テレフォン人生相談
加藤諦三・田中ウルヴェ京

加藤諦三・田中ウルヴェ京
テレフォン人生相談 2021年4月9日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
57歳女性から、3年前、夫の携帯を見て不倫が分かり平気で嘘をつく人だと思うようになりました。緑内障も悪化し不倫が原因だと思うと眠れませんというご相談です。

相談者は57歳女性(緑内障)、夫58歳、結婚して33年、2人暮らし、結婚し独立した子供2人(長男31歳・次男27歳)

加藤諦三氏の〆の言葉『苦しみは救済と解放に繋がる。』

目次

スポンサーリンク

夫の不倫が原因で緑内障が悪化

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし?

加藤諦三:はいテレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いいたします。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者: 57歳です。

加藤諦三: 57歳、結婚してます?

相談者:はい、主人は58歳です。

加藤諦三: 58歳、お子さんは?

相談者:31歳と、27歳の息子がいますが、

加藤諦三:はい。

相談者:どちらも結婚して、独立しております。

加藤諦三:っと今、お二人で暮らしてるわけですね、はい、

相談者:はいそうですね。

加藤諦三:わかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:それでどんな、

加藤諦三:相談ですか?

相談者:はい・・3年ほど前に、

加藤諦三:はい。

相談者:土日・・ちょっと仕事が忙しいので、仕事に出かけるっていうことで、

加藤諦三:はい。

相談者:主人が出て行ったんですけれども、

加藤諦三:はい。

相談者:携帯を忘れて行きまして、

加藤諦三:はい。

相談者:出かけてから、15分ぐらい経ってから、メールが鳴りましたので、

加藤諦三:はい。

相談者:主人、からか、それとも職場からの緊急連絡だといけないと、思ってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:メールでましたところ、

加藤諦三:はい。

相談者:部下の女性からのメールで、

加藤諦三:はい。

相談者:「今日今から会えますよね」

加藤諦三:はい。

相談者:「嬉しい」

相談者:「明日も会えますよね」・・っていうようなメールの、内容だったもんですから、

加藤諦三:はい。

相談者:主人が帰りましてから、

加藤諦三:はい。

相談者:「これは不倫じゃないのか?」っていうふうに、問い詰めたところ、

加藤諦三:はい。

相談者:「そうだ」っていうことで、

加藤諦三:あっ、

相談者:はい。

加藤諦三:認めたわけですねぇ?

相談者:認めました。

相談者:でぇ、すごくそれまで、わたしから言うのもなんですけれども、主人はすごく人格者でぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:同居している・・親にも、ものすごく優しくて、子供にすごく優しくてっていうのでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:もう、すごく尊敬して、信頼しきっていたものですから、

加藤諦三:はい。

相談者:その後、誠実にわたくしに接してくれるんですけれども、

加藤諦三:はい。

相談者:信用できなくなってしまいましてぇ、

加藤諦三:はい・・はい。

相談者:でぇわたくし、結婚してから33年ほど経つんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:家計簿 、兼日記とかをつけていますのでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:スゥ、ちょっとこう・・見返したところ、

加藤諦三:はい。

相談者:デートしに、

加藤諦三:はい。

相談者:行くための、嘘・・っていうのが、

加藤諦三:はい。

相談者:あっ、これも嘘だったんだ、あれも嘘だったんだっていうのが、

加藤諦三:はい。

相談者:推測されるようになってしまって、

加藤諦三:はい。

相談者:スゥ・・あれ?いっぱい平気で嘘をつく人だったのかな・・っていうふうに、おも・・ってしまったんですよね、

加藤諦三:はいはいはい。

相談者:でぇ、そうして、しまいますと、

加藤諦三:はい。

相談者:主人が、37の時に、

加藤諦三:はい。

相談者:仕事でぇ・・女子大生の方と、知り合うことがありましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:その時に、女子大生の方から頼まれて、

加藤諦三:うん、

相談者:ポケベルを、持ったりとか、

加藤諦三:うん、

相談者:女子大生の方から、いただいて、ラブレターとかを、

加藤諦三:うん、

相談者:主人がうっかりと、背広のポケットの中に、1通入れていったのを見てしまってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:その時は、読んだのに、スゥ、勝手に、その女の子が主人に思いを寄せていて、

加藤諦三:うん、

相談者:「ポケベル持ってくれ」とか、

加藤諦三:うん、

相談者:食事・・を、一緒に行って欲しいとかっていう、

加藤諦三:うん、

相談者:程度でぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:そんな深い関係じゃないな・・っていうふうに自分で勝手に思い込んで、

加藤諦三:はい。

相談者:追及はしなかったんですよ。

加藤諦三:はいはい。

相談者:でも、今、几帳面でそういうの取ってあってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:もう一度読み返すと、これはやっぱり、普通の関係じゃないな・・っていうのが、手紙の内容から、

加藤諦三:うん、

相談者:今やっとわかる?

加藤諦三:うん、うん?

相談者:でぇ、よく考えてみたら、もしかしたらずーっとこの人ってわたしが、考えていた人とは違うのかな・・っていうふうに、

加藤諦三:うん、

相談者:思うようになってきて、

加藤諦三:うん、

相談者:でぇ、結婚するときも、

相談者:どうけい(?)がなければ、結婚は、わたしとはしない・・って、いうのとか、ホントに親を大事にする人ですので、わたしがかなり・・

相談者:親、とか、主人の、父の、姉も、ほとんど毎日のように来ててぇ、

相談者:嫁入りって言うんですね、

加藤諦三:うん、

相談者:ずーーっとそれがぁ・・30年間、続いて・・いたんですよ、

加藤諦三:うん、

相談者:ですのでこう・・

・・

相談者:あれ?・・わたしってぇ・・あまり・・愛されてなかったのかな?・・ってふうに、考えるようになってしまってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ主人が、42の時から、セックスレスなんですね、

加藤諦三:はい。

相談者:その頃、上の子が、中学生だったものですから、

加藤諦三:はい。

相談者:家で、セックスするのは子供の手前、やりにくいのかな?と思ってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:二人で旅行に行けば・・旅行先でぇ、セックスがあるのかなぁ・・っていうふうに、

加藤諦三:はい。

相談者:期待して、二人で何回か、行ったんですけれども、

加藤諦三:うん、

相談者:まったく、やっぱり・・旅行先では、なかったので、

加藤諦三:うん、

相談者:もう・・女としては見て、もらってないんだなぁ・・って、ふうにずーっと、思っていたんです。

加藤諦三:あはい。

相談者:でぇ、3年前の不倫があったのでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:ほん・・・っとの、わたしの気持ちを話そうと思ってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:わたしでも、やっぱり、性欲があるので・・っていうことを、主人に言いましたら、

加藤諦三:はい。

相談者:3年の間に、

相談者:3回だけ、セックスがあったんです。

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、半年ほど前の時に、

加藤諦三:はい。

相談者:またぁ・・あの時も、嘘ついて、デートだったんだなぁ・・っていうのが、わか・・ったときに、

加藤諦三:ええ、

相談者:ちょっと言い争いになってしまいましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:その時に、主人が、わたしを、抱いたのは、責任、感から、仕方なく抱いた・・っていうふうに、言われたんです。

加藤諦三:はい。

相談者:わたしとしては、スゥ、ええっ?

・・

相談者:責任感で仕方なく、抱かれたのか、と思ったら、

加藤諦三:うん、

相談者:ものすごく、ショックでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:もう・・それを聞いて以来、

相談者:ほん・・っとに眠れなくなってしまってぇ、

加藤諦三:はいはい、眠れなくなったでしょうねぇ、はい。

相談者:はぁい、でぇ・・言い忘れましたがその、30代の頃から緑内障でぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:かなり進行していましてぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:でも不倫が、わかる3年前までは、数値がずーっと安定してぇ、やっと・・薬の効き目が出て良かったなと、思って、いましたら、

加藤諦三:はい。

相談者:不倫、が、わかって、次の月に、初めて病院に行ったらぁ、

加藤諦三:うん、

相談者:今までないような悪い数値が出てぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:緑内障って、こう、神経的なことも、病気に、ちょっと関わってくるっていうのを、聴くものですから、

加藤諦三:ええ、

相談者:視野が欠けたのは、この、主人の、せいっていうのも、

加藤諦三:うん、

相談者:一つにはあるし、

加藤諦三:はい。

相談者:寝れなくてぇ、

加藤諦三:うん、それでぇ・・ご主人・・ん、との会話は?

相談者:あっ、それはですねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:わたしに対して、もう主人としては、最大限の・・思いやりとか、

・・

相談者:努力を・・わたしに対して、してはくれているんですがぁ、

相談者:今からの、俺を見てくれ・・って、主人には言われるんです、もう、昔のことは、スゥ・・忘れて、今からの自分を見ていて欲しい、今から努力をして、わたし第一に考えていくからって・・はい。

加藤諦三:そいでぇ、夫が人格者だという・・の、今もまだ、そう思ってる・・

相談者:はい、人格者、ですね、

・・

相談者:うーん・・

加藤諦三:わかりました。

相談者:はぁい。

加藤諦三:あなたの今日の相談・・というのは、

相談者:はい。

加藤諦三:どういう、ことですか?

相談者:わたしがこういつまででも・・くよくよしているの、それを・・なんとかしてぇ・・直したい?

・・

加藤諦三:まあそれは、これからずーっと、くよくよしていきます。

相談者:はい。

加藤諦三:今の、

相談者:はい。

加藤諦三:心の姿勢ならねぇ、

相談者:はぁい。

相談者:**

加藤諦三:だからぁ、それをどうすれば、いいのかなぁ・・っというのが、今日の相談ですねぇ、

相談者:はいそうです。

加藤諦三:はい、今日はあのぅ、シンクロの、銅メダリストで、メンタルトレーナーの、田中、ウルヴェ、京先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA