テレフォン人生相談
加藤諦三・マドモアゼル愛

加藤諦三・マドモアゼル愛
テレフォン人生相談 2021年7月26日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
38歳男性から、38年間、女性と恋愛関係になって付き合ったことがない。自分は恋を実らせようと思っても相手にされない。どうしたらいいでしょう?というご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、エッセイストのマドモアゼル愛さんが回答者です。

相談者は38歳男性(既婚歴のない独身・会社員)、一人暮らし、38年間恋愛関係なし

加藤諦三氏の〆の言葉『まず安心感があって、そっからコミュニケーションが生れてきます』

目次

スポンサーリンク

女性と恋愛関係になったことがない38歳男性

加藤諦三:もしもし?

相談者:あ、もしもし?

加藤諦三:はいテレフォン・・人生相談です(モガモガ)。

相談者:こんにちは、

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:38歳です。

加藤諦三: 38歳、

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:いや、してないです。

加藤諦三:ずーっと、してない?それとも離婚して・・

相談者:ずっとしてないです。

加藤諦三:ああそうですか、そうすっと今、お一人で暮らしてるの?

相談者:そうですね、 1人暮してます。

加藤諦三:働いてるわけですね?

相談者:はい、

加藤諦三:ハイ・・

相談者:会社員です。

加藤諦三:会社員ね、はい、わかりました。どんな相談ですか?

相談者:わたくし、あのぅ・・38年間・・まあ・・**あのぅ・・普通に、あのぅ・・恋愛として、女性とのお付き合い、したことがないんですよね(苦笑)、

加藤諦三:だけど・・別に普通に生活してきてるわけ、です・・

相談者:まあ、そうですねぇ、まあ仕事して、働いて・・はい。

加藤諦三:普通に、女性とは接する機会はあるわけですね?

相談者:はい何かしらいろいろ試行錯誤とかは今まで・・たくさんしてきたんですけど、はい。

加藤諦三:ん、あなたの方から、好きにな・・・る人が出なかった?

相談者:いや、そういうのは出たんですけどやっぱり・・

加藤諦三:はい。

相談者:なんかぁ、重たいのかぁ・・ストーカーみたいに、なんか誤解されるのかとか、話が不自然だとかそういう感じでなんかぁ・・やっぱり、****とか、そういうことは、ばっかり・・でしたね、

加藤諦三:だけど・・好きになったときに、

相談者:はい。

加藤諦三:声を、かけたり、さそったりという事は無いの?

相談者:まぁそういうのはあってぇ、まあ・・理想でない、タイプ・・の人と、デートに行ったとか、そういう事は・・

相談者:まあ、あったんですけど、

相談者:***、結局・・

加藤諦三:デート行っても、2回目のデートには、なってぇ、いかないわけねぇ、

相談者:あ、いや・・7回目8回目とかそういうふうに言って、告白したりしたことまではあるんですけど、結局・・断られたというか、はい。

加藤諦三:ふぅーん、

相談者:それ以上は進まなかったとかそういう感じですねぇ、

加藤諦三:ああそうですか、

加藤諦三:でぇ、あなたから見ると・・なんか、相手から、こう、自分を悪く思われる、のを、恐れるっていうか、そういうところはあるんですか?

相談者:自分的に、恋を実らせようとか、そういうふうに一生懸命・・取り組んでもなんか、結局、相手にされないというか・・そうですねぇ、そういう感じ・・

加藤諦三:だから、

加藤諦三:相手が、

相談者:はい。

加藤諦三:自分の、好意を、素直に受け取ってくれないという・・ふうに思うということですよねぇ、

相談者:まぁそうですねぇ、なんか思い描いた通りにはなんも・・いったためしがないってことですねぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:はい。

加藤諦三:そうすっと信じられる人は誰もいなかったんじゃないの?

相談者:いや、異性ではいなかったって言っても、親とか・・そのとき仲良かった友人とかはいたんですけど、

相談者:ただその恋愛とか、そういう・・人並みのそういうことに限っては・・全然・・うまく行ったことがない・・っていう、ことなんですよ、

加藤諦三:そうすっと信じられる人がいてぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:そういう関係があったら、ごく普通、

相談者:はい。

加藤諦三:あなたの今の悩みっていうのは、なかなか理解できないですよねぇ、

相談者:まあ、自分たちのいう当たり前のことができることすらも・・はい、羨ましいと思うぐらい、わたしの言ってることは、バカらしいことだ・・ってのはわかってるんですけど、

相談者:やっぱり・・普通にテレビとか、雑誌とか、そういう、街とか歩いてる人とか見てたら・・なんか・・普通じゃないのかなぁとか、そういう・・・考えてしまう・・面もあり・・ます。

相談者:はい。

加藤諦三:要するに人にとって当たり前のことが、

相談者:はい。

加藤諦三:自分にとっては当たり前でない。

加藤諦三:例えば、学校でも会社でもいいんですけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:会社に行くときには、

相談者:はい。

加藤諦三:会社に行くような、背広なら背広を着て行くと、

相談者:はい。

加藤諦三:その場に相応しい行動っていうのは、

相談者:はい。

加藤諦三:とれな・・かったということ?

加藤諦三:なんでぇ、その、

加藤諦三:わたしは・・ストーカーと思われる・・とかっていうような言葉もで・・出て来る・・・・のかがちょっと理解できないんですが、

相談者:ああ、そうですねぇ、ちょっとマイナス思考過ぎてぇ・・被害妄想癖・・になりやすい・・みたい、**

加藤諦三:被害妄想っていうと、具体的に言うと例えばどいういうことですか?

相談者:相手に上から見られてるという・・そういうのもあります、***やっぱ高いお金使わされ、てぇ・・結構、おごらされたりだとか、そういう、一方的ななんか・・言いなりみたいな、そんなふうに・・な関係で全然、自分のこうしたい、とかそういうふうに、行かない・・

加藤諦三:そう・・

相談者:そういうことがなんか被害妄想に、はい。

加藤諦三:そうすると、

相談者:はい。

加藤諦三:成長の過程でぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:親子の関係でぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:服従依存の関係というのは、あった?

相談者:はい。

加藤諦三:ですか?

相談者:なんでも話せるとか、そういうわけでもなかったですねぇ、

加藤諦三:ということは、安心感がなかったということじゃない?

相談者:まあ、そうですねぇ・・はい。

加藤諦三:人とコミュニケーションが、小さい頃からできていなかったということでしょう?

相談者:まあ、そ、そうですねぇ、下手でしたねぇ、はぁい。

加藤諦三:だから・・とにかく、小さい頃から、

相談者:はい。

加藤諦三:安心感がなくてぇ、あなたの心の居場所がなくてぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:人とのコミュニケーションができないでぇ、今まで来てしまったと、

相談者:まっ、そうですねぇ、はい。

加藤諦三:でぇ今日の相談っていうのは、

相談者:はい。

加藤諦三:38歳までになってぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:女性との恋愛関係というものがなかったと、

相談者:まそうですねぇ、そういう、王道の、物差しでいう、なんか、平均的な、なんか・・人生に、じゃないなっていう、こと、に、ちょっと・・落胆してる、とこです。

加藤諦三:でぇそれを、どうしたらいいかということですね、

相談者:そうですねぇ、はい。

加藤諦三:大変あのぅ・・・難しい相談だと思いますけれども、

相談者:はい。

加藤諦三:今日は、

相談者:はい。

加藤諦三:心についてのエッセイストとしてお馴染みの、

相談者:はい。

加藤諦三:マドモアゼル愛先生がいらしてるのでぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:はい、よろしくお願いします。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA