テレフォン人生相談
加藤諦三・塩谷崇之

加藤諦三・塩谷崇之
テレフォン人生相談 2021年4月24日(土)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:塩谷崇之(弁護士)
8ヶ月前に介護ヘルパーに自宅に置いてあった現金261万円を盗まれた。妻は認知症で要介護5の状態、自身は大学病院で目の手術の為に不在の時、警察は証拠不十分で動いてはくれず、お金が戻ってくるのは諦めたが、ヘルパーをリストから外して欲しいと市役所にお願いしているのだが、たぶんやらないだろう・・

相談者は76歳男性、妻75歳(認知症で施設入所中・要介護5)、只今一人暮らし

加藤諦三氏の〆の言葉『注意に注意せよ!自分の欠けてるところに注意が行ってしまっている自分に気が付くことです。』

目次

スポンサーリンク

不在中にヘルパーに現金を盗られた

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし?・・あっ、

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:あっ、あのぅ・・

加藤諦三:あのぅ、最初に・・

相談者:はい・・はい、はい。

加藤諦三:年齢を教えてください。

相談者:え・・70・・6歳、

加藤諦三:76歳、はい。

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してますか?

相談者:結婚してます・・75歳、

加藤諦三:な、75歳・・

相談者:はい、えーっと、今、あのぅ・・認知症でぇ、施設に、入っております。

加藤諦三:ああ、そうですか、

相談者:はい。

加藤諦三:そうすっと今、お1人でぇ、く・・

相談者:あっ、そう、そうです。

加藤諦三:1人でお住まいになって何年、どのぐらいですか?

相談者:あ・・あのぅ、まだ、あのぅ・・3ヶ月、ほどですねぇ、

加藤諦三:ああ、そうですか。

加藤諦三:わかりました、それでぇ、今日の相談というのは、どういうこと、

相談者:あ、相談ですね、

加藤諦三:はい。

相談者:えーっと、8ヶ月前に、

加藤諦三:はい。

相談者:ヘルパーの、

加藤諦三:はい。

相談者:泥棒に遭いましてぇ、

・・

加藤諦三:あ、ああ・・

相談者:え・・それでぇ、女房が、

加藤諦三:はい。

相談者:え・・そのときに、え、要介護5でぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:え・・何もできないでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:わたしが、その日に、

相談者:大学病院に、

相談者:目の手術で・・不在でぇ、

加藤諦三:うん?あなた・・ご自身が、目の手術だったの?

相談者:ええ、そうそう、

加藤諦三:はい。

相談者:まさかぁ、ヘルパーが、

加藤諦三:はい。

相談者:お、泥棒を働くと、思いませんでしたからねぇ、

加藤諦三:まあ、それはそうですよねぇ、

相談者:はい、**

加藤諦三:当然ヘルパー、その、あれでしょう?・・どっかから紹介されてるんでしょう?

相談者:あっ、そうそう、それはあのぅ・・役所から・・いら・・

加藤諦三:や、だからぁ・・紹介されてるから、そういうところから信用しますよねぇ、

相談者:あっ、そうそうそうそうそう、それでぇ、家の中の、お金を、261万、

相談者:約ねぇ、

・・

相談者:う、盗られました。

加藤諦三:あ、ああ・・261万、お金のある場所、が、

相談者:うん、そう・・

加藤諦三:あの、そう・・

相談者:う、あたし・・は・・あのぅ、女房が・・要介護、5のためにねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:うちに、1階と2階があるんですけどねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:1階にも、お金を・・100万ほど、置いてあってねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、2階に、残りの、お金をねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:置いてあったんですけどねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:まさか、泥棒が、

加藤諦三:はい。

相談者:2階とか、1階にねぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:粗探しするとは思いませんからねぇ、

加藤諦三:それは・・その、泥棒の方ってのは、かなり、そのぅ、プロに近いんですか?

相談者:えーっと、

加藤諦三:たん・・

相談者:警察の・・

加藤諦三:はい。

相談者:話だとねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:あのぅ・・証拠がねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:あの、残ってないからねぇ、

相談者:家の中にねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:防犯カメラとかねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:なんか設置してあればねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:証拠が残るけど、

加藤諦三:はい。

相談者:うん・・え、証拠不十分っていうような形でねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:警察のほうは、

加藤諦三:はい。

相談者:まったく、動いてくれませんでした。

・・

・・

加藤諦三:うーん・・

加藤諦三:このヘルパーさんっていうのは長いんですか?

相談者:うちに来たのは・・半年ぐらいですねぇ、

加藤諦三:はあ・・

相談者:それで最初はねぇ・・9名ほど、ヘルパーが入りましてねぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:9人が、昼と夜・・2回頼んでぇ、おりましたからねぇ、

加藤諦三:はい・・そいでこの、9人でぇ、代わり代わり入って・・

相談者:あっ、そう、そうです。

・・

加藤諦三:そいでその、2人が一緒になるってことはなかったんですねぇ、

相談者:あ、それでぇ・・そのぅ、わたしが・・大学病院に・・行ったときに、

加藤諦三:はい。

相談者:1人頼んだんですけどねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、そのときに、あの、うちの女房は、あのぅ、デイサービスでねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:行ってましたからねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、ヘルパーさんの時間は8時20わから8時50分の、間だったんですけどねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:そのぅ、ときに、ヘルパーを1人頼んだんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:あ、2人・・いたって言うんだよねぇ、

・・

相談者:ヘルパーが、

・・

相談者:そのぅ日に、

加藤諦三:はぁぁ・・

相談者:それでねぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:そのぅ・・・デイサービスに言うときに、

加藤諦三:ええ、

相談者:あの、玄関から、あのぅ・・迎えの・・バスが来ますからねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:スロープを用意しなきゃいけないから、スロープはねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:うちの女房の甥っ子は、近所にいますから、

加藤諦三:ああ、

相談者:そのぅ、方に頼んでねぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:あ、玄関に、しまってくれってぇ、言ったときに、

加藤諦三:はい。

相談者:甥っ子がねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:あのぅ・・わたしにねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:あの今日・・ヘルパー2人いたけど2人頼んだの?とかって言ったからねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:いや、1人だったよってことを、1人頼んだんだけどってぇ、だから、そのときに・・わたしが出て行くのを確認してぇ、そのヘルパーは来たかもわかんないんですけどねぇ、

加藤諦三:うん、うん、うん、

相談者:それを、それでぇ、そのお金と・・いろんな物を盗んでぇ、行ったと思うんです。

加藤諦三:要するに単純にまとめると、客観的な証拠としては、

相談者:はい。

加藤諦三:泥棒を、働いたということは、証明できない。

相談者:ああ、そうですねぇ、警察に言われてぇ、

加藤諦三:うん、だ・・だけど・・現実には・・実際のあなたから、いろいろな諸般の状況見てぇ、この261万円は、盗まれたと、

相談者:ええ、

・・

加藤諦三:いうことですねぇ、

相談者:そうです。

加藤諦三:それで今日の相談というのは、

相談者:え、結局ねぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:お金はねぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:もう返って来ないのは、諦め、ますけどねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:そのリストをねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:外してくれればねぇ、

・・

加藤諦三:はい。

相談者:そう・・第2第3の事件がねぇ、

相談者:起きないんじゃないかなと思う。

加藤諦三:このヘルパーさんを、その役所の、リストから、

相談者:から外してぇ、

加藤諦三:外してくれと、

相談者:ええ、

加藤諦三:んでぇ、

相談者:そ・・それをねぇ、

加藤諦三:それは、役所はなんと、外せないと言ってんですか?

相談者:そ、それぇ・・まだそこまでは確認でき、してませんけどねぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:たぶん、やらないんじゃないですかねぇ・・きっと、

加藤諦三:わかりました、今日はあのぅ・・スタジオに弁護士の、塩谷崇之先生がいらしてんのでぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:はい、わかりました、ありがとうございます。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 思い込みが激しい相談者。
    認知症の疑いもあり。

    警察が取り合わないのは当然としても、ヘルパーさんにしてみればあらぬ疑いをかけられて大迷惑でしょう。
    一歩間違えれば冤罪を産みかねない。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA