テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

加藤諦三・中川潤
テレフォン人生相談 2021年4月3日(土)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
職場の人間関係について、自分より長くその職場にいる人が多く、年齢も高いためか副主任である自分の指示が上手く伝わらない。「何を言ってるかわからない」とも言われてもやもやするし、人の輪に上手く入っていけない。

相談者は36歳女性(独身)、両親と暮らしている。職場の副主任

加藤諦三氏の〆の言葉『自己主張とは、自分を説明する事です。』

目次

スポンサーリンク

仕事の指示が伝わらない

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いします。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

・・

相談者:36歳です。

加藤諦三:36歳、結婚してます?

相談者:は(わ)、してないです。

加藤諦三:でぇ今は、お父さんとお母さんと一緒に暮らしてんの?

相談者:はい。

加藤諦三:はい、わかりました。でぇ、どんな相談ですか?

・・

相談者:っと、職場の人間関係についてちょっとご相談があるんですけれども、

加藤諦三:はい。

・・

相談者:あのぅ、今、職場でぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:まぁ、わたしが副主任という役職なんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:まぁ、周りがそのぅ・・今、そのぅ職場の、年数が長い人が多い・・っていうのもありますし、

加藤諦三:はい。

相談者:ま、年齢も高いっていうのもあってぇ、

加藤諦三:年齢が高いっていうのは、

相談者:なか・・

加藤諦三:周りの人の年齢が高いっていうことね?

相談者:そうです。

加藤諦三:はい。

・・

相談者:でぇ・・まぁその、自分のその仕事の流れというかぁ、

加藤諦三:うん、

相談者:そういった・・主張っていうのが、上手く伝えられないっていうもあっ・・てぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:自分の思いを?・・伝え、たいことがちょっと伝えられない性格なのでぇ・・あのぅ、

加藤諦三:あのぅ、自分の伝えたいことが伝えられない性格というのは、具体的に言うと、

・・

加藤諦三:言いたいことが言えないっていうこと?

・・

・・

相談者:そうですねぇ、でぇ、言ったとしても、あのぅ・・ちょっと・・「何言ってんのかわかんない」・・って言われたこともありますし、

加藤諦三:ええ、

相談者:そうするとなんか、えっ?なんで伝わんないのかなぁっていってぇ、ちょっと自分の中でモヤモヤ?・・しちゃうこととかもあってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:そうするとなんか、

・・

・・

相談者:もう黙っちゃうというかぁ、

加藤諦三:はい。

相談者:そういったのが、もう・・あってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、

相談者:人間関係っていうか、その人の輪に、うまく入れないっていうのもあってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:それでぇ、

相談者:まあ、そのぅ、自分が副主任っていうのもあるのでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:やっぱりそれじゃいけないなぁと思ってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:まぁ、話さないといけないなっていうのはあるんですけど、

相談者:やっぱりその周りの人が?・・なんか、

相談者:そういう、もう仕事の流れとかもわかってるのでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:まぁ、そういう自分が言わなくても?・・あの、まあ、周りの人がもう、わかってることだし、

加藤諦三:うん、

・・

相談者:そういった役職とか関係ないのかなぁとか思いながらも、

・・

相談者:やっぱり意識しながら?仕事はしてるんですけど、

加藤諦三:うん?周りの人がわかっている・・とすれば、

・・

加藤諦三:わざわざ言う必要もないわけですねぇ、

相談者:そうですねぇ、一応まぁ、

相談者:1日の仕事の流れっていうのがわか・・ってる・・のでぇ、

・・

相談者:まぁ、それに準じてやってるとは思うんですけど、

加藤諦三:うん、

・・

・・

相談者:自分も、

・・

相談者:個人的な仕事をしていてぇ、

相談者:でぇ例えばこう、頼みたいなと思ってぇ、まぁ頼んだとしても、

加藤諦三:うん、

相談者:それを、そのぅ、

・・

相談者:まぁ要は自分の・・

・・

相談者:持ち回りのところまで?・・持って来てくれない・・・っていう、

相談者:のを、なんかうまく伝えられないとか、

加藤諦三:それ、何か頼みたいことがある、

加藤諦三:物凄い単純なこと・・で言えば、

相談者:はい。

加藤諦三:その、ペットボトル、ちょっと貸して・・っていう、ことでもいいんですけど・・頼みたい、わたしの頼みたいことを、聞いてくれないっていうのは、

相談者:はい。

加藤諦三:こう、具体的に言うと、どういう物を、持って来てくれと、言いたいときに、何が言えないんですか?

・・

・・

・・

相談者:あのぅ・・まぁ自分も、違う仕事があってぇ・・どうしてもその人に頼まないといけないことがあってぇ、

相談者:でぇ、頼んだとしても、

・・

・・

相談者:そこでぇ、その商品が止まってしまうのでぇ・・あの、自分がわざわざ取りに行かないといけないんですね、

・・

・・

・・

相談者:そういうのは、

加藤諦三:あのね、

加藤諦三:今、い・・あの、ちょっと、いいですか、聞いてぇ、

相談者:はい。

・・

・・

加藤諦三:あなたは、

加藤諦三:わかってぇ・・くれないと言ってますけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:人の話を聞いていない・・っていうのでは、ないんですか?例えば僕はねぇ、

加藤諦三:ここに持って来てくれということを頼んでも・・それがどうしてもわかってもらえないというのを・・具体的には何が?・・っていうふうに聞いたんですけれども、その僕の質問にあなたは今、まったく答えないですよねぇ、

・・

・・

・・

加藤諦三:仕事してぇ、あなたは副主任でぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:仕事を、周りの人に・・こうしなさい、ああしなさいと言っても、

加藤諦三:周りの人は、あなたの言う通りに動いてくれないということですか?

・・

・・

相談者:うん、わたしよりも・・もっとその職場の?

相談者:仕事の流れ・・

・・

加藤諦三:が、把握してる人がいるのでぇ、

相談者:その人メインで動いているというか、

・・

加藤諦三:じゃあ、あなたの言ってる言葉が、でそのまま言いますと、主張がうまく伝えられないというときの、具体的に、例えば、こんなことを主張したいんだけれども、主張したんだけれども、それが伝わらなかった。

加藤諦三:そしてモヤモヤしちゃった。黙ってしまう・・っていうと・・どういう、ことなのか、がぁ、

・・

・・

加藤諦三:仕事の流れ・・って言われてしまうと、

・・

加藤諦三:よくわからないわけですよ、

・・

・・

相談者:ああ、はい・・スゥゥ・・

・・

加藤諦三:だからあなたのこの、あのぅ、話の中には・・抽象的なことが非常に多いんですよねぇ、

相談者:はい。

・・

・・

・・

加藤諦三:質問変えます。あなた、

加藤諦三:小さい頃から、

相談者:はい。

加藤諦三:自己主張っていうことを・・あまりして来なかった?

・・

相談者:して来なかったですねぇ、

加藤諦三:だから、逆に言うと、自己主張をしなさい、

加藤諦三:ってぇ、僕が今、ここで言う・・っても、

・・

加藤諦三:あなたは自己主張っていうのがどういうことだか、よくわからないんじゃないですか?

相談者:あ、そうだと思います・・はい。

・・

加藤諦三:そうですよねぇ、

相談者:はぁい。

・・

・・

加藤諦三:ですからぁ、

・・

・・

・・

加藤諦三:あなたは・・自発的に、

加藤諦三:行動の範囲を広げるっていうことはなかったですよね、

相談者:うーん・・なかったですねぇ、

加藤諦三:むしろ自分の世界に閉じこもった。

・・

相談者:はい。

加藤諦三:そうですねぇ?

相談者:うーん、はい。

加藤諦三:そうすっと、自分の世界に閉じこもると、

・・

・・

加藤諦三:今の、最初の僕との話のようなことが起きて来ませんか?

・・

・・

加藤諦三:相手の世界に興味と関心がないわけだから、

相談者:ああ、ああ・・

加藤諦三:相手が何を聞いているのかっていうことじゃなくてぇ、

加藤諦三:自分の領域を守るということしか考えないですよ、

相談者:ふぅーん・・はい。

加藤諦三:だからずっと僕との話も、最初っから・・副主任であってぇ、

加藤諦三:仕事の流れは他の人も知ってるんだという・・自分の世界から、一歩も踏み出していないということを、を、気がつきま・・しゅか?気がつきませんか?

・・

・・

相談者:要はその仕事の流れ・・を、まあ自分から把握しに行くっていうことですか?

・・

・・

・・

加藤諦三:要するに自分の世界を広げるということ、

相談者:ふぅーん・・

・・

・・

相談者:はい。

加藤諦三:今日はですねぇ、

加藤諦三:スタジオに、

加藤諦三:弁護士ですけれども、法律の、問題はもちろん・・専門家中の専門家ですけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:コミュニケーションの、大変優れた、

加藤諦三:弁護士の、中川潤先生がいらしてんのでぇ、伺ってみてください。

相談者:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 加藤先生も指摘してたけど、この相談者の話は何を言ってるのかよくわからない。
    加藤先生が具体的なケースの提示を求めたのに、その説明は無くてトンチンカンな答えしか返ってこない。
    職場でもこんな話し方をしてるんなら、部下の人たちはこの相談者を蚊帳の外に置いておいて、自分たちだけでどんどん仕事を進めて行ってしまうでしょうね。
    部下から見れば無能な上司ってことでしょう。
    そのことを見抜いた中川先生は「まずは謙虚に部下から仕事を教わって実力をつけなさい」とアドバイスしたってことですね。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA