テレフォン人生相談
加藤諦三・野島梨恵

加藤諦三・野島梨恵
テレフォン人生相談 2021年1月30日(土)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:野島梨恵(弁護士)
会社同僚の仲の良い友達にお金を貸した息子、返してもらえず消費者金融にまで連れて行かれてお金を借りさせられている。5万、10万と少しずつ貸していき今では借金300万円を抱える状態。どうすれば返してもらえるか?

相談者は50歳女性、夫47歳、子供2人、長男21歳(サラリーマン)と19歳(性別不明)、4人暮らし

加藤諦三氏の〆の言葉『ズルさは、弱さに敏感である。』

目次

スポンサーリンク

消費者金融でお金を借りさせられた息子

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし?

加藤諦三:はぁい、テレホン人生相談です。

相談者:よろしくお願いします。

加藤諦三:はい、最初に年齢を教えてください。

相談者: 50歳です。

加藤諦三: 50歳、結婚してます?

相談者:はい。

加藤諦三:え、ご主人何歳ですか?

相談者: 47です。

加藤諦三: 47歳、お子さんは?

相談者: 21と19の、2人です。

加藤諦三:あ、そうですか、で今4人で暮らしてるんですね?

相談者:はい。

加藤諦三:はいわかりました、それでどんな相談ですか?

相談者:えっと・・21の息子が、

相談者:同僚に、貸したお金が、

加藤諦三:はい。

相談者:返ってこなくてどうしたらいいか、

加藤諦三:はい、その同僚にって言うの21歳の・・お子さんは働いてるわけですね?

相談者:はいそうです。

加藤諦三:はい会社に勤めてるわけですね、

相談者:はい。

加藤諦三:普通のサラリーマン?

相談者:はい。

加藤諦三:はい、そして貸したお金っていうのはどれぐらいの・・

相談者:全額で、300万・・です。

加藤諦三:うん、全額で300万・・っていうことはあのぅ・・1回に・・20万・・

加藤諦三:もう一回別の時に・・ 70万とかそういう感じ?

・・

相談者:最初、5万とか、10万とか、

相談者:少量の金額で貸しててぇ、

加藤諦三:てぇ、だんだん大きくなってたわけね?

・・

相談者:はい。

加藤諦三:で最後にだんだん大きくなって、

相談者:はい。

加藤諦三: 1番最後はいくらになってた?

・・

相談者:消費者、金融のほうに、

・・

相談者:連れてかれて、そこから、

加藤諦三:はい。

相談者:自分の、

相談者:名前で、

相談者:借りて、

加藤諦三:うん、

相談者:渡したりしてる、お金が、

・・

相談者:ありまして、

加藤諦三:うん、

・・

加藤諦三:それがどのぐらい?

・・

・・

相談者:実は、100万。

加藤諦三:100万ねぇ、はい。

・・

・・

加藤諦三:であなたに、

相談者:はい。

加藤諦三:こういう、そのぅ・・目に合ってるんだということを、

相談者:はい。

加藤諦三:言ったのはいつですか?

相談者:貸してから、半年ぐらい経ったとき・・

加藤諦三:うん、

相談者:に、わ・・

加藤諦三:5万から始まって、 100万になったわけですよねぇ?

相談者:はい。

・・

加藤諦三:消費者金融に、連れていかれて、100万、貸した、それぇの・・時に、あなたに話したわけね?

・・

相談者:話し・・った・・っていうか、期限があって、その日までに、お金を、返さないと、

相談者:どんどんどんどん金額が上がっていく・・

相談者:のでぇ、その、

相談者:その日までに、返さなきゃいけないって言う・・ので焦ってきて、そのぅ・・時に、何か様子がおかしいから、わたしは・・

相談者:聞いたんです、そしたら、

加藤諦三:うん、

相談者:やっとこう・・話をしてくれて、

加藤諦三:あ、ああ・・何か様子がおかしいということで、あなたが、

相談者:はい。

加藤諦三:問いただした時が、こういうことだったわけね?

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:そいでこのさっきの同僚って言いましたけども、同僚との今までの関係っていうのはどういう関係だったの?

・・

相談者:仲の良い・・

・・

加藤諦三:うん、仲の良いねぇ、

相談者:いい、友達みたいな、

加藤諦三:仲の良い友達・・と、

・・

加藤諦三:彼が言ってたの?あなたがそう、感じてたの?

・・

相談者:そうですね、電話とかかかってきたりして、

加藤諦三:うん、

・・

相談者:話をしてる様子見たりしても・・笑ったりしてるから、

加藤諦三:うん、

・・

・・

相談者:「あ、仲いいんだね」っていう感じでぇ、見てました。

加藤諦三:うん、その努力からすれば、21歳の息子さんはいいカモだけれども、

相談者:はい。

・・

加藤諦三:うん、昔からこの、人にいいように利用されるような所はあったんですか?

相談者:いやそういう事は無い・・ですけど、

・・

加藤諦三:ん、だけど・・ある時突然・・消費者金融にまで連れて行かれてねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:こう言うようにホン・・トに・・舐めたぁ・・

加藤諦三:いいカモの扱いを、

相談者:はい。

加藤諦三:ある日突然、されるってことは考えにくいんですよねぇ、

相談者:ああ・・ん、

加藤諦三:小さい頃から、

相談者:はい。

加藤諦三:イジメられたり、

・・

加藤諦三:お勤めが始まってから、

・・

加藤諦三:同僚がやらな・・きゃならない仕事を、勝手に同僚から言われて、

相談者:はい。

加藤諦三:休日を・・返上して・・働いたとか、

加藤諦三:なんか・・

加藤諦三:小さい頃から・・周囲の、

相談者:はい。

加藤諦三:ずるい人間のカモになっていたっていう・・ことが・・ないとちょっと、

加藤諦三:考えにくいですよね、これは、

相談者:うーーん・・

・・

・・

加藤諦三:貸した・・っていうのはただ、

加藤諦三:なんか・・証拠が残ってるわけじゃなくて、

加藤諦三:お、お前いくら・・持って来いと、

・・

相談者:通帳・・に、残ってますね。

・・

加藤諦三:5万円の時から?

相談者:毎日のようにこう・・口座から引き落として・・るようで、

相談者:その通帳見ると、5万、3万・・

加藤諦三:でぇ・・もう通帳がなくなったということですよね?

相談者:そう・・

加藤諦三:通帳がなくなって今度は・・

加藤諦三:じゃあ消費者金融に・・行こうって言って、連れて行かれたってことですねぇ?

相談者:そうです。

加藤諦三:うん、で今日のあなたの相談というのは、

相談者:はい。

・・

・・

加藤諦三:この300万円を、

相談者:はい。

加藤諦三:どうしたら取り返したらいいか?ってこと?

相談者:そうです。

・・

加藤諦三:はいわかりました。

加藤諦三:え・・今日はあの、スタジオに弁護士の、野島梨恵先生がいらしてんので、

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA