テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2021年2月1日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
離婚して我が家に戻って来た娘の長男が大学に入ってから遊んでばかり。娘は「放っておけばいい」と言っているが・・と心配している75歳のおばあさまからのご相談。

相談者は75歳女性、夫84歳、娘49歳(バツイチ・看護師・子が1歳の時に離婚)、孫息子19歳(大学生)、4人暮らし

加藤諦三氏の〆の言葉『怒りの置き換えばかりでなく、悩みの置き換えもします。問題は核心の部分を理解する事です。』

目次

スポンサーリンク

大学生の孫の夜遊びが激しい

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いします。

加藤諦三:よろしく、はい・・最初に、年齢を教えてください。

相談者: 75歳です。

加藤諦三: 75歳、結婚してます?

相談者:はい。

加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者: 84歳です。

加藤諦三: 84歳・・で今はお二人で暮らしてるんですか?

相談者:いや・・バツイチの娘・・と、孫です。

加藤諦三:お嬢さんは何歳?

相談者: 49歳です。

加藤諦三: 49歳、でお孫さんは?

相談者: 19歳の大学生です。

加藤諦三: 19歳の大学生・・

相談者:はい。

加藤諦三:男の子?

相談者:男の子ですはい。そ・・

加藤諦三:そうすると4人で暮らしてんですか?

相談者:はい4人で暮らします。

加藤諦三:はいわかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:それで、どんな相談ですか?

相談者:その孫ですけども、

加藤諦三:はい。

相談者:大学入ってから、なんですけども、最近特に、夜遊びが、激しくて、

加藤諦三:あ、ああ・・夜遊びって、具体的に言うと?

相談者:どういう夜遊びしてるのかわからんですけども、

加藤諦三:はい。

相談者:帰ってくるのが、 2時ぐらいだったり、 3時くらいだったり、

加藤諦三:ん、はい。

相談者:時々朝帰りしたりとか、

加藤諦三:ぁぁぁ、はい。

相談者:早く帰ってきてもまた11時、 12時くらいに出かけるんです。

加藤諦三:そんな夜・・おそくに帰ってきて、出かけるのは何時くらい?大学行ってるわけでしょう?

相談者:いや、今・・休み・・なんで、特に、はい。

加藤諦三:ああ、今・・オンライン講義で・・行ってないわけか?

相談者:はい。

加藤諦三:そうすると友達はいるん・・

相談者:友達はたくさんおります。

加藤諦三:ん、うん・・

相談者:友達がこの前乗ってぇ・・

加藤諦三:あ、ああ、ああ・・

相談者:迎えに来て、ほいでまた帰り送ってきてもらうんです。

加藤諦三:じゃあなんかどっか、遠くに・・遊びに行ってるってわけでもないんだね?

相談者:その時によって、友達の家へ行ったり、どっか遠くへ出かけたり、

加藤諦三:そっか、

相談者:はっきり詳しいことは言わないんですけども、夜・・そういう時間帯に遊びに行ったり帰ってきたり、**・・ちょっとやっぱり・・間違ってるとわたしは思うので、

相談者:娘にそれを注意・・するように言っても、

加藤諦三:うん、

相談者:娘はもう・・「大学生なんだから、もうほっといたらいいんだ」「好きなようにしたらいいんだ」って言うんで、もうこの娘もちょっと変わってるなと、

加藤諦三:お嬢さんも、何?その・・

加藤諦三:離婚の原因はなんなんですか?

相談者:っていうか性格の不一致、

加藤諦三:要するに・・上手くいかなか・・

相談者:そう、うまくいかなかったんです。

加藤諦三:ですよねぇ。

相談者:はぁい。

加藤諦三:そいでぇ・・結婚してる時の、

相談者:はい。

加藤諦三:仕事はなんなんですか?

・・

相談者:看護師やってます。

加藤諦三:ああ、そうですか、

相談者:はい。

加藤諦三:高等学校の頃は、もう普通の高校生?

相談者:はい高等学校の時は普通の高校生で・・門限、わたし、10時って言ったら、10時まできっちり帰ってきてました。

加藤諦三:うん、

加藤諦三:でぇ、両親が、の、関係はとにかくうまくいってなかったわけですよねぇ、でもねぇ?

相談者:その孫の両親ねぇ、はい。

加藤諦三:ん・・孫ねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:でぇそのぅ・・両親の、

加藤諦三:関係がうまくいってない中での、

加藤諦三:小学生中学生高校生・・

加藤諦三:で、

加藤諦三:なんか、問題だなっていうことはなかったの?

相談者:いやそれはまったくないです。

加藤諦三:全くないの?

相談者:もう何、別れたんは、孫が1歳の時で、

加藤諦三:ああ 、孫が1歳の時?

相談者:はい。

加藤諦三:そうすると、その今は、お母さんとも話をしていない、

相談者:いや、

加藤諦三:で・・あ、

相談者:母親と孫はよく話してます。

加藤諦三:あ、ああ・・

相談者:わたしに言えない事はみな母親に・・言ってますし、

加藤諦三:うん、

相談者:わたし・・には、あんまり詳しいことは言わないけども、

加藤諦三:うん、

相談者:言えば返事はちゃんとします。

加藤諦三:ふぅーん、

相談者:そうやって帰ってくるの遅い時にこっちから・・孫の、ケータイにLINEして、早く帰ってくるようにって、

加藤諦三:うん、

相談者:遅くて今日中に、

加藤諦三:うん、

相談者:帰ってくるように・・LINEしてるんですけども、

相談者:都合のええときだけ、返事だけ返ってきますけども、

加藤諦三:はあ、そうですか、

・・

加藤諦三:でぇ・・その友達も良い友達かは、なんかちょっとおかしな友達かってのも、わかんないわけですね?

相談者:たぶん、

加藤諦三:うん、

相談者:普通の友達だと、思うんですけども、

加藤諦三:思うって?あ・・ってはいないんでしょ?

相談者:たまに・・送ってきたときに、

加藤諦三:うん、

相談者:顔チラッと、

加藤諦三:うん、

相談者:見る程度です。

加藤諦三:うん、

加藤諦三:そいでお母さんは、そのことで悩んではいないんですね?

相談者:悩んではいないです。わたし・・だけがもう・・おかしいおかしい思うて、なんとか、

相談者:変えたいと思うんですけども、

加藤諦三:うん、

加藤諦三:そいで、学校の状態はわかるの?

相談者:大学・・行ってないんで、あのぅ、パソコンでしてますよね、授業を、

加藤諦三:うん、

相談者:それはしてます、家で、

加藤諦三:授業は出てるわけ?

相談者:はい。

加藤諦三:うーーん・・

加藤諦三:***、今日のあなたの相談というのは、

相談者:はい。

加藤諦三:お母さんとの関係が特別悪いわけでもないと、

相談者:はい。

加藤諦三:友達関係で、別に、おかしなひ・・ことではないと、

相談者:はい。

加藤諦三:だけどあなたの感覚からすると、やってる事は非常におかしいと、

相談者:はいおかしいと思います。

加藤諦三:で、

加藤諦三:この19歳の、お孫さんを、

加藤諦三:どう指導したらいいか?ってことが相談ですか?

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:こういうときには・・あっ、なるほど、こういう考え方もあるんだ・・そうか、うん、わか・・その通りだな・・っていうような、

加藤諦三:アドバイスが、いただける、かた・・が、スタジオにいらしていただいてます。

相談者:はい。

加藤諦三:幼児教育研究の・・大原、敬子先生です。

相談者:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA