テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2021年3月22日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
母親が亡くなって一周忌を迎えた頃、うつ病になり会社を辞めたという60歳女性から、家に居ると何をしていいかわからず心がしんどい、どうしたら?というご相談。

相談者は60歳女性、34年前に離婚し一人暮らし。3年ぐらい前に母が他界、別で暮らす娘がいる。

加藤諦三氏の〆の言葉『最も理解する必要があるのは鬱病ですけれども、最も理解されないのも鬱病です。』

目次

スポンサーリンク

鬱病で会社を辞め何をしていいかわからない

加藤諦三:もしもし?

相談者:あっ、加藤先生ですか?

加藤諦三:はい、はい・・

相談者:はい。

加藤諦三:テレフォン人生相談です。

相談者:お願いします。

加藤諦三:はい、最初に年齢を教えてください。

相談者: 60歳です。

加藤諦三: 60歳、

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:あのねぇ・・若い間に離婚して、

加藤諦三:はい。

相談者:今、一人暮らしです。

加藤諦三:ああそうですか、何年ぐらい前ですか?

相談者:30・・4年前です。

加藤諦三: 34年前、

相談者:はい。

加藤諦三:はい、わかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:それでどんな相談ですか?

相談者:あっ、先生あのねぇ、

相談者: 3年ぐらい前にねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:あのぅ・・母が亡くなりましてねぇ、わたくしの、

加藤諦三:はい。

相談者:それでねぇ、先生、あのぅ・・一周忌過ぎるまでは、しっかり頑張ってたんですけどねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:急に、力が抜けたようになりましてぇ、

・・

相談者:鬱病みたいになりましてねぇ、先生、「さぁ仕事行こう」と思ったらねぇ、急にねぇ、動悸打って来てねぇ・・

相談者:ほんで、玄関の戸が、開けられなくなってねぇ、

加藤諦三:ああ、

相談者:ほんでぇ、しんどくなってぇ、ほんでぇ、職場に、電話してぇ、「休ましてくださぁい・・」って言ってぇ、あのぅ、寝るんですよ。

相談者:ほんでぇ、しばらく、寝てたら、

加藤諦三:はい。

相談者:正常な状態になってぇ・・ほんでぇ、次の日もまた、先生、お仕事行けるんです。

相談者:ほんでぇ、今度帰って来たらまた次の日、とか、そんな繰り返しばっかりやったんですねぇ、先生ねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:それでぇ、お仕事のほうは、もう・・58で辞めちゃったんですねぇ、先生、

加藤諦三:はい。

相談者:ほんで今日のねぇ、先生にご相談したいことはねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:辞めたときはねぇ、先生、わぁ・・今日はねぇ、会社にねぇ、「休ましてください、ごめんなさぁい・・」っていう・・連絡しなくていいわぁ・・と思って喜んでたんです。

加藤諦三:はい。

相談者:ほんでぇ、今、60になってからねぇ、先生、

加藤諦三:はい。

相談者:今、することがなくてねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:ほんで毎日がねぇ、お友達にたまに電話するぐらいでぇ、

加藤諦三:はい。

加藤諦三:その友達っていうのは、会社のときの友達です・・が、学生・・

相談者:あのぅ・・おんなじぃ・・会社を、退職されてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:今、家に、おられる、お友達です。

加藤諦三:ああ、そうですか、

相談者:はい。

加藤諦三:んでぇ、電話はするけれども実際に会う・・

相談者:うん、

加藤諦三:気力・・

相談者:は(わ)、ないんです、先生。

加藤諦三:ないんです、ねぇ・・

相談者:そんでねぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:お買いもんは、絶対行かないと、食べていかないといけないのでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:お買いもん行くときも、恥ずかしい話なんですけど、玄関、鍵閉めて、出てしまったら、もう普通に、お買いもんに行けるんです。

加藤諦三:はい、はい、はぁ・・

相談者:それまではねぇ、先生、もう、

加藤諦三:うん、

相談者:長いこと家におれば、今みんなどんな服着てはんねやろ?いや、これ、今着てる服で、行っても、カッコ悪くないのかなぁ・・とかねぇ、長いこと出てないのにもうどうしよう、出るの、怖いなぁ・・っていうのになってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:今でも先生、あのぅ、精神科には、かかってるんです。

加藤諦三:はい。

相談者:ほんでその先生にねぇ、

(呼び鈴?)

加藤諦三:はい。

相談者:仕事復帰したらぁ・・

加藤諦三:ええ、

相談者:また・・元通りになるからぁ・・

(ピンポーン)

加藤諦三:ええ、

相談者:家でゆっくりすんのが一番・・あんたにとってはいい・・って言われてるんですけどねぇ、先生ねぇ、

加藤諦三:はい、はい。

相談者:でも、自分としては・・何していいか、わからなくってねぇ、先生、エヘヘ・・

加藤諦三:そうですよねぇ、

相談者:はい・・はい。

加藤諦三:行かないでいると・・

相談者:はい。

加藤諦三:生きている意味みたいな、

相談者:そう!・・ええ、そうです、人間らしさがなくなった・・人に・・もう頼られてない・・どうしよう?このまま生きてくのに・・とか、

相談者:心がしんどいっていうか・・ほんでぇ、

加藤諦三:ん、

相談者:娘はいるんですけども、別に住んでましてねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:家に居るっていうたら、あのぅ・・犬と猫だけなんでねぇ(苦笑)、お話しても返って来ない状態でぇ、えへへへへ・・

加藤諦三:うん、でもねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:猫は・・あなたの心の、支えにはなってんじゃない?

相談者:はい、なってます、なってます。犬と猫は、なってます。

加藤諦三:はい。

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ、先ほど、あのぅ・・「心がしんどい」・・ということ言いましたけれども、

相談者:はい、はい。

加藤諦三:あなたは別にどこが悪いっていうんじゃなくてぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:自分の存在そのものが今、不具合なんですよね、

加藤諦三:「心も、しんどい」って言いましたが、心の中は、

相談者:はい。

加藤諦三:意識と無意識が、

相談者:はい。

加藤諦三:バランスが壊れている。

相談者:はい、はい、はい。

加藤諦三:全体で言うと、心と体のバランスが壊れている。

相談者:ああ・・

加藤諦三:だから、

・・

加藤諦三:どこが悪いっていうことじゃなくてぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:全体が悪いわけですからね、

相談者:はい。

加藤諦三:こういうの身体化症候群・・っていう、ソマタイザー(somatizar)
っていう、まぁ英語では言ってんですけどねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:なんか調子悪い。

相談者:はい、そうです、はい。

・・

加藤諦三:でぇそれを誰に言っても理解してもらえない。

相談者:うふふ・・はい、はい。

・・

加藤諦三:この、ホン・・トに、この難しい問題を、

相談者:はい。

加藤諦三:ぴたっと・・推測を・・当ててくれる、

・・

加藤諦三:先生が、

相談者:あっ!・・ありがとうございます。

加藤諦三:いらっしゃってますのでぇ、

相談者:はい、はい。

加藤諦三:話を伺ってみてください。

相談者:はい、お願いします。

加藤諦三:あのぅ、幼児教育研究の・・

相談者:ああ!

加藤諦三:大原敬子先生です。

相談者:ああ・・そうですか、よろしくお願いいたします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA