テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

大原敬子

目次

スポンサーリンク

大原敬子アドバイス

大原敬子:こんにちは、

相談者:こんにちは、

大原敬子:今ねぇ、

相談者:はい。

大原敬子:お話を聞いていてぇ、あなた自身のお話が全部、あなたの世界観と、

相談者:はい。

大原敬子:具体性がまったくないのでぇ、

相談者:はい。

大原敬子:まずは・・ある程度予測を立ててぇ、お話を持って行ったほうが、

相談者:はい。

大原敬子:あなたの気持ちも、引き出せるんじゃないかなと思って聞きます。

相談者:はい。

大原敬子:今日のお話・・1つの道は・・今行き詰まっているんです。

相談者:はい。

大原敬子:2番目、

相談者:うん、

大原敬子:元に戻ったんですけども、

大原敬子:元の彼と今の・・状態、

大原敬子:先にまったく行かなくなってぇ、

相談者:うん、

大原敬子:彼の状況が違って来た。

・・

相談者:はい。

大原敬子:3つ目は、

・・

大原敬子:自分の、価値観でぇ・・お母さんに対する負い目だから、わたしの、彼に愛されてるの・・って云々は、言えない。だけど・・原因を作れば、お母さんと喋れる。

大原敬子:彼にも彼でぇ・・彼がホントに自分を愛してるかどうかわからない。

・・

相談者:うん、

大原敬子:だから、「お母さんがねぇ、反対してるのよ」って言ってしまった。

大原敬子:自分がその場で居心地のいいことを言ってしまったために、

大原敬子:今立ち往生ってぇ、

大原敬子:この3つの中に入ってますか?入ってませんか?

相談者:入ってます。

大原敬子:どれですか?

相談者:全部当てはまってるような・・感じが、

大原敬子:そうですか、じゃあ、この道を、一緒に、束ねましてぇ、

相談者:はい。

大原敬子:ちょっと整理してみますねぇ、

相談者:はい。

大原敬子:あなた自身の話の中でぇ、なぜ・・わたしが・・このように言ったかというと、

相談者:はい。

大原敬子:まずまったく具体性がない。

相談者:うん、

・・

相談者:はい。

大原敬子:2番目は、

大原敬子:すべてあなたの世界観でぇ・・このように話したほうが、相手に、こう見られるんじゃないかなぁとか、

相談者:はい。

大原敬子:事実をですねぇ、あなたの価値観と、

相談者:はい。

大原敬子:自分が対応できる、

・・

大原敬子:状態でぇ、

大原敬子:こんにち(今日)まで来てしまったんじゃないかと思うんですねぇ、

相談者:はい。

大原敬子:その場合に、具体性がなくってぇ、自分の世界観でぇ、話してしまう人の、原因、結果です。

相談者:はい。

大原敬子:必ず・・行き詰まってる、方はこういう話し方するんですねぇ、

大原敬子:思うように行かない。

相談者:はい。

大原敬子:こんなはずではなかったっていうこと、

相談者:うーん、

大原敬子:でぇ、原因が自分だっていうことを・・認めた、くないとき、

・・

相談者:はい。

大原敬子:こんなときに、こういう具体性がなくってぇ・・今のあなたのような話し方してるんです。

相談者:はい。

大原敬子:でぇ、わたしは、今3つの道を聞きましたよってぇ、そういうことだったんですねぇ、

相談者:はい。

大原敬子:じゃあ・・もっと整理しますねぇ、

・・

相談者:はい。

大原敬子:あのねぇ、

大原敬子:「また付き合っています」って言うんですけども、

相談者:はい。

大原敬子:「一時、距離を置こう」・・って言ったときの彼の、感情と、

相談者:はい。

大原敬子:「また付き合っています」って言っていますけども・・形通りにデートはしてるけれども・・彼の心が・・前とは少し違ってるような感じはありました?

相談者:それは・・ありました。

大原敬子:それが今日の相談、ではないかしらねぇ、

大原敬子:お母さんとかいろんなこと言ってしまってるけれども、

相談者:うーん、

大原敬子:もしかしたら彼が思うように今動かなくなった。

相談者:うーん、

大原敬子:なぜそれを・・言ってしまったかっていうと、

・・

大原敬子:あのねぇ、

相談者:はい。

大原敬子:とっても不思議なのはねぇ、

相談者:はい。

大原敬子:あなたが・・彼によく思ってもらいたかったなら、

相談者:はい。

大原敬子:彼が、**その、距離を置くってことを、なぜ事実を喋ったかってことです。

・・

相談者:そうですねぇ、

大原敬子:ねぇ、言わなくってもいいじゃない。

・・

相談者:うーん、

大原敬子:そしたらますます、そのお母さんが、彼を嫌いになったってぇ、あなた言ってるんですねぇ、つまり、

大原敬子:あなたが、結婚したいっていうことの、本質、もっと心の奥の中にあることは、

相談者:はい。

大原敬子:一番、お母さんを恐れてるってことです。

相談者:うーん、

大原敬子:お母さんに、

相談者:はい。

大原敬子:わたしという価値観をですねぇ、

相談者:はい。

大原敬子:価値ある、娘に・・あなたは、しておきたかったってのないですか?

相談者:うーん、

・・

大原敬子:そうすると、

・・

大原敬子:距離を置いてねってぇ、彼がそれ見て怒っちゃったのよってことでぇ、自分でも関係なくしてぇ、前の物が全部悪くしてる形になりませんか?

・・

相談者:うーん、

大原敬子:ホントに彼と結婚したかったなら、

相談者:はい。

大原敬子:距離を置くってことは、言ってはいけなかったのよねぇ、

・・

相談者:うーん、

・・

・・

大原敬子:意地でもいいから、「わたしが置きたかった」って言うべきであってぇ・・
「彼が距離を置こう」と、でも、「距離を置こう」っていうのは、お母さんが原因なのよって持って来たいんですねぇ、あなたの場合は、

・・

相談者:うーん、

・・

大原敬子:つまりあなたはねぇ、

相談者:はい。

大原敬子:彼、お母さんに、自分の価値、もっと言うと極端は、妹との比較です。

相談者:うーん・・うーん・・

大原敬子:比較は・・憎しみと・・怒りと、

・・

大原敬子:心の不安定を増すっていうんですねぇ、

相談者:はい。

大原敬子:不安になってしまうんです。

・・

・・

相談者:うん、

大原敬子:そして自分が自分でなくなってしまうんです。

相談者:はい。

大原敬子:ああ言ったり、こう言ったり、取り繕う言葉が・・だんだん矛盾して来るんです。

大原敬子:その矛盾が、

大原敬子:「わたしは彼と結婚したい」って言いながら・・お母さんが、彼を、あまりにも好ましくないと思っていた。

大原敬子:にも関わらず・・こういうことがあってねってぇ、彼が距離を置こうって言ったのよ」ってことでぇ、距離を置いて、今会ってない事情をですねぇ、

相談者:はい。

大原敬子:お母さん喋ってるの、反対されてるお母さんに、

相談者:はい。

大原敬子:変でしょう?

相談者:変ですねぇ、

大原敬子:ねぇ、ああ、わかった?

大原敬子:お母さんを恐れてるんです、あなた、きょうだいの価値観なのか?「あなた達はしっかり頑張ってね」って言ってるのか?何か・・

相談者:うーん、

大原敬子:お母さん、あなた達に期待してるはずなんです。

相談者:うん、

大原敬子:それが、こんにち(今日)、これを招いてしまったんです。

相談者:そうなのかもしれないですねぇ、**

大原敬子:じゃあ、さらに聞きますけども、

相談者:はい。

大原敬子:今日の相談でぇ、今あなたが縺れた糸が、ああそうか、妹で比較の台の上にわたしは・・今・・いろんな選択をしてるんだとわかりますよねぇ、

相談者:はい。

大原敬子:じゃあ、妹さんを抜きにしましょう、もう、

・・

大原敬子:自分の人生だから、

相談者:うん、

大原敬子:そのときに・・今、

大原敬子:彼との関係、

相談者:はい。

大原敬子:現実に、

大原敬子:待っていれば、

相談者:はい。

大原敬子:彼と結婚できる。1、

相談者:はい。

大原敬子:2番目、何かこちらが・・アクションをしなければ、

相談者:はい。

大原敬子:彼とは結婚できない。2、

相談者:はい。

大原敬子:3番・・彼が「物凄く君が好きだ」と言ってぇ、情熱的に来たと場合には・・お母さんがなんと言っても結婚する。

大原敬子:このうちどれですか?

相談者:2?

相談者:わたしが、

大原敬子:2は、うん、

相談者:アクションを起こさなければ、

大原敬子:うん、

相談者:何も進まない、

大原敬子:*・・

相談者:気がします。

大原敬子:ずいぶん現実見ましたねぇ、

相談者:あはっ、

大原敬子:じゃあ、自分がアクション、をしなければ動かないってことは、

相談者:はい。

大原敬子:いつ頃からそうなったの?

相談者:「距離を置こう」って言われた・・と、ぐらいからだと思います。

大原敬子:でぇ、再度付き合ったときは、あなたから・・連絡したの?

相談者:期間を決めてたんですよねぇ、

大原敬子:はい。

相談者:でぇそれから、連絡が来ました。

大原敬子:向こうから来たのねぇ?

相談者:はい。

大原敬子:間違いないのねぇ、

相談者:はい。

大原敬子:そしたらあなた、待つべきよ、

相談者:はい。

大原敬子:あなた今、妹さんの関係物凄い大きいんです。

相談者:はい。

大原敬子:何度も言いますけども、

相談者:はい。

大原敬子:でぇ、これから妹さん赤ちゃんが産まれたらあなたもっと焦ってしまう。

相談者:うん、

大原敬子:あなたがホントにこの彼を好きなら、

相談者:はい。

大原敬子:今、動かないことよねぇ、

相談者:はい。

大原敬子:自分で今仕事なさってるの?

相談者:仕事してます。

大原敬子:自分の仕事を、夢中ですること、

相談者:はい。

大原敬子:一生懸命、

相談者:うん、

・・

大原敬子:これは、昔から言われるんですけども、ある物を欲しいと思ったときに、

相談者:はい。

大原敬子:ある物を手に入れたいとき、

大原敬子:どんな環境であっても、

大原敬子:ジーッと待つってぇ、

相談者:うん、

大原敬子:必ず・・手に入る。

相談者:うん、

大原敬子:なぜならば、

相談者:はい。

大原敬子:人間の意志っていうのは・・必ず、貫徹させるっていうんですよねぇ、

・・

・・

相談者:はい。

大原敬子:わたしが今・・すごく気になるのは・・妹さんが、どんどん生活の変化が出て来ます。

相談者:はい。

大原敬子:その感情に、あなたが・・揺すられてぇ・・道を間違えてしまうことが心配なんです。

・・

相談者:うん、

大原敬子:でぇ、「お母さんが、お母さんが」って言うと、お母さんはそんなに影響ないんですねぇ、これ聞いてみると、

大原敬子:メンツですよねぇ、お母さんに対する。お母さんがどういうジャッジをするかにとってぇ、なんか自分が、敗北者のように感じてしまうんです。

相談者:うん、

・・

大原敬子:幼児期に何かが比較されたんでしょうねぇ、きっと、

相談者:うん、

大原敬子:比較が地獄だったんですよ、きっと、

・・

相談者:うん、

大原敬子:ですから、今日から・・それから脱皮することを・・意識して欲しいなと思いますけども、

相談者:はい。

・・

大原敬子:待つことです。

相談者:はい。

大原敬子:もしホントに好きだったら、

・・

相談者:わかりました。

大原敬子:でぇ、あまりに、彼に・・不安材料は話さないことは、今回の勉強ですよねぇ、

相談者:はい。

大原敬子:幸せになってください。今、加藤先生伺いますねぇ、

相談者:はい。

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  彼とお母さんが結婚するわけではありません 駆け落ちでも 同棲でもなんでもいいから ご自身の幸せ第一で ご決断を。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA