テレフォン人生相談
加藤諦三・野島梨恵

加藤諦三・野島梨恵
テレフォン人生相談 2021年3月20日(土)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:野島梨恵(弁護士)
子供なく夫が他界して5年、夫名義の土地建物を売却してただ一人の身内の実家の姉の元に身を寄せたいと思っているが、夫の義姉が分割協議書にハンコを押してくれないので売却できない。いくらお金が欲しいのかを聞いても返事がない。どうすればいいだろうか?

相談者は72歳女性、夫は5年前に他界、義姉76歳

加藤諦三氏の〆の言葉『ただ時間をかけて悩んでいると、悩みはどんどんと膨れ上がっていきます。』

目次

スポンサーリンク

義姉が判子をついてくれない

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし?

加藤諦三:はぁい、

相談者:はい。

加藤諦三:テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いします。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:はい、72歳です。

加藤諦三:72歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:してます。

加藤諦三:えーっと、ご主人、何歳?

相談者:主人は亡くなってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:5年になります。

加藤諦三:5年になる?

相談者:はい。

加藤諦三:お子さんは?

相談者:いないんです。

加藤諦三:そうするとずっと、5年間、独りで暮らしてらっしゃ・・

相談者:はいそうです、はい。

加藤諦三:はいわかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ、どんな相談ですか?

相談者:えーっと、主人が亡くなって5年経つんですけれども、

加藤諦三:はい。

相談者:あの、子供がいないもんで、

加藤諦三:はい。

相談者:うちの名義変更が出来ないんですよね、

・・

加藤諦三:あ、家の名義変更が出来ない?

相談者:ええ、ええ、

加藤諦三:はい。

相談者:主人の名前のまま・・

加藤諦三:はい・・

相談者:なんですよねぇ、

加藤諦三:はい、はい・・でぇ、あなたの名前に名義変更が出来ないんですか?

相談者:出来ないんです。

・・

相談者:子供がいれば、

加藤諦三:はい。

相談者:出来るんですけれども、

加藤諦三:はい。

相談者:子供がいないために、

加藤諦三:はい。

相談者:主人のきょうだいですねぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:それも、ハンコがないと、

加藤諦三:うん、

相談者:あのぅ・・名義変更できないんですよねぇ、

・・

加藤諦三:でぇ・・ご主人の、ごきょうだいは?

加藤諦三:いないんですか?

相談者:えーっと、妹と、

加藤諦三:はい。

相談者:姉といるんですよねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、妹のほうは・・いいんですけれども、

加藤諦三:はい。

相談者:姉のほうが、

加藤諦三:はい。

相談者:あのぅ・・・ハンコを押してくれないんですよねぇ、

加藤諦三:はあ、はあ、はあ、はあ、

相談者:要するに、お金ですよねぇ、

・・

加藤諦三:お姉さんの方がイヤだって言って、妹の方はイイって言ってるわけですねぇ、

相談者:はい、はい、はい。

加藤諦三:でぇ要するにお金というのは、ん、どういう事ですか?要するに、お姉さんと、

・・

相談者:わたし・・

加藤諦三:妹との・・

相談者:わたしが、お金・・を、出せば、

相談者:押すんでしょうけれど、

加藤諦三:あな・・たが、お金を出す?

相談者:ええ、

・・

相談者:出せば、

加藤諦三:うん、

相談者:押すんでしょうけれども、

加藤諦三:うん、

相談者:「いくら?」って聞いても、言わないんですよねぇ、

加藤諦三:うーん・・

加藤諦三:でぇ、これはあれですか?あのぅ、

加藤諦三:大変失礼な、

加藤諦三:あのぅ、言い方ですけれども、

相談者:はい、はい。

加藤諦三:お姉さんと、妹がいる・・居てぇ、意見が、合わないっていうことは、大変な多額な、問題なんですか?

相談者:多額ではないんですねぇ、い、うち(家)、一軒だけ、財産は、もううち(家)しかないですからねぇ、

加藤諦三:うーん、

・・

加藤諦三:ご主人の、遺言は、ないんですか?

相談者:遺言は、口だけだから、ないんですよねぇ、

・・

加藤諦三:そうすると、単純にそうすると、法律でぇ、に従ってというわけにもいかないの?

・・

・・

相談者:ほ・・

加藤諦三:遺言があれば、遺言が非常に重要視されるっていうのもわかりますけれども、

相談者:そう、そうなんです。ええ、ええ、ええ・・ないんです全然、なんにも・・

加藤諦三:なんにもないときには・・法律に従ってぇ、手続きを進めるってことはできないんですか?

相談者:えーっと、どうやってやったらいい・・のか、

加藤諦三:ああ、そこら辺ねぇ、

相談者:ええ、

加藤諦三:ええ、

相談者:わからない・・し、

加藤諦三:そうすっと、今日の相談っていうのは、そのぅ、ご主人のお姉さんと妹の間の意見がいないのでぇ、

相談者:ええ、

加藤諦三:そのご主人の、家のめ、名義変更ができないと、

相談者:はい、できないんですよ。

加藤諦三:あなたはそうすると、今、亡くなられたご主人の家に住んでるんだけど、

相談者:そうなんです。

加藤諦三:これをきちんとしたいというのが相談でぇ、

相談者:はい、そうなんです、はい、はい。

加藤諦三:はい、わかりました。

加藤諦三:今日はあのぅ・・スタジオに、

相談者:はい。

加藤諦三:弁護士の、野島梨恵先生がいらしてるのでぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:あのぅ、伺ってみたいと思いますのでぇ、

相談者:はい、よろしくおね・・

加藤諦三:ちょっと、待っていてくださぁい。

相談者:はい、はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA