テレフォン人生相談
加藤諦三・田中ウルヴェ京

加藤諦三・田中ウルヴェ京
テレフォン人生相談 2021年2月26日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
65歳の女性から、離れに住む義理の母が自分の悪口を言うので夫を通じて悪口を言うのを止めて欲しいと言い続けたが三年半も続き疲れたというご相談です。

相談者は65歳女性、夫65歳、子供2人、長女43歳、長男40歳、長男夫婦と同居、同一敷地の離れに義父89歳、義母86歳、

加藤諦三氏の〆の言葉『注意に注意せよ。』デヴィッド・シーベリー

目次

スポンサーリンク

自分の悪口を言い続ける姑

加藤諦三:もしもし?

相談者:あ、もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:お願いします。

加藤諦三:はい、最初に年齢を教えてください。

相談者: 65です。

加藤諦三: 65歳、結婚してます?

相談者:はい。

加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者: 65です。

加藤諦三: 65 、お子さんは?

相談者: 2人、

加藤諦三:はい。

相談者:上が、女の子で43、下が男の子で40です。

加藤諦三:今お二人で暮らしてるんですか?

相談者:息子夫婦と、

加藤諦三:息子夫婦と、

相談者: 2世帯で、離れてに、

相談者:親がいます。

加藤諦三:あなたの、親?

相談者:いや、主人の親、

加藤諦三:主人の親ですか?

相談者:はい、はい。

加藤諦三:はい、わかりました。

相談者:でどんな相談ですか?

相談者:最初は3世帯で住んでいたんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:揉めて、

加藤諦三:うん、

相談者:親が、離れのほうに住むようになったんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:一緒に住むようになって3年半なんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:ずっと揉めてるんですよ。

加藤諦三:はい。

相談者:主人の母親が、

加藤諦三:はい。

相談者:いろいろ言って・・るもんだから、

相談者:ずーっと、主人に、こういう事やられたとか、

加藤諦三:うん、

相談者:言われたとかっていうのを、

加藤諦三:うん、

相談者:ずっと、言ってたんですよ、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ・・ん、ちょっと疲れて、

加藤諦三:はい。

相談者:あたしが、

加藤諦三:離れに住んでるって、親は、今、何歳ですか?

相談者:父親が、89・・母親が、 86です。

加藤諦三:それで、いろいろなこと言うのは、その86歳の、お母さんのほう?

相談者:あ・・はい。

加藤諦三: 89歳のお父さんのほうは、別に、なんか言わない?

相談者:お酒を飲まないと、何も言えない人で、

加藤諦三:はい。

相談者:何も言わないんですけど、普段、

加藤諦三:はい。

相談者:普段言うのは・・母親の方です。

相談者:それ・・

加藤諦三:だけど今は、もう離れに行って、

相談者:もうしゃべってないです。

相談者:もうこの1年ぐらいは。

加藤諦三:ああそうですか、

相談者:はい。

加藤諦三:でその息子夫婦の方とは、どうなんですか?

相談者:あ、うまくいってますよ。

加藤諦三:でさっきからのその、揉め事って言ってるのは、

相談者:はい。

加藤諦三:あなたと・・

相談者:はい。

加藤諦三: 86歳の、

相談者:うん、

加藤諦三:お母さんとが、

相談者:はいそうです。

加藤諦三:揉めてるということ?・・はいはい、

相談者:はい、はい。

加藤諦三:わかりました、はい、それで?

相談者: 1番最初に、結婚してすぐに、

加藤諦三:はい。

相談者:うちにはい・・ったんですよね、40・・何年まえに、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、1年半で、出てるんです・・一度、

加藤諦三:一度?はい。

相談者:うん、それでぇ?

相談者:学校の関係で、

加藤諦三:はい。

相談者:一緒に住む・・って話になって入ったんですよね、

加藤諦三:はい。

・・

相談者:40何年ぶりに、

加藤諦三:はい。

相談者:それで・・昔のことがあるから、

加藤諦三:はい。

相談者:あたしに対して腹たつことがあれば、

加藤諦三:うん、

相談者:あたしに直接言ってくれと、

加藤諦三:はい。

相談者:結婚した時も、

加藤諦三:うん、

相談者:外行って、いろいろ、

・・

相談者:悪口を、い・・言うんですよね、

加藤諦三:はあ、はあ、はあ、

相談者:それで、

相談者:今回は、

加藤諦三:はい。

相談者:ケータイ持ってるもんだから、

加藤諦三:はい。

相談者:ケータイで、親戚に、電話するんですね、

加藤諦三:はい。

相談者:それが聞こえてこなかったら別にあたしも知らずにいるんですけど、

加藤諦三:ええ、

相談者:親戚が近く・・に居過ぎて、

加藤諦三:はい。

相談者:その内容を、

加藤諦三:うん、

相談者:わたしに、また教えてくれるんですよ、

加藤諦三:はい。

相談者:ずっと主人には、

加藤諦三:はい。

相談者:こういうふうに言われてイヤだとか、

加藤諦三:うん、

相談者:いろいろ言ってきて、

加藤諦三:うん、

相談者:主人も「わかった、わかった」と、

加藤諦三:うん、

相談者:言ってたん・・ですよね、

相談者:でそれが3年半たってこないだ喧嘩した時に、

加藤諦三:うん、

相談者:わたしの言ってることがわからないと、

相談者:と、いろいろ、と、言うもんだから、もう、聴きたくないん・・だと思うんですよ、

相談者:に、 3年半もおんなじことをいろいろ言うもんだから、

加藤諦三:はい。

相談者:だからそれもわかるんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:いろいろ言われてる・・あたしにしてみたら、

加藤諦三:はい。

相談者:言うところがないですよねぇ、

加藤諦三:はいはいはい。

相談者:だから主人に言うんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:わかってくれてるもんだと思ってたのが、そういうふうに言われたもんだから、

加藤諦三:はい。

相談者:今は主人に対して、

加藤諦三:うん、

相談者:腹立たしさの方が、

加藤諦三:うん、

相談者:勝ってて、

加藤諦三:うん、

相談者:冷え・・みたいな感じがしたんです。

加藤諦三:ご主人に対する気持ちが冷えたと、

相談者:対する・・はぁい。

相談者:でも・・わかれ・・るかって言ったら、それはないんですよね、

加藤諦三:うん、

相談者:だから、どういうふうにしてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:自分の気持ちを・・穏やかに・・いられるかなと思って、

相談者:電話したんですけど、

・・

加藤諦三:なるほどね、

加藤諦三:わかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:今日はスタジオに、シンクロの、銅メダリストで、メンタルトレーナーの、田中ウルヴェ京先生がいらしてるので、

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA