テレフォン人生相談
加藤諦三・坂井眞

加藤諦三・坂井眞
テレフォン人生相談 2021年3月26日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
42歳の息子が5年前パワハラに遭い適応障害が治らない。会社を辞める事になったがpワハラ上司への怒りがおさまらないというご相談です。

相談者は66歳女性、夫65歳、2人暮らし。子供2人、長女40歳、長男42歳(子供3人)

加藤諦三氏の〆の言葉『相手を理解する事が相手に対する怒りをしずめます。』

目次

スポンサーリンク

息子にパワハラをした上司が許せない

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:こんにちは・・よろしくお願いします。

加藤諦三:よろしくお願いします。最初に、年齢教えてください。

相談者:66歳、

加藤諦三:66歳、結婚してます?

相談者:はい。

加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者:65歳、

加藤諦三:65歳、お子さんは?

相談者:2人でぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:長男が42歳、

加藤諦三:はい。

相談者:長女が40歳、

加藤諦三:今・・ご主人と2人で暮らしてんですか?

相談者:あ、そうです。

加藤諦三:はい、わかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:それでどんな相談ですか?

相談者:息子のことなんですけど、

加藤諦三:この42歳の息子さんね?

相談者:はい。

加藤諦三:はい。

相談者:職場で、パワハラに遭ってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:仕事を辞めたい・・と、1ヶ月ぐらい前に電話があったんですね、

加藤諦三:はい。

相談者:んでぇ、1週間前ぐらいにちょっと帰省しましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:話を聞いたんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:5年ぐらい前に、パワハラに遭ってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:体調がおかしくなってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:心療内科でぇ・・適応障害って診断受けてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:2年間は、カウンセリングでぇ、治療してたんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:もうしんどくてしかたないっていうことで、3年前から・・投薬を、はじめたんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:なんかあんまり改善しなくってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:もう仕事を辞めるいうこと・・なんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:もう・・42歳なんでねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:仕事辞め・・ても、次の仕事がねぇ・・あるかどうかわからへんし、みたいなんでぇ、

加藤諦三:そうですねぇ、

加藤諦三:でぇ、この息子さん今、結婚してんですか?それとも、独身・・

相談者:あ、結婚してます。

加藤諦三:お孫さんはいるの?

相談者:はい、3人います。

加藤諦三:3人お孫さんいるの?

相談者:はい、はい・・・ああ、はい。

加藤諦三:パワハラに遭ったって具体的にはどの程度の・・

・・

相談者:人格否定とか、

加藤諦三:ええ、

相談者:その上司の方っていうのが、たびたび・・部下に対してパワハラをする人、みたいなんですねぇ、自殺した方もいらっしゃるって聞いたんでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:5年前に、ほかのとこから移動になってぇ、上司がその方で、それまでは順調に来てたんですけど、まぁその人にパワハラを受けてから、もうずっと、

加藤諦三:はい。

相談者:体調が悪くってぇ、どう・・

加藤諦三:それはわかるんですが、

相談者:はい、はい。

加藤諦三:そのパワハラの具体的内容は、ちょっとわからないですねぇ、

相談者:本人に聞いても、もう・・覚えてないし、なんの証拠もないからぁ・・みたいなことを言うんでぇ、まぁなんか思い出したくないみたいな、もう・・

加藤諦三:うん、はい。

相談者:死にたいとか言うんでぇ、

・・

加藤諦三:スゥ・・それで心療内科に行ってぇ、薬をいろいろ、病院に行ったときもらったけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:今はもうやめているということ、

相談者:いや、飲んでます。だからその、適応障害いうのが治るんかどうかいうのも心配ですし、

加藤諦三:5年前ということは、かなり長い間通ってるの?

相談者:そうですねぇ、

加藤諦三:家庭生活のほうは・・どうなんですか?

相談者:あまり何も言わないんでぇ、はっきりはわからないんですけどねぇ、

加藤諦三:う、うーん・・

・・

加藤諦三:そうすっと、

加藤諦三:相談としては非常にこう・・漠然、としてますよねぇ、このパワハラの場合も、

相談者:はい。

加藤諦三:2つ種類があってぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:1つはほんとにパワハラがあった場合と、

相談者:はい。

加藤諦三:パワハラの調査があってぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:実際にパワハラがないのに、パワハラだと言っている、人の性格特性みたいなものも、

相談者:ああ・・

加藤諦三:もう調査出てるんですけれども、

相談者:はあ、

加藤諦三:ご本人じゃないですから、

相談者:はい。

加藤諦三:パワハラの内容はわからない・・ですねぇ、

相談者:仕事以外のことはよくしゃべるんですけど、

加藤諦三:うん、

相談者:職場の環境とかそういうことはあんまり・・しゃべらないんでぇ、もう、小さい頃からそうなんですけど、

相談者:肝心なところ、あんまり言わないんでぇ、

加藤諦三:肝心なところは言わないっていうのは、

相談者:はい。

加藤諦三:今回の場合、は(わ)・・パワハラの内容についてはあまり・・

相談者:聞いても、もう、5年も前やから・・忘れたとか、

相談者:訴えたら・・とか言うても、なんの証拠もないし、

加藤諦三:(咳払い)うん、

相談者:ごまかすっていうか、もう自分が辞めたら済むこと・・や、みたいな、感じなんですねぇ、

加藤諦三:ええ

加藤諦三:それでカウンセリングを受けたっていうことは、

相談者:はい。

加藤諦三:心療内科とは別に個人でやってる・・カウンセリングの人のところに行って、カウンセリングを、

相談者:あぁ、そう、たぶん職場・・にそういうあれがあるんでぇ、施設があるんでぇ、そっちだと思うんですけどねぇ、

加藤諦三:あっ、職場・・

相談者:はい。

加藤諦三:にそういう箇所があってぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:うん、

相談者:そこでぇ、上司の方は、たびたびそういうことをする人やいうのも聞いたみたいでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:だから自殺者もいるし、鬱で休んでる人も、いるし、辞めた人もいるし、結構いるんですねぇ、その人が原因でみたいな、

加藤諦三:うん、

・・

加藤諦三:そこなんですよねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:その人が原因でぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:自殺をしたのか?

相談者:あ、ああ、ああ・・

加藤諦三:うん、原因がほかにあ・・ってぇ、

相談者:ああ・・あ、ああ・・そうですねぇ、

加藤諦三:ええ、

・・

加藤諦三:そうすっと現実にはその、会社を辞めたっていう部分の、

相談者:はい。

加藤諦三:ことについては、あんまり話をしていないということですねぇ、

相談者:まだぁ・・退職はしてないんですけど、一応・・パソコンの前に座っても・・5時間ぐらい手が、動かない・・から、仕事にならないんでぇ、ほかの方に迷惑を掛けているいうことでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:頑張ったけど、ほかの人に、

加藤諦三:うん、

相談者:迷惑がかかるんでぇ、

相談者:退職届を出して、受理された・・っていうことを聞いてるんですけどね、

加藤諦三:でぇ、今日のあなたの相談っていうのは、

相談者:はい。

加藤諦三:そうすっとどういうことですか?

相談者:わたしの中でその上司の方に対する苛立ちがすごくってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:もう、涙が止まらなくてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:どうしたらいいんか?・・自分が、鬱になりそうなぐらい、

加藤諦三:むしろ息子さんが、パワハラに遭ってぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:どうこうというよりも、

相談者:はい。

加藤諦三:あなたの気持ちが、

相談者:はぁ、はぁ、はああ・・

加藤諦三:この、パワハラをした・・上司に、対する怒りをどうやってぇ、おさ・・

相談者:あっ・・そう、おさめ・・

加藤諦三:おさめようかっていうことですねぇ、

相談者:はい、はい、すいません。

加藤諦三:ただあれですねぇ、あなたは何か・・この上司についてぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:確かな情報っていうのは・・ありますか?

相談者:ないです!・・何も知らないです。もう息子のその1週間前に聞いた話だけです。

加藤諦三:話だけですよねぇ、

相談者:はい、はい、はい。

加藤諦三:話を全部、そのまま・・真実だというふうに思ってるわけですよねぇ、

相談者:そうです。

加藤諦三:うーん、

・・

加藤諦三:わかりました。

加藤諦三:今日はあのぅ、スタジオに・・弁護士の坂井眞先生がいらしてんのでぇ、伺ってみたいと思います。

相談者:はい、よろしくお願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA