テレフォン人生相談
柴田理恵・三石由起子

柴田理恵・三石由起子
テレフォン人生相談 2021年3月4日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
半年前から2人の子供がいるシングルマザーの彼女と付き合い、結婚したいと思っているが11歳の長女が懐かない。どう向き合えばいいか?というご相談です。

相談者は34歳男性、半年前から付き合っている彼女34歳(シングルマザー)、彼女の子2人、長女11歳(小学5年生)、長男8歳(小学3年生)

目次

スポンサーリンク

彼女の子供が懐いてくれない

柴田理恵:もしもし?テレフォン人生相談です。こんにちは、

相談者:こんにちは!

柴田理恵:今日はどんなご相談ですか?

・・

相談者:えーっと、今付き合ってる彼女、と、彼女の子供達との付き合い方を、ちょっと、教えていただきたいなと思いまして。

柴田理恵:ああ、はい、あなた今おいくつですか?

相談者: 34歳です。

柴田理恵:でその彼女はおいくつですか?

相談者:えっと、同じ、 34歳です。

柴田理恵:お子さんがいらっしゃるんですね、彼女には、

相談者:はい。

柴田理恵:な、何歳と何歳のお子さんですか?

相談者: 11歳の、小学校5年生、

柴田理恵:おと・・

相談者:女の子です。

柴田理恵:女のお子さん、はい。

相談者:と・・えっと、8歳の・・

柴田理恵:うん、

相談者:小学校3年生、男の子、

柴田理恵:シングルマザーなんですね?

相談者:はい・・

柴田理恵:え、

相談者:半年前から、

柴田理恵:はい。

相談者:付き合っててぇ、

柴田理恵:はい。

相談者:家に行ったりもして、遊んだりもしてるんですけども、

柴田理恵:うん、

相談者:え、下の男の子は、

柴田理恵:うん、

相談者:よくなついてくれてはいるんですけど、

柴田理恵:うん、

相談者:上の女の子が、

柴田理恵:うん、

相談者:あんまり、なついてくれなくて、

相談者:えーっと、挨拶とか、

柴田理恵:うん、

相談者:ちょっとした会話は、できるんですけど、

柴田理恵:うん、

相談者:まぁ、彼女にも言ってるらしいんですけど、

柴田理恵:うん、

相談者:「ママが取られるのはイヤだぁ・・」っていうのは・・

柴田理恵:うんうん・・

相談者:伝えてるみたいで、

柴田理恵:うん、

相談者:でそういう・・子供たちと、

柴田理恵:うん、

相談者:えーっと、僕との、間に挟まれてる彼女と、あと、その彼女と、その子供達との付き合い方が、ちょっとわからなくて、

柴田理恵:お二人が、

相談者:はい。

柴田理恵:結婚したいなっていう意思は変わらないんですか?

・・

相談者:そうですね、

柴田理恵:うんうん、

相談者:そこは・・後々には・・っていう、こと・・を前提に・・

相談者:付き合ってはいるんですけど、

相談者:それこそ、えっと、僕と彼女・・とのあいだの・・

柴田理恵:うん、

相談者:会話の中で、

柴田理恵:うん、

相談者:娘さん?

柴田理恵:うん、

相談者:が・・

相談者:絡むような会話があれば一緒になって・・

柴田理恵:うん、

相談者:なんかしゃべったりはするんですけど、

柴田理恵:うん、

相談者:直接、

相談者: 2人で、「ああだよね」「こうだよね」っていう話は・・

柴田理恵:うん、まだ・・

相談者:ないですね、はい。

柴田理恵:そのお子さんとの付き合い方・・ですかねぇ?まず?

相談者:はい、

柴田理恵:もう・・

相談者:ちょ・・まぁ、両方、子供、2人と、

柴田理恵:うん、

相談者:あと・・その間に挟まれてる、彼女、も、

相談者:たぶん困惑はしてると思うんでぇ、

柴田理恵:うん、うん、

相談者:はぁい、どういうフォローを、しながら、付き合っていけばいいのかなぁと、思いまして、

柴田理恵:こ、こは、ちょっとダメそうとかっていう問題点とか、あったりしますか?

相談者:あん、子供達がもう、ホントに「ママ、ママ」って、ずーっと、好きでぇ、

柴田理恵:うん、うん、

相談者:でも・・家に、中に居ても、ひっついて歩いてる・・みたいな感じなんですよねぇ、

柴田理恵:うーん、うん、

相談者:でぇ・・

相談者:なんかあれば・・ママの方も、

柴田理恵:うん、

相談者:すぐ優しくしちゃったりとか、

柴田理恵:うんうん、

相談者:僕、あのぅ・・男兄弟二人なのでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:もうガチャガチャ育ってきた・・環境ではあると思うんで、

柴田理恵:うん、

相談者:その環境が、こう・・馴染めなくてぇ、

相談者:そんな・・感じなのかなぁ・・とかって、ちょっと、違和感を感じたりはするんですけど、

柴田理恵:ああ・・なるほどねぇ・・うんうん、

相談者:かといってぇ、そういうのに、

相談者:あのぅ、首突っ込んでいいのか?

相談者:なんか、ちょっと、こうなんじゃないの?っていうのも・・

柴田理恵:うーん・・

相談者:僕の立場としては、ちょっと違うのかなぁ・・と、おも・・思ったり、とかもして、

柴田理恵:そうね、微妙な歳、時ですしねぇ、そのあなたの、そのなんか、やり方みたいなのを、

相談者:はぁい。

柴田理恵:今、反発されてしまうかもしれませんもんねぇ、

相談者:(笑)はぁい。

柴田理恵:下の、男の子は、どうですか?

相談者:はい。

柴田理恵:いい感じですか?

・・

相談者:えっと、下の男の子は・・あのぅ・・普通に遊びに行っても、

柴田理恵:うん、

相談者:くっついて遊んでくれるし、

柴田理恵:うん、

相談者:外、遊びに行こうと言ったら、

柴田理恵:うん、

相談者:遊びに行ってくれるし、それこそ、なんか・・携帯持たされてて、

柴田理恵:うん、

相談者:LINEを、たまーに、

柴田理恵:うん、

相談者:「元気?」とか、送ってくれたりとかして、

柴田理恵:あっ!ホントに?!

相談者:はぁい。

柴田理恵:ラッキじゃないですかぁ!

相談者:はぁい、そこは、ホントに、嬉しい、ですけど、

柴田理恵:むしろ、

相談者:はぁい。

柴田理恵:男同士、そっちの方が、

相談者:はぁい、はい。

・・

柴田理恵:大事じゃないですか?

相談者:いや、そ、そうですねぇ、

柴田理恵:ねえ、

相談者:そこ・・はぁい。

相談者:それこそ一緒に温泉・・

柴田理恵:だって、お、女の子も気持ちは、

相談者:はい。

柴田理恵:微妙で、なかなかつかめないかもしれないけれど、

相談者:はぁい。

柴田理恵:だ、おか、お母さん、彼女にとっても、

相談者:はい・・はい。

柴田理恵:男の子って、ほら異性だからぁ、

相談者:はぁい。

柴田理恵:もう、どう接していいか、わからないみたいなとこが、やっぱり、

・・

相談者:ちょっと・・

柴田理恵:男兄弟もいらっしゃった、

相談者:そうですねぇ、

柴田理恵:あなたがいてくれると、

相談者:はぁい。

柴田理恵:ちょっと・・

柴田理恵:ホッとするところもあるんじゃないですか?

相談者:そうですねぇ・・

柴田理恵:うーん・・

相談者:そのぅ・・あのぅ、下、の子に関しても、一緒に温泉行ったりとかしてぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:「男湯に入れた」って言って、嬉しく・・

・・

相談者:してるのも何か感じたから、こっちまで嬉しくなってきたりとかして、

柴田理恵:あ、ああ・・いいですねぇ、

相談者:はぁい。

柴田理恵:そっか、一緒に男湯に入ってあげたんだ、

相談者:そうなんですねぇ、

柴田理恵:一緒に温泉行ったんだ、そりゃ嬉しいねぇ、

相談者:そうなんっすよねぇ、

柴田理恵:うーん・・

・・

柴田理恵:うーん・・

相談者:まぁただ、やっぱり、さっき・・言った通り、それこそそのぅ、

相談者:「ママ、ママ」って言ってるのが、ちょっと・・

柴田理恵:うーん・・

相談者:ああ、違うんじゃないかなぁ(笑)・・って、たまに思ったりとかして(笑)、

柴田理恵:あ、ああ・・

相談者:ふっ、ふふふ・・

柴田理恵:しょうがないですよ、

相談者:なんか(笑)・・

柴田理恵:うーん・・

相談者:フニャフニャしてるなぁ・・とかって、ちょっと思ったりとかしてぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:ふふふ・・

柴田理恵:じゃあ・・そんなに問題はなくないですか?なにか・・

柴田理恵:悩み事あります?

相談者:いやぁ、ちょっと・・ねぇ、

柴田理恵:うーん、

相談者:そのぅ・・

相談者:えーっと、上の、子、との付き合い方・・とか、

柴田理恵:うん、

相談者:ちょっとずつ、こう、会話が出来るようになってきてはいるんでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:接し方とかは間違ってはいないのかなぁ・・っとかって思ったりはするんですけど、

柴田理恵:うん、

相談者:まぁ、ホントにこれがいい、こんなん・・感じでいいのかなぁ・・って、

柴田理恵:ああ、

相談者:思ったりするところも、たまにあって、

柴田理恵:やっぱ、心配なんですねぇ、

相談者:はぁい。

柴田理恵:どういうふうにしていいのかぁ?

相談者:はぁい。

柴田理恵:あ、ああ・・

柴田理恵:それはやっぱりちょっと、先生に聞いてみましょうかねぇ?

相談者:はぁい。

柴田理恵:やっぱり、先生がいいポイントをねぇ、

相談者:はい。

柴田理恵:教えてくださるかもしれないからぁ、

相談者:はぁい。

柴田理恵:はい。

柴田理恵:わかりました。

相談者:よろしくお願いします。

柴田理恵:はぁい、今日の回答者の先生は、三石メソード主宰、作家で翻訳家の、三石由起子先生です。

柴田理恵:先生、お願いします。

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. さあ?三石先生が言ってるように上手くいくかな?
    ショパンとジョルジュサンドの例を引くまでもなく、妻の連れ子と上手くいかなくて、結局別れちゃったというのはよく聞く話だよ。
    だいたい、そんなマイナス要因が全くない夫婦でさえ、新婚から3年もたてばそれほどラブラブじゃあなくなるのが通例。
    最初からハンディを背負っての結婚生活だと覚悟しといた方がいいんじゃないの?
    まあ、あとは関係者たちの忍耐と努力しだいでしょう。せいぜい頑張っておくんなまし。チャレンジしてみるだけの価値はあるでせう。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA