テレフォン人生相談
加藤諦三・マドモアゼル愛

加藤諦三・マドモアゼル愛
テレフォン人生相談 2021年1月29日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
40歳独身の長男が、まったく結婚する気もない女性に毎月6万5千円のお金を送っている。詐欺ではないかと思い心配しているという70歳女性からのご相談です。

相談者は70歳女性、夫は10年前に他界、長男40歳(独身)と2人暮らし。次男38歳(結婚し子供がいる)

加藤諦三氏の〆の言葉『お互いに嫌いで、お互いに関心を欲しくて、お互いに離れられない、共依存、Codependenceと言います。』

目次

スポンサーリンク

毎月女性にお金を送っている長男

加藤諦三:もしもし?

相談者:はい。

加藤諦三:テレフォン人生相談です。

相談者:あ、お世話になります。お願いします。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者: 70歳・・

加藤諦三: 70歳、

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:主人は、 10年ほど前に、亡くなりました。

加藤諦三:ああそうですか、

相談者:はい。

加藤諦三:そうすっと、今・・お一人で暮らしてるの?

相談者:いいえ・・長男と2人で、暮らしています。

加藤諦三:長男と2人?

相談者:はい。

加藤諦三:で長男は何歳ですか?

相談者: 40歳です。

加藤諦三: 40歳・・はいわかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:で、どんな相談ですか?

相談者:5年ほど前に、

加藤諦三:はい。

相談者:長男に、彼女ができて、月に1回、電車で1時間ぐらいのところに、会いに行ってたんですよ、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ・・今は全然、行ってないんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:お金をなんかすごい、送ってるみたいなんですよ。

加藤諦三:その女性のところに?

相談者:そうです。

加藤諦三:はいはい。

相談者:はい。

相談者:でぇ・・ 1週間ほど前でしょうかねぇ、子供の部屋に掃除に行ったら封筒見つけて、

加藤諦三:はい。

相談者:中をちょっとわたし、開いてたから、

加藤諦三:はい。

相談者:ちょっと見たんですよ。

加藤諦三:はい。

相談者:そしたら・・家6万・・5千円とかが入っててぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:ええ?!こんな大金を・・とか思ってたんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、2、3日経ってから、その封筒・・を、子供が、持ってぇ・・彼女に送ってるみたいなんですよ、

加藤諦三:送った、はい。

相談者:その前に、わたしも、「もう5年も付き合ってるなら、結婚・・は、どう?」って、聞いたことがあるんですよね。

加藤諦三:はい。

相談者:したら、「もう、そんなん・・ない」とか言うんですよ。

加藤諦三:結婚する意思がないと、

相談者:意思がないのか、知らないけど、そのお金だけはずっと送ってるんですよ。

加藤諦三:うんうん、

相談者:うんだから・・え・・ひょっとしたら、なんか・・詐欺に遭ってるのかな?とか、

加藤諦三:ああ、詐欺とかそういう意味で、

相談者:ええ、そうですね、

加藤諦三:うーん・・

相談者:うん、だから、

相談者:どういうふうにして、

相談者:聞くのか?そのまま放っておくのか、

相談者:っていうことも心配なんですけど、

相談者:ただもう会社から帰ってくると、もうさっさと2階上がって、ご飯・・時に降りて来て、また上がってくっていう感じなんですよね、

加藤諦三:食事を、するときには、一緒に食事するんではないんですか?

相談者:一緒にはしないんです。

加藤諦三:そうすると今のあなたの関心はねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:小さなことまで、この長男に、

相談者:はい。

加藤諦三:向いているわけですよねぇ?

相談者:そうですねはい、そうです。

加藤諦三:ですから・・封筒、見るわけですよねぇ、

相談者:気になっちゃうんですよねぇ、すごく(苦笑)。

加藤諦三:建前としては結婚してもらいたいって言ってるけれども、

相談者:はい・・はい。

加藤諦三:本音の部分としては、

相談者:はい。

加藤諦三:このまま居てもらいたいんじゃないの?

相談者:いやぁ・・全然そんな気持ちはないですよねぇ、

加藤諦三:うーん・・

相談者:うん、だからわたしはお友達に、「早く結婚して・・1人で暮らしたいわ」とか言うと、「寂しいよ」とかねぇ、「その子が居るからいいんだよ」っていうことは、言ってもらうんですけど、

相談者:これぇ・・

加藤諦三:うん、1人で暮らしたいならね、

相談者:はい。

加藤諦三:6万5千円も封筒・・の、中に入ってたけど・・そんなに毎月渡してるの?ってあなたが本当に思ってること、ポッと、言うってことは出来ないんですよねぇ?

相談者:ちょっと・・怖いような気がするっていうか、

相談者:暴力までは、いかないですけど、物を投げたりとか、

加藤諦三:うん、

相談者:物を壊したりとか、わたしには・・全然手は出さないんですけど、

加藤諦三:うん、

相談者:怖いっていうとこもあってぇ、これ聞いたら・・

加藤諦三:だから・・あなたに向かってぇ、

相談者:うん・・はい。

加藤諦三:物は、投げないけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:怒りは、あなたに向いているわけですよ。

相談者:そうです。そして、うん・・

加藤諦三:そんだけ怒りが、あるんだけれども、

相談者:うん、うん、

加藤諦三:あなたからは、離れられないんですよ。

相談者:そうなんです。

相談者:はい。

加藤諦三:それで、

加藤諦三:あなたの側からすると、

加藤諦三:早く結婚してもらいたい、

加藤諦三:わたしは1人で暮らしたい。

相談者:うんうん、

加藤諦三:と、言いながら、あなたの、心の中は全部、この長男の一挙一動に、

加藤諦三:関心が持たれてるわけですよ。

相談者:子供で区別したらいけないんですけど、

加藤諦三:うん、

相談者:次男がすっごく可愛いんですよね(笑)。

加藤諦三:次男は何歳?

相談者: 38歳です。

加藤諦三:あ、ああ・・

加藤諦三:気になるのは長男に対する気になり方と、は、違うんじゃない?

相談者:はい違います。

加藤諦三:だから、

加藤諦三:長男は嫌い。

加藤諦三:だけど好き。

相談者:**

加藤諦三:次男は・・好き。

相談者:うん、うん、うん・・

加藤諦三:でぇ、今・・長男の方と一緒に居る。

相談者:はい。

・・

加藤諦三:それであなたは、

・・

加藤諦三:この矛盾の中で・・心理的に混乱しているっていうことですよね。

相談者:ああ・・そうですね、はいはいはい。

加藤諦三:だけど、ちょっとキツイことを・・聞きますけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:もし、

相談者:はい。

加藤諦三:もうちょっとあなたが歳をとったときに、

相談者:はい。

加藤諦三:どちらを頼りにしますか?

・・

相談者:次男ですね。

・・

加藤諦三:そうかな?

相談者:うーん・・

加藤諦三:だって・・次男は・・好きなだけで、

相談者:はい。

加藤諦三:別にあなたの心に矛盾がないけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:長男は、好きだけど嫌いなんですから、

相談者:え、ええ・・

・・

加藤諦三:だから・・今日の相談というのは、

相談者:はい。

加藤諦三:そういう状況になってた・・

相談者:はい。

加藤諦三:家庭の状況を、

相談者:はい。

加藤諦三:どうしたらいいかっていうことですよね?

相談者:そうですね。

加藤諦三:その中の一端としてぇ

相談者:はい。

加藤諦三:封筒の、中に、

加藤諦三:6万5千円入ってるっていうことを、

相談者:うん、

加藤諦三:どうやって、言ったらいいか?っていう・・ってことですね、

相談者:はい、はい。

加藤諦三:はい、それではあのぅ・・心についてのエッセイストとしてお馴染みの、

相談者:はい。

加藤諦三:マドモアゼル愛先生に、

相談者:はい、はいすいません、

加藤諦三:お話を、いただきたいと思います。

相談者:はい、お願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA