テレフォン人生相談
今井通子・塩谷崇之

今井通子・塩谷崇之
テレフォン人生相談 2021年6月22日(火)
パーソナリティ:今井通子
回答者:塩谷崇之(弁護士)
46歳女性から、結婚してすぐに夫との会話がなくなり長男が生まれてからはセックスレス。夫の預金を使い込んだことで離婚を迫られているというご相談です。パーソナリティは今井通子さん、弁護士の塩谷崇之さんが回答者です。

相談者は46歳女性、夫47歳、結婚22年目、長男17歳の3人暮らし

目次

スポンサーリンク

夫の預金を使い込み離婚を迫られている

今井通子:もしもし・・テレフォン人生相談です。

相談者:もしもし、お世話になります。よろしくお願いします。

今井通子:はい。

・・

今井通子:今日は、どういったご質問ですか?

相談者:離婚の相談なんですけれども、

今井通子:ああなるほど、

相談者:はい。

今井通子:あなたおいくつ?

相談者:46です。

今井通子: 46歳・・ご主人は?

相談者:はい・・

相談者: 47歳です。

今井通子: 47歳、

今井通子:え・・ご結婚何年目?

相談者:っと、22年目です。

今井通子:お子さんいらっしゃいます?

相談者:はい、います。17歳の男の子が1人です。

今井通子:一人っ子さんね?

相談者:はい。

今井通子:はい。

・・

今井通子:離婚を考えてる?

相談者:あの夫から、離婚を切り出されまして、

今井通子:あ、そういうことなの、はい。

相談者:はい。

今井通子:で?あなたも離婚しようと思ってる?いや、そうじゃないんだ・・っと思ってる?

相談者:仕方ないかなぁとは思うんですが、

今井通子:はい。

相談者:先々の生活を考えると、

今井通子:はい。

相談者:ちょっと早いかなァ・・と思ってぇ、

今井通子:はい。

相談者:できれば離婚は避けたいなぁ・・という気持ちはあるんですけれども、

今井通子:はい。

相談者:まあ、夫が、離婚の意思が固くて、

今井通子:はい。

相談者:調停を申し立てるっていうふうに、言っていてェ、わたしがこのまま、離婚をしたくないと言っていても、

今井通子:はい。

相談者:離婚をせざるを得なくなるのか、

今井通子:はい。

相談者:どうか?っていうことをお聞きしたいんですが、

今井通子:ああなるほどねぇ、

相談者:はい。

・・

・・

今井通子:ご主人が、

相談者:はい。

今井通子:え・・離婚をしたいとおっしゃっている理由、

相談者:はい。

今井通子:要するにあなたも「仕方がないかなぁ」と思うんですがと言われた、

相談者:はい。

今井通子:それは何が理由ですか?

相談者:あ、まあ、結婚当初から、

今井通子:はい。

相談者:会話もあまりなく、長男が産まれてから、

今井通子:はい。

相談者:夫婦生活もなく、

今井通子:はい。

相談者:じゃあわたしも、あんまり家事が得意ではないので、

今井通子:はい。

相談者:夫がほぼ・・家事をして、くれていて、料理とかも、お掃除とかも、あのやってくれていたので、俺が当たり前という感じになってしまって、

今井通子:はい。

相談者:いた・・っていうの・・

・・

相談者:と、あと、あのぅ・・わたし・・が、結婚当初に、ストレス、が、たまっていたことがありまして、

今井通子:はい。

相談者:その時に、主人名義の、預貯金の400万円を、ちょっと、買い物に使ってしまった・・ことで、

相談者:まあ、その*金に、すごく、主人は怒ってぇ、

今井通子:うん、

相談者:「生活費はやるけれども・・」あのぅ、まあ、ん、「自分がお金の管理する」ってことでぇ、金銭的な管理は、全て夫が、もうやってるんですが、

今井通子:はい。

相談者:あと、まあ・・

・・

相談者: 5年前ぐらいにも、あの離婚の話は出たんですけれども、

今井通子:はい。

相談者:あの息子が、やっぱり、あのぅ・・高校卒業するまでは・・っていう話で、

今井通子:うーん・・

相談者:でぇまあ、進学する・・

・・

相談者:ん、ん、まで、は、っていうことで、

相談者:財産分与とかもあるのでぇ、「調停でしっかり決めたい」っていうようなことを、主人からこの間、

相談者:話をされたんですよね、

・・

・・

今井通子:でぇ、息子さんは・・

相談者:はい。

今井通子:今後どうなさんの?

相談者:あの一緒に暮らすっていうことも、するつもりなんですが、

・・

今井通子:じゃあ親権はあなたね?

相談者:はぁい。

今井通子:でぇ、その息子さん自身は、え・・大学進学?それとも就職?

相談者:あ、一応進学です。

今井通子:あ、進学?

相談者:はぁい。

今井通子:それでぇ、

相談者:はい。

今井通子:結婚2年目ぐらいで・・何?ストレスって?

相談者:まあ、わたしの環境がもともと育った環境が、なんでも、買ってもらえたような環境だったので、それブランドものとかも、

今井通子:うん、

相談者:バッグとかぁ、

今井通子:うん、

相談者:洋服とかぁ、

今井通子:うん、

相談者:何不自由なく、そういうものを買えて・・いた、あの環境だったので、

今井通子:ええ、

相談者:そういうのが、そう旅館とかも、 1泊10万とかそういう部屋に泊まるのが普通な、

今井通子:うん、

相談者:うちに育ったもので、

今井通子:ええ、

相談者:別に・・なんの・・疑いも、なく、使ってしまったんですけど、

今井通子:うん、

・・

・・

今井通子:でぇそれを買っちゃったらぁ・・

相談者:はい。

今井通子:それはなに?あてつけみたいなもの?

相談者:いや、えーっと、結婚当初から、

今井通子:うん、

相談者:あのぅ、わたしの、金銭感覚っていうかは、ちょっとずれてるなっていうのは、

今井通子:うん、

相談者:あの、主人はわかっていたので、

今井通子:うん、

相談者:ある程度は把握していてくれたとは思うんですけど、

今井通子:うん、

相談者:まさかその400万円を、使う、ってしまうって、

相談者:いるとは思ってなかったようで、

今井通子:はい。

相談者:あるときに、

相談者:使おうとしたら、なくなってるということで(苦笑)、怒られてしまってぇ、

今井通子:ええ、

相談者:はい。

・・

今井通子:でぇそれを使ってしまった故に、ご主人が、

相談者:はい。

今井通子:なんかで、400万円必要だったのが使えなくなっちゃったわけでしょう?

相談者:はい。

相談者:事業を始めたかったらしいんですよ。

今井通子:ああ・・なるほど、はい。

相談者:はい。

今井通子:この時点では、ご主人は、

今井通子:え・・会社か何かにお勤め?

相談者:そうです。

・・

今井通子:でぇそのまま、あ、あの、ご主人は、会社に勤めた・・

相談者:そうです、はい。

今井通子:状態でいると、

相談者:はい、はぁい。

今井通子:うん、

・・

今井通子:今の、

相談者:はい。

今井通子:住んでらっしゃるところは持ち家?それとも、アパート?

相談者:あ、持ち家です。

今井通子:あ、持ち家?

相談者:はぁい。

今井通子:でぇ・・ご主人のほうは、どうなさると?おつもりだったの?

相談者:えっと・・一応、あの今の持ち家を、売ってぇ、

今井通子:うん、

相談者:財産分けをして、

今井通子:うん、

相談者:えっと、主人のほうは、

今井通子:うん、

相談者:なんか1人でぇ、

今井通子:うん、

相談者:あのぅ・・まあ、やっぱり、ん、やりたい事業があるのでぇ、

今井通子:うん、

相談者:第二の人生を歩みたいっていうようなことを・・言ってます。

今井通子:なぁーるほどねぇ、

相談者:はぁい。

・・

今井通子:でぇ、結局、今日は、そうすると、ご相談としては、

塩谷崇之:ゴホン・・

今井通子:まあ、あなた自身は、あの自分の立場考えると、

相談者:はぁい。

今井通子:やってく自信はないし、離婚はしたくないと、

相談者:はぁい。

・・

今井通子:でもご主人は離婚したいと、

相談者:はい。

今井通子:でぇ、え・・調停を申し立てるということで、

相談者:はい。

今井通子:その流れを、に乗ってっちゃうと、

相談者:はい。

今井通子:離婚になっちゃうんでしょうか?っていうようなお話でしたよねぇ?

相談者:あ、そうです、はい、はい。

・・

今井通子:今日はですねぇ、弁護士の、塩谷崇之先生がいらしてますので、

相談者:あはぁい。

今井通子:伺ってみたいと思います。

相談者:はいよろしくお願いします。

塩谷崇之:はい・・

今井通子:先生よろしく、

塩谷崇之:はいこんにちは。

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  ご相談者 不幸な環境でお育ちでしたね 経済的に恵まれていても ご両親が 世間一般的な感覚をはぐくんでくれなかった、お嬢様を通り越して お姫様育ちですね これから離婚して財産分与もすぐに浪費なさり路頭に迷うのは目に目てます! 根性を叩き直すのにはどうすればよいかな? もはや手遅れ❔

  2. うわあ~! 本当にいるんだ。こんな人が。
    旦那もよく今まで我慢してきたねえ。
    息子の親権とるつもりらしいけど、息子がついてきてくれるかどうか?

    誰かに寄生しないと生きて行けない人だけど、これから新たな寄生宿主を見つけられるのかねえ?
    後妻業するにもそれなりの才覚が必要だけど、さて・・・・?

    社会の最底辺に落ちてはじめて覚るってこともあるのかもしれないな。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA