テレフォン人生相談
今井通子・高橋龍太郎

今井通子・高橋龍太郎
テレフォン人生相談 2020年12月22日(火)
パーソナリティ:今井通子
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
長男は高校からの推薦で第一志望の大学に落ち、気力が失せたようでなんとか受かった第三希望の大学に入った。しかしコロナ禍で、オンライン授業が始まるとやる気をなくし退学、友達もいなくてゲームやマンガ、好きな小説を読んだり、引きこもり状態になってしまった。どう接すればいいか?というご相談。

相談者は47歳女性、夫49歳、夫婦共に公務員、長男19歳

目次

スポンサーリンク

引きこもり状態になった息子

今井通子:もしもし・・

相談者:もしもし・・

今井通子:テレフォン人生相談です

相談者:よろしくお願いします。

今井通子:はい。

今井通子:今日はどういったご相談ですか?

相談者:19歳の、長男の、ことについてなんですけれど、

今井通子:はい。

相談者:あのぅ、対応の、仕方についてなんですけれど、

今井通子:はい。

今井通子:あなたはおいくつ?

相談者:47歳です。

今井通子:47歳、

相談者:はい。

今井通子:ご主人は?

相談者:えっと49歳・・です。

・・

今井通子:でぇ、そのご長男がどうなさいました?

相談者:あっ、高校、3年のときの、

今井通子:はい。

相談者:あのぅ・・大学、進学を希望してましてぇ、

今井通子:はい。

相談者:第一志望でもあったところ、先生もあのぅ・・高校の先生も、推薦入試を勧めて下さったのでぇ、

今井通子:はい。

相談者:トライしたんですけれども、

今井通子:はい。

相談者:推薦、で、合格できればと思って、本人もすごい、成績も、それなりに上位に居てぇ、

今井通子:ええ、

相談者:あのぅ・・ホントに、欠席とかもなく、ほ、ほぼ皆勤で頑張ってたんですけれど、

今井通子:はい。

相談者:結局不合格になってぇ、

今井通子:はい。

相談者:あの、その時点でだいぶ・・気を落としてしまってたんですけれども、

今井通子:はい。

相談者:その後、通常の一般試験とかも・・いくつか・・あの挑戦・・したんですけども、

今井通子:はい。

相談者:やっぱりその時点でもう、第一志望のとこが不合格だったとこで、だいぶ気持ちを・・気力とかもなんか失せてたのはわかってたんですけれども、

今井通子:はい。

相談者:現役でどこかに行く・・っていう、ので、でぇあのぅ、合意していたもので、

今井通子:はい。

相談者:ホントに、やっとこ最後に(苦笑)・・受けたすべり止めのすべり止めみたいなとこに・・合格してぇ、一応本人もそこで、いいっていうことでぇ、

相談者:あのぅ、入学の手続きとか進めたんですけれども、

今井通子:はい。

相談者:ちょっとコロナの、関係とかで、

今井通子:ああ、あ、ああ・・

相談者:4月、5月とかって学校に行かなくっても、

相談者:良かった関係も、あっ、2ヶ月過ごしてて、オンラインもようやく始まったんですけれども、

今井通子:はい。

相談者:やっとこすべり止めで受かったとこなのでぇ、なんか、授業の内容とかも・・高校で習ったようなところとかもあったりとかで、ちょっと、内容が違ってたってことにすごい、

相談者:ますますやる気を失くしてしまいましてぇ、

今井通子:はい。

相談者:続けられないってことで、

相談者:本人ももう全然、もう・・やる気をなくしてたので、一応退学っていう手続き・・を、最近済ませたところなんですけれども、

今井通子:はい。

相談者:これからのこととかもあんまり、口を出さないように様子をずっと見てるところなんですけれども、

今井通子:はい。

相談者:どうやって接していったらいいのかなぁと思いましてぇ、

今井通子:はい。

相談者:はぁい、ご相談なんですけれども、

今井通子:あっ、なるほど。

・・

今井通子:まずそのぅ・・推薦が、得られたにもかかわらず、不合格になった理由を、

今井通子:ご本人は、どう捉えてます?

・・

相談者:面接もはい、口頭試験で、

今井通子:はい。

相談者:普段だったら答えられるようなのが、答えられなかったとか、そういうのは言ってました。

今井通子:なるほど。

相談者:はい。

今井通子:それは、実際にアレ、だったから?

今井通子:ご自身の知識の中に入ってなかった部分なのかな?それとも、あがっちゃったっていうか、

相談者:あ、あがっちゃったほうですねぇ、

今井通子:あ、ああ・・あがっちゃった?

相談者:ええ、でぇ、やっぱりちょっと、本番とか、あんまり・・強いタイプではないのでぇ、

今井通子:ふぅーん・・

相談者:自分はなんか、ホントに本番に弱いとか、

今井通子:うん、

相談者:プレッシャーに弱いとか、重々、承知のなかで、またこういうことを、になってしまって、ほ、ホントにそういうのが、よくわかったっていうのもあってぇ、もうホントになんか、自信を失くしてるって感じなんですよねぇ、

今井通子:なるほどねぇ、

相談者:はぁい。

・・

相談者:高校のときとかも・・担任の先生が言うには、もうそれなりに、友達付き合いはあったんだけど、もう自分の中ではそういうふうに、ホントの友達って呼べる人が、いないから、今とかもう、付き合ってる子が居ないからぁ・・

相談者:こう、今の状況、相談してる人とかもう、誰も居なそうなんですよねぇ、

今井通子:ふぅーん・・

相談者:だからそれもまたホントに・・

相談者:か、可哀想だなぁとかおも、思いましてぇ(涙声)、

今井通子:なるほど、

今井通子:でぇ、おうちでは何をやってらっしゃる?

相談者:ゲームですねぇ、

今井通子:あ、あ・・

相談者:ゲームと、まぁちょこっとあのぅ・・自分の好きな、漫画とか、ラ(ラノベ?)・・小説とかを・・読んでる、ぐらいでぇ、ホントに・・

今井通子:ああ、でも小説は読むのね?

相談者:若者向けの、はい。

今井通子:あのぅ・・いわゆるゲーム依存症みたいにはなってない?

相談者:え・・・あの、ホントに、よ、夜中・・までずーっとやっててぇ、朝も起きて来ないとかいうときもあったんですけど、

今井通子:はい。

相談者:もう、1ヶ月・・ぐらいかなぁ、なんかもう、それじゃいけないとかって、思うみたいで、

今井通子:はい。

相談者:朝は、そういう、みんなと一緒に生活しようとしてぇ、

今井通子:ええ、

相談者:布団たたんで起きて来て、一緒にご飯食べてますねぇ、

今井通子:はい。

・・

今井通子:まず、あなた自身は、お仕事お持ちなんですよねぇ?

相談者:あっ、そうなんです、はい。

相談者:えーっと、正社員・・でぇ、

今井通子:はい。

相談者:8時過ぎには家出てぇ、

今井通子:はい。

相談者:6時くらいには今は、帰ってこれるように、してるんですけれども、

今井通子:はい。

・・

・・

今井通子:スゥゥ・・

相談者:***、なんか、

今井通子:ところでぇ・・

相談者:はい、自分から、ちゃっちゃっ・・

今井通子:ごしゅ・・ご主人は?

相談者:はい、ズッ・・

今井通子:まぁ、やはり、会社・・の、お勤め?

相談者:あっ、そうです。

今井通子:でぇ、ご長男とは、親しく話はしたり・・

相談者:あ、ああ・・

今井通子:一緒に何かをしたりってされます?

相談者:うーん、あのぅ・・夫も、そういう仕事熱心でもう・・

相談者:か、家庭のことより、仕事みたいな感じのとこが・・ズッ・・

相談者:あったのでぇ、

今井通子:はい。

相談者:でぇ、わ、わたしも・・

相談者:正社員で働いてたのでぇ、

今井通子:ええ、

相談者:それまでってなんかもう、二人でぇ・・仕事・・と、家庭どっち優先するか?みたいなことでぇ・・言い合いになっちゃったりとかぁ、

今井通子:うん、

相談者:するようなとこも、あったんですけど、今はもう・・そういうのは、だ、だいぶ・・解消されてぇ、お互いにもう本当に、時間作って早く帰るようにして、協力してぇ・・

相談者:やるようになってます。

今井通子:なるほど、

相談者:はぁい。

今井通子:スゥゥ・・そうすると、今日のご質問はなんですか?

相談者:あっ・・うーんっと、なんか今ってどこも・・あ、仕事もしてないし・・予備校にも行ってないし、学校にも所属してないしで、ズッ・・

相談者:あのどんな形であれ社会に出ることが1番・・だよねっていうことで、あの夫と話してる中で、どうやって声かけたり、親として声掛けてあげる・・られるのかなっていうか、方法を教えていただきたいんですけれども(涙声)、

今井通子:なるほど、

・・

今井通子:そうすると、

相談者:どういう、声掛けを、

今井通子:あな、あなた達の、

相談者:はい。

今井通子:現在の、お子さんに対する希望というのは、

今井通子:お子さんが、 1人前に社会に出る、

相談者:あっそうですねぇ、

今井通子:はい。

相談者:それを自分で決めることだと思うんですけど、

今井通子:って、い、その、そのために、お子さんを、どう誘導したらいいのかというのが、ご質問?

相談者:そうですね、誘導というか・・自分で決めて・・てもらいたいんですけど、そういうことに関して親が何が出来るか・・っていうことを・・

・・

相談者:とかどういう声掛けしていけばいいかっていうことを、教えていただければと思うんですけども、

今井通子:はい、

相談者:関わり方とかですね、はい。

今井通子:判りました。

今井通子:今日はですねぇ、精神科医の高橋龍太郎先生がいらしてますので伺ってみたいと思います。

相談者:はぁい。

今井通子:先生よろしくお願い致しまぁーす。

相談者:お願いします。

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 最近、ひ弱な人たちが増えてるのかなあ?
    ちょっと困難な状況に直面すると、すぐにそれから逃げてしまう。
    人間ってのは困難に立ち向かってゆくことで成長するものなんだけど、この相談者の息子なんかは成長できないまま歳だけは重ねて行くんだろうな。
    過保護なんだと思う。
    戦後から高度成長期までの日本なら、こんな若者は生きて行けなかった。
    今は「引きこもり」でも餓死はしない。かな?

    平和で豊かな日本社会もいつまでも続くとは限らない。
    こうした人たちが近い将来、淘汰されて絶滅するときが来るような気がするのだが・・・

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA