テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2021年6月14日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
【特集】コロナ禍の妻たち~誰にも言えない孤独な結婚生活~と題してコロナ禍が長期化する中、孤独な結婚生活を送る妻たちの相談、46歳女性から、現在不倫をしている。相手は離婚したが自分は離婚して再婚することに踏み切れないというご相談。パーソナリティが加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は46歳女性(仕事している)、夫53歳、長男19歳(大学1年生)、3人暮らし。不倫相手の彼46歳(遠距離・離婚済・介護必要な親あり・借金あり・浮気の前科多数)

加藤諦三氏の〆の言葉『本当の感情を抑えていると、変装して出てきます』

目次

スポンサーリンク

不倫相手は離婚、自分は離婚して再婚に踏み切れない

加藤諦三:もしもし?

相談者:はい・・

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:お願いします。

加藤諦三:最初に、年齢教えてください。

相談者:46。

加藤諦三:46歳・・結婚してます?

相談者:はい。

加藤諦三:ご主人何歳ですか?

相談者:53。

加藤諦三:53歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:お子さんは?

相談者:おります。大学1年。19。

加藤諦三:19歳、

相談者:はい。

加藤諦三:3人で暮らしてんですねぇ?

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:はいわかりました、でぇ、どんな相談ですか?

相談者:えっとですねぇ、お付き合いしてる方がいるんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:お付き合い、した当初は・・向こうにも、家庭があったんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:離婚をずっと考えていたようでぇ、

加藤諦三:はぁい。

相談者:お付き合いしてぇ、ちょっとしてから・・離婚、されたんですが、

加藤諦三:お付き合いを、

相談者:でぇ、

加藤諦三:始めたのは、どのぐらい前ですか?

相談者:2年ぐらい前でぇ、1年ちょっとぐらい、付き合いましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:わたしのほうも家庭不和だったのでぇ、離婚を考え・・ていたんですが、

相談者:なかなか離婚はできずに、半年ぐらい・・別れてたんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:わたしのほうからまた連絡とか・・何度かしてましてぇ、

加藤諦三:うん、連絡はしてたけど、その間は、会わなかったわけですね、

相談者:いや、元々ですねぇ、ちょっと、遠距離でぇ、ほとんど・・会えても月に一度ぐらい、だったんですねぇ、

加藤諦三:ああ、はい、はい。

相談者:それなのでぇ、まあ、相手のことも、完全にはよく、わからなかったのでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:離婚を考え・・ていたんですが・・近くにご両親が住んで・・いるのでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:介護とか、同居とか、

加藤諦三:はい。

相談者:あと、彼のほうも何度か浮気をしたことがあるのでぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:その心配・・だったりとか、

加藤諦三:はい。

相談者:あと・・貯金がなくて借金があることの不安とか、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ・・なかなか、踏ん切りがつかなかったんですが、

加藤諦三:この男性は何歳ぐらいの方ですか?

相談者:あっ、同い年です。

加藤諦三:同い年、46歳、

相談者:はい。

相談者:まあ最初のきっかけはわたしのほうでもまあ、家庭から逃げたかったっていうのもあるんですが、

加藤諦三:ええ、

相談者:彼じゃなくても良かったと思うんですねぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:今日の相談内容としては自分の・・気持ちがよくわからないんですねぇ、どうしたいのか?

加藤諦三:ああ、あなた自身の気持ちがねぇ、

相談者:カウンセリングに相談したり、

加藤諦三:うん、

相談者:仕事・・・を、もう増やしてぇ、ひっきりなしに、休みなく働、くようにしたんですが、

加藤諦三:うん、

・・

相談者:ちょっと、ハァァ・・わからない・・余計・・わからないんですよねぇ、どうしていいのか?まあ、ちょっと不安とか?

加藤諦三:ええ、

相談者:結婚できない理由とか、あるんですが、

加藤諦三:はい・・不安とか、

相談者:はい。

加藤諦三:結婚できない理由があるんですとかって言いましたけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:前から・・きっちりした自分の人生を、コントロールして生きて来たってわけじゃないん・・

相談者:結婚のときはまあ、この人と結婚しようと思ってぇ、結婚しましてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:でも、子供・・を産んだのは、あんまり子供が好きじゃなかったんですが、もう・・その頃には主人と、あんまり、いるのが嫌だったのでぇ、子供を、産めば、主人との関係も良くなるかなぁ・・と思って産んだ感じですねぇ、

・・

加藤諦三:そうするともう・・子供を産む前からねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:世間の考える幸せのイメージに、乗っかって生きて来たっていうことでしょうねぇ?

・・

相談者:結婚してからはそうだと思います、はい。

加藤諦三:結婚そのものは、じゃあ、自分の意思なの?

・・

相談者:その頃は、早く結婚してぇ・・っていうのが、ありましたからねぇ、

加藤諦三:なんで早く結婚しようと思ったの?

・・

相談者:売れ残ったら嫌だった。

・・

加藤諦三:そうなんでしょうねぇ、

相談者:はい、はい。

加藤諦三:だから、わたしはこうしたいっていうことが元々なかったわけですよ、

相談者:はい。

・・

加藤諦三:売れ残りって言われるのが嫌だ。

相談者:ええ、

・・

加藤諦三:それでぇ、

・・

加藤諦三:子供が好きじゃない・・って言いましたけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:元々は物凄い劣等感が強いんでしょう?

相談者:小学校の頃・・母親・・の作って来た服を来て行ったり、そういう物を持って行ったり、あと容姿のことでもまあ、劣等感・・いじめられたこともありますねぇ、小学校の頃、

加藤諦三:うーん、

加藤諦三:わかりました。

相談者:はい。

加藤諦三:それで今日のあなたの相談っていうのは、

相談者:はい。

加藤諦三:もう、道に迷ったような感じですよねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ、どうしたらいいんでしょう?・・っていうことですねぇ、

相談者:はい、そうです。

加藤諦三:はい、わかりました。

加藤諦三:今日は、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてんので、

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA