テレフォン人生相談
加藤諦三・大原敬子

加藤諦三・大原敬子
テレフォン人生相談 2021年7月12日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
53歳女性から、3年半前に離婚、コミュニケーションが苦手なので友達もいない。一人ぼっちになって寂しい、どう生きていばいいか?というご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

相談者は53歳女性(独身・会社員)3年半前に離婚し一人暮らし。

加藤諦三氏の〆の言葉『アメリカで離婚原因の第一は、不倫でも嫁姑問題でもありません。相手とコミュニケーション出来なくなったです』

目次

スポンサーリンク

一人ぼっちになって寂しい

加藤諦三:もしもし?

相談者:もしもし?

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:こんにちは、

加藤諦三:こんにちは、

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者: 53歳です。

加藤諦三: 53歳、

加藤諦三:結婚してます?

相談者:いえ、していません。

加藤諦三:離婚して1人?それともずーっと1人です・・

相談者:離婚して1人です。

加藤諦三:何年前ですか?離婚したのは?

相談者: 3年半ぐらい前です。

加藤諦三:お子さんは?

相談者:いないです。

加藤諦三:すっと今、1人で暮らしてるわけですね?

相談者:はいそうです。

加藤諦三:はいわかりました。それでどんな相談ですか?

相談者:コミニュケーション・・がとれなくてぇ、

加藤諦三:あはぁい。

相談者:友達がぁ・・いなくなってしまってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者: 1人でこれからどうやって生きていったらいいのかと思いましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:相談させていただきたいと思って電話しました。

加藤諦三:はい。

加藤諦三:今53歳ですけれども、

相談者:はい。

加藤諦三: 20代30代の頃っていうのは、

相談者:はい。

加藤諦三:自分はコミニケーション・・とるの、が、不得意だなぁとかそういうふうには感じていなかったんですか?

相談者:感じて・・は、いませんでした。

加藤諦三:友達も居たわけですね?

相談者:小学校からとか、高校からとかっていうお友達・・もいましてぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:ご飯食べたりとか、お茶したりっていう感じで、付き合いはあったんですが、

加藤諦三:うん、

相談者:精神的にわたし、子供のままなのかなぁ・・とか、

加藤諦三:うん、

相談者:思うことがあって、

加藤諦三:うん、

相談者:もう、若い頃は会話が続かなくても、輪の中にいるだけでよかったんだけれども、

加藤諦三:うん、

相談者:だんだんこう1対1とかになると、会話が続かなくて、「じゃあまた」みたいなんで、

相談者:自分からもこう・・連絡しなかったりとかしてぇ、

加藤諦三:うん、

加藤諦三:なんか2人になると、気が重いというか、

相談者:あっ、それは・・

加藤諦三:きづ・・き・・

相談者:あります。

加藤諦三:気づまりだとかっていう・・

相談者:あ、はい。すぐ忘れてしまって、あの時ああだったね、こうだったねっていう話が、

相談者:そうだった?・・っていう形でなんかこう、一緒にいても楽しくないのかなぁ・・と、

加藤諦三:うん、

相談者:わたし自身が、

加藤諦三:うん、

・・

加藤諦三:3年前って言いましたね、離婚・・

相談者:はいそうです。

加藤諦三:理由はなんですか?

相談者:お互い・・

相談者:好きではなくなってしまったのかなぁ・・と、思ったんですが、

加藤諦三:強烈な体験が、あ・・ってぇ、離婚っていうんでは、ない・・

相談者:あ、なんかこう、わたしが、寂しくて、

加藤諦三:うん、

相談者: 1人でいても寂しいけれども、 2人でいて寂しい・・ことが辛くて、

・・

加藤諦三:むしろ2人でいる時の方が、寂しかったんじゃない?

相談者:あっ・・そうなんです。

加藤諦三:ほんっとに寂しいっていうの、そういうことですよ。

相談者:ああ・・

加藤諦三:ですからあなたの場合ね、

相談者:はい。

加藤諦三:いつが1番寂しかったかって言うと、

相談者:はい?

加藤諦三:離婚を決意してから一緒に・・住んでいる期間が1番寂しかったんじゃない?

相談者:夫婦で、はい。

相談者:はい。

加藤諦三:だからあなたやっぱり・・

加藤諦三:このご主人と、

相談者:はい。

加藤諦三:好きでなくなる前っていうのは・・気持ちが繋がってたのかな?

相談者:繋がっていたと、おも・・っています。わたしは、

加藤諦三:ねえ、

相談者:はい。

加藤諦三:それがこう、消えていったっていう・・

加藤諦三:そのぅ・・自分の心の変化っていうのは・・あなたにとってものすごい強烈な体験だったんじゃないのかなぁ?

・・

相談者:はい。

・・

相談者:2人でいて寂しいことが何か・・耐えられなくなってしまってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:はい。

加藤諦三: 1人のほうは・・耐えられますからねぇ、

相談者: 1人で今、いるんですけど、

加藤諦三:うん、

相談者:寂しいことに気がつかないというか、

加藤諦三:うん、

相談者:ずっとひとりでいるから、まぁ、これが普通だと思って、

相談者:過ごして・・います。

加藤諦三:うん、

相談者:ただ・・ちょっと人と、触れ合ったり、っとかすると、

加藤諦三:うん、

相談者:寂しさが(泣)・・

相談者:ウッ・・

相談者:(嗚咽)

加藤諦三:じゃ今までそのぅ・・友達ずーっと会ったけれども、

加藤諦三:これが・・友達だ・・

加藤諦三:っていう、つながりを・・感じたとき・・

相談者:はい。

加藤諦三:は(わ)、あるわけでしょう?

相談者:あります。

加藤諦三:でそれが、

・・

加藤諦三:終わってからですよねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:寂しさっていうのを感じ始めたのは、

相談者:あっ・・はいそうです。

・・

・・

相談者:なくさないとわからないところが、こう・・

・・

・・

加藤諦三:うん・・ほいでぇ、今日のあなたの相談というのは、

相談者:はい。

・・

・・

加藤諦三:このコミニケーションが、人とできなくなったと、コミニケーションと言うよりも、

加藤諦三:人との心の触れ合いができなくなってぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:今寂しくて、

相談者:はい。

加藤諦三:これからどう・・やって生きていいかわからないと、

相談者:あっ、そうです、はい。

加藤諦三:そういうことですねぇ?

相談者:はいそうです。

加藤諦三:これは今日は本当に、

加藤諦三:いいときに・・電話を・・かけてきて、くださいました。

相談者:はい。

加藤諦三:幼児教育研究の、

加藤諦三:大原、敬子先生がいらしてるので・・お話を、伺ってみたいと思います。

相談者:はい、よろしくお願い致します。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA