テレフォン人生相談
加藤諦三・マドモアゼル愛

加藤諦三・マドモアゼル愛
テレフォン人生相談 2021年6月11日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
48歳女性から、通信制に通う17歳の長女が不登校になっているが夫は「お前が勝手に産んだ子供だから、お前が育てろ」と言い無関心だというご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、エッセイストのマドモアゼル愛さんが回答者です。

相談者は48歳女性(働いている)、夫43歳、子供3人、長男20歳(同居)、次男19歳(大学1年生・県外に住む)、長女17歳(通信制の高校・登校拒否)

加藤諦三氏の〆の言葉『子供が成長するのには、積極的な関心を必要とします』

目次

スポンサーリンク

子育てに関わらない夫

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし?

加藤諦三:はいテレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いします。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:48歳です。

加藤諦三:48歳、結婚してます?

相談者:しています。

加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者:43歳です。

加藤諦三:43歳、お子さんは?

相談者:長男が20歳。

加藤諦三:はい。

相談者:次男が19歳。

加藤諦三:はい。

相談者:長女が、 17歳です。

加藤諦三:5人で暮らしてるわけですね?

相談者:今次男が大学1年生で、県外にいます。

加藤諦三:あ、下宿して、 4人ですね、

相談者:はい。

加藤諦三:はいわかりました、それでどんな相談ですか?

相談者: 1番、下の長女の娘についてなんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:中学2年生くらいから、

加藤諦三:はい。

相談者:学校が休みがちになり、

加藤諦三:はい。

相談者:なんとか高校に入ったんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:夏休み過ぎてから、中学のときみたいに、

加藤諦三:はい。

相談者:休みがちになってしまい、

加藤諦三:はい。

相談者:出席日数が、足りなくなって、

加藤諦三:はい。

相談者:転入することになりました。

加藤諦三:はい。

相談者:それでぇ、

相談者:転入したところは、通信の、学校に行ったんです。

加藤諦三:はい。

相談者:でも最近、そこも、いかなくなってきて、

加藤諦三:はい。

相談者:どうすればよいか、知りたい・・

加藤諦三:ああ、悩んじゃってねぇ、

相談者:ので電話しました。

・・

加藤諦三:がっ・・こう(学校)を・・行くことに、お父さんとお母さんが仲が悪いとか、

相談者:はい。

加藤諦三:なんか、彼女に不安がある。

相談者:それはありますねぇ、

加藤諦三:そっちですかァ、

相談者:はぁい。

加藤諦三:不登校と言うと、学校の問題ばっかりを、注目する・・人が多いんですけれども、

相談者:あはぁい。

加藤諦三:家に問題があるのも、いくつかパターンが違うんですが、お父さんとお母さんが仲が悪いっていうのは、

相談者:はい。

加藤諦三:問題の1つとしてはもう、はっきりしてるんですよねぇ、

相談者:ああ・・

加藤諦三:要するに、家を出ちゃうと、

相談者:はい。

加藤諦三:自分が家を出てる間に家で・・何が起きるかわかんない。

相談者:うーん・・

加藤諦三:だから・・

相談者:はぁい。

加藤諦三:おそらくこの17歳のお嬢さんっていうのは今の話を聞くと、

・・

加藤諦三:家に居ない時に、

相談者:はい。

加藤諦三:家で何が起きるかわかんないっていう・・家というのが・・

相談者:はい。

加藤諦三:彼女にとってぇ、

加藤諦三:心の、安らぎの場所ではなかったんじゃないの?

・・

相談者:実は・・夫に・・一人目産んだときに、

相談者:喜んでくれたんですが、

加藤諦三:ぁ、ぁ・・

相談者:二人目、三人目のときは、堕ろしてこい!っていう、

相談者:ことをもう最初っから言われていて、

加藤諦三:うーん・・

相談者:わたしは絶対堕ろすの嫌だったので、

加藤諦三:うん、

相談者:他のことは譲れても、これだけは譲れない・・っていうことで、夫に、言ったら、ならお前が勝手に産むんだからお前が育てろよ・・っていう、ことをもう最初っから言われていまして。

加藤諦三:あ、ああ・・

相談者:はぁい。

加藤諦三:そうすると・・17歳のお嬢さんは・・父親との関係は・・

相談者:はい。

加藤諦三:ない・・

相談者:あまりない・・ないです。

加藤諦三:ですよねぇ?

相談者:子供と話ししてるところを、

相談者:あまり見たことがない。

加藤諦三:関心がないわけですよね?

相談者:それは、ありますね、

加藤諦三:うん、

相談者:はい。

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ今日の、も、あなたの、

相談者:あはぁい・・はい。

加藤諦三:相談っていうのは、むしろ問題は43歳の、お父さんの、

相談者:ああ・・

加藤諦三:ことのほうじゃないの?

相談者:夫には問題があると思っていますが、もうどうにもならんと思っているので、

加藤諦三:うん、

相談者:娘の、ことに関してこの後、どのようにすれば娘にとって、

加藤諦三:うん、

相談者:一番・・いいのか?・・っていうことを、知りたい・・

加藤諦三:ああ、もう悩んじゃってねぇ、

相談者:ので、電話しました。

加藤諦三:17歳のお嬢さんに、

相談者:あはぁい。

加藤諦三:どういう対応していいかということですね?

相談者:はぁい、そうです。

加藤諦三:はい、今日はあのぅ、スタジオに心についての、

相談者:はい。

加藤諦三:エッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてんので、

相談者:伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 聴いていて歯がゆいですねえ。
    せっかく明確なアドバイスがあるのに、それを実行しないための言い訳に終始してる相談者。
    まあ、第三者のリスナーにすぎない私が気をもんでも仕方ないことですけど・・・

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA