テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2021年5月17日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
46歳女性から、娘が高校1年の3学期から不登校になって留年した。通信高校へ行きたいという娘を親のエゴで普通高校に行かせたが懺悔の気持ちでいっぱいでどうしたらいいでしょう?というご相談。

相談者は46歳女性、夫57歳、子供二人、長女19歳、次女16歳

加藤諦三氏の〆の言葉『わたしは何をするべきか?それが分かっている時、気が楽になります。』

目次

スポンサーリンク

親のエゴで娘に懺悔の気持ちでいっぱい

加藤諦三:もしもし?

相談者:はい。

加藤諦三:はいテレフォン人生相談です。

相談者:すみま・・はい。

加藤諦三:最初に年齢を教えてください。

相談者:46歳です。

加藤諦三:46歳、結婚してます?

相談者:はい。

加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者:57歳です。

加藤諦三:57歳、お子さんは?

相談者:19歳と、

加藤諦三:はい。

相談者:16歳が・・二人います。

加藤諦三:男の子、女の子は?

相談者:女の子です。

加藤諦三:両方とも女の子?

相談者:はい。

加藤諦三:はいわかりました。それでどんな相談ですか?

相談者:16歳の・・子の・・相談なんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:進学校に、高校の方、通ったんですが、

相談者:ゲーム、の方にはまりましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:昼夜逆転して、高校1年生の、3学期・・から、

加藤諦三:はい。

相談者:不登校のほうになりはじめましてぇ、

加藤諦三:どのぐらい学校に行かなかったの?

相談者:トータルは、1ヶ月ぐらいしか行ってないんですけれども、

加藤諦三:はい。

相談者:それまではずっと普通に学校に行ってたんですよ。

加藤諦三:はい。

相談者:だけども、急にですねぇ、3学期になってから、時々休みはじめましてぇ、例えばテストのときとかに休みはじめましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:成績が悪かったので、いつもビリだったんですね、

相談者:学年で、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇそれでぇ、ずっと休むようになりましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:結局、年度末の、

加藤諦三:はい。

相談者:期末試験受けなかったので単位取れずに、そのまんま留年してしまったんですよ、

加藤諦三:はい。

・・

相談者:その後どうするかってことになりまして、

加藤諦三:はい。

相談者:本人は、今の学校に居たくないと、

加藤諦三:はい。

相談者:通信高校に行きたいと、

加藤諦三:はい。

相談者:言ったんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:ちょっとその時わたしもですね、先走りをしてしまってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:隣の県の、高校のほうに、

加藤諦三:はい。

相談者:編入できるかどうか、相談したところ、

加藤諦三:はい。

相談者:学年落としていいのであれば、

加藤諦三:はい。

相談者:引き受けてくれるってことになりましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:通信高校じゃなくて、

加藤諦三:はい。

相談者:普通高校に、通うことになったんですね、

・・

加藤諦三:あの・・そこも、不登校になり始めたってこと?

相談者:ええ、そこはもう、次はないってことが分かっているのでぇ、まあ時々、遅刻をしながらですが、

加藤諦三:はい。

相談者:今は、朝も送ってぇ、なんとか行ってます。

・・

加藤諦三:あなた自身がぁ・・

相談者:はい。

加藤諦三:非常にこう、アップセット(※動揺)してるっていうか、

相談者:混乱しています。

加藤諦三:混乱してるんですよねぇ?

相談者:その・・はい。

加藤諦三:要するに、なんでもないことをものすごい大事のように・・騒いじゃっってるというか、

相談者:結局・・自分としては、

加藤諦三:はい。

相談者:不本意なところに・・行ってるんですね、本人は、

・・

相談者:でもわたしたちが、「普通校がいいんじゃないか」って言うのと、

加藤諦三:ええ、

相談者:正直、わたしが許さなかった部分もあるんですね、

相談者:それでぇ、今頃になって、 通信に行かしてあげればよかった・・思う、懺悔の気持ちがありましてぇ、

加藤諦三:うん、

加藤諦三:それでぇ、

加藤諦三:今日のあなたの相談というのは・・

相談者:はい。

加藤諦三:どういう・・ことですか?

相談者:でぇ・・同じ時期に、うちの子供と他にも何にも、学校の方・・留年、してる子がいるんですね、

加藤諦三:はい。

相談者:だけどその子たちは全部通信高校に行ってしまっているんですね、

加藤諦三:ええ、

相談者:留年したくなかったので、

加藤諦三:うん、

相談者:ただぁ・・うちだけ、こういうような方法を、親のエゴでとってしまったことに対してぇ(涙声)、

加藤諦三:うん、

相談者:うっ(半ベソ)・・懺悔の気持ちと(涙声)、

相談者:彼女が・・なかなか、はっきり***、わたしもなんですが、

加藤諦三:うん、

相談者:今までのような生活ができないと言いますか、

・・

相談者:自分がちゃんと、まだ出来ないです、はい。

加藤諦三:あなた自身が?

相談者:はい。何もできなくて、仕事もできないし、家の中もぐちゃぐちゃですし、

加藤諦三:うん、うーん・・

相談者:でぇ、子供も、

加藤諦三:うん、

相談者:ただ学校に行って帰るだけ、

加藤諦三:うん、

相談者:課題とかも・・出てるのも、何もしないですし、やる気があるのかないのかも分からないんですが、

相談者:とにかくもう・・携帯で、インターネットの方にはまりこんでましてぇ、

加藤諦三:う、うーん・・今日の相談というのは、

相談者:はい(涙声)。

加藤諦三:混乱していて、

相談者:はい。

加藤諦三:もう自分の気持ちを、どう収めていったらいいのか・・っていうこと?

相談者:はいそれと、彼女を、どうにか、

相談者:立ち直るっていうか(涙声)、

相談者:前を向いて、頑張ってもらうために(涙声)、

相談者:***かなぁ・・

加藤諦三:どうしたらいいかなぁ・・ってことねぇ、

相談者:はぁい、はぁい。

加藤諦三:はい。わかりました。

加藤諦三:今日は、あのぅ・・スタジオに、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてんので

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA