テレフォン人生相談
加藤諦三・塩谷崇之

加藤諦三・塩谷崇之
テレフォン人生相談 2021年2月6日(土)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:塩谷崇之(弁護士)
夫は1年前に死別、復氏届を離婚と言う相談者。仕事はしておらず心の病で通院している。相談は他界した夫がクレジットカードで15万円の借金をしており、それをどう返していったらいいか?ということ、相談者の生計は塩谷崇之弁護士が聞いた時には遺族年金で返事をしていたが生活保護の可能性もある。自身のことは話したくないが、相談したいことはあるというスタンス。加藤諦三からは敵意を指摘される。

相談者は41歳女性(無職・心の病気で通院中)、夫とは1年前に死別、子供3人(12歳、4歳、1歳)は事情で預かってもらっている。

加藤諦三氏の〆の言葉『憎しみの焦点を認めないと、悩みは尽きません。』

目次

スポンサーリンク

死別した夫の借金の返済について

加藤諦三:もしもし?

・・

相談者:あ、もしもし?

加藤諦三:もしもし?

相談者:はい。

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:うん・・

相談者:あっ、すみませーん・・***

加藤諦三:最初に、あの年齢を教えてくださぁい。

相談者:えーっと、40・・1・・です。

加藤諦三:41歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:えーっと・・結婚して、たんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:今は、ちょっと、はい、主人が亡くなって、

加藤諦三:といい・・

加藤諦三:今は、一人ですか?

相談者:はい、一人です。

加藤諦三:えっと、で離婚は何ぶ・・年前ですか?

相談者:えーっと去年です。

加藤諦三:去年ですか?

相談者:はい。

・・

加藤諦三:んでぇ今や、お一人で暮らしてるということですね?

相談者:はぁい、そうです。

加藤諦三:はいわかりました。それで・・

相談者:はい。

加藤諦三:どんな相談ですか?

相談者:あ・・えっと、何年か前に、

加藤諦三:はい。

相談者:えーっと、主人が亡くなって、

・・

相談者:そんでぇそのぅ・・

相談者:一緒に居た時の・・その借金が、

相談者:今・・

相談者:来てる状態なんですよ、

加藤諦三:シィ・・え?ちょっと待って、

加藤諦三:あのさっきの話ですと、41歳で去年離婚と・・

相談者:結婚・・はい、もう、

・・

相談者:ちょっと、いろいろ・・

加藤諦三:でぇ何年か前に主人が亡くなっ・・

相談者:あってぇ、

加藤諦三:主人が亡くな・・って、というのが・・いつですか?

・・

相談者:のは何年・・前ですかねぇ、

・・

加藤諦三:いえその・・ご主人が・・

相談者:で、いち、一年前です。

加藤諦三:うん?

加藤諦三:ご主人が亡くなったのは1年前?

相談者:はい、そうです。

・・

・・

加藤諦三:で、「何年か前」って聞いたような気がするんですけど?

加藤諦三:そう・・言いませんでした?

・・

相談者:あっ・・1年前です。なるんで、何年か前って言ったんですよ。

加藤諦三:1年前だけれども、

相談者:あの・・

加藤諦三:何年か前と言ったと、

相談者:はい言ってます、はい。

加藤諦三:はい。

・・

加藤諦三:それで?

・・

相談者:**だ時の借金がその・・返済っていうか、そういうのが、来てる、なんですけど、

・・

加藤諦三:あ、1年前に亡くなったわけですね、ご主人は?

相談者:はい。

加藤諦三:そいで、その・・亡くなる前にご主人は借金をしていた。

相談者:はぁい。

加藤諦三:その借金があなたのところに、

相談者:はい。

加藤諦三:今、来ている。

相談者:はい。

加藤諦三:はい、いくらぐらいの・・借金が来てんですか?

相談者:えーっと、15万ぐらいですね。

加藤諦三:15万の・・はぁい。

・・

加藤諦三:借金をしてる・・相手方っていうのはどういう・・

相談者:クレジットカードです。

加藤諦三:クレジットカード?はい。

相談者:はぁい。

加藤諦三:それで?

・・

相談者:それを・・どうやって、返していったらいいのか?っと、思って、

加藤諦三:ご主人が亡くなって、ご主人の借金だけれども、この借金は、

加藤諦三:払うつもりだということですね?

相談者:つもりっていうのは、どういう、ふうな・・方法で、やったら・・あのできるのかなぁ・・とか、今、ちょっと、わたし・・

加藤諦三:出来るって、な、なにが出来るっていうことですか?

相談者:えーっとですねぇ、あの、ま、返していくことによって、

加藤諦三:うん、

加藤諦三:あのぅ・・話しが、「えーっと」とか、や・・「あのぅ・・」とか多いんですけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:要するに、15万円のクレジットカード、ご主人の、あなたは払うつもりがある?

・・

相談者:はい。

加藤諦三:払おうと思っているとか・・

相談者:はい、はい。

相談者:はい。

加藤諦三:そしてそれをどうやって返していったらいいいか?っていうことですね?

相談者:そうです、はい。

加藤諦三:はいわかりました。今日はあのスタジオに弁護士の塩谷崇之先生がいらしてんので、

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. この相談者、言ってることが支離滅裂です。
    「何年か前」と言ったり「1年前」と言ったり、「死別した」と「離婚した」じゃあ全く違うし、作り話なんでしょうね。
    それにしても、すぐに矛盾点を指摘されちゃうほど稚拙な嘘です。
    この相談者が言ってることのどこまでが本当のことなのかわからないから、アドバイスのしようがないですね。
    15万円の借金の返済方法がわからない?働いて稼いで返すに決まってるでしょうに。踏み倒す方法が知りたかったのかな?

  2. 決め付けたくはないが心の病気だけが本当の事実なように思える
    借金も死別も離婚も子供も全部うわっつら
    加藤先生はまとめるために”敵意”という強い言葉で締めたが
    寂しくて誰かの声を聴きたかっただけなのだろうか 分からないけどね

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA