テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

加藤諦三・中川潤
テレフォン人生相談 2021年1月4日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
子供が3歳になり妻がもう一人欲しいと言ってきた。妻を見ていても子育てが大変そうなので、自分としてはいらないと妻と意見が食い違っている。今でさえ時には子供にイライラする事があり、もう一人ともなると手をあげてしまいそう。

相談者は35歳男性、妻33歳、長男3歳

加藤諦三氏の〆の言葉『喜びと苦しみは一緒にやってくる。』

目次

スポンサーリンク

二人目の子供で夫婦の意見が食い違う

加藤諦三:もしもし?

相談者:あっ、もしもし?

加藤諦三:はいテレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いします。

加藤諦三:最初に年齢を教えてください

相談者: 35歳です。

加藤諦三: 35歳、結婚してます?

相談者:はいしてます。

加藤諦三:奥さん何歳ですか?

相談者: 33です。

加藤諦三: 33歳、お子さんは?

相談者:息子が1人・・ 3歳です。

加藤諦三:3歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:はいわかりましたそれで、どんな、相談ですか?

相談者:端的に言いますと、

加藤諦三:はい。

相談者:子供、を、 2人目をどうするかということで、妻と、意見が食い違いまして、

加藤諦三:はい。

相談者:それで、お電話させていただきました。

加藤諦三:あ、そうですか、

相談者:はい。

加藤諦三:あなたはもう1人、

相談者:あっ、えっと、わた・・

加藤諦三:欲しいの?

相談者:わたしが・・いらないと、妻が欲しいと、

加藤諦三:あなたの方がいらないっていうことね?

相談者:はい。

加藤諦三:あなたが・・いらないっていうのは・・大変で、

相談者:そうです。

加藤諦三:もう1人は「もう俺は無理だ」と、そういうこと?

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ奥さんのほうは、

相談者:はい。

加藤諦三:子供2人がいて、両親がいてっていう・・

・・

加藤諦三:そういう・・のが理想の、

加藤諦三:家族像なんでしょうね?

相談者:はい。

相談者:そうです。

加藤諦三:うんうん、それでぇ・・どのぐらい話し合ってるの?

相談者:もともと・・ま結婚・・する・・時に、

加藤諦三:うん、

相談者:そういう話、してますよね、子供は何人欲しいとか、

加藤諦三:ええ、ええ、

相談者:わたし自身も兄弟がいますのでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:僕も2人・・ぐらいは・・とは思っていたんです、

加藤諦三:うん、

相談者:最初、

加藤諦三:うん、

相談者:でぇ、妻も、2人乃至3人・・は、欲しいなと、いうことでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:でぇ上の子が、生まれてぇ、年子はちょっと、大変かなぁ・・っていうことで、

加藤諦三:うん、

相談者:2つぐらい、離したところで、

相談者:「もう一人生まれるといいね」っていうことだったんですけど、

加藤諦三:うん、

相談者:まぁなかなか恵まれずにですねぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:僕自身も、大変だなっていうことは思ってたんです、その上の子が、今の子が・・今に至るまでに、

加藤諦三:はい。

相談者:はい。

相談者:でぇ・・もう1人、ここにいたらっていう(苦笑)・・

加藤諦三:うん、

相談者:ふうに思うとちょっと、大変だなと・・そういうふうに思っていまして、

加藤諦三:うん、

相談者:なかなか・・妻には言えなかったんです、それを、

加藤諦三:うん、うん、

相談者:したら、先週ぐらいにですねぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:妻が・・スゥゥ・・そろそろ2人目をということを、

加藤諦三:うん、

相談者:言い出しましたのでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:でぇそこで、僕が、「いらないんじゃないかと思う」ということを、

加藤諦三:うん、

相談者:伝えました。

・・

加藤諦三:あなた、結構・・35歳で、しっかりして成熟してるんだねぇ、

加藤諦三:最近・・父親になったのに、父親という意識があんまりない・・男性と、母親になった・・っていうことの意識がない・・

相談者:あーん・・うんうんうん、

加藤諦三:ただ、子供が欲しいって言って子供を・・

相談者:はぁい。

加藤諦三:作ってしまうっていう・・

相談者:うーん・・

加藤諦三:母親がいるんですけどねぇ、

相談者:はぁい、はい。

加藤諦三:やっぱり・・

加藤諦三:「いやぁ・・父親って大変だぁ・・」とか、

加藤諦三:「母親って大変だ・・」っていう、

加藤諦三:これ責任感がないとその、

相談者:うーん・・

加藤諦三:「もう大変だ、助けてくれ」っていうのはないんですけれども、

相談者:はぁい。

加藤諦三:あなたそれあるんだよねぇ、責任感が、

相談者:そうですねぇ、やっぱどうしても・・できたからには、とは思ってるんです、ただ・・それをもう一人・・でぇ、と思うとちょっと・・重荷に感じてしまう部分がありましてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:うん、

加藤諦三:それでぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:だんだん深刻になってきてるわけ?

相談者:いえ、その場では、今、お話させてもらってようなことを妻にも告げましてぇ、少し厳しいんじゃないかと、ただまぁ妻のほうも・・

・・

相談者:僕から見ていると、

相談者:少し、大変なんじゃないかなぁ・・っていう・・気は、しましてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:そのことについても・・妻に話をしたらですねぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:「わたしも、それは、思う」ということでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:イライラ・・しているところ、あなたに見せて、しまっているな・・っていう・・のは、あるなということでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:どちらかと言うと、もしかしたら・・わたしも、妻も・・子育て、には向いてないんじゃないか・・っていう話まで、いったんです。

加藤諦三:うん、

相談者:ただ・・そこまで話をして、結果妻は、「それでもわたし一人欲しい」と、

加藤諦三:うん、

相談者:という、ことでしたのでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:わたしと、妻に意見は、結局、食い違ったまんま、

加藤諦三:うん、

相談者:その場、で、話を終えましてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:それから・・一切、そういう話をしていないんですけれど、なんとなく・・それを、お互いに意識しているような、気はしています。

加藤諦三:うん、

相談者:はい。

加藤諦三:だけどそのぅ、今3歳の子、育ててる・・ときの、

相談者:はい。

加藤諦三:もうそれは大変は大変だけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:満足感のほうもあるわけでしょ?

相談者:はい、後悔はないです。

加藤諦三:後悔はない・・

加藤諦三:人生ってのは・・皮肉なもので、楽しさだけが来るってことは・・

相談者:あ、ああ・・

加藤諦三:まずないんですよねぇ。

相談者:はい。

加藤諦三:必ず楽しさと厳しさとが・・カムトゥギャザー・・って、一緒にやってくるんですよね。

相談者:はい。

加藤諦三:喜びと苦しみっていうのが、

相談者:うん・・

加藤諦三:だからもし、

相談者:うーん・・

加藤諦三:子供が・・っていうふうに、そちらを、

相談者:はい。

加藤諦三:ふた***選んだときには、

加藤諦三:-喜の方を・・

相談者:はい・・はい。

加藤諦三:考えて、

相談者:はい。

加藤諦三:そっちを選ぶと、

相談者:はい。

相談者:はい、はい。

加藤諦三:選択ってことは、捨てるってことですから、

相談者:はい。

加藤諦三:両方欲しいったって、それは無理な話ですからね、

相談者:うーん、うん・・はい。

加藤諦三:だから・・どっちを選ぶかっていうことは、必ず、どっちを捨てるかっていうとこなんですよ、

相談者:はい。

加藤諦三:大変難しい問題なんですけど、

相談者:はぁい。

加藤諦三:だと思うんですけども、

相談者:はい。

加藤諦三:今日は、あの、スタジオにですねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:人生、すべてにわたって、

加藤諦三:深い、造形を、お持ちの、中川潤先生がいらしてるので、

加藤諦三:伺って、みたいと、思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA