テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2021年5月31日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育
67歳男性から、妻は私が2歳の孫娘とお風呂に入るのを嫌っている。妻と考えが合わないというご相談。

相談者は67歳男性(リタイア済)、妻61歳、二人暮らし。長男34歳(既婚。孫娘2歳)、長女31歳(今週入籍)、次女28歳(昨年入籍)

加藤諦三氏の〆の言葉『交換には情報の交換と情緒の交換と二つあります。』

目次

スポンサーリンク

2歳の孫娘と私がお風呂に入るのを嫌う妻

加藤諦三:もしもし?

相談者:はいもしもし、はいはい。

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いします。

加藤諦三:はい、最初に、年齢を教えてください。

相談者:67歳・・です。

加藤諦三:67歳、

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:もちろん、はい、してます。

加藤諦三:奥さん何歳ですか?

相談者:妻61歳です。

加藤諦三:でお子さんは?

相談者:3人おりましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:長男が、34歳、

加藤諦三:はい。

相談者:既婚ですね。

加藤諦三:はい。

相談者:で長女が、31歳、

加藤諦三:はい。

相談者:今週入籍ですかね、はい。

相談者:次女が・・28歳、

加藤諦三:はい。

相談者:昨年ですね、

加藤諦三:はい。

相談者:入籍しました・・はい。

加藤諦三:そうすると、今、は、お二人で生活してるの?

相談者:そうです、はい。

加藤諦三:はいわかりました。でどんな・・相談ですか?

相談者:今週で、 3人とも、手を離れましてですねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:(苦笑)これからの人生ということなんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:今やっと・・荷が下りたなって気持ちもあるんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:妻との考え方の違いっていうんですかねぇ、

加藤諦三:はぁい、はぁい、はぁい。

相談者:はい。

相談者:まぁ、昔から意外と、そういう考え方の違いが多かったもんですからぁ、

加藤諦三:はい。

相談者:はぁい、でぇ、やっぱ、足並み揃わないってことになると非常に(苦笑)・・苦しんでもおりましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:ちょっと今日、ご相談・・したわけなんですけれども、

加藤諦三:はい。

相談者:はい。

・・

加藤諦三:奥さんとの、考え方の違い、

相談者:うん、

加藤諦三:これは・・言い合いになることが多いんですか?

・・

相談者:結構、前は・・言い合いになることも結構多かったんですけれども、

加藤諦三:うん、

相談者:討論しても・・キリがないんで(苦笑)というとこでぇ、お互い・・考え方の違いっていうか、

加藤諦三:ええ、

相談者:でぇ、もう収めてしまうようなケースが・・多いですねぇ、はい。

加藤諦三:そうすると、本当はこう思ってるんだ、けども・・

相談者:はい。

加藤諦三:っていうようなねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:自分の本当の考えを・・抑えながら、

相談者:はい。

加藤諦三:一緒に生活していると、

相談者:はい。

加藤諦三:本当には親しくはなれないねぇ、

相談者:そうですねぇ、はい。

加藤諦三:やっぱり、本当の感情を・・言ってぇ、尚且つ、お互いの、関係が維持できるってぇ、これが・・親しさですからねぇ、

相談者:そうですねぇ、はい。

加藤諦三:奥さんと考え方が違うっていうのは、

相談者:はい。

加藤諦三:具体的に言うと例えばどういう事件が、起きてぇ、

相談者:はい、わたしから見れば特異なんですけれども、

加藤諦三:はい。

相談者:初孫ができましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:まぁ今、2歳なんですけれども、

加藤諦三:はい。

相談者:温泉とかなんかにも行きますんですがぁ、

加藤諦三:はい。

相談者:うちの、妻から見ていてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:孫娘と一緒に入るのが、嫌だっていうわけなんですよ、

相談者:なんでそんなこと言うの?っていう話でぇ(苦笑)、

加藤諦三:うん、

相談者:まあ、これホントに特異なんですけども、わたしとしては・・ホントに幸せだなぁっていう気持ちでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:長男と・・わたしと・・まぁ温泉なんか行ったらねぇ、そのぅ・・孫面倒看なくちゃ・・奥さんがねぇ、いつも大変だからってことでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:3人で入ったりなんかするんですけど、

加藤諦三:あ、長男ってぇ、この34歳の長男と、

相談者:そうです。

加藤諦三:あなた、と、2歳の、

相談者:そう、そう、そう・・女の子のねぇ、

加藤諦三:お孫さんと、はい。

相談者:はぁい。

加藤諦三:はい。

相談者:まあ、向こうの・・妻の・・両親っていうのは、結構孫が3人ぐらいいてぇ、一緒に、お父さんとねぇ、向こうのおじいさんですかねぇ(笑)、

加藤諦三:はい。

相談者:入って仲良くこう・・よくメールで送ってくんですよ、写真をねぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:まあ、わたしも同じように(笑)・・してるんだけれども、

加藤諦三:ええ、

相談者:向こうは向こうでいいけれども、彼女にとってはそのぅ・・嫌だっていうんですよ、
ひょっとしたら、向こうの奥さんも、嫌に思ってるのかもしれないというような言い方で言ってるんだけれども、

加藤諦三:うん、

相談者:ちょーっと、それは、わたしには考えられないと(苦笑)、

加藤諦三:うん、

相談者:わたしも・・長男にねぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:なんかこういうふうに、ちょっと・・言ってるんだけど(苦笑)、

加藤諦三:ええ、

相談者:どうなの?って言ってぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:なんかそっちのほうでねぇ、なんか向こうの奥さんがねぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:文句言ってる?ってぇ、いや、そんなことないよ・・っていう話でねぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:長男と話していてぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:まあそのあとも、まあ・・そういうケースあるんで一緒に入ったけど、もうお父さん言っとくけど、まあこうやって一緒に入ってることはお母さんに言わないほうがいいよ・・って言うから、うん、もちろん言わないよって(苦笑)、そんなこと言ったってぇ、なんの意味もないからねっつってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:まあ念を押されることもあるんですが、

加藤諦三:ええ、

相談者:その、ホント、ちょっとそれはちょっと特異な・・話なんですけれどもねぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:はい。

・・

加藤諦三:いや、特異な話だけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:やっぱり・・その息子と話してるときにねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:このことは、お母さん言わないでぇ・・ねぇ・・ってぇ、もちろん言わないよ・・っていう、

相談者:うん、

加藤諦三:そういうものが出来始めるとねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:家族の中でぇ、

相談者:はい、はい、はい、はい。

加藤諦三:第三者から考えれば、

相談者:うん、

加藤諦三:どうでもいいことなんだけれども、

相談者:はい、はい。

加藤諦三:その、どうでもいいことが、

相談者:うん、

加藤諦三:隠すことでぇ、重大なことになっちゃうんですよねぇ、

相談者:そうですねぇ、はぁい、確かに、

加藤諦三:隠さなければ別にどうでもいいことなんですけれども、

相談者:はぁい、はい、はい。

加藤諦三:隠すことでどうでも良くなっちゃうん・・ですよ、

相談者:うーん、なるほど、

加藤諦三:だから、結構・・このことは、

相談者:うん、

加藤諦三:今のあなたにとっても・・奥さんには言えない、

加藤諦三:どうでもいいことではないんですよね、もう、

相談者:なるほどねぇ、はい。

加藤諦三:でぇ、今日のあなたの相談というのは、

相談者:はい。

加藤諦三:この、

加藤諦三:ちょっと考えると、

加藤諦三:3人で風呂入ろうがどうしようが、そんなことどうでもいい・・というような、

相談者:はい。

加藤諦三:ことを・・なぜ、奥さんが嫌うのか?

相談者:はい。

加藤諦三:わからないと、

相談者:そうですねぇ、はい。

加藤諦三:でぇ、どういうふうに考え、どう、処理していいか?・・っということですねぇ?

相談者:そうですねぇ、はぁい。

加藤諦三:はいわかりました。今日はあのぅ・・幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてんのでぇ、

相談者:あ、はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA