テレフォン人生相談
加藤諦三・坂井眞

加藤諦三・坂井眞
テレフォン人生相談 2021年2月27日(土)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
夫婦関係は結婚して10年ほどで破綻、18年前、持ち家が欲しかった相談者、夫は賃貸でいいと言っていたが共働きだったので、相談者名義で住宅ローンを組み、相談者名義で土地建物購入する。一緒に住もうと思っていが結局、夫と子供は来なくてずっと一人暮らし。62歳で退職し年金生活、今後の事もあり家を売って老後を見越した賃貸に住もうと思っている。今、離婚も視野に考えているが売却時、夫に何か言われることはないか?

相談者は62歳女性(年金生活)、夫65歳、子供2人、別居して18年、一人暮らし

加藤諦三氏の〆の言葉『不安な時は、ちょっとした事が物凄い事に感じられてきます。』

目次

スポンサーリンク

別居と離婚と財産分与

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもしぃ・・

加藤諦三:はいテレフォン人生相談です。

相談者:はい・・はいよろしくお願いします。

加藤諦三:**・・最初に、年齢を教えてください。

相談者:はい。 60・・2歳です。

加藤諦三: 62歳、結婚してます?

相談者:はい。

加藤諦三:え、ご主人何歳ですか?

相談者:え、60・・5歳です。

加藤諦三:65歳・・お子さんは?

相談者:2人、

・・

加藤諦三:で今は、一緒に住んでんですか?

相談者:いえ・・

加藤諦三:それとも・・

・・

加藤諦三:じゃあ今・・住んでるのは・・

相談者:はい。

加藤諦三:ご主人と2人ですね?

相談者:いえ、 1人で住んでいます。

加藤諦三:あ、今あなた1人?

相談者:はいそうです。

・・

加藤諦三:という事は、別居?

相談者:はいそうです。

加藤諦三:え・・何年前ですか?別居したのは?

相談者:えっと、18年前です。

加藤諦三:18年前・・

相談者:はい。

加藤諦三:長い事、そうするとあなたは、 1人で、

相談者:はい。

加藤諦三:暮らしていたということですね?

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:んでぇ、別居ということで、離婚ということではないですね?

相談者:まあ・・

相談者:ん、どこから話をしていいのかしら(苦笑)?

相談者:離婚を、う・・今考えているんですが、

加藤諦三:わかりました。それでどんな相談ですか?

相談者:まぁ、この別居に至る経過っていうのは、ん、まぁ実は、持ち家が欲しいっていうことで、

加藤諦三:はい。

相談者:いろいろと算段していて夫の方が、とても乗り気ではないっていうか、

加藤諦三:はい。

相談者:ええ、それでぇ・・共働きでしたので、

加藤諦三:はい。

相談者:わたしの方で、銀行ローンが組めるっていうことなので、

加藤諦三:はい。

相談者:土地建物の、名義をわたし名義で銀行ローン借りたんです。

加藤諦三:はい。

相談者:連帯保証人も、なりたくないっていうことなので、

加藤諦三:はい。

相談者:まぁそういうふうになりました

加藤諦三:はい。

相談者:でただ1つお願いしたのは、住宅ローンというかあのぅ、借りるのに、.

加藤諦三:はい。

相談者:あのぅ・・

相談者:住民票を、

加藤諦三:うん、

相談者:まぁ家族全員、

加藤諦三:うん、

相談者:で移さなければ、貸してもらえないっていう公庫の、

加藤諦三:うん、

相談者:決まりがあるっていうことなので、

加藤諦三:うん、

相談者:それは夫のほうに話して、一緒に、こちらの方の住所に移しますよ・・っていうことで、

加藤諦三:うん、

相談者:それで了解してもらって、それで、えっと、住宅ローンを、借りる運びになりました。

加藤諦三:で住宅ローンを、借りたのは、

相談者:はい。

加藤諦三:何年前ぐらいですか?

相談者:10・・8年前ですね、別居と同時です。

加藤諦三:これが、じゃあ、別居と同時・・

相談者:はい。

加藤諦三:っていうことは、その持ち家が欲しいというほう・・

相談者:はい。

加藤諦三:あなたの気持ちと、

相談者:はい。

加藤諦三:ご主人の方が、

相談者:はい。

加藤諦三:あなたの・・言うことだと、乗り気でないということで、

相談者:うーん・・

加藤諦三:そのことが、揉めて・・わたしは、やっぱり家が欲しいって言って、銀行ローン、借りたと、

相談者:うん、

加藤諦三:だからご主人のほうはイヤだと、

相談者:はい。

加藤諦三:そこら辺が別居の原因ですか?

相談者:そうですね、まぁかなり揉めた・・っていうふうなこともなく、

加藤諦三:(咳払い)

相談者:なんか、お互い淡々と、フゥ、それぞれ、ただわたしとしては、

加藤諦三:うん、

相談者:えっと、子供もいますし、

加藤諦三:うん、

相談者:二重生活っていうのはもう、とても・・なんて言うの?不自然過ぎますし、

加藤諦三:うん、

相談者:来るものだと・・少し望みを持ってたんです、少しっていうのは変な言い方で、

加藤諦三:はい。

相談者:それも子供もいるので、

加藤諦三:はい。

相談者:でも、結局は来なかったんですねぇ・・

加藤諦三:うんうん、

相談者:うーーん・・

加藤諦三:そうすっと・・

加藤諦三:かなり、

加藤諦三:結婚してからまぁ、子供が2人できてぇ、

相談者:ええ・・ええ、

加藤諦三:だけど、それ以後、気持ちはもう・・今、持ち家が欲しい、欲しくないっていう・・

相談者:そう・・

加藤諦三:***の・・話をしましたけれども、

相談者:それ・・以前、ですね、はい。

加藤諦三:気持ち・・の、問題で既に、

相談者:ええ、ええ、

加藤諦三:もう離れてった・・

相談者:そうですねぇ・・そうですねぇ、はぁい。

加藤諦三:ですよねぇ、

相談者:はぁい。

・・

加藤諦三:そうすると、いつ頃からですか?もう・・家族、4人という関係が、もう、壊れて、

相談者:うん、

相談者:はい。

加藤諦三:夫婦関係も壊れ、

相談者:はい。

加藤諦三:形の上では、

相談者:うーん、そうですねぇ、10年ぐらいでもう・・

相談者:夫婦・・らしくはないなと、思うようになったのは、10年ぐらいですよねぇ、

加藤諦三:あっ、結婚して10年ぐらいでぇ・・

相談者:はい。

加藤諦三:ということは・・感情抜きでも、形だけの家庭生活っていうのは、かないり長いく続いたんですねぇ、

相談者:そうですねぇ・・

加藤諦三:それでぇ・・

加藤諦三:あなたが働いていたのでぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:銀行ローン、組んでぇ、

相談者:はい。

・・

加藤諦三:18年前に、

相談者:はい。

加藤諦三:家を作ったと、

相談者:はい。

・・

・・

加藤諦三:でぇ、そのローンは、まだ続いてんですか?

相談者:まだ続いてます。

加藤諦三:でぇ、今日の相談というのは、どういうことですか?

相談者:えーっと・・もうこの年齢になりましてぇ、仕事・・は辞め、まぁ辞めてますね、

加藤諦三:はぁい。

相談者:それで、年金を、62歳から貰い始めていますけれども、

加藤諦三:はぁい。

相談者:十分な額ではないので、パートに出ています。

加藤諦三:はぁい。

相談者:でぇそれぇ・・とやっていても、銀行ローンがまだたくさんあるのでぇ、

加藤諦三:はぁい。

相談者:自分の将来の事を考えると、

加藤諦三:はい。

相談者:この家が・・本来であれば家族4人でそういうふうに住みたいと思っていた・・家ですけれども、

加藤諦三:ええ、

相談者:もう、今となっては、自分一人で住むには広すぎる?

加藤諦三:はい。

相談者:年齢もだんだん、重ねていくと、ん、管理しきれなかったり、やはり、

加藤諦三:うん、*・・

相談者:うん、あの、ローンを、

加藤諦三:大きな家や、必要ないですもんねぇ、

相談者:そう・・必要ないし、経費がやっぱり、

加藤諦三:うんうん、

相談者:うん、掛かりますし、

加藤諦三:うん、

相談者:そういう意味では、ちょっと・・ローンも、しっかり、返済、っていうかねぇ 売ってぇ・・

相談者:築・・年数がもう古くなってるので、今しないと、また、もう、どんどん?

加藤諦三:うん、

相談者:値が下がるっていうか、うん、そのことも考えても、まぁ一人で暮らしましょう・・っていう、ふうな、ところである程度のところで、住み替え?

相談者:持ち家ではなくても賃貸でぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:高齢者の賃貸・・とか、そういうところへ、ちょっと、移りましょうか・・っていうふうな、

加藤諦三:うん、

相談者:ことを、かなり・・ふふふ・・具体的に考え始めているんですが、そ・・

加藤諦三:具体的に考え始めてるということは、もうそいういう賃貸の家を、

相談者:ええ、

加藤諦三:探し始めている・・

相談者:はい・・はいそうです。

加藤諦三:ということですね、

相談者:はいそうです。

加藤諦三:うん、はい。

加藤諦三:それで、そう、

相談者:ただ・・この・・

加藤諦三:そういう家はもう・・

相談者:ええ、

加藤諦三:探し始めて、

相談者:ええ、

加藤諦三:どう・・で、なんですか?

相談者:まず、この家を売る・・っていうことで、

加藤諦三:うん、

相談者:果たしてその、銀行ローンが、まぁ、ちょっと・・ぉ・・ん・・ま、査定とかなんかも出してもらったりなんかして、

加藤諦三:うん、

相談者:えーっと・・ローン自体は消えますね、

加藤諦三:はい。

相談者:消えます、ただ、その売った場合、婚姻関係にある夫の方に、

相談者:この家を売ったお金っていうのは、夫婦ですので、今現時点でも、

加藤諦三:うん、

相談者:どうなるのでしょうか?っていう感じで、

加藤諦三:だけど、この・・あれですね、家・・は、あの、土地建物の名義は、あなたの物ですね?

相談者:はいそうです。

加藤諦三:でぇ、現実にお金を出してるのも、ローンを組んでるのも、

相談者:はい。

加藤諦三:あなたの名前で組んでるわけですねぇ?

相談者:はいそうです。

加藤諦三:はぁい、だけどあなたが今、心配してるのは、

相談者:ええ、

加藤諦三:そうはいっても、現実に今、形式的には、

相談者:はい。

加藤諦三:夫婦なんだから、

相談者:はい。

加藤諦三:家を売った場合に、

相談者:はい。

加藤諦三:これが、自分の、

加藤諦三:財産になるかどうか、わかんなくて心配だということですか?

相談者:はいそうです。

加藤諦三:はいわかりました。はい、今日は、あのスタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしてんので、

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:はい、お願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA