テレフォン人生相談
柴田理恵・坂井眞

柴田理恵・坂井眞
テレフォン人生相談 2021年4月21日(水)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:坂井眞(弁護士)
特集企画『~国際結婚・不倫・金銭トラブル・出会い系~グローバル社会の危ない関係』70歳男性から、15年前に中国人の留学生と親密な関係になって、中國の不動産資金として総額1億円貸したのだが時効だと言って返してくれないという相談

相談者は70歳男性、中国人留学生だったシングルマザー50歳くらい(娘あり)

目次

スポンサーリンク

中国人留学生に貸した総額1億円

柴田理恵:もしもし、テレフォン人生相談です。

柴田理恵:今日はどんなご相談ですか?

相談者:外国人とのトラブルなんですけどね。

柴田理恵:はぁい?

相談者:日本で、留学中の、外国人と知り合って、

柴田理恵:うん、

相談者:自分の国に、今だったら、い、あの、不動産安いから、家を買いたいからっちゅうんで・・お金貸したんですよね、自分の家を、取得して、あの国へ帰ってね、そいで招待してくれたんで、15年ほど前なんですけどね、

柴田理恵:その、い、行かれたのはね?

相談者:うん、

柴田理恵:はい。

相談者:それでぇ・・そのついでに、そのぅ、頃、の、都心でもって、事務所、が、売りだしてるからっちゅうんで、それ見に行って、外国人には、売ること出来ないようなこと、

相談者:は、話だったんでねぇ、じゃあ、あなたが、その名前で、買えばいいっちゅうんで、その人の名前でもって、買うことになったんですよね、

相談者:そのぅ・・間にあの、店舗の・・割といいのが出たから・・ってんで、わたしの名義に、すればよかったんだけれども、半分、その相手の・・名前も、入れてやることにしたんですよね、

相談者:だから・・

柴田理恵:事務所は、

相談者:僕・・

柴田理恵:あなたの名前では売れないから、留学生の名前で買ったんですよね?

相談者:うん、

柴田理恵:でぇ、店舗のほうは・・日本人にも買えたわけですか?

相談者:はいそうです。

相談者:全部、わたしがお金出したんですけれどもね、

柴田理恵:はい。

相談者:して、そぉ・・れらの不動産に・・見合っただけの、借用書を、書かせ、て、それはあるんですけどもね、

柴田理恵:はい。

相談者:担保を・・

相談者:不動産に設定しておけばよかったんだけれども、

柴田理恵:うん、

相談者:完全に相手を、信用・・しきってたから、

柴田理恵:うん、

相談者:その担保設定・・し忘れましてね、そうしてその後、相手・・が、あの、進学校行ったりして、女性なんだけどね、

相談者:その相手は、その進学校でもって、おなし学校の、同僚っちゅうか、

相談者:出会って、結婚したんですね、

柴田理恵:うん、

相談者:シングルマザーだったんですけど、それまではね、

相談者:それがぁ・・ほぼ15年ぐらい前の話なんですけどね、

柴田理恵:はい。

相談者:まあ、店舗の分は、わたし半分の・・

相談者:名義が登記されてるから、

相談者:その分は家賃は・・送って・・くるんですけどね、わたしの方へ、

柴田理恵:はい。

相談者:でもそれ、それもねぇ、送ってきたり、送ってこなかったり、その明細は一切、つけないし、それで、今になってねぇ、こういう借用書は・・

相談者:無効だから、してぇ・・不動産も、

相談者:もう、自分の名義に、登記されてるからね、

・・

相談者:一切、返す必要がないみたいな事、言い出しちゃったんですよね、後で返します、返しますって言ってて、それ、それがダラダラ、ダラダラきちゃってぇ、

柴田理恵:あの・・・それ、借用書があるのは、店舗も、事務所も、あるんですか?両方とも?

相談者:ええ、全てあります。

柴田理恵:全部で、いくらぐらいあるんですか?・

相談者:してぇ、そのほか・・娘は、お、アメリカに留学させたいからとか、事業を始めたいから、

相談者:一千万貸して欲しいとか、

相談者:全部でもってぇ、

・・

相談者:総額一億ぐらいになるんですけどね、

柴田理恵:あなた今、おいくつですか?

相談者:今70歳なんですけどね、

柴田理恵:70歳・・でぇ、向こうの女性はおいくつですか?

相談者:ん、50ぐらいだと思います。

柴田理恵:その借用書っていうのはちゃんと、法的に、通用する物なんでしょ?

相談者:本人が自筆で書いてぇ、

相談者:日にちと、安い金利・・利で貸してるんですよねぇ、い、1%とか、2%とか、そう・・でぇ、一応期限を、切ったんだけど、返せそうにないのでねぇ、それでぇ、え、期限後は、あのぅ・・金利5%に・・するってぇ・・追加して書かせたんですけれどもねぇ、

相談者:それともう1点はねぇ、

柴田理恵:はい。

相談者:そのぅ不動産、

相談者:たぶん・・3倍から5倍ぐらいに、あの15年、ん、間でもってぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:値段、上がってると思うんですねぇ、

柴田理恵:はい。

相談者:でぇ、現在、

・・

相談者:登記、簿上は、彼女の名前になってたり、するけれども、

柴田理恵:うん、

相談者:実質的な真の名義人はわたしのはずなんですよねぇ、せ、せ、すべて支払ったのはわたしだから、

相談者:真の名義人に・・登記を・・し直してほしい、というのが1点ねぇ、

・・

相談者:そのぅ、2点なんですけどねぇ、

柴田理恵:女性との、あなたの・・まぁ関係というか、間柄というか・・は、

相談者:日本に、居る、間は親密に、交際してたんですけどねぇ、あのぅ、生活費やなんかも、援助したりなんかしてやってぇ、うん、

柴田理恵:お子さんは?・・あなたのお子さんではないですか?

相談者:あ、ああ、違います。

柴田理恵:違います?

相談者:うん・・うん、

柴田理恵:最初っからシングルマザーだった女性なんですねぇ?

相談者:もともとシングル、ん、ん、マザーだったのは・・

柴田理恵:ちょっと先生に聞いてみましょう。今日の回答者の先生は、弁護士の坂井眞先生です。

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA