テレフォン人生相談
今井通子・高橋龍太郎

今井通子・高橋龍太郎
テレフォン人生相談 2021年7月20日(火)
パーソナリティ:今井通子
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
75歳女性から、結婚50年、夫のモラハラが酷く7年前、離婚を突き付け別居したがモラハラは治らなかった。この先、どう対処したらいいか?というご相談です。パーソナリティは今井通子さん、精神科医の高橋龍太郎さんが回答者です。

相談者は75歳女性、夫80歳、結婚50年、別居して7年、子供2人は結婚し子供がいる、長男49歳、次男48歳

高橋龍太郎、精神科でよく言われる言葉『変われるものは自分と未来、変わらないものは他人と過去』

目次

スポンサーリンク

夫のモラハラが治らない

今井通子:もしもし・・テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いいたします。

今井通子:はい。

相談者:ドキドキしてぇ、

今井通子:今日はどういったご相談・・

相談者:夫の、モラスハラスメント?

今井通子:はい。

相談者:一番極端な・・

今井通子:はい。

相談者:はい。

今井通子:あなたおいくつ?

相談者:75歳です。

今井通子:75歳、

相談者:はい。

今井通子:ご主人は?

相談者:80歳になりました。

・・

今井通子:でぇ、お子さまいらっしゃいます?

相談者:はい、男の子2人います。

・・

今井通子:もう・・独立されてるんでしょ?

相談者:ええ、あの2人共、あの、子供おります。

今井通子:ああ、なるほど、

相談者:はい。

今井通子:えーっと、ご長男おいくつ?

相談者:えーっとねぇ、49、

今井通子:ご次男は?

相談者:48、

今井通子:40・・あっ、年子さんでいらっしゃる?

相談者:年子ですねぇ、はい。

今井通子:あっ、なるほど、

・・

今井通子:ご結婚何年目くらい?

相談者:ちょうど・・50年になります。

今井通子:ああ、50年?

相談者:はい。

今井通子:今ご相談になってるっていうことは、

相談者:はい。

今井通子:元々じゃあないわよねぇ?

相談者:モラハラですか?

今井通子:うん、

相談者:いえ、最初っからです。今、今・・その時代は、モラハラとか、そういう言葉なんにも知らないのでぇ、

今井通子:はい。

相談者:本を買って来て見たり、もうピッタリってぇ、かん・・当てはまるんですよ、すべてが、

今井通子:なるほど、

相談者:例えば、屋上でぇ・・あのぅ、植木鉢を、わたしが持ってるときに、それも別居してからなんですけども、

相談者:でぇたまたま、わたし屋上にいたときに、屋上のドアがパッと開いてぇ・・植木鉢を持ってるだけで、

相談者:「何やってんだぁ・・!」ってぇ、

相談者:こっちはわけわかんない?

相談者:もう、これはまだ可愛らしい・・感じ?

相談者:それでぇ、あのぅ、ずーっと・・ずぅ・・まあ、なにし・・お嫁に来たときから、あの、両親・・親たちもきょうだいもそういう人だったったんですよ、

相談者:わたしに対してぇ、小姑もいてぇ・・両親もいてぇ、

・・

今井通子:そうすると・・だ、大家族の中に、

相談者:ええ、

今井通子:ポツンと1人お嫁に来ちゃったってことですねぇ、

相談者:ええ、お見合いでぇ、本人もよく知らない?

今井通子:うーん、

相談者:ええ、だから、最初からもう気い使ってぇ、気い使ってぇ、

今井通子:はい。

相談者:はい。

・・

今井通子:その最初っから・・なんか突然、怒鳴るような・・ご主人だったの?

相談者:あっ、それはなかったです。

相談者:ただ、あの、話しかけても、話しかけてぇこう・・今、無視って言葉あるんだけど、話しかけても返事もしない人だったんですよ、

今井通子:無口っていうこと?

相談者:無口・・

今井通子:返事しない、無視・・っていう状態?

相談者:ええ、そうそう、え、そうです、そうです、そうです。

今井通子:うん、

・・

・・

今井通子:でぇ、そのあと、

今井通子:そのぅ・・「何やってんだ」になるのはいつ頃なの?

相談者:あのぅ主人が・・えーっと結婚して5年目?

今井通子:はい。

相談者:お姑さんが亡くなられたんですよ、

今井通子:はい。

相談者:亡くなられてぇ・・次の1年目、ま、5年目なんですけども、

相談者:なぜか主人が、わたしホントに普通の、サラリーマンのうちに、お嫁にきたんですけれども、

今井通子:はい。

・・

相談者:「何か、お店をやってくれ」って言われたんですよ、「俺は・・の、サラリーマンをやる・・」

今井通子:うん、

相談者:わたし、「お店をやってくれ・・」

今井通子:はあ、

相談者:って言われたんです。

今井通子:はい。

相談者:どうしても頼まれたから、

今井通子:はい。

相談者:「じゃあ、お酒を置け」って言われたんですよ、

今井通子:はい。

相談者:そこから、夫のそういう、なんか・・変な言葉っていうか、

相談者:「お店にお酒を置け」って言ってぇ、お店終わると、「お客さんにお酌するな」って言ってぇ、そういう・・そういうのが始まったんです。

今井通子:あっ、「お酌するな」ねぇ、

相談者:「するな」ってぇ、

今井通子:はい・・はい。

相談者:そいでぇ、そこであたしが喧嘩になるわけです。

今井通子:はい。

相談者:「誰がお酒、置けっちった?」ってぇ、

今井通子:はい。

相談者:お店でいくらで買える、ねぇ、お酒が、

今井通子:はい。

相談者:んん、ねぇ、お店くれば、そのねぇ、その、代償としてこっちが、やっぱり気持ちでぇ、お酌するのが、商売なのよってこと、説き伏せてぇ、そういうのでも、ずーっともう、へろへろになるくらい?

今井通子:うん、

相談者:うん、そっから・・す、もうすごく、記憶に、しっかりもう、昨日のことのように思い出しますけれども、

今井通子:でぇ、このときは・・ご主人は、ちゃんと喋るわけねぇ?

・・

・・

相談者:まあ無口・・ですけれども、まあ・・

相談者:喋るってぇ、もう、と、ペラペラは喋んないんですけども、今・・

今井通子:いや、ずーっとだってぇ、

今井通子:あのぅ、疲れてるぐらいお互いに、喧嘩するわけなんでしょう?

今井通子:口喧嘩でしょ、それは、

相談者:あっ・・ああ、そういうことねぇ、

今井通子:うん、

相談者:ああ、そういう、あれねぇ、あ・・まっ、ペラペラまでは言いませんけど、それ言うたら、まぁ黙るんですけど、「誰がお酒置けちゅうったの?」ってことでぇ、

・・

相談者:もう、お店があったからわたし頑張ってきてぇ、お店辞めるときは絶対夫ともう・・べっ、もう別れるときだって思ってたんですよ、ある時期から、

今井通子:はい。

相談者:言っても言っても?・・どんなに言ってもこう・・い、い・・あのわからない?わかってくれない?

・・

・・

今井通子:あのぅ、お店はじゃあ、辞められたんですねぇ?

相談者:辞めました、はい。

相談者:今、丸7年なります。

今井通子:7年前?

相談者:はい。

今井通子:はい。

相談者:それで、あっ、あと大事なこと言った・・30何年間不倫やってたんですよ、

・・

今井通子:はい。

相談者:それであたし、後半になって気が・・「なんか変だなぁ、あの方と」・・と思いつつ・・そいでぇ、あのぅ・・その・・女の人を何気なく山を掛けて言ったら・・素直に、「ごめんなさい」って、謝られたんですよ、

今井通子:はい。

相談者:それでぇ・・相手に、「あなた、こう・・この方が、わたしにちゃんと、謝って認めたわよ」って言ったら、夫も認めたんですよ、

今井通子:はい。

相談者:それでぇ、長男も次男も・・でぇ、あと、夫とわたしと、こうテーブルについてぇ、話し合ったときに・・

相談者:「誰の肩持たなくてもいいのよ」ってぇ、「お母さん実は、今までも、あんた達には・・まあ、いいお父さんを見せてたけれども・・ホントはお母さん、こやって苦しんで来た・・」って、

相談者:「苦しんで来たの」ってぇ、「裁判所も行って来てるし、もうじき裁判所から、呼び出しが来てぇ、2人のほう、どうのこうの、それも、証人も、来るのよ」・・って言ってぇ、

相談者:そしてぇ、会話が始まったときに・・夫がもう、すんごい言葉を使ったんですよ、子供が聞いた。わたしは、もう***、言葉はしょっちゅう聞いてるんですけれども、

相談者:「お前のこと、刺すぞ!」・・ってすんごい言い方、そうしたら次男が、「お父さん!・・そんなこと言う人、このうちいていいの!」・・ってぇ、そっから話が始まってぇ、それでぇ、そこでぇ、あっ・・

相談者:今しか言うときがないと思って「実は・・」ってぇ、「お母さん、こうこうと、ホントもう離婚したくてぇ・・」ってぇ、って不倫の話、子供に不倫の話も言ってなかったんですよ、

相談者:それで実は、こういう人とまあ、子供達も知ってる、こういう人と、こういう人と、こうこうこうで、そこでわたしも、もうつい、洗いざらい言ってぇ、昔からのこう、家族のこととか、全部子供の前で初めて言ったんですよ、

相談者:でぇ、「離婚だ、離婚だ」・・って言いましたから、そこでじゃあ、子供のいる前で「じゃあ印鑑押してください」ちゅったんですよ、

相談者:そしたら、「うんうん」ちゅったんですけども、子供の前でぇ、い・・もう、無理矢理・・「もう離婚だ!」って自分からも言ったから、「じゃあ、何しろ判子押して」ってぇ、判子押してもらってぇ、その、離婚届は、7年前のは、いまだに、も、持ってるんですよ、

相談者:それでぇ・・子供達も、まあ協力してくれてぇ・・別居っていう形に、行ったんですよ、

・・

・・

今井通子:えっ?そうすると、今日のご相談は・・

・・

相談者:もう、は・・

今井通子:あなた自身が、離婚をしたほうがいいか?

相談者:はい。

今井通子:悪いかを、

今井通子:検討してくださいっていうことねぇ?

相談者:あと、わたしが、ここまで気持ち持ってるってことは、相手が全然、なんとも感じてない・・って感じなんですよ、それを・・

今井通子:いや、その・・お相手の方はよくわかったんですが、

相談者:ええ、ええ、

今井通子:今日の、ご質問はなんなんでしょう?

相談者:ええ、それでぇ、こういうふうにわたし、思ってるんですけれども、どよよ、どのように・・

今井通子:あっ、わかりました。

相談者:その、そういうこと、ごめんなさいねぇ、ホントにもってまわってぇ・・

今井通子:はい、今日はですねぇ、精神科医の、高橋龍太郎先生がいらしてますのでぇ、

相談者:あっ・・ありがとうございます。ありがとうございます。

今井通子:伺ってみたいと思います。先生よろしくお願いいたします。

相談者:ありがとうございます。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA