テレフォン人生相談
加藤諦三・大迫恵美子

加藤諦三・大迫恵美子
テレフォン人生相談 2021年5月7日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
69歳女性から、9年間介護した夫が8ヶ月前に亡くなったが、結婚した当初から酒癖と女遊びに泣かされてきた夫への憎しみが収まらないというご相談です。

相談者は69歳女性、夫72歳は9年間介護の末、8ヶ月前に他界、一人暮らし。娘あり。

加藤諦三氏の〆の言葉『打ち明ける事の癒しの力、これは免疫力を強化します。』

目次

スポンサーリンク

夫への憎しみが収まらない

加藤諦三:もしもし?

相談者:はい。

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いいたします。

加藤諦三:最初に・・

相談者:はい。

加藤諦三:年齢を、教えてください。

相談者:69歳です。

加藤諦三:69歳・・結婚してます?

相談者:はい、ええっと・・

加藤諦三:ご主人、何歳ですか?

相談者:主人は72歳です。

加藤諦三:72歳・・

相談者:でも、8ヶ月前に亡くなりましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:今は、一人で、

加藤諦三:今は、お一人ですか?

相談者:住んでいます・・はい。

加藤諦三:はいわかりました。それでどんな相談ですか?

相談者:生前、主人の、ことでぇ・・女遊びと、酒癖の悪いのでちょっと、ずーっと悩まされましてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:9年間、介護したんですよね、

加藤諦三:はい。

相談者:それで亡くなってから、今まで主人に受けてきた自分の、

加藤諦三:うん、

相談者:仕打ちって言うんですか?

加藤諦三:うん、

相談者:そういうようなものに対して、いろいろとこう、思いだすんですよね、

加藤諦三:うん、

相談者:それであのぅ・・ちょっと辛くて、

加藤諦三:うん、

相談者:主人に対して、

加藤諦三:うん、

相談者:苛立ち・・ですかね、言ってもしょうがないんですけども、

加藤諦三:言ってもしょうがないっていうのは、自分一人で、

相談者:はい。

加藤諦三:もう許せない・・っていう気持ちになってるのか、

相談者:はい。

加藤諦三:それとも、そういう気持ちを、聞いてくれる人が、他にいるわけ?

相談者:娘・・が、聞いてくれます。

相談者:一週間か、10日に一度、来てぇ、くれてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:ちょっとまぁ、まだ苦しいよ・・っていうことを、話すと、時間も経つからっていうことで、それ忘れなさい・・って言われるんですけども、

加藤諦三:忘れられないよねぇ、

相談者:なんか・・なかなか、忘れられなくてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:結婚する・・前から、ちょっとあったんですけども、

加藤諦三:結婚は何歳ぐらいの時ですか?

相談者:21・・ですねぇ、

加藤諦三:そのぐらいの時からぁ・・

相談者:はい。

加藤諦三:お酒をよく飲んでぇ、

相談者:ええ、そんときは、あのそんなにあの、わたしの前では、ごく、こう、泥酔するようなことはなかったですよね、

加藤諦三:うん、

相談者:それは結婚してから、お付き合いだとか、

加藤諦三:うん、

相談者:なんだかんだ・・って言っては、あのぅ・・すごいあのお酒を飲むようになってぇ、

加藤諦三:ああ・・

相談者:もう、時間もすごく遅く帰るようになって来てぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:だから、結婚してから、ころっと、変わっちゃったっていうか、そういう感じなんですよねぇ、

加藤諦三:要するにご主人にとっては、

相談者:はい。

加藤諦三:結婚というのは、

相談者:はい。

加藤諦三:愛の実現ではなくてぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:束縛だったんですよねぇ、

相談者:ああ、ああ、そう・・かもしれません。

加藤諦三:だから・・けっ・・

相談者:はい。

加藤諦三:結婚は・・不愉快な、話なんですよ、

相談者:はい。

加藤諦三:結婚したっていう自分の立場が、

相談者:はい。

加藤諦三:ご主人は、まったく、理解を、しようとしていなかったんじゃないのかな、

相談者:そういうところはある、かもしれませんねぇ、だから外であったことはすべてあのぅ・・うちへ帰って来て話は、するんですよねぇ、

加藤諦三:ああ・・なるほどねぇ、

相談者:はい、好きな女の子ができたとか、

加藤諦三:うん、

相談者:それでぇあのぅ、上司に叱られたとか、

加藤諦三:うん、

相談者:そういうことをすべてぇ、あのぅ・・話します。

加藤諦三:むしろ、あのぅ・・

相談者:はい。

加藤諦三:ほかの女性を好きになってぇ、こういうことをしたっていうことを、

相談者:はい。

加藤諦三:あなたに、言うことが、嬉しいんだよねぇ、この、男性は、

相談者:わたしにやきもちを焼かせるためにやってるんじゃない?なんていう方もいらっしゃるんですけども、

相談者:ずっと・・

加藤諦三:いやぁ、やきもちを焼かすためじゃなくてぇ、

相談者:ええ、

加藤諦三:むしろ・・喜んでもらいたいわけですよ、

相談者:ああ、ああ・・

加藤諦三:この女性との関係を、

相談者:じゃあ、主人にとってわたしはなんだったんでしょうかねぇ?

加藤諦三:2番目の、お母さんですよ、

相談者:ああなるほどねぇ、はい。

加藤諦三:ところが、

相談者:ええ、

加藤諦三:結婚してから・・あなたの言葉を・・使うと、コロっと変わったっていうのは、

相談者:はい。

加藤諦三:結婚したことでぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:束縛になったんですよ、

相談者:ああ、そうですねぇ、自分は好きなことをしても、わたし・・には、そういうとこがありますねぇ、

加藤諦三:だってぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:好きなことなんか許せないですよ、

相談者:はい。

加藤諦三:自分はまだ・・赤ん坊ですから、

相談者:ああ、

加藤諦三:大人になった幼児ですよ、

相談者:ああ、ああ・・

加藤諦三:だから、

・・

・・

加藤諦三:あな、たが・・言えば、苛立つよねぇ、

相談者:そうですねぇ、

加藤諦三:だって自分の自由を束縛するんだもん。

相談者:
そうです、あのぅ、だから、何度も何度も離婚は、お願いしたんですけども、

加藤諦三:うん、

相談者:絶対離婚はしないっていうことでぇ、

加藤諦三:うん、うん、

相談者:じゃあ、お酒も女も止めてもらいたいって言っても、それも止めれないっていうことでぇ、

加藤諦三:ああ、そりゃそうです。

相談者:はい。

加藤諦三:そりゃその通りです。

相談者:はい。

加藤諦三:離れるのは嫌なんですよ、

相談者:はい。

加藤諦三:あなたに依存してるんだから、

相談者:あっ、そういうところはありますねぇ、はい。

加藤諦三:あなたに依存してぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:あなたにいろんな要求があってぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:でぇそのぅ、要求っていうの、幼児の要求ですから、幼児が母親に、要求するような要求をあなたにしてるわけですから、

相談者:はい。

加藤諦三:その要求には応じられるはずがないわけですよ、あなたは、

相談者:そうです。はい。

加藤諦三:そうすっと憎しみが湧きますから頭に来ますよ、

相談者:は・・はい。

加藤諦三:あなたのことは、

相談者:はい。

加藤諦三:だか、外から見ると好き勝手なことをやってどうしようもない、お、男性なんだけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:彼の心理からすると、あなたは、頭に来る女なんですよ、

相談者:あ、ああ、ああ・・そ・・

加藤諦三:それで21歳から69歳までぇ、

相談者:はい。

・・

加藤諦三:よく我慢したねぇ、

相談者:まぁわたしも・・強引に出れば、それで良かったんでしょうけども、

加藤諦三:うん、

相談者:自分自身に対してもやっぱし経済的な不安もあったりとか、

加藤諦三:うん、

相談者:子供2人抱えているとか、

加藤諦三:うん、

相談者:あ、そういうことがあってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:出れなかったんですよねぇ、でも、あのぅ、聞かなければいいんですけども、とにかく外であったことをすべてわたし、に、喋るんですよねぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:好きな彼女ができてぇ、上司に叱られたよ、とか、

加藤諦三:うん、

相談者:お金でぇ、解決できる、女性もいますよね、

加藤諦三:うん、

相談者:そんなのも・・・話しますし、

加藤諦三:だから、自分のご主人が外で浮気して来てぇ、

加藤諦三:浮気を、賛美してたら、

相談者:はい。

加藤諦三:あなたのほうは、(苦笑)

相談者:はい。

加藤諦三:まさに、

加藤諦三:9年間介護してぇ、今も苦しいよってぇ、これは相当長く、苦しみます。

相談者:ああ、そうですか、

加藤諦三:あな・・

相談者:皆さんは、もう時間が来たら、忘れるよなんてことをねぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:言われるんですけども、

加藤諦三:ない、あのぅ、時間が来て忘れません。

相談者:ああ、そうですか、

加藤諦三:だってぇ、これだけのことをされていてぇ、

相談者:ええ、

加藤諦三:忘れるほど人間は神様じゃないですから、

相談者:そうですよねぇ、はい。

加藤諦三:だからあなたの言う言葉を、仕打ち苛立ち苦しいよ・・ってそういうことです。

相談者:はい。

加藤諦三:だけど幸いに、

相談者:はい。

加藤諦三:この苦しいという気持ちを、あなたのお嬢さんは、

相談者:はい。

加藤諦三:聞いてくれてるってことなんですよ、

相談者:はい。

・・

加藤諦三:お嬢さんに聞いてもらったあと、気持ちが楽になるでしょ?

相談者:そうですね、気持ちが、あのぅ、晴れ晴れとしますねぇ、

加藤諦三:ですから・・時間が来たらすぐには、直りません。

相談者:ああ、ああ、

加藤諦三:記憶に焼きついた、憎しみですから、

相談者:はい。

加藤諦三:でも、

加藤諦三:娘さんが来てぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:あなたがそのたびに、

加藤諦三:心の中を打ち明ける。

相談者:はい。

加藤諦三:本当の気持ちですから、これは、

相談者:はい。

加藤諦三:本当の気持ちを言える・・ということは、

相談者:はい。

加藤諦三:人間の健康にとって物凄いことなんですよ、

相談者:ああ、ああ、ああ、

加藤諦三:今コロナでぇ、免疫力、免疫力って言ってますけれども、

相談者:ええ、ええ、

加藤諦三:免疫力を高めることでぇ・・絶対忘れちゃいけないのは、

相談者:はい。

加藤諦三:心を、打ち明ける人がいるか、いないか、

相談者:ああ、ああ・・

加藤諦三:心を打ち明ける人がいる人は、免疫力の強い人です。

相談者:あっ、そうですか、

加藤諦三:あなたは、自分でも呆れるほど、悪口言いなさいよ、

相談者:あはっ、そうですか・・はい。

相談者:はい。

加藤諦三:それでぇ、娘がいないときは自分にも言いなさいよ、自分一人でぇ、

相談者:言ってますけどねぇ、

加藤諦三:「あんたなんか大っ嫌い」って書いてぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:鏡に、貼っときなさいよ、

相談者:あっ、そうですか、(苦笑)

加藤諦三:うん、

相談者:はい。

加藤諦三:毎朝起きてぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:顔を洗うときに、

相談者:はい。

加藤諦三:あんたなんか大っ嫌いっていう、*

相談者:ああ・・

加藤諦三:でぇ、それ言うんだよ、

相談者:口に出してねぇ、声に出してねぇ、

加藤諦三:あっそうそうそう、

相談者:はい。

加藤諦三:でぇそういうことを、しばらく続けないとダメだねぇ、

相談者:あ、ああ、あ・・そうですよねぇ、

加藤諦三:うーん・・

相談者:うーん・・

加藤諦三:そいでぇ、今日のあなたの、

相談者:はい。

加藤諦三:相談というのは、

相談者:はい。

加藤諦三:夫に対する仕打ち苛立ち、

相談者:はい。

加藤諦三:苦しいよ・・っという、

相談者:はい。

加藤諦三:8ヶ月も経ったけど忘れられないけれども、

相談者:はい、はい。

加藤諦三:どうしたらいいですか?っていうこと?

相談者:そういうことですねぇ、もういいわっていうふうな感じになってぇ、許せ・・る・・ようになればいいなぁとかと思ってるんです。

加藤諦三:あっ、なりますよ、

相談者:はい。

加藤諦三:大きな紙に書いてぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:それで「あなたなんか大っ嫌い」って言ってぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:足で踏んづけてぇ、

相談者:あっははははは・・そうですか、

加藤諦三:でぇ、燃やしてぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:わたしは、あなたを嫌いになる権利があるってぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:なんの、やましさもなく、

相談者:はい。

加藤諦三:これでもか、これでもかという・・ここまで言うかっていうほど・・悪口を、

相談者:はい。

加藤諦三:言い続けてぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:いつか、忘れられるときが来ます。

相談者:はい。

加藤諦三:うん、

相談者:やっぱし、でも、あんまりやっぱし他人の方には主人の悪口を言わないほうがいいでしょうかねぇ?

加藤諦三:あっ・・人には立派な顔すんですよ、

相談者:はい。

加藤諦三:そしてぇ、

加藤諦三:今度、娘と、

相談者:はい。

加藤諦三:2人になった、

相談者:はい。

加藤諦三:自分1人になったときには、

相談者:はい。

加藤諦三:コロッと変わった人間になる。

相談者:はい。

加藤諦三:この2つの使い方、

相談者:はい。

加藤諦三:これをきちんとできるようになったときに、

相談者:はい。

加藤諦三:人間は、大人になったっていうことなんです。

相談者:あっ、そうですか、はい。

・・

・・

加藤諦三:それでぇ、今日はですねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:離婚のことについては大変詳しくてぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:いろんな経験を、お持ちのですねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:弁護士の、大迫恵美子先生がいらしてんのでぇ、伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 愚痴を聞かされる方はたまらないけど、でも愚痴を聞いてやることは功徳ですな。
    愚痴をこぼすよりは、愚痴を聞いてやる立場の方が幸せなわけで・・・

    今となってはもう手遅れだけど、旦那が生きてるうちに一矢報いてやればよかったのになあ、と思いますね。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA