テレフォン人生相談
柴田理恵・坂井眞

柴田理恵・坂井眞
テレフォン人生相談 2021年6月17日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:坂井眞(弁護士)
【特集】コロナ禍の妻たち~誰にも言えない孤独な結婚生活~と題してコロナ禍が長期化する中、孤独な結婚生活を送る妻たちの相談、77歳女性から、79歳の夫が80歳の女性と不倫していることがわかり、バッグから避妊具も出て来た。夫は家出したが、放っておいたほうがいいか?というご相談です。パーソナリティは柴田理恵さん、弁護士の坂井眞さんが回答者です。

相談者は77歳女性、夫79歳、結婚55年の2人暮らし。子供3人は独立。夫の不倫相手80歳女性

目次

スポンサーリンク

不倫していた79歳夫が家出した

柴田理恵:もしもし?テレフォン人生相談です。

柴田理恵:今日はどんなご相談ですか?

相談者:えーっと・・主人の浮気。

柴田理恵:ああ・・そうですか、あなたおいくつですか?

相談者: 77です。

柴田理恵:ご主人おいくつですか?

相談者: 79です。

柴田理恵: 79 、え、お子さんは・・いらっしゃるんですか?上からおし・・

相談者:もう独立してます。

柴田理恵:あ、独立して・・

相談者:3・・人いますけども、

柴田理恵:はい。えっとご主人の浮気ということなんですけれど、

相談者: 2年前、カラオケに、行きましてぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:知った人なんですね、

柴田理恵:うんうんうん、

相談者:相手の方は、

柴田理恵:はい。

・・

相談者: 1つ年上の、

柴田理恵:はい。

相談者:持病を・・

・・

相談者:お互いに、

柴田理恵:うん、

相談者:慰め合ういうか、うふふ(苦笑)、

柴田理恵:はいはいはい。

相談者:そんなもう仲良しで、

柴田理恵:はい。

相談者:うちの主人はまぁ癌の・・手術してるんですね、

柴田理恵:うんうん、

相談者:おかずをもらってきたり、

柴田理恵:うん、

相談者:隠すんですよね、それもわたしに、

柴田理恵:うん、

相談者:それで朝早く、わたしが起きないうちに食べてるみたい。

柴田理恵:ふぅーーん・・

相談者:ほいでぇ・・

相談者:着信・・発信の記録は、

柴田理恵:うん、

相談者:消すように主人に言ってるみたいです。

柴田理恵:向こうの、その女性は・・

相談者:独り身です。

柴田理恵:お一人なんですね?

相談者:はい、

柴田理恵:はあはあはあ・・

相談者:旦那さん亡くなって、持ち家で1人住まい。

柴田理恵:でぇそこに、

相談者:はい。

柴田理恵:ご主人が、いりびた・・い、い、い、あ(苦笑)、

相談者:そうそうそう、

柴田理恵:出入りなさってるわけですねぇ、

相談者:火曜日と金曜日で行きよったんですけどね、

柴田理恵:えっ?

相談者:将来、家出して行っとるみたいですけど、

相談者:というのがねぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:あのぅ・・男性の避妊具のコンドームが、バックから見つかったからね、

柴田理恵:はああ!!

相談者:うん、

相談者:うん、どういう使い方しよるか知らんけど、

柴田理恵:ご主人、げーんき(元気)ですねぇ!

相談者:いえ、どういう使い方しよるんかわからんけど、「こんなもん持ち歩くんじゃない」って、バレたもんですから、バツが悪くて、

相談者:向こから・・催促でかかってきとるときに、「どうして電話くれるんですかぁ?」・・言うたらぁ、

柴田理恵:うん、

相談者:「おうち直してくれる」言うからとか言ってねぇ、

柴田理恵:あっ、

相談者:(苦笑)ふふふ、

柴田理恵:おんな、あの要するに、

相談者:あのぅ・・

柴田理恵:向こうの女性から、

相談者:うん、

柴田理恵:あなたのうちに・・あのぅ・・電話があるわけですかぁ?

相談者:**、電話、携帯にねぇ、***・・

柴田理恵:あっ、

相談者:ほいでねぇ、

柴田理恵:あっ、ご主人の、

相談者:うん、

柴田理恵:携帯に、電話があってぇ、

相談者:あってぇ、はい。

柴田理恵:それをあなたが、とったわけですねぇ?

相談者:え、そうそうそう。

柴田理恵:うんうんうん、

相談者:あのぅ、見てみたら毎日かかってるから、かけてみたら、

柴田理恵:うん、

相談者:女の人が出てぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:でぇ、「どうして毎日くれるんですか?」って言ったら、「家、直してくれるから」って、

柴田理恵:うーん・・

相談者:ええっ?・・とか思ったら、2年前に車庫も直してもらって、

柴田理恵:うん・・

相談者:言うから、それからのお付き合いだったんでしょうねぇ、

柴田理恵:あ、ああ・・

相談者:わたしが気づくんが、遅かった。

柴田理恵:あ、ああ・・

相談者:うふふふふ・・この頃、キツイ・・

柴田理恵:うんうん、

相談者:ふふふふふ・・

柴田理恵:そりゃあ・・

相談者:ほいでねぇ、

柴田理恵:あ、あれですねぇ、あの、その話は・・

柴田理恵:息子さんとかに、なさいました?息子さんとか娘さんとか・・

相談者:できんのですよ、息子の、お嫁さんが、

柴田理恵:うん、

相談者:そのぅ・・

相談者:女の人の家から50メートルくらいのとこです。

・・

柴田理恵:うん?

相談者:近くに住んでるから、

柴田理恵:住む、うん、

相談者:笑われる思ってぇ、言えないんですよ、うふふ(苦笑)・・

柴田理恵:じゃあ、誰にも相談っできずに?

相談者:うん・・う・・

相談者:そうなんですねぇ、友達とかは言って、

柴田理恵:うん、

相談者:笑ってるんですけど、ほいでぇ、リハビリてるんですね、主人、あの、なんか、

相談者:体もまれて気持ちがいいんかしらん、そのリハビリの袋ん中から避妊具見つかったんですけどね、

柴田理恵:ほえ(笑)、

相談者:ほんでぇ、ふふふ(笑)・・あのぅ・・「大事なとこは・・揉んでくれんから、続きやってるの?」言うてぇ、冷やかしてやったら(笑)、余計、怒りだし(笑)・・

柴田理恵:あはっはっ!

相談者:ふふふふ(笑)

柴田理恵:だって、リハビリ行ってぇ・・

柴田理恵:ん・・マッサージと言うよりも、

相談者:うん・・ほんでぇ・・

柴田理恵:痛いとこ、一生懸命動かすとこですよ、

相談者:週刊誌のねぇ、

柴田理恵:はい。

相談者:エロいのもいっぱい、7冊ぐらいあったからもう・・わたしは・・

相談者:怒ってぇ、隠してやったんですよ、

柴田理恵:うん・・

相談者:それも怒っての、うっふふふ・・

柴田理恵:げん・・

相談者:それ教科書にしよったみたい、うふふ・・

柴田理恵:あ、元気な・・旦那さんですねぇ、

相談者:いや、それで元気を・・保っとるんかもしれんからねぇ、

柴田理恵:うーん、

相談者:あんまり言うても・・思うんですけど、

柴田理恵:うーん、

相談者:とにかくわたしが原因で怒る・・ように、イライラ、イライラしてぇ、

柴田理恵:うーん、

相談者:怒るから、「わたしはなんにも悪いことしてない、男・・男友達もおらん、なんでそんなにガミガミ言うの?」言うたら、ふjっ(笑)、

柴田理恵:うん、

相談者:今度は沈黙です。うふふふふ・・

柴田理恵:ああ・・えっ?じゃあ、奥さんもさぁーあ、

相談者:うん、

柴田理恵:あの、ボーイフレンド作ればいいんじゃないっすか?

・・

相談者:いや両方がしたら家が割れてしまいそうでぇ・・へへへへへへ・・

柴田理恵:そんなことないですよ、

相談者:いやいやあるんですよ、例が、

柴田理恵:え、結婚何年うま・・何年ですか?

相談者:55年、

柴田理恵:55年も一緒にいたわけじゃないですかぁ、

相談者:ん、そうなん・・上手なんよねぇ、誘うのが、

柴田理恵:ああ・・

相談者:うん、わたしはそういうことできん。

柴田理恵:も、昔からモテる人なんですか?

・・

柴田理恵:ご主人・・昔からモテる?

相談者:いや・・昔はダメ・・今頃になってぇ、

柴田理恵:あっはははは・・

相談者:あはははははは・・ちょ・・あの、

柴田理恵:恋愛結婚ですか?・・見合いですか?・・お見合い?

相談者:あのぅ・・知人の、紹介みたいなんです。

柴田理恵:へええ・・

相談者:うん、

柴田理恵:じゃあずっと・・お2人仲良かったんですか?

・・

相談者:いや、もう、ほどほどです。

柴田理恵:ホント?でも、

相談者:うん、

柴田理恵:お子さん3人いらっしゃるんですよねぇ、仲良く、

相談者:お、おるけど、

柴田理恵:うん、

相談者:もう・・イビキがうるさいから言うてお互い別々に寝てますしねぇ、部屋別に、へぇ、

柴田理恵:ふふふふふ・・

相談者:ふふふ・・部屋がもう・・

柴田理恵:まあそんなもんですよねぇ、

相談者:はぁい、はぁい。

柴田理恵:うーん、

相談者:うん、

柴田理恵:ふぅーん、じゃあ・・

相談者:それでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:今日は、

柴田理恵:うん、

相談者:2、3日・・休めます言うてぇ・・書いとるんですけど、これ放っといてぇ、も、ほうがいいんでしょうかねぇ?

相談者:2、3日・・心を・・休めます、言うて出て行ったんです。

相談者:あのぅ、メモして出とるの、

柴田理恵:ああ!!・・旅行、に、行っちゃった・・

相談者:***

柴田理恵:か、なんていうか、い、い・・

相談者:旅行じゃない、相手の・・相手の・・

柴田理恵:相手のおうちに、

相談者:うい、うちに行ったんかぁ、

柴田理恵:うん、

相談者:さぁ旅館、どっかへ泊まってるんかねぇ、このまま放っといたほうがいいのかぁ?

柴田理恵:うん、

相談者:それとも、相手のうちも電話番号も知ってるから、

柴田理恵:うん、

・・

・・

相談者:なんか言ったほうがいいのかぁ・・思ったり、

・・

・・

相談者:もう放っとこかなぁ・・思ったり・・2年ぐらい放っとったから、だんだんだんだんこう・・募って来たんかなぁ・・思ってぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:この辺でピシャ!ってやるほうがいんかなぁ思たり、ふふふ・・

柴田理恵:うーーん、そうですねぇ、

相談者:そこが・・相談したいんです。

柴田理恵:わかりました。

柴田理恵:え、今日の回答者の先生は、弁護士の坂井眞先生です。

相談者:はい。

柴田理恵:先生お願いします。

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. まずは子供たちに事情を話して味方につけるべし。
    そのうえで応援団を引き連れてジジイと直談判だな。
    この年齢になったらジジイよりババアの方が強いんだよ。財布握ってるだろうし、なにより家事力があるからね。
    「炊事・洗濯・掃除その他諸々、一切自分でやれ」と、ババアに開き直られたらジジイは長生きできないよ。

    三石先生だったら「お荷物のジジイを放り出せてラッキーじゃん」くらい言いそうだな。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA