テレフォン人生相談
加藤諦三・坂井眞

加藤諦三・坂井眞
テレフォン人生相談 2021年6月4日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
78歳男性から、ある日、突然、朝起きたら妻がいなくなっていた。会社のお金を持ち出して、次男の家に隠れ住み、離婚したいようだが直接話せないというご相談です。

相談者は78歳男性(妻と次男の3人で自営)、妻71、2歳(1年前に失踪)、結婚して45年、別居の子供2人、長男45歳、次男43歳

加藤諦三氏の〆の言葉『離婚の最も多い理由は何か?という調査をアメリカでしてみると、べつに、浮気でも、嫁姑でもなんでもありません。コミュニケーション出来なくなった・・っていうことです。』

目次

スポンサーリンク

妻が会社のお金を持ち出し居なくなった

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし、お世話さんです。

加藤諦三:テレフォン人生相談です。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:78歳です。

加藤諦三:78歳ですか、

相談者:はい。

加藤諦三:今結婚されてますか?

相談者:結婚・・してですねぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:今あのぅ・・配偶者と、

加藤諦三:うん、

相談者:別居生活をしております。

加藤諦三:別居ですか?

相談者:はい。

加藤諦三:別居生活はどのくらいですか?

相談者:約1年です。

加藤諦三:約1年ですか?

相談者:はい。

加藤諦三:はい。

加藤諦三:奥さんのほうは・・年齢は何歳ですか?

相談者:71・・か、2ですね、***

加藤諦三:あっ、な、71か2ですね、はい、わかりました。それで、どんな相談ですか?

相談者:1年前・・配偶者、

加藤諦三:はい。

相談者:女房がですねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:突然、いなくなりましてぇ、

加藤諦三:ああそうですか、突然、家からいなくなった?

相談者:そうなんですね、あの夜・・二人で、寝ることは寝たたんですけども、朝起きてみたらいなくなってたんですよ。

加藤諦三:あっ・・朝起きていたら、いなくなっていた、はい。

相談者:そうなんです。

加藤諦三:はい。

相談者:それでぇ・・わたしも・・どっか・・友達と、遊びに行ったんかどうかなぁ・・っていうことが、以前あってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:また繰り返し、***かなと思っていてぇ、一応銀行とかそういったものは当たってみたら、失踪したんだと・・いうことはあったんです。

加藤諦三:あ、ああ・・そうですか、はい。

相談者:はい・・はい。

加藤諦三:それでぇ?

相談者:それでですねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:え・・その、まあ、長年あの45年になりますが、

加藤諦三:はい。

相談者:結婚生活、続けて、

加藤諦三:はい。

相談者:で、20年前から、会社を作って、仕事していたんですよ、

加藤諦三:かい・・

相談者:まあ女房も手伝っていたんです。ですけどね、

加藤諦三:あなたの・・

相談者:そうです。

加藤諦三:会社を作って、それを、

相談者:そうです。

加藤諦三:奥さんが手伝っていた、

相談者:そうですそうですそうです。

加藤諦三:20年間、

相談者:はい。

加藤諦三:はい。

相談者:それで一切その、金銭の問題、についても、

加藤諦三:うん、

相談者:一部分的には任してたっていうことでですねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇあのぅいなくなったんでぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:ビックリして、え、それから探し始めたと、

加藤諦三:はい。

相談者:いうことなんです。

加藤諦三:はい。

相談者:でその後、 1週間ぐらいして、次男が、市内にいますんで、

加藤諦三:はい。

相談者:ひょっとしたら、そちらに行ってるんかなぁ・・と、連絡を取ったんですよ、

加藤諦三:ええ、

相談者:そしたら、具体的には、言いませんでしたけども、

加藤諦三:はい。

相談者:子供のとこに、住み込んでいる・・らしい、ことがわかったんです。

加藤諦三:はい。

相談者:ただ、そのぅ、次男もその1回だけでね、

加藤諦三:うん、

相談者:あとは、実際、電話に、出ないっでぇ、

加藤諦三:はい。

加藤諦三:して・・

相談者:でぇわたしはあの、

加藤諦三:はい。

相談者:子供が、長男もおりまして、

加藤諦三:はい。

相談者:長男にも連絡取って、とにかく理由をね、

加藤諦三:はい。

相談者:わかんないんで、ちょっと話し合いに・・来いと、

加藤諦三:ええ、

相談者:長男にも言ったんですよ。

加藤諦三:ええ、

相談者:そしたら来ましてぇ、やはり次男のところに居てぇ・・いるんだと、

加藤諦三:ええ、

相談者:だから、本人の住所もわかんないようにするために、次男も、連絡取れないように、してあると、

加藤諦三:うん、うん、

相談者:いうことですねぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:それ以降は、

加藤諦三:はぁい。

相談者:はい。

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ・・あんに、離婚をしたいっていう話があるよう・・・だ、っていうことを、長男介して、話が、わかったわけですね、

加藤諦三:今の段階では、奥さんがいなくなった・・奥さんとは直接話しができない。

相談者:はい。

相談者:でぇ、離婚を**と、

加藤諦三:なぜ、

相談者:いうことですね、

加藤諦三:離婚したいかわからない。

相談者:はい、わかんない。

・・

加藤諦三:さ・・ええ、

相談者:ただねぇ、わたしのほうも、その女房が、なんで、離婚したいか、

相談者:っていうのが、一番の問題であってぇ、

相談者:それを・・その後ね、調べていたら、20年間の、所得があったのに、銀行からすべてのお金を持ち出しちゃっているとかね、あるんでぇ、会社のお金、持ち逃げされたっていうことになると、会社の仕事が・・出来なくなる。

・・

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、ずぅ・・とにかく、法人なお金ですんでぇ、それを持ち逃げっていうのは横領にあたるという、ん、ようなことも、聞いておりましてぇ、

相談者:そうであれば犯罪なんだと、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、犯罪はやっぱり、このままにしておくわけに、いかないし、

加藤諦三:はい。

相談者:具体的に言うと、お金も・・今まで通り・・返してもらわないと仕事もできないと、

相談者:いうことでそれを・・要求してるんです。

加藤諦三:はい。

相談者:それが一番の問題なんです。

加藤諦三:はい、でぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:それを解決するには、どうしたらいいか?という相談ですか?

相談者:ええ、

加藤諦三:それで、

相談者:そうなんです。

加藤諦三:先ほど、会社のお金の、一部を任していたというように、おっしゃいましたけど、

相談者:あっ、経理だけ、ええ、

加藤諦三:お金については、一切・・奥さんに任せていたという、

相談者:うん、そういうことです・・はい・・はい。

加藤諦三:わかりました。今日はあのぅ・・スタジオに、弁護士の、坂井眞先生がいらしてんのでぇ、

相談者:ああ、ありが・・

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:はぁい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. これと同じような相談がしばしばあるように思います。
    ずっと亭主関白を謳歌してきたら、ある日突然妻に反旗を翻された、というパターン。
    こうした相談者が異口同音に言うことが「なぜ妻が出て行ったのかまったく理由がわかりません」というセリフ。
    常日頃、妻の心中を思いやるなどという気づかいが全くなくて、我儘いっぱいふんぞり返ってきた証拠です。
    子供たちも「親父があんなじゃあ、母さんが嫌になるのも無理ないよ」という状況だとわかります。
    長年にわたるツケが回ってきたということでしょう。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA