テレフォン人生相談
加藤諦三・中川潤

加藤諦三・中川潤
テレフォン人生相談 2021年7月9日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
67歳女性から、娘が不貞をはたらき夫から証拠を突き付けられ、家を出るか男と一切会わないという声明文を書き慰謝料を払えと迫られているというご相談。パーソナリティは加藤諦三さん、弁護士の中川潤さんが回答者です。

相談者は67歳女性、夫とは25年前に死別で独り暮らし。娘42歳(高1と高2の娘あり・パート)、娘婿(年齢不明)

加藤諦三氏の〆の言葉『他人の重荷を、わざわざ背負いこむ人は受け身の人が多いです』

目次

スポンサーリンク

不貞した娘と離婚を拒み慰謝料請求する婿

加藤諦三:もしもし?

相談者:はい、よろしくお願いします。

加藤諦三:はいテレフォン人生相談です。

相談者:はい。

加藤諦三:最初に、年齢を教えてください。

相談者:67歳です。

加藤諦三:67歳、

相談者:はい。

加藤諦三:結婚してます?

相談者:してましたけども、主人は25年前に・・亡くなりました。

加藤諦三:ああそうですか。

相談者:はい。

加藤諦三:っと、今は、え・・

相談者: 1人住まいです。

加藤諦三:お一人で住んでる、

相談者:はい。

加藤諦三:はいわかりました。で、どんな相談ですか?

相談者:えーっと、実はですねぇ、娘がですねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:突然・・1週間ほど前にですねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:離婚調停をしたいっていうことで電話がありましてぇ、

加藤諦三:お嬢さん何歳ですか、今?

相談者:娘はねぇ、 42歳です。

加藤諦三:42歳・・

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ、お子さん、いるん・・

相談者:子供はねぇ、高1と高2・・の女の子なんですけど、歳がねぇ、15か、16・・

加藤諦三:あ、そうですか、

相談者:ぐらいだと思うんです、はい。

相談者:でぇ・・離婚調停をしたいっていうことで電話がありましてぇ、聞いてみるなんかまぁあの、自分の方で不貞をしてしまってですねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:夫に、なんかその証拠写真も突き付けられてぇ、家を出て行くか、もしくは、今後一切男性と付き合わない・・っていう声明文を書いてぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:慰謝料を払えと、

加藤諦三:ええ、

相談者:それが、まあ50万か、 100万・・ぐらい、

加藤諦三:はい。

相談者:ですけど、そういうふうになんか迫られたって言うんですよね、

加藤諦三:はい。

相談者:娘も、6、7年前に一回、離婚したいって、言って、きたことがあったんですねぇ、前にも、

加藤諦三:はい。

相談者:わたしも、そんときまだ孫がね、

加藤諦三:はい。

相談者:小さかったしとても・・その3人で、戻ってこられても、経済的にみていく余裕がないで、もんですからぁ、

加藤諦三:はい。

相談者:もう離婚はもうとにかく・・反対だって言って、まあ押し返したんですね、

加藤諦三:はい。

相談者:そん時のその理由っていうのも、よくわからないですけど、とにかくまぁ、あのぅ・・

相談者:お金のことですね、給料がとにかく少ない、夫の、

加藤諦三:うん、

相談者:20年も、勤めても、なんかもう・・あんまり・・あがらないんですねぇ、なんかぁ・・そいでぇ、まあ、それが(笑)、会社の方に、問題があるのか、その夫のほうに問題があるのか、ちょっとわからないですけども、

加藤諦三:うん、

相談者:ほんでぇ、娘もまあ・・パートしたりして、なんとかやってきたんですけどね、

加藤諦三:うん、

相談者:第一線を越えるってことはまあ、普通の・・神経じゃあ、出来ない事ですからねぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:おそらくもう・・どうなってもいいわとか、そういうような・・やぶれかぶれの気持ちだったのかなぁと、わたしは想像するんですけども、

加藤諦三:はい。

相談者:あのぅ・・

加藤諦三:でぇ、要するにそのぅ、42歳のお嬢さんが今あなたに・・

相談者:ええ、

加藤諦三:2つ・・の選択を迫られてんだけれども、

相談者:うーん・・

相談者:それでですねぇ、そのぅ・・

加藤諦三:どっちにしようかなぁ・・っていうこと、相談されてるわけですねぇ、

相談者:うーん・・

加藤諦三:また、

相談者:でぇ、あのぅ・・家建てる時に、わたしのほうで1千万と、向こうの、親で、1千万で、出し合ってるんですね、

加藤諦三:はいはい。

相談者:でぇ、土地も、

加藤諦三:はい。

相談者:家も、娘と婿が半々になってるんですね、名義がね、

加藤諦三:はい。

相談者:でぇあと、まだローンが、12年ぐらいあってぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:はっきりわかりませんけど、まあ約1千万ぐらいまだあるそうなんですねぇ、

加藤諦三:ええ、

相談者:残りが、でぇ、別れる、にしても、そういう・・お金の問題?

加藤諦三:はい。

相談者:それからあとの、やり直す時に、そのまあ、慰謝料を、払ってっていう問題ですけどねぇ、

加藤諦三:要するにお嬢さんの、

相談者:はい。

加藤諦三:気持ちは、

相談者:はい。

相談者:あ・・

加藤諦三:どちらが強いんですか?

相談者:うーん、娘はもう、やり直せ、ないっていうか、話し合いもできないし、まあ、ちょっと、感情的に無理だって言うんですねぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:だから、わたしはとにかくまあ、謝れって言うんですけども、

加藤諦三:うん、

相談者:なんかそれすらも、なんか、できないみたいですねぇ、

加藤諦三:うん、

相談者:でぇ、もうDVが発生しましてねぇ、え、

加藤諦三:うん、

相談者:最近・・どうも、まあその・・証拠を握られてから・・のようなんですけど、前はそういうこと言ってなかったので最近のことだと思うんですけどねぇ、え、

加藤諦三:でえ、そのぅ・・

相談者:でも、警察にもなんか、被害届を出して来たって言うんですよねぇ、

加藤諦三:結婚酷い暴力なんですねぇ、

相談者:うーん、なんか、アザが残ってるとか言ってぇ、

相談者:でぇ、もう1人の、じゃあ、寝られないから娘と、

加藤諦三:うん、

相談者:一緒に寝てるって言うんですよ、怖いから、

加藤諦三:うん、

加藤諦三:お嬢さんの気持ちとしては、

相談者:ええ、

加藤諦三:離婚するしかないというの、お嬢さんの気持ちですねぇ?

相談者:まあ相手のほうは、その世間体ですかねぇ、親の手前っていうか離婚はしたくないようなこと言ってるそうなんですけども、

加藤諦三:うん、

相談者:やっぱり性格的にそのぅ・・ねちっこいのでねぇ、水に流してぇ・・やり直せるかっていうと、そうはいかないだろうって娘は言うんですよねぇ、おそらくこの、気持ちの面でぇ、

加藤諦三:あ、ああ、ああ・・

相談者:うーん、だから娘としてはまあ、離婚に向けてぇ、動きたいということなんですけど、

加藤諦三:はい。

相談者:それでそのぅ・・

相談者:今言った家の問題ですねぇ、名義が半々だけども、ローンがまだ残ってるという状態でぇ、

加藤諦三:はい。

相談者:その辺と、そのまあ、慰謝料、との、まあ、兼ね合いっていうんですか、そういうのがどうなりそうなのかな?

加藤諦三:んん、

相談者:あ、娘としてはなんかそのまあ、無理かとは思うんですけど、親権を取ってぇ、子供たちと一緒に、その家に住んでぇ、まあ・・夫には出て行ってもらいたいって言ってるんですけどねぇ、え、

加藤諦三:うん、はいわかりました。要するに、あなたのお嬢さんの側は、離婚をしたいと、

相談者:うん、はい。

加藤諦三:だけど相手の側は、

相談者:ええ、

加藤諦三:離婚はしたくないと、

相談者:はい。

加藤諦三:でぇ、どうしたらいいでしょうか?っていうことですねぇ、

相談者:そうですねぇ、

加藤諦三:はい・・今日は、スタジオに、弁護士の中川潤先生がいらしてんのでぇ、

相談者:はい。

加藤諦三:伺ってみたいと思います。

相談者:はい。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 人の話を聞かない相談者。
    この人が出しゃばると、まとまる話もこじれます。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA