テレフォン人生相談
加藤諦三・坂井眞

加藤諦三・坂井眞
テレフォン人生相談 2021年7月10日(土)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
54歳男性から、近くに住む妻の母親(母子家庭だった)が体調悪いから様子を見に行くと書置きを残し、二ヶ月前に実家に戻った嫁、代理人の弁護士を通じて離婚協議をすすめたいと言ってきた。財産分与云々、回答をくださいとのこと。購入した土地と家の残債もあと9年、会社の業績も悪くボーナス払いも払えない状況だった。離婚も受けざるを得ない状況に追い込まれている相談者に・・

相談者は54歳男性、妻49歳、結婚21年目、子供1人、長男(大学4年生で大学に近くに住む)

加藤諦三氏の〆の言葉『言語的メッセージと非言語的メッセージが違った時は、真実は非言語的メッセージにあります』

目次

スポンサーリンク

突然、嫁から協議離婚したいと言われる

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:あ、こんにちは、

加藤諦三:はい。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:え、54歳です。

加藤諦三:54歳、結婚してます?

相談者:はい。

加藤諦三:え・・奥さん何歳ですか?

相談者:えーっと、49歳、

加藤諦三:40・・9歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:お子さんは?

・・

相談者:えーっと、大学4年の子供が1人います。

加藤諦三:大学4年・・あの今一緒に暮らしてるんですね?

相談者:えーっと、息子だけは別に、

相談者:大学・・へ、

加藤諦三:あ、むす、息子だけ、そうすると、奥さんと2人で生活した・・

相談者:そうです・・はい。

加藤諦三:はいわかりました。それでどんな相談ですか?

・・

相談者:えーっと、2ヶ月前に、

加藤諦三:はい。

相談者:今の妻から、

加藤諦三:はい。

相談者:まぁ協議離婚、したいというような文言の、

加藤諦三:はい。

相談者:内容を、まぁ雇われてる弁護士さん方から送られてきまして、

・・

加藤諦三:という事は、一緒に暮らしていて、

相談者:はい。

加藤諦三:あの離婚しようという話が出てどうのこうのという話が、あって、その相手方の、奥さんの弁護士から送られてきたじゃなくてぇ、

相談者:全く・・違いますねぇ、

加藤諦三:全くの普通の生活を、

相談者:ええ、

加藤諦三:していた。

相談者:そうですねぇ、

加藤諦三:と・・

相談者:それで2か月前に、

・・

相談者:うちの家内が、

加藤諦三:はい。

相談者:母子家庭なもんですから、

加藤諦三:はい。

相談者:お母さんがいらっしゃるんですけれども、

加藤諦三:はい。

相談者:ちょっと体調が悪いということで、

加藤諦三:はい。

相談者:わたしが今住んでる・・家からまぁまぁ近いんですけれども、

加藤諦三:はい。

相談者:まあそこにちょっと、様子を見にと言うか、

相談者:書き置き残して、

加藤諦三:あっ、

相談者:**

加藤諦三:そうすると、体調が悪いと言って、

相談者:はい。

加藤諦三:家を出て、

相談者:はい。

加藤諦三:っと・・今は一緒に生活してなくて、あなたは・・

相談者:はいそうですねぇ、

加藤諦三: 1人で生活してたわけですね。

相談者:今んところそうですね、はい。

加藤諦三:うん、

相談者:その2週間後くらいに、

加藤諦三:ええ、

相談者:雇われてる弁護士さんの方から書類が2枚きまして、

加藤諦三:はい。

相談者:協議離婚・・を、進めたいんですけどっていうことでぇ、

加藤諦三:はいはい。

相談者:財産分与がどうのこうのとか、

加藤諦三:はいはい。

相談者:***、それについてどう思われますか?っていう回答をください・・っていう内容のものが来てます。

加藤諦三:回答をくださいって事は、

加藤諦三:離婚をしたいという意思をはっきり、あの奥様は示したわけですねぇ、

相談者:そうですね、向こう側はそうなんですけども、

加藤諦三:はい。

相談者:こちらの方は、**、冗談とかね、

加藤諦三:はい。

相談者:話の流れで「もう、いや嫌いだから」とか、な*、「そんなこと言うんだったらもう・・別れるしかないな」ってことは、過去に言ったことはあるんですけども、

加藤諦三:はい。

相談者:こういう形・・で、

相談者:されるっていうのは、まあ初めてでしてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇ、なんかそのぅ・・まあ、

相談者:自分が持ってる財産って基本的に、家と土地だけなんですけども、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇそれも、

相談者:残債があるんですね、あと9年ぐらいは、

加藤諦三:ええ、

相談者:でぇ、その金額・・に・・プラス・・あたしに、その慰謝料っていうかなんとかわからん、ちょ・・

加藤諦三:えっ?財産分与の前に、

相談者:はい。

加藤諦三:あの、あなたのほうからすると、

加藤諦三:あの、離婚したいと言われるようなのは、意外な・・ことなわけですね?

相談者:そうですね、

相談者:おそらく、わたしまあ、会社、ジン(?)、勤めて、

・・

相談者:20・・何年か、働いた会社があるんですけども、

加藤諦三:はい。

相談者:奥さんとは、まぁそこの、まぁ同僚・・ってことで、け・・社内、恋愛で結婚したんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:でその会社を・・まあ、退職・・しまして、

加藤諦三:うん、

相談者:最後に辞める5年・・間ぐらいは、

加藤諦三:うん、

相談者:まあ、会社が・・厳しいっていうことでぇ・・ボーナスの支給っとかもなくなってしまってぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:でぇまあ家のローンとか、あるわけですよねぇ、

加藤諦三:はいはいはい。

相談者:ボーナス払い・・とかあるんですけども、

相談者:でぇそれぇ・・は、もう・・

相談者:「あなたの給料じゃあ、まあ払えませんので・・」ってことでぇ、

・・

相談者:あのぅ・・

加藤諦三:うん、

相談者:まあ、

加藤諦三:あなたの話聞いてると、そのぅ、

相談者:はい。

加藤諦三:経済的なことばっかり出てくるわけだけですも・・

相談者:そうなんですよね、はい。

加藤諦三:要するに、結婚する・・しないの問題っていうのは、常識的に考えれば、

加藤諦三:好きで、

相談者:嘘・・ですね、

加藤諦三:結婚するわけであってぇ、

相談者:ええ、

加藤諦三:お金が・・非常に苦しいなんていうことは、

相談者:うーん・・

加藤諦三:もう・・右向いても左向いても、どこの結婚だって、そんなに豊かな・・結婚っていうのは少ないわけですよ、

相談者:そうです。

相談者:うーん、

加藤諦三:でぇ、ボーナスが少ないなんていうことが、

相談者:ええ、

加藤諦三:離婚のギブ(?)だって言われたら、

相談者:ええ、

加藤諦三:日本中で離婚請求されちゃう・・人は、たくさんいると思うんですけれども、

相談者:**・・そうですねぇ、

加藤諦三:要するにその、一緒に生活していても、

加藤諦三:夫と妻で、一つの生活をしてるという、そういう関係では、もうなかったわけねぇ?

相談者:うん、まあ、そういう感じではないですねぇ、お互いにこう励まし合ってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:笑い合って生活するっていう関係には・・

相談者:うん、ちょっとなかったのかなぁ・・っていう、ねぇ、今も、

加藤諦三:っていうことは、家庭という名前がついているけれども、

・・

・・

加藤諦三:実態として共同体・・

加藤諦三:その3人でもって、一緒に暮らしているという、そういう気持ちの繋がりは、最初っからなかった?

・・

・・

相談者:うん、そうなことないとは思うんですけども、ちょ・・

加藤諦三:でぇ、今日のあなたの相談というのは、

相談者:ええ、

加藤諦三:そうすると・

相談者:でぇ、

相談者:えーっと今、わたしもこういう形でやってるもんですから、

相談者:最近の話では、

相談者:彼女自身が、アパートを借りると、

加藤諦三:ええ、

相談者:でぇ、

相談者:最初は、残金払って、****の土地代の300万を払って、

相談者:でぇ、え・・「全部わたしが借金払いますから、権利、全部・・自分の物の所有にして、あなたは、都合のいいときにこの家を出て行ってください」・・っていうのを、最初のアレだったんですけども、

加藤諦三:はい。

相談者:まあ、家裁行っても・・

加藤諦三:要するに今日のあなたの相談っていうのは、

相談者:ええ、

加藤諦三:そういう、この、財産分与をどうするか?っていうことが、

相談者:そうです。

加藤諦三:相談ですね?

相談者:そうですねぇ、なかなか・・

加藤諦三:はい。

相談者:話し合っても難しいと思うんで、

加藤諦三:今日はあの、スタジオに、弁護士の坂井眞先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA