすごく・・まっすぐな人だと思うのよ。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:うん、そしてぇ・・まぁ、変化球を覚えたほうがいいってわけではないけれどもやっぱり、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:生きる知恵っていうのかなぁ・・やっぱり、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:なんかやっぱり必要なところが、あると、思うのねぇ、まずねぇ、

相談者:あ、ああ・・はい。

マドモアゼル愛:それから、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:義理のお父さんの立場は、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:僕、わかりやすいと思うんですよ、お金も出している。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:あなたのことも好き。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:好きって変な意味じゃなくてよ、もちろん。

相談者:うんうん、

マドモアゼル愛:あなたのことを好きなんだよ。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:それから、

マドモアゼル愛:孫も可愛いんだよ。

相談者:うーん・・

マドモアゼル愛:そうすると、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:なんで僕が、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:仲間外れにならなくちゃいけないのかな・・という・・気持ちを持つのは、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:そんなおかしなことではないと思う。

相談者:うーん・・

マドモアゼル愛:でもその、「よく来れるよね」とか、そういう嫌味を言うのは老人臭くていかにも・・っていうなんか嫌な面はもちろんあるけれどもね、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:まっ、一応、おじいちゃんの立場としてはそんなもんだと思うんですよ。

相談者:ああ、ああ・・

マドモアゼル愛:それから、気になるのも、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:旦那さんの立場なのよ。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:旦那さんは・・奥さんに、「今日、うちのお父さん、来てもいい?」「ああ、いいよ」って言って出かけたと、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:そしてぇ、それが・・思いもよらぬ、ことで、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:うちの・・親父と・・トラブルに、なっていたと、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:旦那さんが、大人であれば、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:「オヤジ、オヤジ、違うんだよ・・俺がいいって言ったんだよ」とか、

相談者:あ、ああ・・

マドモアゼル愛:なんらかの、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:とりまとめる・・立場で、一番簡単な人だったんですよ。

相談者:ああ、あ、ああ・・

マドモアゼル愛:し・・しかし、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:この人は、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:親から、本当の意味で自立していないんですよ。

相談者:ああ・・

・・

相談者:***

ドモアゼル愛:だから、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:これが揉めたときに、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:あなたは、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:旦那ともうまく行かなくなるような、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:恐怖っていうか、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:不安を、抱くのは、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:夫の、人間、的な・・親から自立できない未熟さを知ってるからなんですよ。

相談者:はい。

・・

相談者:ああ・・

マドモアゼル愛:というような、ことが入り混じってぇ、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:ややこしい話になってるんですよ。

相談者:はい。ふふっ・・はい。

マドモアゼル愛:今、構造を説明させていただいたわけ(笑)。

相談者:(笑)はい。

マドモアゼル愛:なんとなくわかるよね、構造はね。

相談者:はい、わかりやすいです。

マドモアゼル愛:そこは・・はい。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:次にお尋ねですが、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:あなたの、お嬢さんと、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:お坊ちゃんは、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:義理のおじいちゃんとは仲いいですか、今でも?

相談者:あっ、はい、仲いいです。

マドモアゼル愛:もう・・完璧だよね。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:そしたらね、

相談者:はい、あ・・

マドモアゼル愛:そうなると、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:旦那さんに、話して、今言ったように、嫁も?・・了解取らないでぇ、おじいちゃんのほうにね、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:泊めたか、のは・・

相談者:うーん、、

マドモアゼル愛:ちょっとなんか、悪かったなやっぱり、確かに・・あれだなぁ・・とかいう、まぁ1つ、なにか、すぐは、素直にならなくても、こういうことをするとか、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:要するにねぇ、何かやったとき、例えば、みんなで苦労したとき、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:文化祭なんか高校生とか中学生でやったでしょう。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:そいでぇ、やって準備して行く中では、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:ついカチンと・・A子とか、B子と、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:ぶつかったり、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:不快な思いをすることもあるんですよ。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:何かやれば、人間って、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:しかし・・「やあ、良かった・・打ち上げだ・・」なんていうとき、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:カチンとしたA子やB子とも、

相談者:うん、

マドモアゼル愛:そっと背中・・叩けば、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:すべてが氷解するんだよ。

相談者:ああ・・ああ・・

マドモアゼル愛:お祭りとか、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:飲み会とか、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:そういうことの重要性っていうのはそういうところにあるの、

相談者:ああ、あ・・

マドモアゼル愛:具体的な提案としてですよ、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:この、義理のお父さんは、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:はっきり言ってあなたのことを、好きだと思います。愛してるとかそういうことじゃなくてよ、また。

相談者:うんうんふん、はい。

マドモアゼル愛:うん、好きだと思う。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:そしてお孫のことも、可愛い。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:だから、仲間外れにされているという・・残念さがあって。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:そしてそれが・・お金も・・出してんのにという、

相談者:う、うーん・・

マドモアゼル愛:勝手に、あとでそれは・・掻き立てられた感情であって、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:最初からそうだったらもっと嫌味な人だったと思うんですよ。

相談者:ああ・・はい。

マドモアゼル愛:だから違うと思うのよ、僕。

相談者:うーん、はい。

マドモアゼル愛:なのでぇ、ここで、打ち上げの、必要があると思う。

相談者:ああ、ああ・・

マドモアゼル愛:要するに・・チラっとそういう、嫁もなんか、わる、あ、悪かったなぁ・・なんて言ってるよっていうような形でぇ、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:最初は・・お父さん招かないでぇ、あ、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:義理のお父さんお母さんと、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:あなたと孫と、なんとかでぇ、

相談者:ふん、ふん、うん、

マドモアゼル愛:もう、関係なく、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:バーベキューでもなんでもいいから、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:楽しいパーティを、やるべきだと思う、最初気まずくても、

相談者:はい、うーん・・

マドモアゼル愛:そして、

マドモアゼル愛:あなたが、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:「お父さん・・」とか言ってぇ、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:肩叩いてお酌してあげれば、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:すべては、解決するはずです。

相談者:はい。

・・

マドモアゼル愛:これが、一番いいんじゃないの?

相談者:はい。

マドモアゼル愛:うーん・・

相談者:わかりました。

マドモアゼル愛:ねっ、それによって、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:みんなのわだかまりが・・解けて行く。

相談者:はい。

マドモアゼル愛:ねぇ、そしてぇ、そこで1つ、嫁としてぇ、「おじいちゃん、ごめんねぇ、おじいちゃんのことを、好きなんだよ・・」というような、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:おじいちゃんとこうやって暮らすことは、わたしはうれしいんだよ」と・・いうような、サイン?

相談者:ああ・・

マドモアゼル愛:を、送ってあげると、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:ねっ、

相談者:うーん・・

マドモアゼル愛:そして・・お孫さんも喜ぶ。

・・

相談者:はい。

マドモアゼル愛:そしてぇ、ただ旦那さんにはもうちょっと・・なんか成長してもらいたいな・・って感じはちょっとあるけれども、まぁ、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:うんまぁ、それはそれでいいでしょう。その分、優しいんだろうから、きっと旦那さんは、

相談者:(笑)、あっ、はい、優しいです。

マドモアゼル愛:ねぇ、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:その分、優しいと思うんだよねぇ、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:だから、

マドモアゼル愛:そんなふうに、

相談者:ああ・・

マドモアゼル愛:具体的に考えられたら、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:どうかなぁと思う、うーん・・

相談者:わっ・・かりました。

マドモアゼル愛:それで1回でもそういうことやると、みんなが、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:不思議な成長をするんだよね、

相談者:あ、ああ・・あ・・

マドモアゼル愛:うん、

相談者:はい。

マドモアゼル愛:ぜひやってみてください。ねぇ、

相談者:はい、わかりました。やってみます。

マドモアゼル愛:はい、加藤先生に代わって・・ん、みたいと思います。

相談者:はい。

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA