テレフォン人生相談
加藤諦三・田中ウルヴェ京

加藤諦三・田中ウルヴェ京
テレフォン人生相談 2021年4月22日(木)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
特集企画『~国際結婚・不倫・金銭トラブル・出会い系~グローバル社会の危ない関係』36歳女性から、親から外国人の夫との結婚に猛反対された。妊娠したが子供が生まれたら話すべきか?というご相談です。

相談者は36歳女性(歯科医)、夫32歳(外国人)、4年前に結婚し間もなく臨月、両親(開業医・年齢不明)、7年前に急死した妹(跡継ぎ予定だった)

加藤諦三氏の〆の言葉『自分自身になる事、親の期待に沿った人間になる事は義務ではありません。』

目次

スポンサーリンク

外国人の夫との結婚を猛反対された

加藤諦三:もしもし?

相談者:はい、もしもし

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:はい、よろしくお願いします。

加藤諦三:はい・・最初に、年齢を教えてください。

相談者:36歳です。

加藤諦三:36歳、結婚してます?

相談者:はい。

加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者:32歳です。

加藤諦三:32歳?

相談者:はい。

加藤諦三:お子さんは?

相談者:今、妊娠中です。

加藤諦三:あっ、そうですか、すっと、

相談者:はい。

加藤諦三:今・・お2人で暮らしてんですねぇ?

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:はい、わかりました、そいでどんな・・ご相談ですか?

相談者:もうすぐ臨月に入ろうとしてるんですけども、

加藤諦三:うんはい。

相談者:わたしの両親には、

加藤諦三:はい。

相談者:妊娠してることは言ってなくてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:出産後に伝える・・べきかどうか?伝えたほうがいい場合は、いつ頃、伝える・・のがいいのかを、ちょっと相談したい・・

加藤諦三:はい。

相談者:なぁと思いましてぇ、

加藤諦三:その、ご両親に言えないっていう理由はなんですか?

相談者:7年前に、

加藤諦三:はい。

相談者:妹を、急病で亡くしてからぁ、

加藤諦三:はい。

相談者:不仲に・・なったんですね、

加藤諦三:不仲っていうのは、あなたのご両親とが不仲になったということです・・

相談者:はい、はい・・はい。

加藤諦三:結婚したのは何年前ですか?

相談者:4年前です。

加藤諦三:4年ま、ああそうか、そうすると・・関係が悪くなってから結婚したわけねぇ、

相談者:結婚自体も反対され、てぇ、

加藤諦三:あ、結婚自体もはれ、はい。

相談者:理解が得られなかったのでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:主人が外国人でぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:相応しくないっていうことでぇ・・反対されましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:結婚するんだったら・・日本人との子供を体外、受精でぇ・・産んでぇ、わたしの両親が・・「跡取りとして育てるから・・」

加藤諦三:うん、

相談者:「産んだら、許す」って言われたんですねぇ、

加藤諦三:あ、ああ・・

・・

加藤諦三:どういう・・ご事情かわからないですけど、あなたのご両親というのは・・かなり、そこら辺は・・いわゆる、人種差別という、そういう、色合いの、強い方なんですか?

相談者:以前はそういう・・感じではなかったです。

加藤諦三:ああ・・

相談者:もともと、妹の、のほうが父の仕事を継ぎたいっていうことでぇ、

加藤諦三:あっ・・自営業なんですか?

相談者:自営業というか、医者をやってましてぇ、

加藤諦三:開業医なわけですね?

相談者:はい。

加藤諦三:そして、あなたのほうはお医者さんではない。

相談者:はい。

加藤諦三:それでぇ、妹のほう・・が、跡取りということになっていたということですか、

相談者:はい、はい、はい、そうです。

加藤諦三:でぇ、あなたはそういう中でぇ・・結婚までの、プロセスっていうのはそういうのはどういう・・ことだったんですか?

加藤諦三:す・・

相談者:妹が亡くなってからぁ、

加藤諦三:はい。

相談者:もうわたししかいないから、

加藤諦三:ええ、

相談者:跡継ぎは・・わたしはもうすでに、歯科医師になってたんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:「もう1回、医学部に入り直さないか」とか、

加藤諦三:ああ、

相談者:「うちに入ってくれる・・医者と結婚しないか」とか、

加藤諦三:はあ、、

相談者:結婚相談所、そのぅ、医者とか、そういう系の・・

加藤諦三:うん、

相談者:「入ったらどうだ」とかい・・言われてぇ、

加藤諦三:ああ、ありますよねぇ、うん、

相談者:以前はそういう感じではなかったんですけども、

加藤諦三:ああ・・

相談者:もうあたししかいないっていうふうになってから、

加藤諦三:ああ、そうなったの?

相談者:その締め付けが、強くなったんですねぇ、

加藤諦三:うーん、

相談者:でぇ、最初の頃は、

加藤諦三:うん、

相談者:親が・・希望を持ってくれれば、と思ってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:そうやってたんですけど、

加藤諦三:うん、

相談者:やっぱり自分と妹は、違う・・のでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:どうやっても、妹・・のようには・・振る舞えない・・***

加藤諦三:そうですよねぇ、なんとしても、医者の家を守って行くっていう・・それ以外は絶対に認めないっていうことですねぇ、

相談者:そうです。

加藤諦三:でぇ、そういう関係の中でぇ、両親に、

加藤諦三:言ったほうがいいのか?・・言わなかったほうがいいのか?っていう・・ご相談ですね、

相談者:「子供は見たくない・・」ってぇ、結婚する、際に言われたのでぇ(涙声)、

加藤諦三:そこら辺が難しいところでねぇ・・

加藤諦三:実際に見ると気持ちが変わるっていうことは、

・・

加藤諦三:それはあるんですよねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ、あなたの・・ご両親の場合に・・実際に接すると変わるのか?・・それとも実際に接しても変わらないほど・・偏見が強いのか?っていう、そこら辺の見分けがちょっとできませんのでねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:非常に難しい、ご質問だと思いますけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:今日は、スタジオにですねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:シンクロの、銅メダリストで、メンタルトレーナーの、田中ウルヴェ京先生がいらしてんのでぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 加藤先生のアドバイス、さすがです。
    どちらの道を行くかを決めるには、選択しなかった方の道を捨て去る覚悟がいります。
    相談者には、両親から嫌われる勇気を持ってほしいものです。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA