テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2021年6月21日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
28歳女性から、半年前にプロポーズされたが家の事情で挨拶が延び延びになって、その間にもともと彼に悪い印象を持つ母親と彼との関係が悪くなってしまったというご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は28歳女性(独身・一人暮らし)、プロポーズされた彼(年齢不明)、家族構成は父(年齢不明)、母(年齢不明)、兄(年齢不明)、自分、妹(年齢不明)

加藤諦三氏の〆の言葉『自分が自分自身である事、それが人間の唯一の義務です』

目次

スポンサーリンク

母親と彼との関係が悪くなってしまった

加藤諦三:もしもし?

相談者:あ、もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:あ、よろしくお願いします。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:28歳です。

加藤諦三:28歳、結婚してます?

相談者:してません。

加藤諦三:お父さんと、お母さんと一緒?

相談者:一人暮らしです。

加藤諦三:でぇ、何年ぐらい一人暮らししてるの?

相談者:最近まで一緒に・・妹がいるんですけど、

加藤諦三:うん、

相談者:妹と住んでたのでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:ここ2ヶ月ぐらいは1人でいます。

加藤諦三:はい、わかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:それでどんな相談ですか?

相談者:半年前にですねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:プロポーズを、付き合ってる彼からされたんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:家の事情でぇ、ちょっと挨拶を、待ってもらってたんですねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、もともとわたしの母の彼への印象は、あまり良くはなかったんですよねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇそれを、プロポーズされたあとに、伝えておいたんですよ。でぇ、そのあとに、挨拶をする・・時期が延び延びになったこともあってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:彼もちょっと不安定になってぇ・・しまってぇ、

相談者:そのあとに、「ちょっと距離をおこう」って言われたことがあったんですけど、

相談者:そのときに、わたしが、す、すごく、まぁ落ち込んでしまってぇ、それを見た、親がまたますます彼の印象が悪くなってしまってぇ、そのあとに・・

相談者:またその・・ま戻ったというか、普通に付き合うようになったんですけど、

加藤諦三:あ、そうなんですか、

相談者:はい、また戻ってですねぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:でも、彼は最近、わたしの母に対してぇ、怒りしかないというか、

相談者:「仲良くできる・・ような気がしない」・・って言われたんですよ、

加藤諦三:うん、

相談者:わたしとしては、母も大事だし、

加藤諦三:うん、

相談者:彼も大事だから、

加藤諦三:うん、どうしたもんかなぁ・・っていうことですねぇ、

相談者:***(苦笑)・・ははは、そうですねぇ、はい。

加藤諦三:はい、お母さんとの、もともとの関係っていうのは、小さい頃からどうだったんですか?

相談者:仲はいいです。

加藤諦三:彼との問題が出る前は、

相談者:はい。

加藤諦三:お母さんとの間には別に特別な物はなんにもなかったわけですねぇ?

相談者:はい。

加藤諦三:んでぇ、あなた一人っ子?

相談者:3人きょうだいです。

加藤諦三:あ、妹いるって言ってたねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:はい、もう1人誰ですか?

相談者:兄がいます。

加藤諦三:お兄さん?

相談者:はい。

加藤諦三:ごく普通に子供が3人いてぇ・・

相談者:はい。

加藤諦三:なんにもなくて来てたら、

加藤諦三:娘が、好きな人ができたっていうときにはねぇ、

相談者:うん・・はい。

加藤諦三:通常、喜びのほうですよねぇ、

相談者:そうですねぇ、

加藤諦三:だけども・・喜びのほうでない、場合っていうのは・・喜びでない理由がちゃんとあるから、喜びのほうでないん・・

相談者:うーん・・

加藤諦三:であってぇ、

相談者:母が言うには、

加藤諦三:うん、

相談者:なんかその、わたしも・・「どうしてそんなに、嫌なのかな?」と思って聞いたんですけど、

加藤諦三:うん、

相談者:人として冷たい感じがするというか、上からな感じがするというか、なんかそういうふうな、印象を、持ってしまったみたいでぇ、

加藤諦三:うーん、

相談者:1回だけでもちゃんと、腹を、割って話したいというか・・そういうふに言っててぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:そし・・たら、その彼が、「今は怒りしかない」っていうふうに言って来たのでぇ、わたしもどうしたらいいのかな?・・っていうふうに思ってしま・・ったところだったんですよねぇ、

加藤諦三:「今は、怒りしかない」・・っというのは、

相談者:はい。

加藤諦三:結構キツイ言葉ですよねぇ、

相談者:彼も結構たぶん・・わたしの母に対してぇ、なんでこういうふうに、延び延びになったんだ?っていう・・ふに思ってぇ、怒ってるんだとは思うんですけど、
わたしとしては、もう、「一緒に頑張ろうよ」っては言って欲しかったんですよねぇ・・なんかそういう・・

加藤諦三:だけどこういう、

相談者:はい。

加藤諦三:場合ってねぇ、本当の自分の気持ちを偽ってぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:収めて行くと、

相談者:はい。

加藤諦三:長い間に、結果としては、いい結果が出ないですよねぇ、

相談者:うーん、

・・

加藤諦三:だけど今日の相談というのは、あなたのお母さんと、彼との関係が悪くなった。どうしましょう?っていうのが相談ですねぇ?

相談者:そうです。

加藤諦三:今日はあのぅスタジオにですねぇ、幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてるのでぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  彼とお母さんが結婚するわけではありません 駆け落ちでも 同棲でもなんでもいいから ご自身の幸せ第一で ご決断を。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA