テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

加藤諦三・中川潤
テレフォン人生相談 2021年5月28日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
52歳女性から、夫は普段は大人しく優しいが、度々逆ギレし威圧的な態度をとる。子供が巣立つと夫と二人の生活になるので離婚をしたいというご相談です。

相談者は52歳女性(会社員)、夫55歳(会社員)、結婚して25年で子供2人、長女22歳(会社員)、長男18歳(高校3年生)

加藤諦三氏の〆の言葉『大人になった幼児が増えています。』

目次

スポンサーリンク

普段は大人しく優しい夫が豹変し威圧的に

加藤諦三:もしもし?

相談者:あ、もしもし?

加藤諦三:はい。テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いします。

加藤諦三:はい、最初に、年齢を教えてください。

相談者:52歳です。

加藤諦三:50・・2歳?

相談者:はい。

加藤諦三:結婚はしてます?

相談者:はい。

加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者:55歳です。

加藤諦三:55歳・・お子さんは?

相談者:2人でぇ・・

加藤諦三:はい。

相談者:うえが、長女、

加藤諦三:はい。

相談者:22歳、

加藤諦三:はい。

相談者:長男・・18歳、

加藤諦三:じゃあ4人暮らしですね?

相談者:そうです。

加藤諦三:はい、わかりました。それでどんな相談ですか?

相談者:結婚して25年ぐらい、経つんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:普段主人は、

相談者:おとなしく・・おとなしいというか、優しくって、

加藤諦三:はい。

相談者:温厚、なんですが、子供ができたぐらいから、

加藤諦三:はい。

相談者:ちょうど上の娘が幼稚園・・とか、に、あがった頃は特にひどかったんですが、

加藤諦三:うん、

相談者:ちょっと嫌なことがあってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:こうじゃないの?・・って、決められるような言い方されると、

加藤諦三:はい。

相談者:逆切れをするという感じですね。

加藤諦三:うん、ええ、

相談者:威圧的な態度をとってぇ、

相談者:何倍にも、しつこく、怒って、怖がらせるというか、

加藤諦三:はあ・・あっ、

相談者:**、例えば、

相談者:娘が中一の頃、

加藤諦三:ええ、

相談者:天然パーマがひどくて、

加藤諦三:はい。

相談者:夫婦で話し合って直してあげようってことになってぇ、

相談者:美容院に行ったらぁ、

加藤諦三:はい。

相談者:時間がかかってしまってぇ、夕飯、お弁当にしようっていって帰りにお弁当を買ってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:パパに、縮毛矯正をかけて、綺麗になったんだから「ありがとうね」ってひと言言うんだよ・・って、言ってぇ、帰ったんですがぁ、

加藤諦三:はい。

相談者:もう既にお酒を飲んでいて機嫌が悪く、そうするとお弁当の中身のソースや醤油の小袋をテレビの上に投げたり、

相談者:でぇ、「パパありがとう」と、娘が言ったんですが、

加藤諦三:ええ、

相談者:「その頭、お前が着てるTシャツ、いくら買えると思ってるんだ!」と迫って泣かせてぇ、

加藤諦三:あ、ああ、ああ・・

相談者:追いかけてぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:すごく追い詰めて、「なんで泣いてるんだ」って、

加藤諦三:ああ、ああ・・

相談者:「涙が出るんだからしょうがないじゃん」って、「なんで涙が出るんだ」って、あたしがもう、震える娘を抱きかかえて抵抗したけど、

加藤諦三:うん、

相談者:それでもしつこく、

加藤諦三:あなたが、かばうのがかえって面白くないからねぇ、

相談者:(苦笑)

加藤諦三:うん・・でぇ、

相談者:だけど、そういうのが何度も何度も、今までにやってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:最近は下の息子も、「そういう・・奴なんだから」・・っていう感じでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:逆に、ママが・・俺のことをそうやって言うと、

相談者:かえって面倒臭いんだよ・・って、

相談者:もう、俺は対処できるから大丈夫だよ・・って、

相談者:最近は言ってくれるんですが、

加藤諦三:うん、

相談者:どうしたらいいのかな?って、このまま、我慢は出来ますがぁ、

加藤諦三:もうホントに、手に取るようによくわかります。

相談者:えへっ(苦笑)、

加藤諦三:(苦笑)要するに最初にあなた言ったように、

相談者:はい。

加藤諦三:主人は、大人しくて、優しいっていう・・

相談者:はい。

加藤諦三:その通りなんでしょうねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:っていうのは、大人しくて優しいっていうのは、ホントに、大人しくて優しいんではなくてぇ、

加藤諦三:怒りを人にぶつけられなくてぇ、不満がいっぱいでぇ、大人しく優しくしてるからも、怒りが心の中にも・・

加藤諦三:ものすごい蓄積されてるから、

加藤諦三:ちょっとしたことでもってぇ・・ものすごい、怒ってぇ、

相談者:包丁を持ち出す振りとか、

加藤諦三:うん、まあそのぐらいのことはする・・

相談者:そういう感じの・・はぁい。

加藤諦三:うん、

加藤諦三:いや、そういう人、多いですよぉ、

相談者:そうですか?

加藤諦三:うん、だから・・隠された怒りっていう・・

加藤諦三:ヒドゥン、アンガァ(Hidden anger)・・って言い方するんですけどね、

相談者:はい。

加藤諦三:この、隠された怒りっていうのは、必ずどっかで現れるわけですよ、

相談者:うん・・

加藤諦三:だから、おとなしくて優しいっていうのは・・

加藤諦三:あくまでも相手に対する愛情からおとなしくやさ、優しいんじゃなくて、

加藤諦三:もう、じっと怒りを、自分の意識から・・無意識に・・怒りを追い込んでぇ・・

加藤諦三:ところが目の前で、そういう事件が起きると、

加藤諦三:怒る。

相談者:はい。

加藤諦三:だけど、目の前の事件に怒ってみたってぇ・・お弁当が原因じゃないですから、原因は・・10年前か、20年前か知りませんけども、

加藤諦三:それが爆発してるわけですからぁ、

相談者:ああ・・

加藤諦三:いくら怒ったって解決はつかないですよね、

相談者:そうか・・

加藤諦三:そいでぇ・・今日の相談っていうの、あなた、離婚したい・・っていうようなこと?

相談者:できればしたいですけれども、

加藤諦三:うん、

相談者:子供たちを置いていく・・というのも、まだ、高校生だし、

相談者:不安だし、だからといって、二人を連れて・・っというと、そこまでの・・

加藤諦三:ウン・・

相談者:自信もないですし、

相談者:二人が独立しちゃったら、わたしは・・今までのことをこう思いだしながら、

加藤諦三:うん、

相談者:生きていくのが・・辛いなぁ・・っていうのもありますし、

加藤諦三:だけど・・そしたら今度、あれじゃないですか、

加藤諦三:寂しいのは寂しいですよ、ご主人、

相談者:うん・・

加藤諦三:つまり・・おとなしくて優しいのは、

加藤諦三:孤独が怖いんですよ、

相談者:あ、ああ・・

加藤諦三:それを・・あなたが・・

相談者:はい。

加藤諦三:子供の味方をしたり、庇ったりしたら、

・・

加藤諦三:俺がこんなに苦労して働いてカネ・・稼いできてんのに、

・・

加藤諦三:無駄なカネ使うな、許せねぇ・・っていう・・こういう気持ちっていのは・・当然でますよ、

・・

相談者:ああ・・

加藤諦三:だから、あなたがなんかこう・・ご主人が求めてる、ものを、求めないでぇ、ずーっと・・心の中に、溜め込んだものを・・

加藤諦三:刺激するような・・言動が多いんじゃないのかなぁ?

相談者:だけど、ちゃんとした話が出来ないから、そういうのが怖いんだよって言っても、

加藤諦三:うん、

相談者:ああ、怖い怖い、怖い怖いって馬鹿にするような・・返し方もするし、話にならないんですよね、

加藤諦三:うん、それ世の中にねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:はなし・・が出来ない人、たくさん居るんですよ。

相談者:うん・・

加藤諦三:それは・・今のことを話せないんですよ、

加藤諦三:今のことの話が、

加藤諦三:その人の過去の、凍結された感情に、火を点けますから、

加藤諦三:それが、爆発、するんですよね、だから・・家庭生活の中ではあの、地雷がたくさん、埋め込まれてる、土地、歩いてるみたいなもんでぇ、

加藤諦三:なんかパッと、踏んじゃうんですよねぇ、きっと、

相談者:ああ・・

加藤諦三:ご主人の主として、怒る、領域は、この領域だとか、そういうのはわかります?

相談者:自分の、お父さんが、同じような性格で、

加藤諦三:はい

相談者:こう、頭ごなしに、

加藤諦三:うん、

相談者:殴ったりとか、

加藤諦三:うん、

相談者:そういう、同じような性格、だって、自分で言ってて、でもあいつみたいに仕事を、しないわけじゃないけどな、みたいな感じを、よく前に言っていてぇ、

加藤諦三:ああ、それは根が深いねぇ、

加藤諦三:さっきあなた・・おとなしくて優しいって言いましたでしょう。

相談者:はい。

加藤諦三:自分のオヤジがそういうふうに、すぐに怒って殴るというような、

相談者:はい。

加藤諦三:オヤジなのに、ジッと我慢して、小さい頃から来てるわけですから、

相談者:はい。

加藤諦三:それはものすごい、その怒りがありますよ、

相談者:でも、同じことを結局はやってるよ・・って、言っても・・

相談者:わかってもらえなくってぇ、

加藤諦三:だってぇ、

加藤諦三:自分が間違ってることを・・認めるってことは、大変なことですから、

加藤諦三:それはなかなか認められないです。

加藤諦三:や、今日の相談はそういうことでぇ、

加藤諦三:今、離婚するつもりないけれども、もう、どうしようもないと、

・・

加藤諦三:そ、それでぇ、二人が独立したら離婚しようと思ってると、

相談者:はああ、

加藤諦三:そういうことは・・可能であるかどうかということですよねぇ?

相談者:そうですね、はい。

加藤諦三:はい・・今日はあのぅ・・スタジオに・・弁護士の、中川潤先生がいらしてんので、

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA