テレフォン人生相談
今井通子・三石由起子

今井通子・三石由起子
テレフォン人生相談 2021年4月6日(火)
パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
36歳女性から、先週、夫の携帯を見て浮気相手からのメールを発見、携帯を見て浮気を発見したのは10年ぶり二度目になるが離婚すべきか?というご相談です。

相談者は36歳女性、夫44歳、恋愛結婚で14年、子供一人、長男9歳

目次

スポンサーリンク

夫の携帯から二度目の浮気発覚

今井通子:もしもし・・

相談者:もしもし・・

今井通子:テレフォン人生相談でぇーす。

相談者:はい・・

今井通子:はい。

相談者:よろしくお願い致しまぁーす。

今井通子:今日はどういったご相談ですか?

・・

相談者:夫婦・・・の関係の話なんですけれども、

今井通子:はい。

相談者:先週・・浮気を見つけてしまいましてぇ、

今井通子:あらぁ、

相談者:うーん、どうしようかなぁ・・っていう(震える声)、

・・

今井通子:はい。

相談者:感じなんですけれど、

今井通子:あなたおいくつですか?

相談者:え・・ 36歳です。

・・

今井通子:ご主人は?

相談者:え、 44歳です。

今井通子:お子さんいらっしゃいます?

相談者:はい・・おります、えっと、9歳の・・男の子です。

今井通子:お一人?

相談者:はい・・ 1人です。

・・

今井通子:ご結婚何年目?

・・

相談者:えっと・・ 14年になります。

・・

今井通子:そもそもは、

相談者:はい。

今井通子:恋愛結婚?

相談者:はい、そうです。

今井通子:あのぅ・・

今井通子:ご結婚された当初から、

相談者:はい。

今井通子:あまりお話はされなかったの?

相談者:ああ、いいえ、そんなことはなくてですねぇ、うーん・・ちょっと会話がなくなったかなぁ・・っていうのは、子供が、生まれて、

相談者:幼稚園入る前、ぐらいから・・そうですねぇ、ズッ、はい、必要・・最低限のことしか、話はしなくなったかなぁ・・と、思います。

今井通子:なるほど。

相談者:はい。

今井通子:でぇ・・

相談者:はい。

今井通子:今回の件なんですがぁ、

相談者:はい。

・・

今井通子:発見したのはいつ?

相談者:そうですね、 1週間前、になります。

今井通子:どんな・・感じだった?

相談者:携帯を、わたしが、

相談者:見てしま・・ってぇ、

相談者:スゥ・・そしたら、そこに、

・・

相談者:避妊具を、

相談者:次の日に、

今井通子:うん、

相談者:あの、落ちて、たのを、

今井通子:うん、

相談者:見つけ・・たのを、捨てておいたからね・・っていうような感じの・・ことを相手の方が、書いていてぇ、

今井通子:はい。

相談者:でぇ・・それに対して、誰にもバレてなかったかなぁ・・っていう感じの心配を、主人が・・していてぇ、

相談者:うーん・・

今井通子:んっ?そうするとその場所はどういうところなの?

相談者:たぶん車だと思うんです(苦笑)。

今井通子:あ、ああ・・

相談者:車・・の、車を、消臭しようと思って、

今井通子:うん、

相談者:次の日、の朝に、行ってみたら、車の外に、落ちてた、ままだったよ・・っていう、ことを書いてありました。

今井通子:それは彼女の方が書いたのね?

相談者:はい、そうです。

今井通子:っていうことはその・・車の持ち主が彼女なの?

相談者:だと思います、はい。

今井通子:ああ・・なるほど、

相談者:主人の、では無い、車種を書いてあったので、

・・

相談者:また、二日後ぐらいに、

今井通子:はい。

相談者:携帯、を見てしまったらぁ、

今井通子:はい。

相談者:あのぅ・・エッチな写真送ってっていうことを旦那が(苦笑)、言う・・送っていてぇ・・でぇ・・相手の方も・・

相談者:そっちが先に送ってよっていう感じの(苦笑)なんかちょっとこう、会話、だったりしてぇ、もうなんかそれを見たときに・・

・・

相談者:思いました。

今井通子:ふぅーん、なるほど。

相談者:うーん・・

・・

今井通子:でぇ・・あなた自身としては?

相談者:はい。

今井通子:どうしようと思ってます?

・・

相談者:まぁ、以前から、会話もなかったり、

今井通子:うん、

相談者:もう・・食事も・・摂らないんですよ、帰ってきてぇ・・お風呂入ってぇ、

・・

相談者:あがったらもう、自分の部屋に・・行ってぇ、籠ってしまうのでぇ、

・・

相談者:なんかこれって、

相談者:こう、一緒に生活してる意味あるのかなぁ・・って、ずーっと、

今井通子:うーん・・

相談者:うん、

相談者:思ってぇ(涙声)、

今井通子:うん、いらしたわけねぇ、

相談者:でぇ・・はい。

・・

今井通子:お子さまのことについては、どういうふうに考えてらっしゃるの?

・・

相談者:み・・っつけた後に、もうお母さんと一緒に、

相談者:引っ越そうか・・って、

相談者:言ったらぁ、

相談者:家族(泣)・・

・・

相談者:3人一緒がいいなぁ・・って(泣)、

・・

相談者:**

今井通子:これはなに?

今井通子:え・・お子さんに、

今井通子:お父さん、こうなんでっていうような、

相談者:あっ、

今井通子:理由は言ったの?

相談者:そこまで、言わ、言えなかったです。

今井通子:うん、

相談者:じゃあ、どういう、理由で?

・・

・・

相談者:うーん・・子供も、まぁ、こんな感じっていうのを(涙声)、

・・

相談者:知ってるっていうか、感じてると思うのでぇ(泣)、

相談者:ズッ・・

相談者:そのぅ、

相談者:**に暮そう、

相談者:かなぁ・・って、

・・

相談者:言ってしまいました。

・・

相談者:うん・・はい。

今井通子:でぇ・なんで突然、ここへきてぇ、

・・

今井通子:携帯見る気になったわけ?

相談者:ああちょっと・・

相談者:チャンスがあったんですよねぇ(涙声)、子供に・・主人の携帯、

相談者:でぇ、

今井通子:うん、

相談者:インストールした、こうアプリのゲームを・・させ・・貸してる間に、

今井通子:ええ、

相談者:隙ができた・・というか、

相談者:そのまんま・・主人が、寝ちゃってぇ、

・・

相談者:あれ、もしかして、

今井通子:ああ、それまでは・・その、

相談者:はい。

今井通子:ご主人の携帯を見るチャンスがなかったってこと?

相談者:そうですね、あっ・・っと、その、前日に、飲み会が、あったばっかりだったのでぇ、

今井通子:うん、

相談者:もしかしたら、

・・

・・

相談者:と思ってぇ、

今井通子:うん、

相談者:見て、しましました。

相談者:ズッ・・

今井通子:でぇ・・ご主人は、

相談者:はい。

今井通子:今までは、

相談者:はい。

今井通子:浮気、とかなさったことないんですか?

相談者:うん、一度、あります。

今井通子:あっ、前にもあるのね?

相談者:はい、

今井通子:はい。

相談者:あります・・はい。

今井通子:これは、い、いつ頃?

相談者:10・・年・・ぐらい前・・ですねぇ、はい。

今井通子:はい。

・・

相談者:携帯を、またわたしが・・見て、

今井通子:はい。

相談者:見つけました。

・・

今井通子:携帯を見て、見つけた?

相談者:はい。

相談者:えっと・・

今井通子:もう、相手の方は、どんな方か、わかってるわけ?

・・

・・

相談者:えっと、じ、もと(地元)の先輩だ・・って言ってました。

今井通子:その、地元の先輩と、浮気してたと?

相談者:はい、そうです。

今井通子:でぇ、その時の解決法はどうしたの?

相談者:「もうしません」・・っていう感じでぇ、「間違ってた」っていうふうに・・謝って・・

相談者:うん、もうおわ・・・ってる(終わってる)って、

・・

相談者:言われたので信じました。

今井通子:うーん・・

・・

・・

今井通子:さてぇ、そこでぇ、

相談者:はい。

今井通子:あなた自身としては、

相談者:はい。

今井通子:今日、何をご相談なさりたい?

相談者:ふぅ・・すぅ・・そうですねぇ・・

・・

相談者:仲良かった頃に(涙声)、

相談者:戻りたい(泣)、

・・

相談者:気持ちも、

・・

相談者:あるんですけど(涙声)、

今井通子:はい。

相談者:新しくスタートするのも、いいのかなぁ・・っと思ってぇ、

相談者:どうし・・うーん、すいません、どうしようかなぁ・・っていう、

・・

今井通子:どうしようかなぁ・・というのがご相談?

相談者:はい。

今井通子:あなたとしては、

相談者:はい。

今井通子:え・・・ご主人と別れても、

相談者:はい。

今井通子:自立していける、力はあるということね?

今井通子:生活力は、

・・

相談者:うーーん・・自信はないですけど、がん・・ばらないといけないとは、思ってます。

今井通子:なるほど。

相談者:はい。

今井通子:今日はですねぇ、

相談者:はい。

今井通子:三石メソード主宰で、

相談者:はい。

今井通子:作家で翻訳家の、三石由起子先生がいらしてますのでぇ、

相談者:はい。

今井通子:伺ってみたいと思いまぁーす。

相談者:はい。

今井通子:先生、

相談者:よろしく・・

今井通子:よろしくお願い致します。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 自活してゆける経済力がなければ、離婚後の生活が成り立たない。
    生半可な覚悟じゃあ、離婚なんかできない。
    三石先生の言葉「あなたは愚痴を言ってるだけ。あなたには離婚する意思も能力もない」 ← 残酷だけれど、現実を明確に提示している

    離婚を決意し、具体的な準備行動に移るのでないのなら、気の毒だけれど泣き寝入りするしかないね。
    旦那を給料配達員と割り切って、したたかに生きて行くことになるのかなああ。
    旦那の一方的な勝ちのように見えるけど、旦那だってけっして幸せじゃあない。
    双方とも敗者ってところかな。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA