テレフォン人生相談
柴田理恵・高橋龍太郎

柴田理恵・高橋龍太郎
テレフォン人生相談 2021年7月15日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
51歳女性から、事実婚に反対し絶縁状態になっている義理の母の認知症が進み、被害妄想と恨みつらみを義父にぶつけ、周囲はお手上げ状態というご相談です。パーソナリティは柴田理恵さん、精神科医の高橋龍太郎さんが回答者です。

相談者は51歳女性、事実婚15年になるパートナーの彼49歳、彼の父80歳くらい、母78歳くらい(認知症が進み、被害妄想が酷い)、遠方に住む彼の妹

目次

スポンサーリンク

義母の認知症にお手上げ状態

柴田理恵:もしもし?テレフォン人生相談です。

柴田理恵:こんにちは!

相談者:あ、こんにちは、

柴田理恵:今日はどんなご相談ですか?

相談者:えーっと・・わたくし・・の、

柴田理恵:はい。

相談者:事実婚状態・・にある、

柴田理恵:はい。

相談者:パートナーの、

柴田理恵:はい。

相談者:ご両親・・の問題なんですけれども、

柴田理恵:はいはいはいはい、

相談者:はい。

柴田理恵:えっと、あなた今、おいくつですか?

相談者:50・・1です。

柴田理恵:はい、パートナーの方は?

相談者:49です。

柴田理恵:ご両親、は、どうなさったってことですか?

相談者:はい、えーっと、まずぅ・・

相談者:お母さんの方が、

柴田理恵:はい。

相談者:認知症・・が、始まってしまったようで、

柴田理恵:はい。

相談者:その間でちょっと、か、家族というか、家庭がゴタゴタしているようなんですが、

柴田理恵:はい。

相談者:えっと、そもそも、

柴田理恵:うん、

相談者:わたし・・と、パートナー、

柴田理恵:うん、

相談者:の、そのぅ・・事実婚・・っていう・・

相談者:え、関係も、

柴田理恵:はい。

相談者:えっと、15年ぐらいになるんですがぁ、

柴田理恵:あ、ああ・・はい。

相談者:はい、えっと、彼の意思でぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:結婚というスタイルをもたないでぇ、

柴田理恵:はい。

相談者:え・・事実婚というスタイルでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:まあ、二人で、やっていこう(笑)・・っていうことで、

柴田理恵:はい。

相談者:スタートしたんですけれども、

柴田理恵:はい。

相談者:そのぅ・・え、関係に・・対しても、

柴田理恵:うん、

相談者:そもそも・・

柴田理恵:うん、

相談者:義理のお母さんにあたる方が、

柴田理恵:はい。

相談者:かなりその、嫌悪感を(苦笑)、

柴田理恵:ああ・・はいはい。

相談者:もっていて、でぇ・・

柴田理恵:はい、うん、

相談者:まっ、そう・・なる前は、顔合わせみたいな形で、

柴田理恵:うん、

相談者: 2度ほど、お会いしたことはあるんですが、

柴田理恵:うんうんうんうん、

相談者:え、実際その、結婚すると思ってた関係の2人が、

柴田理恵:うん、

相談者:え・・結婚しないっていう、スタイルをとったことでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:絶縁になりましてぇ(苦笑)、

柴田理恵:あ、ああ・・はぁい、はい。

相談者:はい、

柴田理恵:うん、

相談者:え、ただ、あの、息子は息子で、

柴田理恵:うん、

相談者:あのぅ・・ま、別物なのでぇ、息子さんとの関係っていうのは、ま、これまで通り、年に1回、帰る程度の、

相談者:関係、だったですよ、

柴田理恵:でぇ、そのぅ、

相談者:はい。

柴田理恵:パートナーの方は、

相談者:はい。

柴田理恵:年に1回、ご実家へは帰っていたと、

相談者:はい。

柴田理恵:はい。

相談者:え、ここ何年か、ん、1年毎にもう、どんどんその、認知が、

柴田理恵:はいはい。

相談者:出てきたようでぇ、

柴田理恵:向こうの、お父さんはお元気なんですか?

相談者:お元気です。

柴田理恵:ああ、はあ、はあ、

相談者:でぇ・・

柴田理恵:うん、

相談者:ええっと・・現状を、

柴田理恵:うん、

相談者:被害妄想・・

・・

相談者:に・・

柴田理恵:あ、ああ・・はいはい。

相談者:特化していてぇ、

柴田理恵:はい、はい。

相談者:でぇ、お父さんとの関係も、やっぱりそのぅ・・

・・

相談者:積年の恨みみたいなものでぇ、

柴田理恵:はい。

相談者:え・・あんまりよくない、

柴田理恵:はああ・・お母さんとお父さん、あんまり仲良くないんですねぇ?

相談者:そうなんですねぇ、

柴田理恵:うん、うん、

相談者:あのぅ、お父さんはですねぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:ええっと・・その積年の恨みというふうに、言いましたがぁ、

柴田理恵:うん、

相談者:お父さんのほうのお母さん、だから・・お姑さんですね、

柴田理恵:はいはいはい。

相談者:姑さんとの同居・・されてたようで、

柴田理恵:うん、

相談者:その方への、こう・・辛い思いをされて、結婚生活を、送ってらしたようなんで、

柴田理恵:お母さんがねぇ、

相談者:はい。

柴田理恵:うん、

相談者:もう恨みを(苦笑)・・今、お父さんにぶつけてるようなんですけども、

柴田理恵:はああ・・

相談者:お父さんは

柴田理恵:うん、

相談者:その、当時、なんか何も庇ったり?

柴田理恵:うん、うん、

相談者:**・・フォローし、てあげられなかったということ・・が、負い目にし・・あるのでぇ、

柴田理恵:うーん、

相談者:え・・お母さんの言いなりだ・・っていうふうに彼は言うんですよ、あのぅ・・

相談者:息子は(苦笑)、

柴田理恵:はああ・・なるほど、

相談者:**、*、お母さんが、右って言えば・・う、右・・ってぇ、お父さんも言うし(苦笑)、

柴田理恵:ふぅーん、

相談者:はい、でぇ・・まあ、お父さんがサンドバッグのように、

柴田理恵:うん、

相談者:え、日々・・そのお母さんの、え・・被害妄想と、

柴田理恵:うん、

相談者:まあ、恨みとかつらみみたいなものの暴言を、

柴田理恵:うん、

相談者:受け止めるような状態でぇ、

柴田理恵:ああ・・

相談者:もうお父さんのことも心配ですし、

柴田理恵:うーん、うんうん、

相談者:っと、まあ、当然、その、お母さんのことも心配なんですけれども、

柴田理恵:うん、うん、

相談者:えっと・・まあ、息子としてぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:え・・やれることを、やろうということでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:え、地域包括センター・・に、相談に行ったり、

柴田理恵:はいはい。

相談者:え・・動ける、まあ最低限なのかもしれませんけども、

柴田理恵:うん、

相談者:あのぅ・・やってはいるんですがぁ、

柴田理恵:うん、

相談者:
お母さんがなにぶん(苦笑)・・誰も信用しないという、

柴田理恵:うーん・・

相談者:え・・もう、自分の殻に、閉じこもってしまっていてぇ、

柴田理恵:うんうんうん、

相談者:
お父さんも息子も、地域も、もうとにかく、すべての人を、

柴田理恵:ああ・・

相談者:寄せ付けないというような・・状態でしてぇ、よ・・

柴田理恵:えっと・・お、お母さんおいくつでしたっけ?

相談者:あっ、ごめんなさい、

柴田理恵:うん、

相談者:えっと・・70・・8ぐらい、

柴田理恵:78、

相談者:だと思います。

柴田理恵:お父さんは?

相談者:え、80ぐらいだと思います。

柴田理恵:あっ、はい。

柴田理恵:パートナーの方は、

相談者:はい。

柴田理恵:えっと、ごきょうだいは、いらっしゃるんですか?

相談者:あっ、はい、妹さんが1人いらしてぇ、

柴田理恵:ああ、はあ、はあ・・

相談者:はい、ちょっとあのぅ・・お、遠方にいらっしゃる・・のと、お仕事とか・・あのぅ、関係と、まあ、あのぅ・・スゥゥ・・お子さんもいらっしゃるのでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:お忙しいということもあってぇ、

柴田理恵:ああ、じゃあ妹さんは面倒看られない・・ですねぇ、

相談者:そうですねぇ、すぐ飛んでくみたいなことはなかなか難しい・・ですねぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:はい。

柴田理恵:でぇ、息子さん、つまり、あなたのパートナーは、

相談者:はい・・はい。

柴田理恵:生きるわけですか?

相談者:はい、そうですねぇ、

柴田理恵:ふぅーん、

相談者:まあ、あのぅ、比較的近いのでぇ・・はい。

柴田理恵:うん、ふん、ふん、ふん、ふん、

柴田理恵:ああ、じゃあやっぱり、あなたのパートナー・・

相談者:はい。

柴田理恵:の方に、こう、割と責任が・・

柴田理恵:こう、

相談者:はい。

柴田理恵:かかってる・・っていう感じなんですねぇ、

相談者:はぁい。

柴田理恵:うん、

相談者:まあ彼自身はそんなに、

柴田理恵:うん、

相談者:もう、「最終的には2人・・が・・自分の人生を責任持つんだからいいんだ」とかってぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:言うんですけれども、

柴田理恵:うん、

相談者:スゥゥ・・そんなぁ・・簡単な話かなぁ?・・ってぇ、

柴田理恵:うーん、

相談者:わたしは、こう、ホントに(苦笑)・・遠い、存在なんですけれども、

柴田理恵:うん、

相談者:話を聞くごとに・・ちょっと心配、

柴田理恵:ふぅーん、

相談者:不安、を抱えてるんですけれども、

柴田理恵:あのぅ・・ケアマネさんとか、

相談者:あっ、はい、はい、はい。

柴田理恵:その公共の、福祉みたいなものってあるじゃないですか、

相談者:はい、あります。

柴田理恵:そういう人との話し合いっていうのはどうなってるんですか?

相談者:あっ、えーっとですねぇ、1、2度、行ったんですけれども、

柴田理恵:うん、

相談者:結局本人が、

柴田理恵:うん、

相談者:うう、受け入れ態勢ができてない限りは、

柴田理恵:うん、

相談者:話が進められないっていうことでぇ、

柴田理恵:うーん、

相談者:あのぅ・・

・・

相談者:まあ、わたしの父も、じ・・父母(ちちはは)も、

柴田理恵:うん、

相談者:まあ、同様な年なのでぇ、

柴田理恵:はい。

相談者:同じようにちょっとこう、ち、別の地域ですけれども、

柴田理恵:うん、

相談者:あのぅ・・相談、しているのでぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:その、流れというのはなんとなく、

柴田理恵:はい。

相談者:把握しているんですけれども、

柴田理恵:はい。

相談者:確かにこう・・自宅にいらしてぇ、例えば・・認知もそうですけども、介護の状態がどういう、認定をされるかっていうことも、

柴田理恵:うん、

相談者:だいたいわかってるんでぇ、

柴田理恵:う、うん、うん、

相談者:そうだよなぁ・・と、フッ・・

相談者:本人が「どうぞ」と言ってくれない限りは無理だよなぁ・・っていう・・

柴田理恵:え、でも、

相談者:はい。

柴田理恵:認知、が、進んでてぇ、

相談者:はい・・はい。

柴田理恵:お医者さんも、それを認めてらしてぇ、

相談者:あっ、もう違うんです。お医者さん・・が認めてるわけじゃないんです。

柴田理恵:お医者さんのところ行って「認知症です」とかそういう・・

相談者:ああ、そうなん・・

柴田理恵:診断は出てないんですか?

相談者:そうなんです、だからそれを認定してもらってぇ、

柴田理恵:うん、

相談者:えっと・・治療を、

柴田理恵:そうですよねぇ、

相談者:もともと、**・・

柴田理恵:そこからじゃないと始まらないですよねぇ、

相談者:そうなんです。

柴田理恵:じゃあ、そこをまず・・

柴田理恵:しないと、

相談者:どういうふうに、はい。

柴田理恵:うん、

相談者:病院に繋いだら・・どうしたら病院に繋ぐことができ・・たり、

柴田理恵:はあ・・

相談者:治療という形・・に、繋げることができるのか、方法が知りたいんですけど、

柴田理恵:あ、ああ・・

相談者:はい。

柴田理恵:だまくらかして連れてくしかないんじゃないんですかねぇ?

相談者:あははははは(苦笑)、そう・・そうですねぇ、

柴田理恵:うん、なんか・・

相談者:はぁい。

柴田理恵:そのぅ・・お母さんのことを心配していてぇ、

相談者:ええ、

柴田理恵:そ、それは・・どう、なさって行きたいんですかねぇ?

・・

相談者:でもここ2、3年ですけれども、

柴田理恵:はい。

相談者:その、お母さん・・か、お父さんかちょっと、どちらかわかりませんけれども、

柴田理恵:はい。

相談者:かんし、関係を修復したい・・っていうふうに、

柴田理恵:うん、

相談者:言って来てる・・

・・

相談者:と、彼が言ってるんですねぇ、

柴田理恵:はあ、えっ?お母さんかお父さんかわからない・・けど?

相談者:はい、はい、はい、はい、まあ、まあ、あそこまあ、

柴田理恵:でぇ、

相談者:2人が1人みたいなところだと(苦笑)思うんですけれども、

柴田理恵:うん?ん?・・うん、

相談者:あのぅ、はぁい。

・・

柴田理恵:つまりだからぁ、

柴田理恵:あなたのご相談としては、

相談者:はい。

柴田理恵:あの、向こうから、歩み寄って来られましたけども、

相談者:うん、

柴田理恵:あのぅ、自分としては、こう、どのように、その認知症の治療とか、

相談者:はい。

柴田理恵:その関係を、とっていったらいいか?ってことですよねぇ?

相談者:あっ、はい、ありがとうございます。

柴田理恵:はい。

相談者:はい。

柴田理恵:わかりました。じゃあ、先生に聞いてみましょう。

相談者:はい。

柴田理恵:えっと、今日の回答者の先生は、精神科医の、高橋龍太郎先生です。

相談者:あっ、はい。

柴田理恵:先生よろしくお願いします。

相談者:よろしくお願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 他人から嫌われる勇気を持ちませんとねえ、狡い人間からいいように利用されちゃいますよ。ご用心。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA