テレフォン人生相談
加藤諦三・田中ウルヴェ京

加藤諦三・田中ウルヴェ京
テレフォン人生相談 2020年12月21日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
結婚してすぐ自分が夫に暴言と暴力を繰り返した。すると夫も応戦するようになって、その状態が今も続いているが、自分のこの怒りっぽい性格を直すにはどうしたらいいでしょう?という33歳女性からの相談。

相談者は33歳女性、夫は37歳、子供は2歳と只今妊娠4ヶ月、結婚して6年近くになる

加藤諦三氏の〆の言葉『小さい頃、保護と安全を得られない人は、神経症的要求を持ちます。』

目次

スポンサーリンク

怒りっぽい自分の性格を変えるには

加藤諦三:もしもし?

相談者:あ、もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:お願いします。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者: 33です。

加藤諦三: 33歳、結婚してます?

相談者:はい。

加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者: 37です。

加藤諦三: 37歳、お子さんは?

相談者: 2歳と、今妊娠4ヶ月です。

加藤諦三:はいわかりました。それで、どんな相談ですか?

相談者:主人と結婚して、 6年近くになるんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:結婚して・・ 2 、 3ヶ月ぐらいしてから、

加藤諦三:はい。

相談者:自分が主人に対して、暴言と暴力を、してしまって、 1年ぐらい続いた後に、今度は主人も、応戦するような形で暴言、暴力を、するようになって、今も、まだ続いていて、

加藤諦三:うん、

相談者:きっかけは、いつも自分なので、自分がその怒りっぽいところを、直せたらと思って電話しました。

加藤諦三:きっかけはいつもわたしという言い方をしたんですけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:どんなきっかけですか?

相談者:昔で言えば、お皿洗ってくれるって言ったのに、してくれなかったとか、

加藤諦三:ああ、

相談者:最近で言うと、自分が悪阻(つわり)で吐いているのに、

加藤諦三:うん、

相談者:何も言わずにすーっと、もう玄関から出社して出て行っちゃうとか、

加藤諦三:あぁ、はい。

相談者:そういったときに、

加藤諦三:はい。

相談者:主人がだいたい、無視か、もしくは、いいわけ?

加藤諦三:はい。

相談者:心の中で心配してたとか、

加藤諦三:あ、

相談者:そういうことを言って、で自分が、疲れたりとかすると余計にその、エスカレートしちゃって、暴言が続いて、もうKINEとかでも、ガァーって、メッセージ送ったりとか、

加藤諦三:うん、

相談者:ものを壊したりとかって言う風になっていくんです。

加藤諦三:はい、それで、それが収まるのはどういう形で収まっていくわけですか?

相談者:結果的には主人と会話をしないと、 1日中してます。

加藤諦三:あ、ああ・・

加藤諦三:まぁ、非常にしつこいという事は・・小さい頃に・・からのなんかものすごい怒りが・・あるわけですよねぇ?

加藤諦三:それが爆発した。

相談者:暴力暴言は、主人だけじゃなくて、付き合ってきた人に対して、必ずしてました。

加藤諦三:ああ・・なるほどねぇ、

加藤諦三:そうすると、大袈裟に言えば、生まれた時からですねぇ、ずーっと不満な、

加藤諦三:人生が、あって、

加藤諦三:それに対してあなたは非常に不安と敵意を感じていたということですね、

相談者:ズッ、でも普通に育ってきたような気もするんですけどでも、ここまで怒る理由がわかなくって、

・・

加藤諦三:普通に育ってきたらですねぇ、

加藤諦三:小さい頃から、

相談者:ズッ・・

加藤諦三:暴力を、ふるうっていうのは、ちょっと考えられないですよねぇ、

相談者:自分はその小さい時からすごい人に迷惑をかける子で、

加藤諦三:う、うん、

相談者:友達が持ってるシールとか、そういうものが、欲しxくって押さえられなくって、持ってかえってきちゃって結局親が、謝りに行くとか、

加藤諦三:う・・・うん、

相談者:そう言うのをよくやったり、まぁ空気が、読めないっていう子でぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:中学校の時なんかは友達もいなくってぇ、勉強もできないから昼休みはトイレで過ごすような形で、ズッ・・

加藤諦三:うん・・

加藤諦三:あなたが本当に欲しかったの親の関心だと思うんですけれども、

加藤諦三:親の関心が欲しくって、

加藤諦三:ものすごい欲求不満になっていて、

加藤諦三:人に迷惑になるようなことをもう、

加藤諦三:やりたい放題やっていた。

相談者:いやそこまでなんかひどい、思い、経験とかが、あ、あるわけでもないんですけど、

加藤諦三:うん、

相談者:ウーン・・

加藤諦三:じゃあ、あなたはずーっと自分が・・不満だったと言う・・記憶はどうですか?

相談者:不満っていうか、自分がすごいいけない子だ・・と、今でも、思ってるんですけど、

加藤諦三:うん、

加藤諦三:いけない子だと、今でも思ってるっと言いますけどね、

相談者:ズッ、

加藤諦三:いけない子になりたくて生まれてきた人っていないわけですよねぇ?

相談者:(泣)でもなんか自分の努力が、足りなくいから・・だって、いつでも今でも、ズッ、思うん・・ですよ。

加藤諦三:そうするとねぇ、

加藤諦三:あなた今、

加藤諦三:自分を普通に、育った、って言いましたけれどもね、

加藤諦三:普通に育ったというような、少女時代を、過ごしていればね、

・・

加藤諦三:今はあなたの言ったような、

・・

加藤諦三:生活の仕方・・になると思います?

・・

相談者:でも親は・・今でも、自分のこと気にかけてくれる普通の、ズッ・・

加藤諦三:うん、

相談者:いい・・親・・なんですけど、

加藤諦三:わかりました。それでは、あなたとしては、自分がこうなったことの理由がちょっとわからないと、

加藤諦三:だけど今・・こういうような自分を直したいということね?

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:わかりました。今日はですねぇ、スタジオに、シンクロの銅メダリストで、メンタルトレーナーの、田中ウルヴェ京先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 今日の相談は加藤先生の会心作。拍手!

  2. 管理人様、今年もありがとうございました。
    おかげさまで良い人生勉強ができています。

    今日の加藤先生は素晴らしかったですね。
    たったこれだけの時間で人ひとり救い上げましたね。
    お元気でいつまでのラジオに出ていただきたいです。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA