テレフォン人生相談
加藤諦三・田中ウルヴェ京

加藤諦三・田中ウルヴェ京
テレフォン人生相談 2021年7月23日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
55歳女性から、20年前に付き合っていた人から裏切られて以来、自分に自信が持てなくなった。考え方を変え充実した人生を過ごしたいというご相談です。パーソナリティは加藤諦三さん、メンタルトレーナーの田中ウルヴェ京さんが回答者です。

相談者は5歳女性(既婚歴なし)父86歳と2人暮らし。

加藤諦三氏の〆の言葉『もしあなたが、ありのままの私を認めてくれれば、私はもっと幸せになったであろう』

目次

スポンサーリンク

楽しい人生を生きていきたい

加藤諦三:もしもし?

相談者:はい。

加藤諦三:はい、テレフォン人生相談です。

相談者:よろしくお願いいたします。

加藤諦三:はい、最初に年齢を教えてください。

相談者:55歳です。

加藤諦三:55歳、結婚してますか?

相談者:いえ、しておりません。

加藤諦三:離婚して1人?それともずーっと1人?

相談者:あ、いちども・・経験が、ございません。

加藤諦三:あそうですか、

相談者:はい。

加藤諦三:はい、そいでぇ、今お一人で、暮らしてるんですか?

相談者:高齢の父と、2人暮らしです。

加藤諦三:あ、そうですか、

相談者:はい。

加藤諦三:お父様何歳ですか?

相談者:86歳です。

加藤諦三:86歳・・はいわかりました。でぇ、どんな相談ですか?

相談者:ちょっと、内向的な・・性格、が、影響して・・なかなかこう、自分に自信が・・持てない・・ところが、ありまして、

加藤諦三:はい。

相談者:もう、(笑)中高年の年齢に、差し掛かってきているので、

加藤諦三:はい。

相談者:できれば、今後、

相談者:どうせ生きるなら、もっと楽しく・・生きたいと、思っているので、

加藤諦三:ん、ん、あ、いろんな人と付き合って、

相談者:はい。

加藤諦三:もっと、人生を広げて行きたいってことすか?

相談者:そうですねぇ・・

加藤諦三:その内向的性格っておっしゃったんですけど、具体的に言うとどういう・・ことですか?

相談者:内向的というより自信がない

相談者:新しいことに、

加藤諦三:うん、

相談者:こう飛び込む、勇気がない、

加藤諦三:あ、ああ・・

加藤諦三:要するに、極端に言うと、買い物1つにしても、

相談者:はい。

加藤諦三:あたらしい、お店よりも、

相談者:はい、そうです。行ってみよう・・っていう気持ちが、若い頃、ものすごくそれが強かったんですが、

加藤諦三:あ、若い頃強かったんです?それは?

相談者:あのぅ・・・あることを、きっかけに、なんだか・・自信がもう・・ゼロになってしまった・・

加藤諦三:あっ、あることをきっかけに・・って、そのあることっていうのを、もしお話して、いいんだったら、ちょっと話していただけます?

相談者:あ、ハァァ・・もうずいぶん昔なんですが、

加藤諦三:はい。

相談者:約20年ぐらい前、わたくしが・・20・・5歳から、33歳まで・・

加藤諦三:はい。

相談者:お付き合いした方が、いらっしゃったんです。

加藤諦三:はい。

相談者:当時はもう、仕事がとにかく、楽しくて・・充実した毎日を過ごしていたのですが、

加藤諦三:うん、

相談者:結果はもう、その方から裏切られるような形・・になってしまってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:その仕事を失った・・っていうのが、なんか・・

相談者:ガーンときた、きっかけかもしれません。

加藤諦三:その25歳から33歳・・の頃付き合ってたっていう・・**はあの、

加藤諦三:当然、結婚しようというふうに思ってたわけ?

相談者:いいえ、結婚は望んでおりませんでした。

加藤諦三:だけど相手は・・独身では、なかったの?

相談者:では・・ありませんでした(苦笑)。

加藤諦三:あっ・・あなたの・・

相談者:だから結婚ということも、ございませんでしたし、

加藤諦三:うん、

相談者:連絡も・・わたくしのほうから、一回も取ったこと、ありませんでした。

加藤諦三:あ、ああ・・なるほどねぇ、

相談者:ただ、職場は一緒でしたので、

加藤諦三:うん、

相談者:その方と、ここを、改善しようとか、

加藤諦三:うん、

相談者:それが実現していくことがすごく、わたしは、楽しかったです。

加藤諦三:うん、この・・頃ねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:どこかに、

加藤諦三:仕事依存症っていうか、ワーカーホリックっていう言葉がありますけれども、

相談者:ええ、ええ、

加藤諦三:脅迫的に、仕事をしていたっていうことはありません?

相談者:わたくし・・が、ちょっとあのぅ・・母親が、2人おりましてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:産みの母親と、

加藤諦三:うん、

相談者:育ての母親がおりましてぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:育ての母親の・・知り合いの方の紹介で、そこの職場に、入ったんですねぇ、

相談者:でぇ、医療機関・・でしたのでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:患者さん・・からの評判がいいとか、

加藤諦三:うん、

相談者:そういうこと・・を、母も、すごく、望んでた、ところがあってぇ、わたしが、働いてぇ、そういう評価を得れば・・母は、すごく、満足していたというか、

加藤諦三:うーん、そうすると・・あなたの自信っていうのはねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:自分の心の中の、支えがあって自信というよりも、

相談者:はい。

加藤諦三:むしろ人の評価・・の自信ですよねぇ、

相談者:はい。

・・

相談者:んん・・

加藤諦三:それでぇ、33歳のとき、なんで終わっちゃったんですか?

相談者:その方はあのぅ、ちょっと、管理職の方だったんですけれども、

加藤諦三:うん、

相談者:そこに、お勤めの、先生が・・独立して開業したいということでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:わたしに・・行きなさいと、

加藤諦三:はい。

相談者:それでぇ、転属という形になったんですけれども、

加藤諦三:うん、

相談者:そうしましたら、わたしはもうてっきり、外でぇ、会う、女性は、わたしだけと思ってたところが、

加藤諦三:うん、

相談者:そちらのほうに転属以来、その方とのお付き合いのある女性が、どんどん、どんどんわたしのところに訪ねて来てぇ(苦笑)、

加藤諦三:うん、

相談者:その方が、「ああ、ほかにも何人も・・女性がいらっしゃった」っていうのがわかってぇ、お別れをしました。

・・

加藤諦三:うーん、

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ、その男性と別れてぇ、それがきっかけでぇ・・もう自信がなくなったということですねぇ、

相談者:そうなんです。どうしてこんな・・人生だったのかなぁ(苦笑)?と思うとすごく虚しくなります。

加藤諦三:うん、虚しくなるっていうけど、あなた、20・・5歳から33歳のときも、本当の自分を見ないで過ごして来られただけの話でぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:本当の自分は全然変わってないんですよ、

相談者:どうだろう?・・やっぱり一番大きかったのは、

加藤諦三:うん、

相談者:亡くなった義理の母の、

・・

相談者:希望に沿うように、

加藤諦三:うん、

相談者:生きていかなければならない・・っていうのが、

加藤諦三:うん、

相談者:ずーっとあってぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:成績も良くなければならない。

加藤諦三:うん、

相談者:99点では・・ダメだと、

加藤諦三:うん、

相談者:なぜ100点が取れないのかと、

加藤諦三:うん、

相談者:それがなんか、こびり付いてるような・・

加藤諦三:うん、そうですねぇ、

相談者:気がするんですねぇ、

加藤諦三:要するに、

相談者:うん、

加藤諦三:自分の人生っていうのは人と評価を得なければ自分にとっては生きていても意味がないんだということですよねぇ、

相談者:そうですねぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:いい子でいなければならない、

加藤諦三:いい子でいないんだっていう・・

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ、今日のあなたの相談っていうのは、まぁそういうような自分になってしまって、55歳になってぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:さてぇ、これからわたしはどうしたらいいんでしょう?っていうことなのかな?

相談者:そうです、もう・・どうせ生きるなら、充実した、

加藤諦三:うん、

相談者:人生を、考え方を、変えることでぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:変われるのであれば、

加藤諦三:うん、

相談者:教えていただきたい・・

加藤諦三:な・・

相談者:と思って、お電話させていただきました。

加藤諦三:うん、ん・・わかりました。

加藤諦三:今日はですねぇ、スタジオにですねぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:シンクロの、銅メダリストでぇ、メンタルトレーナーの、

相談者:はい。

加藤諦三:田中ウルヴェ京先生がいらしてんのでぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:あっ、はい、よろしいお願いいたします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA